I am Sam アイ・アム・サムの作品情報・感想・評価・動画配信

I am Sam アイ・アム・サム2001年製作の映画)

I Am Sam

上映日:2002年06月08日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「I am Sam アイ・アム・サム」に投稿された感想・評価

作中にも出てきた"クレイマー、クレイマー"と同じ親子愛がテーマの感動作ですね。画面から2人の愛が溢れ出ていました。何より、ルーシー役のダコタ・ファニングが可愛すぎました。
もえか

もえかの感想・評価

4.0
ずっと見たかった作品!

障がい持ってる人に対する偏見みたいなものが、ひしひしと伝わってくるし考えさせられる作品

ルーシーにお父さんの愛がずっと伝わってたからだな〜と思いました

リタとサムの友情も、サムの周りの友達もとっても素敵だった!
終盤私は泣いていた
竜平

竜平の感想・評価

4.2
ショーン・ペン主演。知的障害を持つ「サム」と、彼の精神年齢をもうすぐ追い越してしまう娘「ルーシー」が織りなすハートフル系ファミリードラマ。

様々なアーティストがカバーするビートルズの楽曲たちが劇中を彩りまくる今作。まずめちゃくちゃ幼いダコタ・ファニングが娘ルーシーを可憐に演じる。サムを取り巻く世界の微笑ましさ、親子の愛らしさというのが序盤からありつつ、やがて出てきてしまう現実的な問題、ルーシーがある程度成長してからの養育に関する話というもの。ひょんなことから弁護を依頼されることになる多忙な弁護士リタ、演じるのがミシェル・ファイファーで、このリタもまた家庭に少々難ありだったり、初めはサムに対して冷たかったりする。そんなこんなで偏見で溢れてる周囲と反してなんとも純粋なサムの物事の見方、真っ直ぐで的を射たような意見にきっと歯痒い気持ちになる。そうそう、今作はなんといっても主演のショーン・ペン、その熱演が光りまくってる。知的障害を持つ人物の演技はもちろん、その障害と父親であることとの葛藤が見えてくる深み、これが見事だなと。そんで脇役キャストがまた非常にいい味を出す。『ドクター・ドリトル』などのリチャード・シフ、『グリーン・マイル』などのダグ・ハッチソン、そしてローラ・ダーンなどなど。

形として見えないような家族の「愛」か、現実的な「安定」か、子供にとって本当の幸せとはみたいな、これって永遠のテーマかも。『ギフテッド』あたりでも描かれてた気がする。今作に関しては結末をわかってたとしてもなんかやっぱり感動できるしほっこりしてしまう、ってのは俺だけじゃないよね。たまに無性に見たくなる良作ハートフル映画。
Chie

Chieの感想・評価

3.9
証言台には立てないけれど、ルーシーを愛してるサムの愉快な仲間たちが最高でした。ダコタファニング可愛すぎるし演技もすでに仕上がりすぎでは?
ショーン・ペン主演の感動名作映画。
知的障害者の主人公(ショーン・ペン)には一人娘(ダゴタ・ファニング)がおり、まわりの助けを借りながらなんとか今まで育ててきた。
しかし娘は成長し、自分の知力と同等かそれを超えてしまったことで、親としてちゃんと子供を育てられるのかと指摘を受け父と娘は引き離されてしまう。
娘の親権を勝ち取るため裁判を起こすが自分は知的障害者、お金も地位もない、果たしてどうやって戦うのかというストーリー。

ショーン・ペンの演技が素晴らしいの一言。障害者という難しい役柄を見事に演じている。そして娘役のダゴタ・ファニングも天才子役っぷりをいかんなく発揮。めっちゃ可愛い娘(おじさんおばさん爺ちゃん婆ちゃんきっとメロメロ)。

主人公の純粋な姿と、「お父さん色々あるけどでも好き」っていうピュアな娘の気持ちに周りの人々が心を打たれていくところが実は一番感動的。はじめは面倒くさそうにしていた女弁護士、障害者仲間、近所の親切なオバサン、子供の里親を引き受けた夫婦などなど。
ラストもまぁなんと愛おしいんでしょうかって感じで終わる。
ショーンペンとダコタファニングが演じる親子の絆に感動しました。
beluga926

beluga926の感想・評価

5.0
Best of the best. TOP 3に入る映画。
見たら泣いちゃうから、もはや泣いてスッキリしたい時に見ている。笑
人の暖かさ、愛を感じる映画です。
ショーン・ペン上手すぎ、ダコタ・ファニングも絶妙!
サントラも最高なんですよ、特にblackbirdは本当に大好きです
ニック

ニックの感想・評価

5.0
ショーン・ペンの名演はもちろんだけども、それに劣らず女優陣が全員素晴らしかった。皆それぞれに別の角度から凄く「人間」を表現してくれた。熱く拍手を贈ります。
あと、スタバと、ピザハットと、セブンイレブンが印象的すぎるのだが?もぉ、ズルいぞ!
じきお

じきおの感想・評価

3.6
愛やら知性やらお金やら
子どもの幸せな成長には何が必要なんでしょう
kento

kentoの感想・評価

1.5
知的障害のある父が娘を愛してるのはわかるし、娘が父を愛してるのもわかる。

ただ知りたいのは、「知的障害のある父親がひとりで小さな娘を育てることは可能か」である。その点については、ほとんど描かれていない。

どのような問題があり、どうやって解決するか。あるいは解決できないのか。そういうのを描いてこそ、フィクションの意味があるんだと思う。
>|

あなたにおすすめの記事