ブルゴーニュで会いましょうの作品情報・感想・評価・動画配信

「ブルゴーニュで会いましょう」に投稿された感想・評価

ハッピーエンドで何より
ワインづくりって大変だね
🍷生産者の方々に感謝
Pulitan

Pulitanの感想・評価

3.2
2016年11月フランス、ジェローム・ル・メール監督。
ブルゴーニュのワイナリーに生まれたが、父と不仲な上に土いじりが得意ではなかったために家を出てワイン評論家として大成功した主人公のチャーリーが、倒産の危機に面したワイナリーで奮闘する姿と家族のあり方、伝統と挑戦と……などを描いた作品。
頑固な父親や少し傲慢な主人公に私自身は感情移入はできなかったが、広大なブルゴーニュの葡萄畑の美しさだけで観た価値がある……と思える作品。ボルドー大好きなので、一口飲みたい!
でも、プロゴーニュといえばシャルドネなんかも有名なのでは?と思ったのだけれど、映画はもっぱら赤!というか赤しか出てこない?
そして、テイスティングの時に表現するワインの香りや味は相変わらず言ったもん勝ちのようなところがあって、私のような素人さんにはなかなかイメージできないなぁ、と自ら無知ゆえに苦笑。
non

nonの感想・評価

3.8
ワイン畑の息づかいが伝わってくるようだった。家族とともに営むワイン作りは簡単なものではないが、それだけ家族を繋げる力があると思った。生きていく土地のことをもっと考えなくては。間違えればずっと後悔することになる。
chitopoo

chitopooの感想・評価

3.9
どこを切り取っても絵画のように美しい。
ワインを飲みながら映像を楽しむのも素敵。
もちろんブルゴーニュ産で。
J

Jの感想・評価

3.4
家族との確執、恋愛、失敗と成功、田舎と都会
この手の映画にはお決まりだらけ、
だけど好きです
nono

nonoの感想・評価

3.5
2020/35作目

4ヶ月前まで、ヨーロッパの葡萄畑の中で暮らしていて、ブルゴーニュみたいに見渡す限り葡萄畑が広がっているというほど広大ではなかったけれど、収穫の時期になると黄金色に輝いている葉っぱ、葡萄畑の中から見る朝日、夕日、、全部懐かしくて、丁寧に収穫された葡萄の香りまで思い出して、個人的には心がきゅんとした。収穫の時期までにお家に戻れますように。。
将来その土地を離れても、そこに住んでいたことを思い出して、この映画を観るだろうな。

お話はあんまりだったけれど、景色が美しかったし、収穫の時期を見極めたり、温度管理だったり、ワイン造りって繊細なんだなと知れてよかった。今年の出来というのはワインが出来上がるまで分からなくて、各醸造家さんの工夫や想いが詰まっているのだなと分かり、ワインに対する見方が変わりそう。
おはな

おはなの感想・評価

3.2
大学から、お題に沿って映画をみて論じよという課題が出たので、色々悩んだ末にこちらを鑑賞。

ストーリー自体は色々ベタなのだけど、ブルゴーニュの景色があまりに美しい。
おかげさまで課題の構成もまとまった。
執筆作業頑張らなきゃ💪
LEO

LEOの感想・評価

3.5
醸造所を持つ父と疎遠になっている有名ワイン評論家となった息子 ある日父の醸造所が破産の危機と知り再建のために父の元へ戻ることに
ストーリーは可もなく不可もなくなヒューマンドラマだが映像が美しく不思議と飽きずに最後まで観られる 点数はこれくらいで

68点

U-NEXTで視聴👀

パリで著名なワイン評論家として活躍するシャルリ👤
妹から父親フランソワが経営するドメーヌが破産の危機にあることを知ったシャルリは、ブルゴーニュへと戻り父との再会を果たす...👥
なかなか確執を拭い去ることが出来なかった父と息子だったが、やがて協力して醸造所の復活を目指して行くことになる🍇🍷

想定通りの展開でお決まりの結末を迎えるのですが、逆に言うと安心して観れるヒューマンドラマ🎬
類似の「おかえり、ブルゴーニュ」が兄弟妹の絆の修復だったのに対して、本作では疎遠になっていた父と息子の物語です👥

ドメーヌ経営に行き詰まりワイン造りに対する情熱を失いかけた父親と、にわか仕込みではあるが伝統的な手法で醸造所を復活しようとする息子のせめぎ合いが地味でありますが、まあまあ良かったですね🍇

そしてお約束通りですが、幼なじみのブランシェとの再会も程よいアクセントになっていました👍

また、コロナ禍で閉塞感漂う中、ブルゴーニュの大地一面に広がる葡萄畑を見ると、しばしの間ですが大らかな気持ちになれましたよ🍇🤗

個人的には「おかえり、ブルゴーニュ」の方が印象深かったですけど、ワインの好きな方なら、どちらもたまらない作品でしょうねぇ🍾🍷
気がつくと、シャルリを応援してて、シャルリが一生懸命だから、周りが変わってついてきて、その輪に一緒に入ってるみたいでなんか嬉しかっった。

家族の嫌なところも、いいところも、全部を描いてると思う。
ワイン出来上がって、お父さんのとこに行った時、ワインを持っていかなかったのは、ほんとに戻ってきて欲しかったから、戻ってきて飲んでってことだったんだと思うし、出来上がり前を味見しちゃうお父さんも好き!

個人的にエディット役の女優さんが大好きだった。

フランス語、なんか聴いててきもちい。
メルシー
>|