アメリカン・ハードコアの作品情報・感想・評価

アメリカン・ハードコア2006年製作の映画)

AMERICAN HARDCORE

製作国:

上映時間:100分

3.9

「アメリカン・ハードコア」に投稿された感想・評価

折角の休日の映画の日。
散髪行ってサッパリして向かった映画館で爆睡してしまい、なんだか凄く勿体無い気分になってしまった。
この苛立ちを解消してくれるのは何だ?

カーターからレーガン政権の時代。
アメリカではWASPの栄光を取り戻そう!なんて時代。
その欺瞞に反発し、70年代のパンクムーブメントに間に合わず、ニューウェーブやAORには絶対ハマれないヤツらが一斉に雪崩れ込んだハードコアパンク。
社会の檻がガスとなり、溜まりに溜まって、街のゴミダメで激しく引火爆発していた。

個人的にはこのハードコアが世界中に飛び火した後のジャンクな音に一時期ハマっていた。
この時代の直線的な激情を緻密に拾った本作はドキュメンタリーとしての質も熱量も異常に高い。

大学時代にハードコア道を極めんとする同級生がいて、ペルーのマジ反体制派ハードコアパンクスと文通してたり、46分に300曲くらい入ったカセットを聴いてたり、一曲0.2秒の曲を聞かせてもらったのを思い出した。

ゴミダメで苦しむプアホワイトがトランプを支持するこの時代。
憤懣やる方ない怒りがどんな音楽に反映されてるのか知りたくなった。

https://m.youtube.com/watch?v=pzdQx9-qj38

〜〜

BAD BRAINSの演奏力と哲学!
ちゃんと聴いてなかったの反省。
こんな早いのよう叩かんわ。
tonemuff

tonemuffの感想・評価

3.7
ドキュメンタリーとしての熱量がすごい。

俺もここまでの反骨精神を持った、ハードコアムーブメントの当事者になりたい人生だった。
この映画に具体的なオチが無いのは、まだハードコアが終わってないからよね。
圧倒的なパワー!!

ステージパフォーマンスが最高ー!!

ハードコア好き必見!!
ハードコアシーンこそ、レーガン政権下でのプロテストであった。その”raw power”を見せつけられる。
abekoh

abekohの感想・評価

3.9
絵作りもうちょい頑張って欲しかったけど、貴重な話が満載。Sick of it all辺りくらいまで出てくるかと思ったけど、80年代前半メイン。
80年代のハードコアアーティストの楽曲を知っているけど背景をあまり知らなかったので楽しめた。
ヴィックボンディの「ファッキン・シッドナイト」の罵声がおもろい。
イアンマッケイのピストルズとは違い薬中じゃない!ストレートエッジや「32秒で本質を伝える」などが印象的。
グレックギンのSSTレコード解説や7インチレコードジャケットを作成するDIYが楽しい。

以下メモ
Bad brainsの僕たちのアティテュード、他には白人だけで有罪とかハードコアパンクとはハードコアポルノから。
パンクロッカーはレーガンを馬鹿にしてた。
マイク

マイクの感想・評価

4.0
80年代(前半)のアメリカハードコアパンクシーンの誕生から終焉までを当時の著名なミュージシャンたちのインタビューやライブ映像で綴ったドキュメンタリー映画。
不満、怒り、反抗、そしてDIY。音楽だけではない、80'sUSハードコアという「文化」がこの一本に詰まっている。
個人的にはイアン・マッケイのレコードジャケット制作講座が好き。
酒とドラッグとタバコをやらないイアンマッケイが、超気持ちいい
「本心を伝えたかったら、32秒で伝える」と言ったイアン・マッケイ。
名言だと思う。
>|