I am Sam アイ・アム・サムの作品情報・感想・評価・動画配信

I am Sam アイ・アム・サム2001年製作の映画)

I Am Sam

上映日:2002年06月08日

製作国:

上映時間:133分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「I am Sam アイ・アム・サム」に投稿された感想・評価

ダコタ・ファニングが可愛いし、演技も凄い。可愛いというより既に美しくもある。テーマの割りに重くならず、笑いあり涙ありのポップな作品になっている。誕生直後から映画開始の幼児期まで、どう過ごしていたんだろう?って気になる。ルーシーが夜中に人形を抱えてコンビニの前を歩くシーンが好き。あと里親がいい人でよかった。
ちゃ

ちゃの感想・評価

3.8
ショーンペンもホアキンフェニックスもそうだけど、何食べればこんな演技ができるんだろうってシンプルに思った。まっすぐな子供心を忘れない人はいつだって無敵だ〜

主人公が心配で目が離せなかったな!
あととにかく名言のオンパレードで
紙とペン出しそうだった良作🔥
AKN

AKNの感想・評価

3.8
サム スタバの店員 ショーン・ペン
ルーシー ダコタ・ファニング
リタ 弁護士
アニー 隣の家のピアノ弾くおばさん

ダコタ・ファニングの小さい頃でTWICEのジヒョ思い出した。雰囲気!笑

ビートルズや映画「クレイマー、クレイマー」が会話によく登場する


ルーシーはパパが普通じゃないことに気がついて一時友達に嘘をついてしまったりしたけど、それでもパパはパパ(サム)じゃなきゃ嫌だった。
そういう子もいれば
自分の親が嫌いでもう一生会いたくないと言う人もいる

何が正しいかは分からないけど
子どもの気持ちが既にあるなら聞くべきだし参考にするべきだと思う
ダコタファニングが可愛すぎる
義母とサムの最後の掛け合いが泣ける
Taku

Takuの感想・評価

4.1
心が温まる映画

出てくる人達が全員いい人ばかり

愛があれば何事も乗り越えることができる。
シャー

シャーの感想・評価

3.8
どうして娘と一緒にいたいだけなのに裁判なんてことになるの?とか素の気持ちだけぢゃ生きてけないのはわかるけどでもやっぱり大切なのは自分と娘が幸せになれる方法を迷ってでもなんでもいいから探すことだなって離れちゃダメ
2020Ⓜ︎234★字幕🎯

あゆこさんのベストナンバーワン作品
前から気になっていてようやく鑑賞☺️

「いそいでは いけないよ。」

◎あらすじ
スターバックスで働く7歳の知能しか持っていないサムは自分の娘、ルーシー・ダイアモンドと幸せに暮らしていた。
しかし7歳になったルーシーはサムの知的能力を追い抜いてしまいサムは父親として養育能力がないという判断をソーシャル・ワーカーに下されてしまう。ルーシーは施設で保護されることになり、サムは失意にくれる。
彼は法廷で闘う決意を固め、エリート弁護士のリタに依頼。自分が社会奉仕の仕事もできることを見せつけるために弁護を引き受けたリタだったが、それはどう考えてもサムには不利な裁判で…。


◎感想

♪〜Lucy in the sky with daiamond〜♪
しばらく頭ん中でゆったりリピートします笑

登場人物がみんな愛に溢れていて
ハッピーエンドよっしゃー😆✨

あの🎈持ってみんなで横断歩道を渡る
シーン好き😙


外出恐怖症のアニーが勇しく助太刀に来てくれたとき嬉しかった😭

サムは優しいからやさしい目をしてる✨

いろいろ良い場面があったけど
ラブリーリタが自分のことを涙ながらに話したときルーシーが会いに来なかったサムをせめたときランディが車で眠ってしまったルーシーを抱いて連れて来たとき特にグッと引き込まれた。

真っ直ぐにサムとルーシーを応援してくれているリタとランディ。
リタも感じたみたいに自分も同じように
サムのおかげで心が浄化された気がする☺️

ぽかぽか心が温まる物語😌
何度も見返したくなるような映画🎞

この作品を知れたのが
あゆこさんのベストでした☺️
ありがとうございます😊
知的障害の演技が上手いって書くと、なぜか後ろめたさを感じる。
サムの周りにヘルパーとかいないのか?
もう少し周りの大人が、見てる側が納得できる妥協案とかで説得してくれればいいのに。白が黒かみたいな展開でもやもやする。
最後も子供にとって良いことなのか微妙じゃないか?
kgjeriii

kgjeriiiの感想・評価

4.0
子供にとって親に求めるのもの。親としてあるべき姿を改めて学んだ。ダコダファニングが、ともかく可愛い!
Kir

Kirの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

知的障害者とその娘の話.

ビートルズの曲とダコタちゃんの組み合わせは反則っていうぐらい,涙腺を崩壊させてくれた.

後半はやや退屈ではあるが,最後はスッキリする.

とてもキレイな映画です.
>|