コーマン帝国の作品情報・感想・評価

「コーマン帝国」に投稿された感想・評価

2021年5月現在もご存命で昨年はコロナ禍で「コーマン検疫映画祭」を開催する等未だ精力的に活動する先日95歳になったB級映画の帝王、ロジャー・コーマン爺のドキュメンタリー。出演する監督はマーティン・スコセッシ、ロン・ハワード、ジョナサン・デミ、タランティーノ、ポール・W・S・アンダーソン、イーライ・ロス等で、俳優はデニーロ、ニコルソン等と彼の影響力の高さが伺えます。

時に粗製濫造とも批判されそうなB級映画を短時間・低予算で作り上げるイメージが強く、実際同じセットで複数の映画を作ったりするわけですが時代に合わせた作品作り、人種差別が激しい時代に南部で撮影した「侵入者」では人種差別反対のメッセージを込めたり、今作では取り上げてませんが村上龍監督「KYOKO」では製作総合指揮を務めたり、今敏監督のアニメ「パーフェクト・ブルー」や黒澤映画含む良質な海外映画を買い付けたり(ジブリの「ナウシカ」は大幅カットしてますが 笑)とその能力や嗅覚は確かなもの。そして未だに映画への情熱が衰えないロジャー・コーマン氏にただ感動するのみです。

作品のイメージからすれば無精ヒゲ+黒縁メガネで大柄で不遜な人物が出てきそうですが本人は外見も中身も紳士的とビジュアルにギャップが有るのも印象的で、「世界に与える外見の印象と、無意識に思い描いていることの違いが重要なんだ。私の外見は平凡と言われてきたが、心の中は煮えたぎる地獄のようなものさ」という言葉は平凡な外見で(時に中身が濃いと言われる)少し悩む自分には励みとなる言葉でした。

個人的には70年代の傑作カーアクションでロン・ハワード監督「バニシングinターボ」を割と取り上げてくれたのが嬉しかったです。そしてコーマン監督を目の前にして映画好きの子供に戻ったようなタラちゃん(タランティーノ)やドキュメンタリー制作当時はまだご存命だったピーター・フォンダ、デヴィッド・キャラダイン、そしてコーマン監督の弟のジーン・コーマン等のインタビューにも注目したい所。また、初期に手掛けたカーアクションが「ワイルドスピード」シリーズの原題「Fast And Furious」だったり、前述の「バニシングinターボ」のそれも人気ゲーム「Grand Theft Auto」という点には運命的な影響力さえ感じます。

ちなみに2000年代に「世界仰天ニュース」辺りの番組でロジャー・コーマン特集をしていたのですが、覚えている方居るでしょうか。当時最新作として「死者の日」なる映画を手掛けていると観た記憶が有りますが、検索しても出てこないので日本では未公開or違う邦題で発売されたのか気になっています。
kosuke

kosukeの感想・評価

5.0
スターウォーズの影響力を改めて感じた。

コーマン監督愛されてるな〜
morine

morineの感想・評価

3.3
ジャックニコルソンにこれだけ語らせてる時点で respectful だってわかるわ。なんか親近感が湧くのは、うちの亡くなったおじいちゃんに似てるからだな
地球の映画ファンが感謝してる。


低予算映画の帝王ロジャー・コーマン。
彼が作る映画は何百本もあるが、どれも予算が少ないものばかりでありながら、しっかりと黒字にするという敏腕。
数多くの監督、俳優たちが敬愛して止まないロジャー・コーマンという男は一体何者であるのだろうか。

同じような監督にエド・ウッドが挙げられるし、本作を鑑賞するまでは同じような監督と思っていた。
エド・ウッドは自身の作品に愛情を注いでいた。
だが、コーマンは作品に対する愛情というよりは、映画産業全体における愛情というものを感じさせる。
何より彼は自身の金を使うことで作品を完成させたという、リスキーな戦いをしている。


たった数日で映画を撮り、とにかく予算を極限まで削減。
暴力、セックス、ドラッグなど“搾取映画”という作品を撮る傍ら、人種差別批判や女性が敵に立ち向かうといった、コーマンのこだわりを感じる作品も存在する。
どんなに間抜けな映画でも、そんな映画を楽しむ人間が存在するのならば、一生彼のイズムは受け継がれていく。
彼の人間性の深さは、彼を慕う多くの人々を見ればすぐにわかる。
でも彼の後継者は一生生まれることはないだろう。
「バカな映画でも好きでいていいと言ってくれた。」


