チョコレートドーナツのネタバレレビュー・内容・結末

チョコレートドーナツ2012年製作の映画)

Any Day Now

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:97分

4.1

あらすじ

「チョコレートドーナツ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

映画の時代設定はLGBTに対して理解や認知が今ほどない時代(1970年代後期)。
まずこの時代背景がすごく大事な気がする。

ゲイであることをカムアウトしドラァグで生計を立てるルディ。
自身のセクシャリティーを認めきれず、隠しながら暮らすエリートのポール。
これをどう見るかがすごく大きなカギかなと。

ポールがルディに出会って開花したと表現しているように見えるが、
あの時代にセクシャリティーと向き合うってどういう事だろう?

カムアウトして、自分らしく生きなよ。と簡単に言うが、
自分らしく生きることにカムアウトが必ず必要なのか?とも思えた。
人には人のペースもあるわけで。表裏は人それぞれ多かれ少なかれあるんだから。

ポールはルディに出会い、セクシャリティーをやっと認めることが出来る。
それだけでも十分幸せ。よかったってことなんだと思う。

その後も愛と自分を守るためにも世間には隠し通す。
要所要所で自分たちを客観視し判断している。
しかしそれもある意味、立ち向かっているし、歯を食いしばっても認めたうえで判断している。
隠してるだけじゃない。

ルディはカムアウトして自由に見えるが、
世間から自分を遠ざけて暮らしているし、
行動も刹那的で、将来を見ることを避けていた。
自分を大切に出来ていなかった。

結局二人が出会うまでは2人のさみしさレベルは変わらないのでは?と思った。

まずなにより人が生きる幸せとは?という事が根本にあり、
セクシャリティーなんて二の次。

そうマルコを通じて思えたことが二人を変えたのかなって。
だからマルコが天使みたいだった。

マルコの人物描写が少なかったが、
彼には本人が語れるドラマがない。そう言われているみたいですごくリアルだった。

ラストシーンの手紙で、
視聴者含めマルコを始めてちゃんと理解した気がして。

感動した!って言っていいものか、すごく複雑な気持ちになった。
けど、本当にみてよかった。
シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。
世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。

ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。
夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。

ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。
血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。



女装したルディがすごく綺麗で美人だった!ルディとポールのカップルは本当に男女のカップルと変わりなくて、なんなら男女のように見えて、素敵なカップルだったなぁ〜。ポールに甘えるルディは本当に女の人みたいで可愛かった😌😌

マルコの学校の先生はふたりの味方だったけど、他の人達はそんなことなくて、可哀想だった。
ふたりは裁判でマルコの親権を得るために頑張ってたけど、マルコの前で女装したことはあるか?未成年の子供をゲイバーに連れ込んだのか?とか、そんなような質問をたくさん受けたりして。。

マルコは結局本当のお母さんの元に帰るけど、お母さんは結局薬物をやめられなくて育児放棄で、マルコはひとりで街に出て。3日後に橋の下で遺体で見つかった、っていうので話は終わっちゃった。
ポールがそれを色んな人に手紙で書いて送るの。マルコはこんなに良い子だったんだよっていう内容を添えて。そこが泣けたな。(いや泣いてないけど)

ハッピーエンドじゃないのが悲しかったけど、愛情たっぷりなお話だった。アップリンク吉祥寺もすごく素敵な映画館でそれもまた良かった!
萌乃ちゃんはこの映画が好きなのか〜って思いながら観てた(笑)
その人にとってどの選択が幸せか
その人の気持ちが一番大切ってわかってるけど、人が生きていくためには法律の定めに従わなくてはいけなくて…
ジレンマをすごく感じた。
人として素晴らしい両親に
出会えてマルコは幸せだったやろな

ここはぼくのうちじゃない

がもう心にささった😢

子どもより自分の欲を優先させる
母親より、マルコのことを誰よりも
理解してたルディとポールと暮らすのが
絶対幸せってわかってるやん
偏見ゆえに引き離されて
誰も幸せになってない
偏見は誰も幸せにしないって思った
とりあえずポールの元上司うぜぇ
なんとも言えない気持ちになった
※書き出しからラストのネタバレ。











引き離されたあとも二人を求めて放浪したマルコの最期が全てを物語っていて本当にもう……。
マイノリティへの差別はもちろんだけど、児童福祉の観点からしても本末転倒な結末に激しい憤りと失望を感じざるをえなかった。
戦う意志をへし折られておかしくないこんな悲痛を経験しても立ち向かおうとするルディとポールの姿が最後まで有ったのがせめてもの救い。

