ミルクの作品情報・感想・評価

みんなの反応
  • ミルクは希望を与え、人権を勝ち取るために奮闘した政治家である
  • ミルクは同性愛者の権利を主張し、存在を訴えたことが感動的である
  • 映画はノンフィクションであり、ミルクの功績を後世に伝えるために価値がある
  • 同性婚が認められたことは素晴らしいことであり、人権は守られるべきである
  • ミルクは少数派であったが、希望を持ち行動したことが偉大である
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『ミルク』に投稿された感想・評価

こちらも今通っている舞台「インヘリタンス」繋がりで。同性愛は病気だと本気で思われていた時代。その後ホワイトがどうなったか調べてしまった。ショーン・ペンはなんでも屋さん。
T

Tの感想・評価

-

今ほどLGBTが理解も認知もされていなかった70年代、そんな激動の時代に同性愛者であることを公表しながら公職に就いた男がいた。
何事も最初に行うことは難しい。人間は少数の理解できない物事を排除しよう…

>>続きを読む
LGBTQ活動家というより政治家としての顔の印象が強い実話物
chip

chipの感想・評価

3.7

ハーヴェイ・ミルク、
彼はゲイで公職についたアメリカで最初の人物です。
彼の話をこの間聞いたので鑑賞。


ゲイの権利を訴えるために政治の世界に飛び込む、
そんなミルクのほぼドキュメンタリー。
ショ…

>>続きを読む
takashi

takashiの感想・評価

5.0

昔映画館で観て、レンタル落ちのDVDを安価で手に入れたので久々に鑑賞。
ショーン・ペン凄い。そしてアカデミー賞脚本賞獲っただけあって「いい事言うねぇ〜」って名台詞名言の応酬。何かと戦うべき時にまた観…

>>続きを読む

二度の落選後に現職ダン・ホワイトを退けてサンフランシスコ市議に選出された同性愛活動家で、不穏な動きを察知したことから暗殺を覚悟して遺書をしたためるハーヴェイ・ミルク。同性愛者を公言する者としてアメリ…

>>続きを読む
ノテ子

ノテ子の感想・評価

3.5

ハーヴェイ・ミルクというゲイの活動家の話。
70年代は自由の国アメリカでも、ゲイという存在は人間として認められていなかったのね…ビックリ!
ディエゴ・ルナ、ジェームズ・フランコ、エミール・ハーシュに…

>>続きを読む
Ginny

Ginnyの感想・評価

4.0


泣いた。
命をかけた、闘いなんだ。

(映画から引用、和訳は字幕、英語はhttps://stephenfollows.com/resource-docs/scripts/Milk-Screenpl…

>>続きを読む

このレビューはネタバレを含みます

めっっちゃよかった!
人間的な魅力に溢れてて
うまいこと生きれてるように
見えてしまう人いるけど
外面しか見てないよなーー
勝手に期待したり嫉妬したり
自分もすごいやってしまうから
あーーってなった…

>>続きを読む
YU

YUの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

アメリカで初めてゲイを公表して市会議員に選ばれたハーヴェイ・ミルクが暗殺された11月27日に鑑賞
>|

あなたにおすすめの記事