SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crashの作品情報・感想・評価

「SHORT MOVIE CRASH 2013 1st Crash」に投稿された感想・評価

ろっく

ろっくの感想・評価

3.0
【短文メモ(感想)】
DEDE MOUSE目的で鑑賞。やっぱすばらしい音楽だった。短編集です。

【評価基準】
5:マイベスト、号泣、鳥肌
4:おもしろい、泣ける、感動する
3:ふつう
2:イマイチ、微妙
1:つまらない、途中で断念
Return of the bad girl

スクランブル交差点の絵(様々な想いを人それぞれにもち交差する世の中)
誰もいない絵から最後は人で溢れる=宙に浮いたように道に迷い誰も助けてくれない意味なのかと。

プロットポイントがはっきりしていて(=coma-chiの出現)構成がよかった

チーム上田のキャラ立ち感

STAND ALONE

撮影方法が、ストーリーを象徴しているのが面白かった(ブレた撮り方=揺れ動く感情、アップ=緊迫感や不穏な雰囲気、サスペンス感)
STAND ALONE=ろうそくのようにゆらゆら今にも消えてしまいそうな雰囲気

冒頭のキャラの表現(散らかった部屋、水没した携帯)

駿河太郎の「さよならくらい言えよ」が終わってからゾッとした。見て見ぬふりはいないのと一緒、、いまいち頼りない感が、よかった

寄り添う
光の入り方がよかった(最初暗めからだんだん、希望が入ってくるように明るく、主人公の心情のように)
デリカシーなさすぎ!のシーン。壊れてしまいそうな繊細な女子高生の心情がすごく伝わった。
失敗したっていんだよ!誰がダメだって決めたのシーン。もっと、2人の距離を離してみたかった気がした。ガツンとぶつけるために。
SUMIRE

SUMIREの感想・評価

3.1
みんな普通の人だった。
だから余計に胸をえぐられた感じだった。
音楽がいい感じに合わさっていて、良かった。
しのれ

しのれの感想・評価

3.8
結局あの日彼女は来なかったその理由はわかっていた、音楽と映画で時代に轟音を鳴らす。
mato

matoの感想・評価

2.4
映像、音楽クリエーターがタッグを組んで制作した短編集。

1話
ラッパーに触発されて、普段抑えていた本音を上司にぶつける話。普通。

2話
気持ちの表現方法がおもしろいね。あんな姉貴は生理的に無理ですわ。麻亜里が佐々木希に似てる。

3話
娘とのドライブを約束した教習所に通うバツイチ親父。しかし、娘は近々海外に旅立つことに。免許取得まで待っていたら間に合わない。そこで彼がとった方法とは!

駆け出しは期待できだけど、終わらせ方が・・・。結局ドライブどうなったんだ。あの2人の話は余計です。

4話
帰郷したら憧れの友人が病気だったござる。普通。有村架純PV

5話
展開がじれったい。結局よくわからない。

6話
誰にでもあるよね
kojiro--

kojiro--の感想・評価

3.5
有村架純がやばい。


最後の寄り添うの清野奈々がやばい。
短編映画 × 音楽
Return of the bad girl、柩、ノアの箱車の三作を鑑賞

個人ごとながら大学のゼミ展と言うもので短編映画を作る監督になったのですが
短編で描けることが何かイマイチわかっていなかったがこの三作を観て
特にReturn of the bad girlを観て
20分の短編映画でもちゃんとアガる映画が作ることがわかったので勇気が持てました。
特にこの話の音楽を担うのがフィーメールラッパーCOMA-CHIと言うことでサイタマノラッパー2ばりの女性の格好良いラップを映画で観れたのでそこもかなり好みだった‼︎

次に柩について、
この作品のファーストカットからの衝撃
正直、この衝撃があるから終わった時に
結局あの人はどうなったんだ?
って思うと腑に落ちないとこもあるがとことん嫌な女に描かれているだけクライマックス二人の関係に号泣してしまいました。

最後にノアの箱車
この作品で思ったのは夜撮シーンでザラザラだったのですがそれでもちゃんと作品になるってことが知れて良かった
hiro09

hiro09の感想・評価

3.1
この短編集で、dedemouseさんっていうアーティストに惹かれた!
チィ

チィの感想・評価

3.3
『棺』の道端に棺桶をドーンと置く構図が最強。