チョコレートドーナツのネタバレレビュー・内容・結末

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

とても面白かった。LGBTの方や障がいのある方の生きづらさが伝わってきた。テーマは重いが、三人の暮らしは本当に幸せそうで、マルコが笑っているのを見ると自然と笑顔になれた。また、ルディー(パフォーマー)のような親になりたいと心から思った。結末が悲しすぎたけれどこれが現実なのかもしれない。
バッドエンドは苦手だけど、この映画はこの終わり方であるべきだと思った。
LGBTQ差別
チョコレートドーナツとハッピーエンドが大好きな少年とその2人の父親のバッドエンドなお話
ほんとに、なんで、人と人が愛し合ってるだけなのに、同性同士であるだけで、それを"異常だ"と執拗に咎める人がいるんだろう 差別する人がいるんだろう 邪魔する人がいるんだろう

どんな話であれ、バッドエンドは好きではないので、スコアをマイナスしました

同性カップルが子供を育てると、子供に悪影響があるから、養子縁組は反対って言う人が相当数いるけど、"悪影響"ってなんだ? 同性カップルに育てられた子供の同性愛率が高くなって何が悪いんだ? オープンで何が悪いんだ? この映画は数十年前の話だけど、まだまだ世の中は全然変わらない
予想を裏切られました…。
マルコと同じように、Happy Endを期待していました。
テーマの多い味わい深い映画です。
評価が高いから見てみた映画。

自分は同性愛に対してネガティブなイメージを持っており、映画の最初の頃は見るのをやめたいと思った。
でも、映画を全部見て思った結果は同性愛も同じだと言うこと。

今は多様性が重んじられ世の中だが、まだ偏見や差別はあると思う。自分にもネガティブなイメージがあったように。
映画を通して、同性愛は特別なものではなく、当たり前のことだと少しずつ自分の考えを変えて行こうと思った。

ピアノ、歌、ダンス、マルコの移動シーンの時間に自分で考える時間があったのはよかった。
そして、バッドエンドの終わり方も、「あなた」の決断は合っていたのかと考えさせられた。
裁判の結果は正しいけどそれが必ずしも個人の幸せに繋がるとは限らないと思った。LGBTへの差別、ネグレクト、薬物中毒、人種差別、障がい。多くのテーマを扱っている映画。ハッピーエンドが大好きなマルコの人生はバッドエンド。やるせない気持ちになった。
最後の結末がほんまに悲しくて悲しくて憤りも感じてやるせ無い気持ちになった。ハッピーエンドじゃないねんけど、LGBT、知的障害者に対する差別や偏見、児童虐待の問題、親権とは?など沢山のことを考えさせられる映画やった。

自分の中でLGBTへの差別はあかんって分かってるはずやし偏見もないと思ってたけど、この映画見ててLGBTに対しての違和感を感じた自分もちょっとおって自分に対して喪失感にかられた。改めてLGBTのことを全然知らんって気づいた。無知は偏見をもたらすと言うのはこのことだと思い知らされた。
親権についても結果的に母親が引き取ることになったけど、ほんまに納得できんかった。親権て何のためにあるん?て思った。マルコに対して愛もない母親に育児権渡す必要ないやろ思ったし、LGBTからの偏見で裁決した裁判官にも憤り感じた。
決してハッピーエンドではないけどLGBTの差別の酷さを身に感じて、このようなことは決してあってはならないことだと思った。
マルコは不運だけど幸運。
血の繋がりもない隣人やその恋人にここまで愛されるなんて。
ただハッピーエンドじゃなかったことが悔やまれる。

やっぱり昔は今ほどLGBTやダウン症に理解がなく、偏見や差別が強かったことがよく分かる映画。
このようなテーマの映画をちゃんと見たのは初めてだったので、心に刺さりました。

実話ということもあり、前から見たいとずっと思っていたので、見れてよかった。


残った2人はマルコの分まで幸せになっていて欲しいなと思いました。
平等であるはずの裁判に人々の偏見や差別が絡んでしまっていることに憤りを感じた。ゲイカップルの2人、差別と戦ってまで、自分の職をを失ってまで一人の子を守ろうとしてかっこよかった。

1970年代、ここまで同性愛への偏見と差別が強いとは思っていなかった。

ゲイカップルの2人とダウン症の子供に味方はいないの? 結末含め、悲しい物語。
>|