ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録の作品情報・感想・評価・動画配信

「ハート・オブ・ダークネス/コッポラの黙示録」に投稿された感想・評価

あかね

あかねの感想・評価

4.0
地獄の黙示録のドキュメンタリー。
前におススメされて
やっとみれた(´∀`*)!!!
地獄の黙示録大好きなんです。

まさに地獄の現場は地獄なやつ。
奥さんって割とほんわかしてる方
だったけど
これを撮るに日記みたいなのを
記録していたらしいですが
自分が逆でもそうするだろうな!

オーソンウェルズさえ
これ断念して市民ケーンに断念したとか。
どっちも素晴らしい映画だけどさ🌸

家担保にしたって
小さい家に戻っても全然オッケー!
彼の才能を信じてる的な
奥様は素晴らしい( ´∀`)!!

まじで4種類のヤクを決めながら
撮影に挑むキャストやら
ラストが全く決まらなくて
三途の川を渡りかけた監督!

映画撮影の風景も
あの映画撮ったんだから
まさに地獄の黙示録だった。
だけど結果残して素晴らしい👏
地獄を撮るには地獄を経験
しなければあの画は撮れないやつ。

ドキュメンタリーだけど
この世の終わりみたいな
今までみてきた映画のやつで
一番面白かった( ´∀`)!!
MN

MNの感想・評価

4.2
大人数でのものづくりの大変さを改めて実感。しかもその中に足並みを乱すような奴がいると尚更笑。

何はともあれコッポラ監督、地獄の黙示録を形にしてくれてありがとうございます。
J

Jの感想・評価

4.0
「何を撮っているかわからなくなった」寝ぼけたこと言ってんじゃねぇぜ監督!この言葉の真意を探るべく、我々はカンボジアに飛んだ。

…いや、誇張ではなく。確かに現場まで同行し、おかしくなっていくコッポラさんと同調する瞬間があったように思う。それほど生々しい地獄を記録に収めた一作。

天災、人災、あらゆる災害が襲い来る中で魂の闇の奥へ。
Jose

Joseの感想・評価

-
マーティン・シーンぼろぼろだったのね。
VHSのときに単品で買った。
ジャングルの奥地で野営もしたことがないような豆モヤシの私たちがスクリーン越し・液晶越しに深淵を理解しようって、なんと舐めたことを言っていたのでしょうか。
カメラは真実を写すというのは本当で、『地獄の黙示録』は根底にみんなの純粋な苦悩があるからこそ霊感のある作品になったんだと思う。混乱状態に身を置いて、自殺したくなったり死にかけたりしたほど悩んだ末に生まれたものならそこには紛れもないピュアな恐怖があるのでは。
この映画ってどういう意味?って他人に聞いて終わりにするんじゃそれこそこの作品の意味がなくなってしまう。ああでもないこうでもないと彼らがしたように自分で一生かけて考えるほどのテーマを内包しているからこそ、傑作といわれる所以なのだと思う。
最後の独裁者は映画監督だとコッポラは言う。
まさしくその通り!あらゆる手段をもって理想を追求する、その道のりは並大抵のことじゃない。

ベトコン相手に大暴れのエンディングも気にはなるが、コッポラはカーツを殺した。
ドキュメンタリーで語るように、カーツとシンクロしたコッポラは、カーツを殺すことでしかアメリカに帰れなかったのだろう…

なんて書くとそれっぽいかしら


もう一つ、
本作は好敵手を追い求める映画であるようにも思える。
ウィラードとカーツ、コッポラとブロンド

任務が本能のウィラードはカーツに勝てたが、帰国後のことを考えたコッポラはブロンドに勝てなかったように見える。
その結果が暗闇禅問答であろう!

なんて書くと(ry
凄い面白い。映画って凄いなあと思わされる一本!色んな芸術作品があるけど、これだけ大勢の人が関わるものって改めて面白いなあと思わされた、さらに地球を相手にして撮ってんやもんなあ。が、故におこる色んなトラブルの数々。狂気に染まっていく現場、もうひとつの地獄の黙示録!これぞ映画をうむという苦しみか!コッポラにお前らはこれを成し遂げる事ができるか?って挑発された気がした(°_°)コッポラは凄い。
多くの人には本編よりもこっちの方が面白いのでは?もうこういう全力で振り切った映画の制作はあり得ないかとも思えるので、映画が狂気を宿した記録。
kikawa

kikawaの感想・評価

5.0
地方出身の無名な少女が父親のビデオを使って撮っても映画界のモーツァルトになり得る。真の意味で映画は、人類の芸術になる。

FRANCIS FORD COPPOLA
とてもカオスで大変面白かった。

「地獄の黙示録」はそりゃ製作大変な映画だったろうなとは思ってたけど、想像以上だった。

マーロン・ブランドの我儘、主演交代、主演の心臓発作など俳優まわりのトラブル以外にもたくさん。デニス・ホッパーはラリってるし😂

フィリピン政府が協力してたんだ、へぇー!と思った矢先、紛争中でヘリコプターは途中で勝手に持ってかれるわ、ゲリラはすぐ近くまで来てるのに撮影してるわ、いろいろとんでもない状況下だったのね。

しまいには洪水まで…😅

コッポラ監督の奥さんエレノアコッポラが撮影してたのは知ってたが、家族みんな撮影に同行してたのね。

まだ幼いソフィア・コッポラやジア・コッポラがキャッキャしているのがかわいい。

この歳でこんな撮影現場を目にするってどんな感じだったのかな。

映画のスケールに比例して現場もカオスの極みだったんだなと思ったわ…。
>|