ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン」に投稿された感想・評価

h

hの感想・評価

3.5
コクトー『美女と野獣』の衣装、ジャンヌ・モローとの公私のパートナーシップ、ジェラール・ドパルデューの発掘。ピエール・カルダンの伝説の数々。トリュフォーの『家庭』に出演した松本弘子も、カルダンお抱えのモデルだった。
ま、でも、商売人の感みたいなのを延々見せつけられた。
めがね

めがねの感想・評価

4.0
あの時代の華々しさに興奮。映画館で体感したかった。なぜか『ポリーマグー、お前は誰だ?』をもう一度観たくなった。
何より、トリュフォーの映画に出ていた松本弘子さんがここに!という驚きと喜び。TSUTAYAでこの DVDに出会えた事に感謝。
SaKu

SaKuの感想・評価

4.0
恥ずかしながら、この映画を見るまでピエールカルダンを存じ上げていなかったが、彼がファッションデザイナーの先駆者だったとは。彼がいなかったら今のファッションはないかもしれない。
MOZAIQのK

MOZAIQのKの感想・評価

4.5
先駆者で代弁者のいないフィクションのような存在。言葉に詰まる…
CHIO

CHIOの感想・評価

-
ピエール・カルダン

プレタポルテ、メンズファッション、多国籍モデル起用の先駆者。映画はそう面白くはないけれど、挑み続ける仕事が面白かった。

松本弘子さんが着ていたアバンギャルドなワンピースがとても好き。日本人のように背が低く、手足が長くなくても、誰でも美しく見えて、自由に開放されるデザインが素敵。

ライセンス商品の乱発で、後年、ロゴがハンコのように押されていた印象だけど、それも自力で資金調達する手段だった。気骨あるイタリア生まれのデザイナー。


ところどころ、モテ自慢の入るおじいちゃん。ビスコンティもジャンヌモローもって、性別またいで守備範囲広い!
ピエールカルダンの事を何も知らなかったことに気付かされた。
こんなに先進的な人だったとは。
水鉄砲

水鉄砲の感想・評価

5.0
ウワン😭
観た次の日はめちゃくちゃピエールカルダン意識した格好で出かけた
decap

decapの感想・評価

2.8
ピエールカルダンのドキュメンタリー。
流れるように紹介される凄まじい功績の数々。それらを生んだ張本人は、自己顕示欲が強そうに見えてなんだか謙虚にも見える不思議な人柄。
100歳近い今も現役であらゆるプロダクトや劇場運営まで手掛ける姿は、貪欲ながら芸術信仰が前提にあるようで魅力的。
途中に出てきた日本人コレクターが気になる
アバンギャルドなデザインなのにどこかレトロで温かみがあるのは本人の人柄なのかな。
jumo

jumoの感想・評価

3.5
おそらく自身のカルダンのコレクションを身に纏い、思い思いのファッションでピエールカルダンについての思い出を語る人々
その中できらりと光るラコストのフェス運営者のスーパーマンのTシャツよ…
何にでもでかでかとブランドロゴをつけるというカルダンの作った文化は、後世のラコスト城にも脈々と受け継がれてるんだなあ
>|

あなたにおすすめの記事

似ている作品