ブルゴーニュで会いましょうの作品情報・感想・評価

ブルゴーニュで会いましょう2015年製作の映画)

Premiers crus

上映日:2016年11月19日

製作国:

上映時間:97分

3.3

あらすじ

舞台は美しい自然と伝統ある風景が残るフランス、ブルゴーニュ地方。 バラバラになった家族を再生させるのは、幸せをもたらす 1 本のワイン。 20歳の時にブルゴーニュを離れパリで著名なワイン評論家となったチャーリー。ある日順風満帆な人生を変える出 来事が起きる。実家のワイナリーが倒産の危機だというのだ。久しぶりに実家に戻り父親と再会するが、長い間疎遠 になっていた溝は…

舞台は美しい自然と伝統ある風景が残るフランス、ブルゴーニュ地方。 バラバラになった家族を再生させるのは、幸せをもたらす 1 本のワイン。 20歳の時にブルゴーニュを離れパリで著名なワイン評論家となったチャーリー。ある日順風満帆な人生を変える出 来事が起きる。実家のワイナリーが倒産の危機だというのだ。久しぶりに実家に戻り父親と再会するが、長い間疎遠 になっていた溝はなかなか埋まらない。「ワイン造りは家族で行うもの」という父親は、ワイナリーを捨てて出てい った息子を許すことができず、チャーリーは頭の固い父親を疎ましく思っていた。しかし、家業であるワイナリーを 売り払うということは、実家を失うということ。チャーリーは家族を守るため、ワイナリー再建を自身の手で行うこ とを決心する。新しい技法を取り入れ、美味しいワインを作ろうとする息子と、そのやり方を受け入れられない父。 2人はぶつかりあいながらも、様々なトラブルを乗り越えるためいつしか手を取り合い、家族に幸せをもたらす最高 のワインを作りだそうとする。

「ブルゴーニュで会いましょう」に投稿された感想・評価

nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.5
歴史あるワイン醸造家の世代交代を描いた映画。フランス独特のなんとなく高慢チキな感じが良い味を醸し出していました。こう見るとフランスはやはり農業国だなと感じました。
親父って息子にとってはとてもとっつきずらい存在というか、不器用に接してしまう(自分は)
中々歩み寄れなくて。
向こうもそうなのかな?なんて思ったりして
恋愛とは違う親子の変な駆け引き


でも家族と改めて繋げてくれるようなモノとかきっかけってとても有難いんです。
だから共感できた。


親離れ子離れしても、もう一度くっつけたらそこからまた素敵な時間が過ごせる
Jasminne

Jasminneの感想・評価

2.5
家族の再生とワイン製造の過程をリンクさせている。そこは上手いんだけど、ラストシーンが鼻についた。
taka

takaの感想・評価

3.7
今回の休暇に 厳選したワインを8本持参してきました。 そのワインにマリアージュさせる映画が これと決めてました!

経営不振に陥った父のワイナリーを
なんとか救おうとする ワイン批評家として成功した息子。

しかし すでに父のワインに対する情熱は薄れ 息子との溝も深く 絶望的な状態
それでも 諦めず 葡萄を育て続け 最高の
ワインを 求め 奮闘する 息子 シャリル
ブルゴーニュの美しい コート.ドール (黄金の丘)を舞台に 諦めかけていた 恋とワイン造りへの情熱と家族の絆を
少しずつ 取り戻していく……

いやー 葡萄畑 素敵だなあ
ブルゴーニュ 美しいよなあ
そして フランス🇫🇷 憧れるなあ

しかも この映画で 造られるワイン
「ALOXE -CORTON」アロースコルトン
偶然にも 私が ソムリエをめざし
初めて飲んだ 思い出の
フランス ブルゴーニュ地方のワインが 実は これだったんですよ! 運命です!😀

映画的には非常にシンプルです^ ^が
美しい葡萄畑🍇とフランス人が愛してやまない ワインの世界を堪能し
美味しいワインを飲みながら 見る映画としては 最高でした🍷❤️

映画とワインのマリアージュ

ps 軽井沢暗闇映画祭 審査員特別賞作品

明日は 100インチプロジェクターを
外に持ち出して 野外映画祭
開催の予定です⭐︎😌
tsura

tsuraの感想・評価

3.8
わたしにとってワインは一番好きなお酒で。

それだけに留まらず素晴らしい人生のお供としても私のさまざまなシーンを助けてくれる頼もしい存在。

注ぎいれたワイングラスから漂ってくる芳醇で濃厚なあの薫り、味わい、奥行き…たちまちあの輝くブランやルージュの虜である。

そんなワインに纏わる芳醇な人間ドラマがワインの味わいみたくブルゴーニュを舞台に展開されるという設定だけで既に良い酩酊感を味わっているのにストーリーも至ってシンプルな様相のそれはまさにテーブルワインみたいな飲みやすさ(映画だから見やすさだけど笑)
神の様な舌で手厳しい評価でもってワインガイドを発行してたちまち人気者となっているチャーリーが自分のルーツであり父親が経営してる農場が倒産の危機に瀕したことから紆余曲折を辿りながらも一念発起し昔ながらの製法にこだわったワインに回帰して難局を乗り越えようとするドラマである。

その途上には切れかけていた家族との関係を見つめなおす機会に触れ、父との確執、隣農家とのある出会いを通じながらやワインづくりの難しさと自分の人生というものを見つめ直していく…

まあありきたりな部分は多いんだけどね笑

でも人生ってそんなジェットコースターの様に急上昇、降下を繰り返すわけだしその反面ある種のルーティンみたいこともたくさんあるわけでそんなところを映画も描いておりそれが時間を経ながらワインの様な味わいが醸成されていく。

そんなシンプルな事をそのまさにワインになぞらえて丁寧に描写していた。
(ラストのオチはうまく行き過ぎてる感はあるけど笑)
でも短い時間でこの作品は観れるし何よりワイン飲みながら見れたら最高だと思う(現に私は呑みながら鑑賞)

ブルゴーニュの美しい景色に見惚れ、ワインの香りに包まれた良い気持ちにさせてくれる良作でした。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
しょうがないからクリストファー私んとこおいで、しょうがないからね
hinano

hinanoの感想・評価

3.1
実家のワイナリーが経営不振に陥ったことをきっかけに、家族から離れワイン評論家として活動していた主人公が実家に戻るのだが、、

フランスのブルゴーニュ地方が舞台の作品。

葡萄畑の風景は本当に綺麗だし、何よりワインが飲みたくなります。
ワイン飲みたくなる映画に認定!
リコリスとはなんぞや。
話は結構単純なサクセスストーリー。
見やすくわかりやすい。
結局みんなこういうのが好きでしょ?って感じです。


さぁブルゴーニュのワインを買いに行かなきゃ。
mmm

mmmの感想・評価

3.0
観た後にワインが飲みたくなる映画🍷

カメラ割りとブドウ畑の風景が良い。

良い物語だけど主人公の恋愛模様は要らないと思う・・・
Toku

Tokuの感想・評価

3.4
気になった音楽たち
One Love/Pascal Lafa
I Want You Love/Hanna Hagglund
>|