夢の帝国 スター・ウォーズ・トリロジーの歴史の作品情報・感想・評価

「夢の帝国 スター・ウォーズ・トリロジーの歴史」に投稿された感想・評価

Hiromu

Hiromuの感想・評価

4.0
ディズニープラスで鑑賞しました。

このスターウォーズという作品がどれだけ偉大な作品なのかわかる内容となっていました。
当時はSF映画を製作したとしても成功することが少ないということを知りました。当時は、現実的な映画が主流だったにも関わらず、異例の爆発的な大ヒットを成し遂げたのは改めて凄いことだと感じました。

ジョージ・ルーカスのこだわりも伝わってきました。ジョージ・ルーカスがep4を製作するまでの苦労とかも聞けて良かったです。

ドロイドに人が入ってるのは初めて知りました。

スターウォーズが映画業界の歴史を変えたんだと気づかされた。
人が皆、スターウォーズに魅せられる理由はここにある

善と悪と神話
誰しもが自分に置き換え得るキャラクターを見つける
ジョージルーカスでさえも

スターウォーズ、自主製作映画だとは知りませんでした
彼らの裏での闘いがあったからこその傑作なんだと改めて実感しました

時代の先を行っていたのではなく、ジョージが本当にしたかったことを、たくさんの犠牲を払いながら本当にやってしまっただけ
時代は勿論、地域、人種、宗教など、ものを区別するすべてのものは関係なく、物事の普遍性を体現した作品

ジョン・ウィリアムズの場面では、少し笑ってしまった
これがホントの天才なんだ、ってね
見応え満点のドキュメンタリー映画!

実はスタートレックは壮大な自主制作映画だった!

名作のメイキングは本編と同じくらい重厚で面白いなぁ。
映画史としても分かりやすい。
ジョージルーカス、財布無くしちゃったみたいな顔ずっとしてる。
T 4.2
M 4.5

It was very fun to watch. We could learn so much about how Star Wars was made.
Atari

Atariの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

これ観るともう一度『STAR WARS』
シリーズを観直したくなる。

Chewbaccaって上げ底じゃないの!
R2ーD2もC-3POもEwokも!!?
壮大な爆破シーンはそうやって
撮ったのかー。
エピソード5から自主制作映画なの!
(規模感)
ってかやりたいこと叶えるために
技術革命起こしちゃってない!?

などなど。

2021#10
映画史を塗り替えたSF大作の舞台裏。
天才ジョージ・ルーカスのひた走る情熱と、その夢の元に集うプロフェッショナル達が力を結集して創り上げた作品群は、まさに夢の帝国。
R2D2の中に俳優さん入ってたんだー!とか、あのシーンはアドリブなんだー!とか、飛んでくる惑星の中にジャガイモ混じってたんだー!とか、色々な驚きがあって面白い。すごいな、すごいなー。

ジョージは若い頃から常に眉がハの字で。どことなくこの世界に居心地の悪さを感じている雰囲気に、好感を持った。

2021#011
団子

団子の感想・評価

5.0
ハリソンフォードが有名になりスターウォーズが今まだ人気になる第一弾。
やはり、これに尽きる!
今ではMARVELと同じようなディズニーのコンテンツと化してしまいましたが、スターウォーズは娯楽映画ではありません。

意外と多くの方が知らないのですが、実はスターウォーズというのはEP4を除いてEP1-6は全て、ハリウッド映画では無く、私と同じく完全自主製作映画なのです。(その答えはこのドキュメンタリーにあります。是非ルーカスのビジネス面での秀逸さもご覧下さい。)

よく「人間や社会の本質を、普遍的、歴史的、観念的に網羅した究極の映画」というものは存在するのか探していたのですが、灯台もと暗し、一番自分の近いところに一番大事なものが存在していました。

スターウォーズというのは、人類の本質を多層的に描いた、とてもとても深くて重要な芸術作品です。

なのにあの最近の続三部作は...(といいつつレイとかカイロ・レンのグッズ買うんですけどね笑)

実は、自分は幼き頃から大のスターウォーズファンで、オタクで、よくファンのコミュニティで議論をしている自称マニアです。(劇中の言語オーラべッシュは大体読めます)

確か4年ほど前にDVDのメイキングでこのドキュメンタリーが入ってて、これを観て映画製作を決心した記憶があります。

先週4年ぶりに改めて観て、自分のルーツ、そして人類にとって未来へ重要な本質を、再確認できてとても良かったです。
ゆずこ

ゆずこの感想・評価

3.8
ドキュメンタリーとして良質だった
意外な事実もたくさん知れた
やっぱりメイキング観るのは楽しい…
>|

似ている作品