セリーナ 炎の女の作品情報・感想・評価

セリーナ 炎の女2014年製作の映画)

Serena

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:109分

2.9

あらすじ

1929年、ノースカロライナのグレート・スモーキー山脈に囲まれ、ジョージ・ペンバートンは多くの従業員を抱える製材所を営んでいた。ある日彼は、火事で家族を亡くした天涯孤独の美女セリーナに一目惚れし、すぐに結婚を申し込む。夫婦となった2人は、他の誰も入り込む余地がないほど濃密な愛情で結ばれていく。そして、ビジネスパートナーとしても揺るぎない信頼関係を築きあげていくが、セリーナがジョージの隠された過去…

1929年、ノースカロライナのグレート・スモーキー山脈に囲まれ、ジョージ・ペンバートンは多くの従業員を抱える製材所を営んでいた。ある日彼は、火事で家族を亡くした天涯孤独の美女セリーナに一目惚れし、すぐに結婚を申し込む。夫婦となった2人は、他の誰も入り込む余地がないほど濃密な愛情で結ばれていく。そして、ビジネスパートナーとしても揺るぎない信頼関係を築きあげていくが、セリーナがジョージの隠された過去と自らが背負った運命に直面した時、彼女の愛はすべてを破壊する狂気へと姿を変えていく…。 

「セリーナ 炎の女」に投稿された感想・評価

この2人の映画は世界にひとつのプレイブックやアメリカン・ハッスルの方が数段面白い。
lovemani

lovemaniの感想・評価

2.5
キャストに惹かれて。

それだけだったなぁー。
何で出演したのかしら??

ブラッドリークーパー青い目が相変わらず素敵
ジェニファーもとーっても綺麗!
だけど…超怖い…

炎の女…
確かに…

ここまできちゃうと、ラストはこれしか無いよね〜

思ってたのと全然違った〜
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

2.0
つまらん。
Jローレンスとブラッドリー・クーパーの無駄遣い。
この監督はハリウッドデビューは失敗かな。
tomomi

tomomiの感想・評価

3.4
観終わったあと、虚しくなった。
男も女も運命に翻弄されて、自分を見失ってしまったのか。女目線からみると、男がいけない。セリーナはかなり傷ついたのだと思う。人を愛しすぎるとダメ。程々が良いのだと思う。
ジェニファー・ローレンスは、どんな役でも美しい!
切身

切身の感想・評価

3.0
ブラッドリークーパーが観たかっただけのやつ。そのほかになんで借りようと思ったのか理由が見当たらない。
ジェニファーローレンスのプチムチムチ感がたまらん。色白すぎ。
ま

まの感想・評価

3.0
さまざまなジェニファーローレンスの美しさが観れる作品

ストーリーはそんなにだけどジェニファーローレンスが綺麗だからそんなに抵抗なく観れた

このレビューはネタバレを含みます

キャストにまず惹かれて観ました。
前半の二人の関係は素敵過ぎてうっとりでしたが、後半は人が死にすぎ。
素敵な二人だから感情移入はできたけど。
究極の愛の選択。
どちからが、正しいのかは誰も知らない。ジェニファー・ローレンス激情の女を演じる。
ピノコ

ピノコの感想・評価

2.8
やっぱ。
結婚なんて、
しないにこしたことないんだな。

…と思った作品。( ˘ω˘ )

ジェニファーの、
あの勝気さ、
仕事面で男に負けない・負けたくない女は、結婚してもうまくいかんて。

よし…!
なんか、悪い方に背中押された。笑


でもさ。
どんな事があっても、殺意はだめよね。
激情型美人と直感型で自業自得なイケメン夫婦、いきつく先は、そうなるよね…という感じ。
序盤はメロドラマ臭ぷんぷんだったけど、こいつら二人ともどーなのこの思考回路、と思い始めてからが面白い。静かな惨事、意外と死人出る。
スサンネ・ビア監督作。

プッシャー、ブリーダーのキム・ボドゥニアがチラッと出てた。
>|