調べてみるとコレは実話から着想を得たフィクションなんですね。
それだったらハッピーエンドにも感動的にも出来ただろう中でこの物語にしたのは凄いとしか言いようがない。
本当に素晴らしいものは作品を介して作者の意思を感じるものであると言うけど、本当にそうだと思った。

自分は仕事と個人的な体験で運悪く親に恵まれなかった子供を結構多く見てきたことから「愛情の無い冷めた肉親よりも愛情深い赤の他人」という持論を持ってる。
子供に最も必要なのは「血のつながった女性(母親)と男性(父親)」ではなく「無償の愛情と絶対的な安心感をあたえてくれて、自分も他の人もみんな生きてるだけで価値のある尊い存在なんだと全身全霊で伝えてくれる大人」の存在。
後者の存在が欠けているんなら異性カップルでも同性カップルでもその間にいる子供は自分に自信を持って生きてはいけない。大人になったあとも。

ルディ、ポール、マルコの3人は見てくれこそ大多数の世帯と違っていても世間一般の家族と全く変わらない日々を送っていた。
それどころかマルコに必要なものをちゃんと与えられていたし、マルコも3人一緒にいる場所を我が家と認識していた。
何があるか分からない大海原で船が壊れそうになっても「あそこまで行ければ大丈夫だ」と思わせてくれる港のごとく。

異性カップルに育てられた子供と同性カップルに育てられた子供に差は無いと研究で分かってる現代でも、こういった制圧は絶対ある。
今の社会に生きていてこの映画を全くの昔話だと断じられない自分が恥ずかしく思う。

何気ないシーンながらも一番印象に残ったのはマルコの監護権を取り戻すために仕事をやめると申し出たルディにショー仲間(?)が「頭の弱い子を引き取った時決めてたのよ」と心無い言葉をぶつけてルディを怒らせたシーン。
系統は違っても世間からの差別と偏見に苦しむマイノリティ同士だってこんな心無い言葉を相手に言ってしまうのは現実でも結構多いから、なんとも言えない感慨を覚えた。
製作者たちのなにかしらの思惑を感じるシーンだ。
LGBTと自閉スペクトラムって
世の中は受け入れているようで
実際のところはまだまだな部分もあるよなぁって思う。
その人達の価値観はなかなか変わらなくて、

この映画の人達はどう変わったんだろう。
「悲しいな」だけじゃなく、価値観が変わっていたらいいなぁって思う。映画だった。

そして少しでも多くのひとがこれをみて
価値観を揺さぶられるといいなぁと思った。
雰囲気も良くストーリーも切ない良作です。ただ、ちょっと視点が偏りすぎかと思いました。正義はないといいながら、完全にゲイカップルを正義として描いている。法廷でなされた薬物依存者に対するヘイトスピーチのような発言で、スッと冷める感覚がありました。
観た後のやるせなさがすごい。
なぜどうして、なぜどうしてええぇぇあええええ泣

ポールの上司はなんで実の母親を出してまでして妨害しようとするの??あり得ない本当。あんな奴に新聞の切り抜き送ったってなにも響くはずない。人の心がなさすぎる。

そして酒やらドラッグに溺れるような親は子供産むんじゃねぇよと何万回目の憤りを感じましたよ。
LGBTの作品いくつも観てると
判決結果に え?そうなん?ってなったけど
結構昔の話やったのか〜。

最後のやり切れなさすごいけど、
各所の両親2人の愛情あふれる表情がとてもよきです
深夜にやってたので録画して。

とても悲しいが深い愛情で家族であろうとした家族の物語だった。
ゲイのカップルが、ダウン症の少年を引き取り育てようとするが阻まれてしまい最後には少年は死んでしまうのだが…

ゲイというだけで周りの偏見や差別があるこの時代で、抗おうとする2人。ゲイというだけで子供に悪影響だとか、子供の前でキスはしたか、女装したことはあるかとか、男女のカップルならば絶対に聞かないようなことを裁判では取り上げる検察官。
ただ男同士というだけで何が問題あるんだろう。
なんら、男女のカップルと変わらない。
ただただ、悲しかった。
どれだけ声を上げても立場の弱いものの権利は、力で抑え付けられ潰される。

彼らはどんな家族よりも、家族だったし、マルコは2人を本当の親のように思っていたのに。
実の母親は、本当は子供に悪影響しか及ぼさないような母親なのに。

本当に悲しい。
でも、これが今の世だと思う。
弱いものが上から抑えつけられる。
世界は変わるのかなあ。
愛があれば、どんな形でもどんな家族でもどんなカップルでも関係ないよ!っていう世界に変わればいいなあ。
>|