シンデレラのネタバレレビュー・内容・結末

シンデレラ2015年製作の映画)

Cinderella

上映日:2015年04月25日

製作国:

上映時間:105分

3.8

あらすじ

「シンデレラ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

アニメ版は見ないまま視聴したけど、思いの外楽しめた。奇を衒わないストレートな作りで、ミュージカルではないところも好きだな。リリー・ジェームズとリチャード・マッデンも絵に描いたような完璧な童話のヒロインと凛々しく高潔な王子役にぴったりで、二人が揃うと絵本からそのまま飛び出て来たようだった。白馬ではなく黒馬に乗った王子というのもいいもんですね。ケイト・ブランシェットの演じる継母も「いかにも」という雰囲気なんだけど、そこがいい。彼女にも彼女なりの背景があるのだと僅かながらも描かれているのもプラスになった。総じてキャスティングが成功していた作品だったように思います。

映像もめちゃくちゃいいんよな。馬で駆け抜ける緑の野道、煌びやかな場内、かぼちゃが馬車に変わっていくワクワク感、ちょこまかと動く鼠やアヒル、ブルーのドレスを翻して踊るシンデレラ、美しいガラスの靴。どれもが世界を幻想的に彩っていて見惚れてしまう。エンディングで流れた「Strong」や「Bibbidi-Bobbidi-Boo」など音楽も良かった。

ストーリーはあまりにも有名だし結末も含めてほぼ知っているけど、上映時間も短いしサクサク進むので一気に見れた。前半にシンデレラと王子が出会って一目惚れをするエピソードが入っているのも、後半へのフックとしては自然で良かったなと思う。

しかし父親の言葉は、エラを縛ってるのだなとも思ってしまった。勇気と優しさを忘れないでいることの大切さを教えた母親の言葉はまあ理解できるけど、家を守れとか継母たちが不機嫌な時があっても仲良くしてくれと言って家を長く空ける父親のほうは、ちょーっと無責任に見えてしまったんよな。さすがにシンデレラが可哀想だった。だから最後はハッピーエンドで終わって何より。

普段はこの手の作品をあまり見ないけど、たまにはディズニー・マジックに浸るのもいいものだなと。
映画は言わずもがな素晴らしいんですけど、
その前にポスターが広告が天才すぎる。

最後継母に「あなたを許します」というシンデレラの心の優しさに泣けました。どう生きたらそんなに優しい子になるんだろうか。シンデレラは許しても、私は継母と義姉が許せない。

主題歌の「strong」も最高にいい曲なんですが
私は「ラベンダーズブルー」が、この映画で一番好きな曲です。声優さんが素晴らしい👏👏
普通にとてもいいシンデレラだった。
字幕じゃないとネズミの声分からないのかあ?
フェアリーゴッドマザー頑張れ!ってなった。
めちゃくちゃに時代にそぐわないのをどう現代ナイズドするのかなーと思ってたけどやはり限界があるな…笑

シンデレラがお母さんから言われた、優しくて勇気を持っていること、あまりにもシンデレラがそれを守りすぎて呪いのようだな…と思ってしまった
最後の許す、というのもまたトレメイン夫人や姉妹への呪いになる気がするな

トレメイン夫人の傍若無人、すげー嫌いだったけど、昔々の女性にとって1人で生きていくことはできないわけである程度仕方がなかったのかな…という気がしてきた 時代に作られた弱者がより弱者に対して負担を強いるの、世の常だよな……
Dの実写化あんまり刺さらないことが多くて期待せずに観たけどよかった!最近の実写化系で一番好きかも。

最初の説明が丁寧なおかげで、シンデレラがダンスや品のいい所作のできる理由も納得がいくし、「素直でいい子」であることもすんなり受け入れられた。
作中でシンデレラの終始真っ直ぐで控えめな性格を嫌味なく描けてたのがかなりよかった。

びじょやじゅとかアラジンとか、かなりアニメそのままの展開だった気がするんだけど、これはEDでしかオリジナル版の劇中歌使ってないし、ネズミたちがドレス作るところもさらっと書かれてたりで、オリジナル通りじゃないのが逆に新鮮で楽しかった。
古い作品でストーリーに癖がないからこそ、アレンジも自然に効かせやすいのもあるかもなー。
ドレスがほんっっっとに素敵。衣装やセットの雰囲気がかなり好みだった。ドレス、写真だとシンディっぽくなさすぎでは?って思ってたけど、動くとフワフワで綺麗だしラメ飛ばしてるのも魔法感があって素敵。綺麗なシーンを沢山入れてたのがよかった。

靴も何であれだけ残るの?って一瞬思ったけど、靴だけは元あるものを変えたんじゃなくて新しく作ったものだったからかー!って観ながら納得。

ゴッドマザー、癖強いなって思ったらヘレナボナムカーターか。意外なキャスティングだけど、登場時間の短い中でインパクト残すには適任かな。
トレメインはマジで性格がクソ。最後にちゃんとシンディが彼女らしい反撃をできてよかった。
とても綺麗だった。
高畑充希ちゃんの声がすごく透き通っていて、ずっと耳が幸せだった。あんなに辛いことばかり続いているのに優しさと勇気を忘れないで、一生懸命生きる姿に感動した。最後王子様に見つけてもらえて、幸せになれて良かった!
衣装、美術、魔法の演出が超かわいい。美しい。
動物たちはリアルだと苦手な人がいるからかは分からないけど、影が薄かった。
あと、音楽があんまり印象に残らなかったのがちょっともったいない気がした。

最後にエラが「許すわ」と言ったのが、継母的には1番悔しいんじゃないかと思う。
皮肉で言ってるわけじゃなく、勇気と優しさ故だけど、余計自分の卑しさを感じてしまうと思う。
無意識の復讐。エラと友達にはなれなさそう。
記録
w/ ユ
金ロー
3人の死、どのシーンも辛くて泣く
見終わってすっきりする
最後のシンデレラの一言で一気に心を掴まれました。

物語も終盤。
大逆転したシンデレラが継母にかける最初の一言。
この局面で"シンデレラ"は何を言うべきなんだろう。何が正解なんだろう。と思って見ていましたが、その後のたった9文字の台詞があまりにも正解すぎて放心してしまいました。

ここでシンデレラが継母にかける言葉はこのセリフ以外無いと思わせる素晴らしい一言。
鑑賞後すっきりとした余韻に浸れるいい映画でした。
日本語吹き替えのシンデレラの声がいいなって思っていたら、高畑充希だった。
とにかく可愛いのよねー。
>|