おかえり、ブルゴーニュへの作品情報・感想・評価・動画配信

「おかえり、ブルゴーニュへ」に投稿された感想・評価

最後は全て丸く収まってよかった!
親子や兄弟や夫婦のあれやこれやが詰まった話でした。いくら家族でも噛み合わないと何年も噛み合わずにぐずぐず気まずいままいってしまうよね…。
とにかく察してほしい、というのはやめて腹を割って話そうじゃないか、って心意気は大事。
ブルゴーニュの葡萄畑の資産価値も想像以上にあってびっくりした!売りたくなる気持ちもわかるけど後々考えるとドメーヌを存続させるほうがいいことように感じるね…。
とりあえず海外旅行に行った気分になれるほど美しい田園風景
兄弟たちのいざこざのお家問題はどこの国も一緒だな(笑)って面白いし
絆も深い
そしてワイン飲めないけどなんだか飲めそうな気がしてくるし、ガボガボ飲みたくなる
家族経営のドメーヌは資産が大きくて相続大変だよね...
家族の絆とブルゴーニュの情景が美しかった。
1週間のぶどう収穫はキツそうだけど、その後の収穫祭バカ楽しそう
人生で1回くらいはブドウ収穫手伝いたい
そしてブドウ投げつけあってオーナーに怒られたい(え?
Vee

Veeの感想・評価

3.8
あ〜のんびりしていていい映画だな〜
兄妹っていいよなぁ、、あんなにも広大な土地と綺麗な景色があるなら田舎暮らしも羨ましい...
のんびりした映画だけど、飽きることなくてなんか好き
たぶん、日常の中でだんだん人が成長していく姿を穏やかに撮ってるから?たぶん?

やっぱこの監督作る映画好きやわーー

いますぐここにワインを持ってきてくれ!!ってなる
ゆかち

ゆかちの感想・評価

5.0
癒された〜♡
永遠に見てられる壮大で美しい景色♡
憧れのワイン✕フランス!
ワイン飲めないけど、やっぱりワイン関連の映画は大好き!♡
好き系統のまったり感!このフランスの雰囲気が最高なのよね( *˘ᵕ˘*)

ブドウ園を経営してる家族。
10年、音信不通で家を離れていたお兄ちゃんが父親が倒れたと聞いて久々の帰宅。妹は喜び、弟は何してたんだ!って激怒。
三人でのワイン作り。ワインをどういう味にするかって、収穫時期とかたくさんの問題があるんだよね。こんなにも奥深くて製造工程も素敵なワインを飲めない自分がにくい…(›´A`‹ )
試飲するときとか、みんなでブドウやワインについてどーのこーの語るの本当にかっこいい〜♡(もちろん大変なことのほうが絶対多いけど)

父親が亡くなり、遺産相続やブドウ園の相続税問題も勃発。更にはそれぞれの事情も抱えたりしてて口論が増えていくんだけど、やっぱりずっと支え合ってきた兄弟だからね。分かり合えるのが素敵♡

おうちもオシャレなんだけど、大きい庭の木に手作りブランコがあるの好きすぎる〜♡大自然の景色とワイン♡
いつかワインが飲めるようになったら(そんな日は来るだろうかw)ワイン片手に今作観たい(*´Д`*)♡♡
今はとりあえずワイングラスに水いれときます(笑)
求めている時に、求めている映画を観られた。
あの、しっくりくる嬉しいかんじがありました。

窓からの景色、大自然
巡るブルゴーニュの季節
ワインと、3人兄弟

のんびり穏やか、時々ぶつかり、よく笑う、大自然と葡萄畑と人々。
兄と弟が会話で遊ぶシーンが良い。
誰と観ても楽しめそうな、素敵な作品でした。
Snow

Snowの感想・評価

3.7
個人的にめちゃくちゃ好きな作品でした🤭
ワイン🍷作りの農家の家族👩‍🌾の話なんですが、フランス映画のこういった雰囲気の作品はすごく好みです🥰

兄妹3人で協力してワイン畑を守ろうとするような家族愛も描いていて音楽も映像も好きです🎉
みっち

みっちの感想・評価

3.5
こういう映画を見るとフランス映画はいいなと思う。クラっとするような広大な土地でワインを作っている家族。すれ違いはありながらもワインという1つの共通項が彼らを優しく包み込んでくれるような感じ。
Hideko

