ぶどうのなみだの作品情報・感想・評価

ぶどうのなみだ2014年製作の映画)

上映日:2014年10月11日

製作国:

上映時間:117分

3.0

あらすじ

北海道・空知。父親が残した葡萄の樹と小麦畑の樹のそばで、兄のアオはワインをつくり、ひとまわり年の離れた弟のロクは小麦を育てている。アオは“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄ピノ・ノワールの醸造に励んでいるが、なかなか理想のワインはできない。そんなある日、キャンピングカーに乗ったひとりの旅人が、突然ふたりの目の前に現れた。エリカと名乗る不思議な輝きを放つ彼女は、アオとロクの静かな生活に、新しい風を吹き込ん…

北海道・空知。父親が残した葡萄の樹と小麦畑の樹のそばで、兄のアオはワインをつくり、ひとまわり年の離れた弟のロクは小麦を育てている。アオは“黒いダイヤ”と呼ばれる葡萄ピノ・ノワールの醸造に励んでいるが、なかなか理想のワインはできない。そんなある日、キャンピングカーに乗ったひとりの旅人が、突然ふたりの目の前に現れた。エリカと名乗る不思議な輝きを放つ彼女は、アオとロクの静かな生活に、新しい風を吹き込んでいく・・・。 主演は、北海道出身で映画・TVと大活躍中の大泉洋。共演に、デビュー後本格的な演技初挑戦となるシンガーソングライターの安藤裕子。そして、ヴェネチア国際映画祭で最優秀新人賞を受賞した若手実力派・染谷将太。監督は『しあわせのパン』を手がけ、同名小説も高く評価された三島有紀子。今回もオリジナル脚本を書き下ろし、オール北海道ロケに臨みました。 ゆるやかにめぐる春夏秋冬。一面に広がる緑色の葡萄畑と、黄金色の小麦畑。思わず空を見上げたくなるような芳醇な物語が、北海道から届きました。ちょっぴりほろ苦い、雨と土とワインの香りが、あなたのうれしい涙も、悲しい涙も、きっと優しく包み込んでくれるはずです。

「ぶどうのなみだ」に投稿された感想・評価

ずっとワイン飲んでる映画。
染谷くんと大泉さんの二人組、ちぐはぐかと思いきや結構ぴったり。
二人ともラフな格好すごい似合うよね…(*´-`*)
北海道のだだっ広いカンジいいな。
抜けるような空の味。飲んでみたいなあ。

実が透けて、中の種の影が見えるのも、ぶどうの葉が黄金色に色づくのも、素敵。
エリカとアオの二人かわいい。ていうか安藤裕子があざとかわいい。
Chigusa

Chigusaの感想・評価

3.3
絵がいい映画。ワイナリーの風景や特徴的な木、食卓のご飯たち、おしゃれな服装。そして、安藤裕子が素敵
Reiko

Reikoの感想・評価

3.8
しあわせのパンに続き、絵本みたいなお話。

空知に行きたい。洋さん走るっ!!
Natu

Natuの感想・評価

2.0
北海道らしい風景と美味しそうなワイン

それだけかなぁという感じがした

ストーリーは個人的にあんまり良くなかったかな。
見ながら、しあわせのパンと似たような話だなと思ってたら同じ監督なんですね。
染谷くんがとてもかわいい。
とり

とりの感想・評価

3.0
ねえやんが可愛い。衣装や生活感はちょっと現実味がない。

▽きろく
クラゲ

クラゲの感想・評価

3.6
読書ノート[5]

「ぶどうのなみだ」観た。

相変わらず、絵本みたいに完璧な世界観。

抜けるような空があるワイン、飲んでみたい。
FUMIKA

FUMIKAの感想・評価

3.2
外で食べるご飯やワインや牛乳が美味しそう☺︎

自然の中の生活。
「しあわせのパン」
は良かったんだけれどなぁ〜


北海道空知地方で
アオ(大泉洋)と弟のロク(染谷将太)の兄弟は父の残した農場で、
アオはワイン(ビノロワール)作りを
ロクは小麦作りをしている。
そこへ、キャンピングカーに乗ったエリカ(安藤裕子)が現れてイキナリ穴を掘り始めてからの〜物語。

凄いのですよ!

農業に従事しているアオ、ロクの兄弟、化石掘りをしているエリカ、この3人、土いじりばかりなのに〜
皆、指が綺麗!

ロクの小麦畑、かなり広大で凄〜く綺麗に実っている!
君ひとりでここまで!!
で、刈り取りは鎌で!!
無理ですよ絶対に!!!

エリカは急にやって来て、
穴掘り始めて数日でアンモナイトを掘り当てる!
((((;゚Д゚)))))))
凄い能力。

と、まだまだありますが、、、

とにかく、オシャレだろ!
的な押し付け感が、無理でした。

でも、この作品観て、ピノをメッチャ飲みたくなりました♪
f^_^;
キャラクターキツすぎる中に凛として佇まう染谷将太、可愛いと格好良いと爽やかとピュアを足して4で割った感。
>|