キース・ヘリング/ドローイング・ザ・ラインの作品情報・感想・評価

キース・ヘリング/ドローイング・ザ・ライン1990年製作の映画)

Drawing the Line:A Portrait of Keith Haring

製作国:

上映時間:29分

3.5

「キース・ヘリング/ドローイング・ザ・ライン」に投稿された感想・評価

ai

aiの感想・評価

5.0
生まれた時から実家のリビングに ラディアントベイビーのポスターが飾ってあったから、わたしにとって1番身近なアートはキースの作品。
めちゃくちゃ見やすいドキュメンタリーだった。
あの時代のニューヨークの話はワクワクする。
M

Mの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

彼の作品を観て薄々勘づいていたけど、こんなに社会的関心の深い人だったとは知らなかった。
あの時代にSVAに通ってたら、毎日目まぐるしい程の刺激がもらえそうだな。

“伝えるべき大事なことは沢山あると思う。でも相手がどれだけ興味を持つかは、伝え方の質や面白さにかかってるんだ。”
彼にとって絵は言葉と同じであり、絵を描くことは喋る事と同じ。だからあれだけ浸透したんだろうなぁ

下絵無しに書いていて凄い
ちゃんとまとまってたいい30分

彼と同じ空の下で1秒も一緒に息を吸うことができなかったのが心残り
YuA

YuAの感想・評価

3.9
30分の中で、彼の生き方や作品を垣間見れて面白かった。躍動感や頑なな使命感が伝わってきた。
錯乱

錯乱の感想・評価

3.5
背景に写るニューヨークは、憧れてるニューヨークで、ニューヨーク自体をキャンバスに描ける人。室内での個展ではなく、外に出るし、公的な仕事もするし、芸術として、かっこいいことしかやってないのでは…。
PANDANOIE

PANDANOIEの感想・評価

3.8
とにかく20代前半の陽気すぎてアヒル片手に手ふりまくりながら走っちゃうキースが最高すぎるのでそれだけでも見てほしい。
こんな陽気なドキュメンタリーある?って感じ。元気でたしキースの絵描くときのエネルギー!そして描くスピード早すぎ!!!
oharu

oharuの感想・評価

-
すごいまとまってる ドキュメンタリー

スルスル描く感じが
すごいし、線に迷いがない〜〜👏🐇

地下鉄のシーンの 絵の速さが
かっこいい〜🗽
バスキアとかバンクシーなら見た瞬間、天才と分かるけど…キースって。。。オレでも…って思っちゃうけど、真似しても同じような線にはならないのかしら。。

どうやらメディア先行で火が付いたっぽいけど、それでも惹きつけるものがあるからブームになったんでしょうね。色合いが80年代っぽい!
記号的な絵が逆に良いらしい。

それにしても30歳で死去。
バスキアは27歳。

あまりにも早すぎるよ。。
この映画も30分と早すぎるよ。。
spe1111

spe1111の感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

キースへリングはストリートアートの先駆者で、ニューヨークの地下鉄などでグラフィティをし、サブウェイドローイングというらしいが、そこから有名になった画家。アンディウォーホルといい、ポップアートが好きなので、楽しんで観れた。常にストリート目線で即行で絵を書くスタイルで、すごくシンプルなんだけどメッセージ性があるキースへリングのアートは凄く惹かれるし、ああいったパキッとした色合いのデザインが単純に好き。AIDSの為若くして亡くなってしまったのが残念だが、ベルリンの壁へのアートや、ポップショップや数々の美術展など影響力が偉大。そんな内容が30分程度で分かるこの映画は、キースへリング好きはもちろんポップアート好きにとっては必見の映画だと思う!山梨に美術館があるらしいので、機会があれば是非行きたいものだ!

あなたにおすすめの記事

似ている作品