Hidekoの感想・評価

4.0
原題: Ce qui nous lie
英題: Back to Burgundy

フランス ブルゴーニュ地方のワイン農家のお話。父親の病気の知らせで、10年ぶりに実家に帰ってきた長男ジャン。ジャンは現在オーストラリアでアリシアとワイン農家を経営している。間にベンという子どもがいる。アリシアとの間に複雑な事情がある中での帰郷であった。妹のジュリエットが家業を継いでおり末っ子のジェレミーは他のドメーヌに婿養子に入っている。ジェレミーにも生後3ヶ月の赤ちゃんが…。

四季を通じて幾度となく映されるワイン畑の映像の美しいこと!まるでその場の新鮮な空気感や香りまで漂ってきそうです。

ジュリエットはワイン造りに悩み、ジェレミーは婿養子という立場から、義父、義母との関係に悩みを持ち…。それでも兄、妹、弟それぞれが協力して両親の遺したドメーヌを守り抜こうとする姿が緩やかに温かく描かれています。

葡萄の育成から収穫、仕込み、ようやくワインができるまで。人間の一生もワインのように熟成していくのだなと。悲しいかな、殆どの場合と言わざるを得ませんが、正直に真面目に生きていれば良い一生が。そうでなければそれなりの人生。まさにワインの出来、不出来と同じです。

葡萄の収穫が終わり、共に働きに来てくれた人々と催される宴のシーンでワイン飲みたい度が最高潮に 笑。ワイン好きは特にワインを飲みながらの鑑賞が絶対オススメですね。というかワイン無しで観ているのは辛いかも😂

家族、親の愛の温かさが感じられる作品です。

次にワインを飲む時は本作を思い出し、ワイン生産者さんたちのご苦労を思いながら味わいたいと思います🍷


《ご参考》シャトー、ドメーヌとは?

http://iewine.jp/article/805
こういう風景、映像っていつまでもずっと見ていられる。
やっぱり畑に囲まれるのって良いな。
この家族ずっと観てたいわ。

しばらく会っていない兄妹で抱き合える関係って素敵。それもそこそこ気まずい状況にも関わらず。それだけ兄妹の結びつきが強かった。
それぞれ違う悩みを抱えながら一つのワインを作る。兄妹ならではの悩みから派生して、また違う形になって頭を抱え、向き合っていく。しみじみ良い家族だ……

ジェレミーの末っ子ならではの扱いの受け方に共感してた。雨が降るか調べたのに全然信じてもらえないのとか、めっちゃわかる笑 義父との二人での話し合い(笑)良かったよ!笑 かなり好きなシーンだった。幸せになってくれ!!!

ジュリエットは強いんだけど少しバランスを崩したら壊れてしまうような脆さ。儚いわぁ…好き。3人の中で一番センスがあるのに自信がない。一番お父さんと近くに居たからこそ、想いが人一倍強かった。幸せになってくれ!!!

ジャンは良き兄であり良き父だなぁ。一番お父さんに似てた。見た目もそうだけど、口下手で変に頑固なところ。口下手同士…可愛い。一番悩みも多いし常に頭いっぱいな中、妹、弟のことを思っていたりとできた人だ。弟の義父とのやりとり最高でしかない。幸せになってくれ!!!

自分の居場所を見失って実家に戻る、そこで改めて自分のいるべき場所に気づく。原点回帰と実家は離すことが出来ない。しょっちゅう帰ってるのに実家に帰りたくなった。

何気にオセアーヌとアリシア好き。

やりたいリスト
収穫祭
兄妹で家の改修して服ペンキまみれになる
兄妹の会話を遠くから勝手にアテレコ

ワインは飲みたくなるし、田舎に行きたくなるし、兄妹に会いたくなる。
地元でもワイン作り行われてて同じ風景が見られるのもあって、勝手に親しみ感じた。(そういえば映画にもなってたな)

ともあれベンとジュリアン?がめちゃくちゃ可愛いです!!!
>|

あなたにおすすめの記事