大江戸浮世風呂譚 卍舞の作品情報・感想・評価・動画配信

「大江戸浮世風呂譚 卍舞」に投稿された感想・評価

ポルノ時代劇に、教習所のビデオのような安上がりなデジタルが混ざる異空間、サイケデリック。恥ずかしい思いをした時の少し浮いた皮膚の感覚に、鳥肌が立った。それを楽しめるのなら、変態だ。湯女なのに、意地でも脱がない喜多嶋舞。殺陣が嫌で、へそを曲げたに違いない。白くて長い脚が綺麗だった。
見所は喜多嶋舞がマン力で風呂の水を噴き上げるところと棒立ち殺陣です。