ホドロフスキーのDUNEの作品情報・感想・評価・動画配信

「ホドロフスキーのDUNE」に投稿された感想・評価

イリエ

イリエの感想・評価

4.1
岡田斗司夫ゼミ後に鑑賞。観た人の意識を変えてしまう作品を作ろうとしていた!? アート系のインタビュー映画とでもいうんでしょうか。ですが、これはこれでスタッフが揃って行く感じとか、超がつくほど面白いです。
結局、挫折することになるんですが、「YES!」と身体で語るホドロフスキーさん、やべーっす。
このドキュメント映画で、実は完成じゃないでしょうか。観客の妄想をふくらませてくれる映画、最高じゃないっすか。
語ってくれるホドロフスキーさんの、熱がエグいです。でも、チャーミングなんですよね。不思議な人だなぁ。寺山修司氏や、いけばな作家の中川幸夫氏を思い出しました。
滑頭

滑頭の感想・評価

3.9
ドキュメンタリーとして優れているか、面白いかなどは置いておいて、なくなってしまった伝説的な企画の概要とそれに際して戦い続けたホドロフスキーの生き様を、映画として残したこと自体に価値があり、制作者に対して感謝したい。

2014/12/28
ひゃー


フォローワーのみんな
ツイッターの方もフォローよろしく!!
ここ押すとリンク押せるよ
フォロバするよー
https://linktr.ee/verbonjoo
ぐりこ

ぐりこの感想・評価

4.6

自分が挫折したときや、志折れたときに見ると本当にハッとさせられる。

ホドロフスキーのDUNE、本当に見てみたかった。

最後の方にホドロフスキーの息子が語った、「ポールと一緒だ。デューンはのどを切られ完成せずに殺された。でも他の映画がこう言っている「僕はデューンだ」「私はデューンだ」」。この言葉が本当にDUNEの哲学を表してる。それを息子がさらっと語るのすごすぎる。
出演してる映画もそうだけど、映画だけではなく家族にも哲学が届いてる。

豊穣な大地はときに表に現れないのかもしれない。
でもそれは枯れたのではなく
それぞれの心の中に養分が残り、ひっそり育っていくんだな〜

ドキュメンタリー映画、あまり好きではないけど、これは興奮もでき、すっと心に入ってくるし、本当にいい映画。

ホドロフスキーは最新作まで見ても一貫性があるので、
他作品の理解としてもとても良い作品。
kahlua

kahluaの感想・評価

4.3
これぞ総合芸術
JOEJOE

JOEJOEの感想・評価

4.2
ホドロフスキーの子どものように輝いた目が印象的。やはりメビウスは天才。
Billy

Billyの感想・評価

2.0
一発屋の映画監督のドキュメントって感じ。

伝説のクリエイター?
ホドロフスキーをこのドキュメントで初めて知るが、口上手で自慢話が尽きない。

ただの
「僕をもっと見て!凄いでしょ!」
って言ってる営業マンと一緒でしょ。笑笑

自分の想いや想像を口上手に出来たかと思ったが、肝心な所が上手くいかなかった為に、完成しなかったのね。
なるほど。。。馬鹿なのかな?

SWみたいに、何作かに分けるって考えにはならなかったのね。笑

そういえば
ギーガーが、まだ元気な時だった。
またギーガーのドキュメント観よ!
そっちの方が僕には全然面白い!笑笑

ダリは、絵もそうだけど、人としてもやっぱり好かん。笑
だいたい、ダリじゃなくても良いだろ!笑

……
ホドロフスキーって、カルト系が好きなのか…そうか…
タロット?…作家?…へ〜……
やべっ!
どんどん興味無くなってきた!笑

デビット・リンチとSFって、、、
そりゃ混ざり合わないだろうから
面白くもないだろ!笑笑
あっ!
デビット・リンチのドキュメントも映画も観たくなってきた!笑笑

とりあえず、
ホドロフスキーの映画、観てみよ。
KenTa

KenTaの感想・評価

-
とてつもなく人間的なホドロフスキー
また惚れました。
misako

misakoの感想・評価

-
最初の方観てて寝た。
でも、絶対観たかったので後日再チャレ!

リンチのDUNEのくだり笑った

"12時間の映画を作る" 20時間!でも
映画に対する熱量すごいなぁ〜と感心
個人的にぶっ飛んだ人や熱量ある人好きなのでホドロフスキーの好感度UP◎

もっかいみるなこりゃ、、
>|

似ている作品