チョコレートドーナツのネタバレレビュー・内容・結末

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

マルコが好きだったもの。人形のアシュリー、ディスコダンス、ハッピーエンドのおとぎ話、そしてチョコレートドーナツ。マルコは僕らに家族をくれた。僕らはマルコをなにがあっても守ると約束した。僕たちは忘れない。マルコと過ごした愛しい日々。

「チョコレートドーナツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あっけない。

この映画は、マルコが好きだったハッピーエンドにはならない。
想像より重たかった。

ラストがこうだからこそ、この映画の良さとなるんだなと理解。ダンサーインザダークを思い出しながら。

ハッピーエンドの空虚を感じた。
マルコが可愛らしかったしルディとポールに優しく育てられてたところはよかった…が、最悪のバッドエンド…リリーのすべてとかそれ系の良い映画だけど観ててキツいパターンの作品

検事?検察官?が「子供に悪影響」とか言ってたけど麻薬中毒の親のことは悪影響だと思わないのか???裁判官とかあの会社のムカつくおじさんとかに最後手紙が届くけど、あれを読んでショック受けるとこまでじゃなくてちゃんとそれぞれが家に帰って大変な間違いを犯したことを悔いて震えて夜眠れなくなるところまでえがいてくれよって思った。

これは一体いつの時代の話なんだろう…あと字幕でルディの一人称が「私」だったり女言葉を喋ってるのも気になったな〜ヒゲも生やしてるしゲイってだけで性同一性障害ではないんじゃないの?ショーパブで化粧したりしてるからその辺よく分からないけど字幕に違和感を感じた 差別と偏見テーマの映画の字幕が偏見にまみれてるのは皮肉だな〜
これは好みがどうとか関係ない。
全人類が観るべき映画だと思う。

悪気があるとかないとかそんな事はどうでもいいけど、自分の考えや発した言葉が人々に与える影響を理解するべきだって思う。
責任を持って言葉を発するべきだと思う。
人の自由を奪うべきじゃないし、差別や偏見を軽く見てはいけない。


最後の数分で一気に泣かされた。
なぜマルコが辛い目にあわなきゃいけなかったんだろう。
アランカミングのパワーがすごい
最初は青髭のオカマくらいなら思ってたけど、徐々に色気を感じてくる。

理由の大きな1つは、魅力的な歌声だと思う。踊りながら歌うシーンはエロささえ感じた。バトルオブセクシーズでも、ちょい役ながらオネエとして力強い名言残してた。私生活でもバイセクシャルらしい。
なるほど、完全にファンになった。

ストーリー、年代描写、設定凄く良い

特にLGBT については凄く考える作品


差別のない世界にはなってきたけど、
話の途中出てくる、女装や同性同士のキスが子供に悪影響を与えるのではないのか?
これについては、確かにそうなのか?
と自分でも分からなかった。

育ての親の影響は大きいと思う、
もし親が同性同士で
それが普通だと育ったなら、
僕は全く違う人生を送ったでしょう。
けど果たして、それは悪影響なのだろうかとか考えました。


原題のAny Day Nowの意味は

最後の歌

「いつの日か、いつかはわからない
いつの日か、すべての苦しみから解き放たれるだろう」
かららしい。

ハッピーエンドではないけど、
アランカミングの最後の歌声で
涙でて、何となくスッキリする。
同性愛者というマイノリティに属する二人だからこそマルコを守りたいという気持ちがいっそう強かったのかな
最後はあの3人で結ばれて欲しかったなぁ…
マルコ役の子、凄い。
ほとんど、自然体なんだろうけど、演じることにも少なからず興味もきっとあるんだろうな。
自然体ではできない演技もあったし。

1番悲しんだはずの二人を描かずに、マルコに起きたことを手紙で知らせるというラストは、それまでの3人の関係をしっかり描けていたから、映像を使わなくても絶望感があった。
偏見て恐ろしいと感じた。
マルコにとっては2人といることが幸せだと目に見えてわかるのに、、
周りはそれを認めまいと、自分たちが正常で彼らが異常だと示すことだけに盲目になって、、
一番大事なマルコの幸せが置き去りにされてしまった、、
この作品を見て改めてフラットな目で人を見れるようでありたいと思った。
幸せになってほしかった
なにが偏見なのかって考えさせられる映画だったな
同性愛者が悪いわけじゃないけど、その人たちの人間性が結局問われてくるんじゃないかって感じた
どうして偏見や差別が生まれるのだろう。
その対象をよく知らないから?
きちんと理解していれば、こんな事は起こらないはず。
同性愛の何がいけないのか?


ハッピーエンドが好きなのに、ハッピーエンドでは無いなんて。

マルコが2人に歌を歌うシーン。
ハロウィンやクリスマスや誕生日、海での8mm映画のシーン。
ルディとマルコがカセットテープを封筒に入れるシーン。
皆の笑顔が温かくて、ウルッとくる。
マルコの笑顔が可愛くてとても素敵。
2人はその笑顔が愛おしくってたまらなかったんだろうな...
マルコがいなくなってしまっても、肉親は何とも思っていないだろう。だからこそ悔しい。
>|