本作で知ったのは、ベルイマンやフェリーニらの偉大な監督たちのアメリカ未公開作品をハリウッドに斡旋したのはコーマンということ。
この点で、コーマンは映画をただのビジネスと考えているわけではなく、一つの文化として尊重していることが伺える。
資金を投入すれば偉大な作品が生まれるのか?
その答えはNOである。

『スター・ウォーズ』と『ジョーズ』の二作品が世間を賑わせ、コーマンが製作していたSFとホラーというジャンルに、大きな波が立った。
多くの金が注ぎ込まれた大作に、観客は目を奪われる。
だがそこまで金を使った作品が、素晴らしい映画なのか?
映画にそこまでの金をかけるなら、直接的に社会に貢献する金を寄付する。
限られた予算のなかで、どうやって観客を楽しませるかという部分が大切であり、金で解決するのは傲慢ではないか。
そんな問いを投げ掛ける。
これはたぶんコーマンの嫉妬のようなものもありそう。


ロジャー・コーマンの作品をろくに観たことがなかったので、色々と勉強にはなった。
が、彼の凄さという部分でいうと、かなり浅いような気がしてならない。
映画史(ハリウッド映画史?)において、独立系のプロデューサーとしても敏腕なので、もう少し掘り下げてほしいし、知りたかったなぁという印象。
まあでも面白かった!
とりあえずコーマンが、ホドロフスキーほどの情熱を持っていることはわかった。
しかしあなたの映画をお金を使って観たいとは思えないのが(ごめんね)。
MaTo

MaToの感想・評価

3.5
以前見たドキュメンタリーとほぼ同じコメントが続くが、ニタニタ語っていたJニコルソンが泣き出して吃驚
A

Aの感想・評価

3.8
ラストのロジャーコーマンのスピーチを聴くだけで観る価値のあるドキュメンタリー。
すべての映画製作者が観るべき映画。
りっく

りっくの感想・評価

4.0
コーマン門下生の豪華さと、次々に巣立っていった彼らが今でもコーマンを敬愛していることが十二分に伝わってくるだけでも嬉しくなる一作。特に、ニコルソンが涙を流しながら師匠へ感謝を伝える姿にもらい泣き。

その面々が嬉々としながら当時の現場や作品について思い入れたっぷりに語るだけでもコーマンの偉大さが伝わってくるが、B級映画の帝王という称号とは裏腹なインテリジェンスな出で立ちと、ニューワールドピクチャーズを設立し、ベルイマンやフェリーニや黒澤など世界の名作を配給し拡めた功績にも驚かされる。
メグ

メグの感想・評価

3.8
恥ずかしながら『イージーライダー』みたいな有名なコーマンの作品すら見たことなかったんだけど、最初はガチガチの低予算B級映画を作ってたんだ!コーマン監督のファンの人もそうじゃない人もドキュメンタリーとして楽しめると思う!イーライ・ロスやタランティーノ、デニーロやスコセッシ、ニコルソンとかも出てくる!他は私が無知だから知らない人も多かったけど彼と関わったことで人生が変わった人は沢山いるんだろうなぁ…
ママン

ママンの感想・評価

3.0
記録👀

これ話題になって観に行ったなーーー

って記憶しかない(笑)

タイトルがタイトルなだけに悔い改めたい🤦‍♀️
あんこ

あんこの感想・評価

4.5
撮る映画赤字なし!B級映画の帝王と呼ばれたロジャー・コーマン監督のドキュメンタリー映画!

コーマン監督作品はまだ観たことあるの少しだけど映画の発想、演出、ぶっ飛びぎみなところがとにかく大好きな監督!
そんなコーマン監督を更に知りたくて観たけどもう更に好きになったな~というかよりリスペクト!!!

今まで撮った作品400本以上!ジャック・ニコルソンをいち早く起用しその他にも門下生にスコセッシ監督、ロン・ハワード監督…驚異の顔ぶれ!なんて監督なんだ…映画界に多大なる影響を与えた男!

低予算という限られた中で限界を越えた映画を撮っていく芸術!アウトローで一人でも映画を作っていくんだという生きざま!人を車でひいてポイントがもらえる不謹慎大会を描いたデス・レースみたいなの撮ってるからヤバい人かと思いきや背筋ピーンの紳士的なギャップ萌えの監督!
とにかくコーマン監督の全てにしびれた…!

イーライ・ロス監督も言ってたけど、コーマン監督映画を観てたらピラニアも好きって堂々と言っていいんだて思えるのが素敵なんです!!!

あんこぶつけたろか!
>|