ポール・ヴァーホーヴェン トリックの作品情報・感想・評価

「ポール・ヴァーホーヴェン トリック」に投稿された感想・評価

面白かった!けど前半のメイキング映像は要らないかも… 笑

ヒロインの子がビッチ可愛かった。
山岡

山岡の感想・評価

3.0
冒頭4分間の脚本をプロが作り、続きを一般公募。その集まった脚本を組み直して撮影された調整的な作品。しかも冒頭の30分強がメイキング、残りの1時間弱が本編という変わった構成。

出来上がった映画は浮気男が懲らしめられる『黒い十人の女』的なサスペンスコメディで、単にオランダの低予算映画として観るなら悪くないのだが…とにかくこじんまりとまとまり過ぎていて…せっかく素人の脚本を集めたのに、突飛なアイデアやあっと驚かせるようなサプライズが一つもなく…企画の面白さが全く伝わってこなかった…断片を繋ぎ合わせてそれらしいストーリーを作った結果、ただの地味な映画になった…といったところか…ヴァーホーヴェン映画を期待して見たら、肩透かしを食らうこと間違いなし。
ミク

ミクの感想・評価

2.5
一般応募した脚本から使えるものを選出する作業の大変さを長々と伝えられてから見る本編は、脚本を一本に繋げたの凄いなーと思う関心が邪魔をして、作品自体を楽しめたかというと…。

50分の中編作品でも8人の出演者全員を悪にするセンスや、しっかり暴力性やエロの監督色を出す才能は流石です。しかも唯一出てくる血が強烈。この後に、Elleを撮って大逆転すると思うと、映画に対する情熱はメガトン級。
雪

雪の感想・評価

3.3
んー、最初のメイキング長すぎ( ̄▽ ̄;)
30分は長すぎる…。
「脚本家からは最初の4分間だけ。あとは一般公募で募った脚本を繋ぎ合わせる」だけで良かった( ・᷄ㅂ・᷅ )
詳しいやつは終わってから見せるとかでも良かったのでは?
最初にあんなに詳しく話されちゃ、本編も純粋に観れない( ب_ب )
まぁ、面白かったけど(・∀・)笑
浮気とギャンブルは脳の病気らしいからね、一生治らないわよ( ᯣωᯣ )
寅さん

寅さんの感想・評価

2.0
コメディ映画

短い映画だがオチが途中で分かってしまう。と言うより実験的手法に振り回され、しっかりと脚本に向き合っていなかったのでは?
システマチックな映画作り、彼の映画作りのプロセスや考えが少し分かるようになる。
ハイテ・ヤンセンの美貌とビッチさに脳髄がやられる。

というわけで4分間のイントロダクションから一般公募のシナリオを繋ぎまくって破綻して、「前人未踏の挑戦だ!」とばかりに息巻いてみたが、結果、どうにもならず付け焼き刃とヤケクソになって作り上げた腐ってもヴァーホーヴェン映画。

ストーリーに中身があるのかないのかはさっぱりわからないし、一本の映画として作るべき価値とか、問うべきテーマとか関係なく、単に「エモい」と感じたヴァーホーヴェンの衝動、よりもむしろ、災い転じて福と為す(厳密は福にはなってない)職人っぷりに脱帽する。

ヴァーホーヴェン監督の映画にはしばしば「過激さ」を論じられるが、実はそんな過激さ以上に手堅く高度な演出力にこそ、非凡な過激さがあるのだとわからせてくれる。
つまり表層的に過激なのではなく、本質的に構造に裏打ちされた過激さが、突出している、ということなのだと思う。
だかるこそ、本作のような作品でも、ある種の抜群の構成、のみで物語を成立させ、その物語にある種のヒネリやドライブ感を高めるために表現の過激さが用いられてる為、つまりはそれらも「演出のうち」として周到に作られていることがよりわかるようになっている。
琉太

琉太の感想・評価

2.9
変わった作風
いきなりメイキングが始まりヴァーホーヴェン監督本人登場
しかしながらこのパートが退屈
オマケ特典で良かったと思う
肝心の本編は彼らしくもあるけどもう少しパンチが欲しかった
でもだらだらせずにコンパクトで良かった
・エロくてよかったが
・女優さんはみんな綺麗だし
・女って怖い
obwnsgz

obwnsgzの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

脚本を公募して映画が作られてく実験的な作品。
役者はみんな演劇学校の生徒らしい。
面白かった。
この監督が描く人物が基本的にあまり好きじゃないんだな、とELLEを観たときのモヤモヤが解決した。
>|