セール・オブ・ザ・デッドの作品情報・感想・評価

セール・オブ・ザ・デッド2008年製作の映画)

I SELL THE DEAD

製作国:

上映時間:85分

ジャンル:

3.1

あらすじ

“生きてる死体”売ります! 殺人罪に問われ、牢屋で処刑を待つ墓荒らしの死体泥棒アーサー。相棒にして親友のウィリーが先にギロチンにかけられたその日、彼の牢屋にダフィー神父という男が訪ねてくる。死刑囚の最後の言葉を効くのが務めだと語る神父の言葉に、「自分は死体泥棒だが人殺しなどしていない」と言うアーサーは、信じられないような自らの体験談を語り始める。それは、幼く貧しかった彼が死体泥棒となり、やがて…

“生きてる死体”売ります! 殺人罪に問われ、牢屋で処刑を待つ墓荒らしの死体泥棒アーサー。相棒にして親友のウィリーが先にギロチンにかけられたその日、彼の牢屋にダフィー神父という男が訪ねてくる。死刑囚の最後の言葉を効くのが務めだと語る神父の言葉に、「自分は死体泥棒だが人殺しなどしていない」と言うアーサーは、信じられないような自らの体験談を語り始める。それは、幼く貧しかった彼が死体泥棒となり、やがて死んでいるはずなのに人を襲う奇妙な死体<アンデッド>を発見し、それらを売りさばいて大金を得ていたという驚くべき話だった。アーサーの話にすっかりのめり込んでゆくダフィー神父。しかし、その裏には“生きた死体”をめぐる恐るべき陰謀が潜んでいた!!!!

「セール・オブ・ザ・デッド」に投稿された感想・評価

Yu

Yuの感想・評価

-
ロード・オブ・ザ・リングのサムだ‼設定がまずふわふわしててすげー緩くてハートフルな友情のバイブス感じていい気持ちになるクソ映画でした!正直大好き!
殺人の罪で死刑が決まったアーサー。
そこに現れた謎の神父、彼はアーサーに事件の真相を聞く。
アーサーは既に処刑された相棒と墓荒らしをしていた事を告白する。そこで見つけたのは生き返る死体だった。

・・・的な作品。

ただの偽物・オブ・ザ・デッドと思いきや割かし角度のある良作だった。冒頭から見せる展開でグッと引き込まれ、出てきた神父が、ロン・パールマンww笑うしかない。

オチまでしっかりと楽しめた。

-------------------
FILMAGAでホラー映画のまとめ記事を書いてます。
毎月13日に公開いたします。
興味のある方はご覧いただけると幸いです。
https://filmaga.filmarks.com/writers/159
--------------------
praline

pralineの感想・評価

3.2
ゆるふわ系ゾンビ映画。
ものすごい刺さるわけじゃないけど、なんかゆるい雰囲気と可愛さが憎めない。

ロン・パールマンが出てたから加点!
シラノ

シラノの感想・評価

3.0
Netflixで鑑賞。


ラスト数分までは微妙な面白さで眠かった。

というか正直なところ、スマホいじりながら観てたくらいのレベル。


そもそも博士にこき使われてる間が長かったにもかかわらず、それまで一度も蘇る死体に遭遇してなかったのに、そこから今度は逆にそういう死体にばかり遭遇するか?(;・∀・)

しかもあの宇宙人は一体何だったんだw

最後まで謎のまま。


が、残り数分からが非常に面白く、ラストのあいつの叫び声w


『終わりよければすべてよし』とはよくいったもので、途中で見るのをやめなくてよかった。
おまつ

おまつの感想・評価

3.1
コメディとしてもホラーとしてもミステリーとしてもファンタジーとしても中途半端なんだけど、頭空っぽにして安心して見れるB級感。
わかりやすいキャラ設定で、ボーっとしながら最後までぬるく見れた。
全体的に薄暗い中世っぽい世界観が良い。傷の血がやけにリアルなのが気になった。

(I SELL THE DEADという日本人でもわかるような英題が、なぜセールオブザデッドという邦題になるのか理解不能。ちょっとでもゾンビっぽいものが出てたら'オブザデッド'を使う風潮なんとかしてほしい)
kmk1020

kmk1020の感想・評価

3.0
気分的に下らない映画が見たかったとは言え、新年一発目に選ぶ映画では無かったか。笑笑
死刑を控える主人公が、最後の言葉を聴きに来た牧師に、墓荒らし稼業の中での体験を語る…という回想形式でストーリーが進む映画。全体的に不気味な中世の雰囲気はあるけどストーリーは軽くコメディ調、ハリはあんまりなく、ヌルッとふざけた感じ。
ココ!という面白さはないけど、最後まで見れたのは、面白い証かも?
Mitu

Mituの感想・評価

2.7
ゆる〜いホラーコメディ!

面白そうなんだけど、少しつまんない。

ただ飽きてきた頃に予想外の面白さを用意してくれてるから、最後まで見れた!

音楽がワクワク楽しい感じ!
(ティムバートンっぽい)
jnk

jnkの感想・評価

3.6
キレの良い死体ギャグの数々、殺人の無罪を説明する回想シーンというのがじわじわくる。
オブザデッド系の中ではゆるい方だけど、何そのテンションで死体いじってるんて感じおもろい。
この感覚がグロはないブラックコメディとしては一つの正解な気がする。
ショックシーンがないから短くてもややダレるけど、小ネタも詰め込まれてるからもっかい見たくなった。
聞き役が神父なのがまたおもろいし、結末知ってから思い返すと更に皮肉が効いて良い。
普通に考えたらかなり切ない話で、色んな感慨が湧いてくるのを死体がぶった切っていく謎の余韻。
死体を売って稼ごうとする2人組のゆるゆるアドベンチャーコメディ♪

ホラー要素にゆる〜い笑いが交じったダークファンタジーな世界観が素敵☆

最高のハッピーエンドが気に入った!!

ドミニク・モナハンを作品で見かけるとロード・オブ・ザ・リングが恋しくなる…!

メリアドク・ブランディバック
通称メリー♡
彼と言えばこのキャラクターですね。

この作品でも彼らしい良い味を出されてました♪
seishirow

seishirowの感想・評価

2.2
なんとなーくだけど、もしジョニデが主演してたらシリーズ化してそうな雰囲気。ストーリーはそこそこ。ギャグも嫌いではない。
>|