I am Sam アイ・アム・サムの作品情報・感想・評価・動画配信

I am Sam アイ・アム・サム2001年製作の映画)

I Am Sam

上映日:2002年06月08日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「I am Sam アイ・アム・サム」に投稿された感想・評価

【比較】


人は比較する生き物。


優劣には比較が必要。


好きはあいつに比べて。


嫌いはあいつに比べて。


愛は希望の中に生まれて。
フク

フクの感想・評価

3.7
弁護士の強がりな感じがよい。人に弱さを見せない人が弱さを見せるシーンがぐっとくる。
ツツジ

ツツジの感想・評価

3.0
期待したより面白くなかった。
ルーシー役の女の子がめっちゃかわいい。
佐藤

佐藤の感想・評価

-
「アイアムサム」
音楽も画もいい。ショーン・ペンってやっぱ凄いな。ダコタ・ファニングもいい。日本の子役とどうしても比べてしまう。日本の子役はほとんど
泣くだけだからもういいや、いらないよって感じがしてしまうのです。いろんな背景をバックに歩いているシーンが印象的。やはり、ビートルズの
アビーロードからの引用か。背景のセブンイレブンが印象的だ。80点。
公開時自分の娘がまだ小さかったので観たら 号泣必至
とても観てられない!と思い
子供が大きくなって万を持して鑑賞!
やっぱ泣ける 号泣寸前
引き取ったお母さんがとても優しくていい人だったのが
鑑賞後の幸せな気持ちを後おししてくれる
かど

かどの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

父と娘の愛の物語
学習という壁が親子の関係を難しくしていた。
サムの弁護士のように家族にはお金の問題だけじゃないと感じた。
客観的見解を重要視してしまうのは難しい。しかし、客観的な意見がルーシーの環境をより良く(学習面)したことも事実。
18i465

18i465の感想・評価

-
知的障害を持ったお父さんと幼い娘の話。
7歳児と同等の知能しかないお父さんが一生懸命娘を育ててる心温まる話。

是非
kei

keiの感想・評価

4.7
大好きな映画。子を思う親の気持ちには偽りがない。サムが法廷でルーシーのことについて熱心に語ってる姿は本当ボロ泣き。
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

5.0
最初から最後までずーっとよかった。。

きっと無駄なシーンなんてひとつもなくて
我々が主人公を理解し、好きになるために必要なものばかりだった。

愛しさでいっぱい。

心がとてもとてもあたたまった。

娘ルーシーがかわいすぎた。
演技力もすごい。

みんなでたどり着いた結論は、完璧だと思った。

ただ、、、実際には障害のあるひとの生活は、本人もサポートするまわりも大変な側面のほうが多いのが現実。よって、関係者の「違う!」という声が聞こえてきそう。

設定が愛されキャラ過ぎるだけで、知能の遅れ=かわいいでは決してない。あくまでこの主人公の個性であり、フィクションだ。この映画で障害者を少し理解したつもりになるのは危険かなと思いました。

だけどとても心に響く良い映画でした。
だんだんと娘の知性が父に追いつき、ついには追い越してしまう、しかし娘はそれが嫌で、わざと単語を読めないフリをする。このシーンの切なさはスゴイ。
>|