ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂの作品情報・感想・評価

「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」に投稿された感想・評価

UC

UCの感想・評価

4.2
平穏な日常を過ごすも言いようのない閉塞感を抱く高校生が、夜な夜な謎のチェーンソー男と戦う女子高生と出会い、彼女の役に立ちたい一心でサポートするようになるが…。

本当にまんま中学二年生が考えたような話。映画としてはツッコミ多くて出来が良いとは言えませんが(笑)
思春期によく分からないモヤモヤを感じてた人や
世界を救う大業な戦いよりも、好きな女の子一人の役に立って死にたい!
とか考えてるようなバカな永遠の厨二男子向け映画。

そういう人たちには
三浦春馬らが歌う「根性なし」と
エンディングで流れるGReeeeNの「BE FREE」が
胸に刺さってくれるハズ!
コンピレーションアルバムも最高!
ayubit

ayubitの感想・評価

2.0
普段は絶対手に取らない感じの映画だけど、BE FREEのPVで何度か断片的な映像を見て、面白くなさそうだけど気になってしまい、ついに視聴。
結果、期待を裏切らないB級、かつ中二臭する映画だった。
Huluで鑑賞。ビデオのパッケージと内容のギャップに驚き。どちらかと言うとファンタジーかな。チェーンソー男と戦う美少女とグーたら高校生のボーイミーツガール。チェーンソー男はなんらかのメタファーにはなっているわけだが。シリアスにどうこうでは無い。

関めぐみさん、市原隼人さんのきらきらした一時期を切り取った、ということでは価値あるのだと思う。気分に寄らずに楽しめる。
じぇり

じぇりの感想・評価

3.7
“死”の先に続く日常のお話*・゜゚・*:.。..。.:*・
その身の消滅という死ではなく、心が死んだまま生き存える“死”。
心が弱くなるとその力を増すチェーンソー男と戦う不遇の美少女。このメタフォリカルな物語をわたしは前回見たときにはどのくらい理解していたかなと思い返しながら、今回約10年ぶりにHulu視聴。

音楽がとても良くて印象に残っていた作品なだけあって、ひさしぶりに聞いた俺さまーズの『根性なし』の劇中歌唱シーンの切実さに息がつまる。
エンディングBE FREEは言わずもがな。
GreeeenのBE FREEが主題歌だったのでみました、
B級だけど個人的に好き
よく分かんなかったから、あまり深く考えずに楽しめた。
ひた向きな姿が眩しい。
瀧

瀧の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃよかった。
登場人物たちがみんな闇と戦ってもがく日々。
チェンソー男は倒せないし、音楽も小説もカメラもままならないし、死んでいった友達を追い抜けない。それでも日々を越していかねばならない。
とても甘酸っぱく切なくて愛おしい映画だった。
takunoha

takunohaの感想・評価

3.0
中三ぐらいの頃、原作者の大ヒット小説『NHKにようこそ』を友達に借りて読んだ記憶がある。でこっちも借りて読んだんだけど、最後まで読みきらず、返した。
で、この映画もDVDで借りて途中まで見て、一回返してしまった。そのくらいにしか自分にはピント来ない映画です。でもアクションのとVFXはそこそこ頑張っているし、関めぐみはかわいいのでよしとする映画です。

ストーリーは皆さんがレビューしている通り、説明不足が多分にあるので見ていてちょっと不親切さを感じる作品です。
ばば

ばばの感想・評価

1.5
ストーリー上はものすごく強敵で、演出もそう見せたいんだっていう意思が伝わってくるのだけど、何だか敵が今にも倒せそう…。なのに倒せない。そのギャップが耐えられなかった。
washi

washiの感想・評価

2.9
つまんないけど好き
関めぐみが好きだった時代
BEFREE
根性なし
>|