セリーナ 炎の女の作品情報・感想・評価

セリーナ 炎の女2014年製作の映画)

Serena

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:109分

3.0

あらすじ

1929年、ノースカロライナのグレート・スモーキー山脈に囲まれ、ジョージ・ペンバートンは多くの従業員を抱える製材所を営んでいた。ある日彼は、火事で家族を亡くした天涯孤独の美女セリーナに一目惚れし、すぐに結婚を申し込む。夫婦となった2人は、他の誰も入り込む余地がないほど濃密な愛情で結ばれていく。そして、ビジネスパートナーとしても揺るぎない信頼関係を築きあげていくが、セリーナがジョージの隠された過去…

1929年、ノースカロライナのグレート・スモーキー山脈に囲まれ、ジョージ・ペンバートンは多くの従業員を抱える製材所を営んでいた。ある日彼は、火事で家族を亡くした天涯孤独の美女セリーナに一目惚れし、すぐに結婚を申し込む。夫婦となった2人は、他の誰も入り込む余地がないほど濃密な愛情で結ばれていく。そして、ビジネスパートナーとしても揺るぎない信頼関係を築きあげていくが、セリーナがジョージの隠された過去と自らが背負った運命に直面した時、彼女の愛はすべてを破壊する狂気へと姿を変えていく…。 

「セリーナ 炎の女」に投稿された感想・評価

主演の二人が好きであらすじを知らずに視聴。

結婚当初は自分に余裕と自信があったんだろうなあ。
時が経ち、状況が変わり、相手の心の微妙な変化…渦を巻く嫉妬。
不安になる気持ちは分からなくもないが、度を越えてる攻撃性はスゴい!
敵にまわしたくない相手だ…(>_<)
180521 レンタル

中身薄っぺらーすぎて役者の無駄遣い感
O

Oの感想・評価

2.4
ジェニファー・ローレンスと
ブラッドリー・クーパーが好き
なのでラッキーと思い、鑑賞。
ブラッドリー・クーパーのスーツ姿で
乗馬するのが見れたのでとりあえずは
満足でしたが、ラストは死ぬ程胸糞悪かったです。

そして邦題炎の女...イマイチすぎました。
tai

taiの感想・評価

2.0
ジェニファー・ローレンスとブラッドリー・クーパーやから観たけど、なんかありきたりな感じもしたし、全然入ってけーへんかった…
えりこ

えりこの感想・評価

3.0
大好きなブラッドリー目当てで鑑賞。
雰囲気は悪くないのだけどストーリーが余りにも残念過ぎて…。
中途半端感が否めず、キャストが勿体ないと思いました。
とりあえずブラッドリーを見るだけで目の保養にはなりましたが👀
抹茶

抹茶の感想・評価

3.0
ジェニファーローレンス目当てでみた。ストーリーは可もなく不可もなく。ジェニファーローレンスと、ノースカロライナの原生林が美しいかんじ。
天狗

天狗の感想・評価

2.9
プレイブック・コンビということで。

正直期待はずれでした。
もっと愛欲どろどろ系なのかという期待(ジェニファー出し惜しみ、あんたもう捨てるもんないやろ!)感が強かったので。

ジェニファーもしもべ役も突然豹変するし。

なんか携帯がない時代の映画って時間進行の解釈がだんだん難しくなってきた、気がします。
感想川柳「嫉妬とは 男も女も 見苦しい」

スサンネ・ビア監督の作品ということで観てみました。。φ(..)

1929年、ノースカロライナ州。製材所を営むジョージ・ペンバートンは、火事で家族を失った美女セリーナと出会ってすぐに恋に落ちる。2人は結婚して強い愛と信頼で結ばれていくが、セリーナがジョージの隠された過去を知ったことで、彼女の愛は狂気へと姿を変えていく…というお話。

安易に「ブラッドリー・クーパー」と「ジェニファー・ローレンス」の「世界に1つのプレイブック」コンビを起用したような気がして、ビミョーだと思ってましたけど、「スサンネ・ビア監督」がやってるなら観てみようかと鑑賞。(´・c_・`)


率直に言えばイマイチでした。( ・ε・)だいたいスサンネ・ビア監督はラストに色々持ってくるんですけど、今回はなんかアメリカ的な感じ?(;・ω・)そういえばハリウッドデビュー作で「ベニチオ・デル・トロ」主演の『悲しみが渇くまで』もそこまでのキレがなかったな…。(((^_^;)

監督のイメージ的には「誰が悪いわけでもない」というコンセプトが多いと思っていたので、これはちょっと違う作品でございます。(゜〇゜;)途中で眠くなってしまいましたし。

ズルズル泥沼というには少し甘いと思うし、ラストへの持っていき方は良かったのに、あの終わり方は…(;´д`)

ちょっとあの二人が主演じゃないものも見てみたい。(゜Д゜)


トビー・ジョーンズは相変わらず名脇役。(*´∇`*)


んでまず(^_^)/~~
Linla

Linlaの感想・評価

3.1
だってブラ・クパなんだもの。

それだけで観る理由がそこにある

パチーノに前世で
口説かれまくった記憶があるが
ブラ・クパは遊んでやった記憶があってしょうがない自分。

いやね、
いくらブラ・クパといえ、、、
今回はオイオイ感否めず、、、

ジェニファー姉さんもそりぁ
キレイだし、ブラ・クパもそりゃおっとこ前なんだけど~

何でこんな物語観せらなあかん?
なそんなストーリー。

TVドラマ大草原の小さな家辺りの
時代背景は悪くない。
でもな~
クラシカルなブラ・クパは
ちょっと違うわー

シャツのボタン3つくらい外して
不精ヒゲでこそだわ~

キッチリシャツ着て
おマジメおヒゲって、、、
地球イチのブルーアイズも
何か台無し、、、

やらしげなシーンもあったけど
全然やらしくなくて
ブラ・クパの素材が台無し、、、

狂喜の二人
ってなお話なんだろけど
結局何なんー?なモヤりが。

やっぱブラ・クパはー

ドンズバイタリアンファッション
現代版胡散臭さ漂わせてなんぼ。
炎の女…か…

同じくジェニファー・ローレンス主演の映画「マザー」を観た直後に観賞したので、なんか色々フラッシュバックしてしまった(笑)

そういやハンガーゲームでも炎の演出が多かったな、なんて思ったり。

セリーナの見どころは
ズバリ、ジェニファー・ローレンスが豹変していく様子。

どんどん物語の歯車が狂っていく様を
彼女が演技で体現している。

脚本がイマイチの印象だけど…

救いのない教訓じみた映画が観たい時にお勧め💡
>|