アルカナの作品情報・感想・評価・動画配信

「アルカナ」に投稿された感想・評価

太鳳ちゃんが出てた。
なんかお宮係とか電気守!(だせえ~けどちょっと好き)オカルト的な設定は面白かったもののなんなの…この映画なんなの…って感じだったな…。
ちょっとSPECとかケイゾクっぽい感じ。冒頭のダイジェストみたいなところは見ててちょっとテンション上がった。
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.4
うーん 消化不良…
分身の設定が 死後とか幽霊話へと
急に話が飛躍しちゃってない?

あと 土屋太鳳の「私はいいの」の
喋り方が ちょっと面倒だった
別に女優さんの問題じゃなくて
ああいう “逆かまってちゃん”な
キャラが たぶんウマが合わない

岸谷五朗の本意気が浮いてて ちょっと面白い
序盤のワクワク 中盤までにドキドキが良かっただけに
そのテンションをラストまでキープしてほしかった…
RAM WIRE懐かしい!!!!中河内雅貴って濃い小栗旬みたいだな。
yuu

yuuの感想・評価

2.5
下調べせずノリで観た映画です。

終始、ん?っていう感じでした。しっかりとしたジャンルがなく曖昧な感じです。

ホラー系なのかサスペンス系なのか。。。

あとは、演出の仕方が変にやりすぎていて見づらい感じになっていたなという印象が強かったです。
オル

オルの感想・評価

3.0
原作読んで頂きたく御座候。

この映画の注目ポイント!

1,原作漫画が面白い。
本作に全く反映されてない面白味が漫画にはある。

設定すらもよく拾えていないこの映画はごめんなさい。

漫画は上下巻で完結しているが我が青春の1ページ。

原作はとても優しいお話。

2,主題歌が最高。

RAM WIRE(現在活動休止中←ここ重要)の『むつのはな』

エンドレスリピート尚も継続。

3,まだぎりぎりブレイク前の土屋太鳳。

太鳳ちゃん見られるよ。

以上。

さてさて、何がいけなかったかというと枚挙に暇がないというやつ。

グロテスクとカルト要素が無駄に強い?これはこれで好きな人はいるだろうが本来の魅力が発揮できていない。

設定も活かされていなければよくわからず終わるという謎仕様。

漫画上下巻でまとまっている内容なのだから最低限、回収してほしかった。

待望の映画化だったがそこは残念。

個人的には主題歌がハマりすぎてそこだけ高評価。
ともかく低予算B級ホラー。
なぜか駆け出しの女優さんは、こういう低予算ホラーに出てる気がする。
fkr

fkrの感想・評価

3.5
@amazonプライム ホラーだが、アクションも多め。身体性のある画面が続く。 OPの編集の仕方とかMVのような新鮮さがある。
途中で観るの飽きてしまった…

設定は悪くないからもっとホラー感ほしかった
べりす

べりすの感想・評価

1.0
多分土屋太鳳ちゃん好きな人はそれだけで、いい映画。
土屋太鳳ちゃん苦手な人はなんやこれは、、、ってなる映画。
どっちでもない人は更に「何この内容の謎すぎる映画」ってなるかもしれない。
友達ははじまってすぐ「なにこれ?」ってゆーてたw
ケイゾク・スペックを思い出させるスタイリッシュサブカルオシャレ中二系思い出させるだけ思い出させて終わった。
ストーリー?えーと・・・