ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の作品情報・感想・評価

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気2015年製作の映画)

Freeheld

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らして…

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に投稿された感想・評価

あなた方次第だ!あなた方次第だ!
良かったー!
ヴカレルが真面目さを少し緩和させて楽しくも、グッと来るお話に。
胡散臭い黒人牧師も笑えた!
まぁ

まぁの感想・評価

3.8
実話ベースの物語…。

彼女たちが欲しかったのは「平等な権利」だったんだな…と思う…。

制度や法律を変えるって…本当に大変なことだと思う…。
前例がないから…伝統だから…と…なかなか認められない…。

同性婚カップル…パートナー法では認められていても
「遺族年金」は受け取れない…
(今は、法も変わったようだけれど)

私自身…「同性婚」…って…
まだ…分からない…のだけど(頭では分かるけれど、心では分からない…正直な気持ち)

ご本人たちも…だけれど
周囲の理解…行動にも…心打たれた…*

色々と考えさせられる作品だった…*
Mai

Maiの感想・評価

-
No.22 /4000 🌈

「私たちは普通の市民です。家があって犬がいて税金も払ってる。私たちは性格も違うしケンカすることもある。私はバイク好きだけど彼女はバイク嫌い。家もごく普通の家です。」

実在したレズビアンカップルが主人公の映画。
2015年6月26日に、アメリカ全州で同性婚法案が可決されたんだけど、このカップルをはじめ、たくさんの当事者たちが文字通り命をかけて勝ち取った判決だと思った。
それと「Equality(平等)」について改めて考えるきっかけになった。例えばホールのケーキを切り分ける時、みんな同じ大きさに切ることが平等とは限らないことに気づいた。私も含め、平等という意味や考え方に対して誤解してる人は多いと思う。平等について勉強し直したい。
ジャケットとストーリーが全然違うやめてほしい(笑)サブタイトル〜手のひらの勇気〜(笑)
R

Rの感想・評価

3.0
さっすがジュリアンムーア!
正直いって、外人の演技力の優劣なんてわたしにはまだ分からないよ、と思ってたけど、
ジュリアンムーアの演技力の高さは理解できるようになってきた!!!!

もうちょっと、主人公ふたりの関係性の深さとか病気とか政治と闘うとことか、、つまり全体的に深くあって欲しかったなあ
実話なんだからきっと私たちの想像を超える、
愛する人と出会えた深い喜びや、暮らす幸せ、でもお互い違う人間同士だからぶつかってしまう壁、それをふたりの絆とする過程や出来事、、
法で定められた不平等に葛藤し挫折し悲しみ乗り越える姿とか、、、
たっくさんあるはずです。
実話を映画化するのなら、尺にとらわれずにやってほしい。
そんな意見!
日本では同性愛者というのは、正直大っぴらに公表できる国じゃないと思う。
現実的に私自身その感覚もよくわからないので、なんとも言えないのだけど、
男であれ女であれ。
愛する人を大切に思う気持ちは変わらない。
ジュリアンムーアが同性愛者の役ばかり観ているから
???と思ってしまう。

小さな希望が大きな力になる。
アメリカってすごい
原題はFreeheld(自由土地所有権)、映画では遺族年金を同性愛パートナーが受給できるように戦う内容でした。

ジュリアンムーア、さすが抜群の安定感。今回はシェイプオブウォーターのマイケルシャノン目的で見てみました。満足です。
いさと

いさとの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

権利ではなく平等を求めた二人。
でもみんなが平等になるには、やっぱり権利が必要で。
ステイシーも言ってたけど、私だったら自分たちが権利を得る為に利用されてるみたいで嫌だって言うと思う。
そこをローレルは自身が死んだ後自分達のように苦しむ人が少なくなるように、何より最愛のステイシーの為に癌の進行が進んで頭から髪がなくなってしまっても必死に戦った。
そんな姿にみんな心を動かされたんじゃないかな。悲しいけどパワーをもらえる映画でした。

・雑な感想

ローレルがとにかくカッコいい!!!なんな見たことあると思ったらアリスのままでの人でした。
当たり前だけどスタイルがめっちゃくちゃよろしくてボーイッシュなファッションにタバコをふかしてる姿が最高。
相手役のステイシーはちょっと地味め...?って最初は思ってたけど、観進めていくて、とってもいじらしくて可愛くて大好きになる。

相棒のデーンがすごくよかった....みんな、協力するとお前もそうなんじゃないか?って白い目でみられるのを恐れて誰も助けてくれないのに彼だけがずっと味方でいてくれて...!!それがどれだけ頼もしかったか....
ローレルと彼の関係性も好き。
なんだかんだ署名してくれる職場の人達もデーンの呼びかけがなかったら動いてなかったよ。「彼女が逆の立場だったら必ず俺たちを助けてくれただろう」ってセリフも大好き。ローレルの人柄がよく分かる。ほんとに正義に生きてた人だったんだな...。

ローレルとステイシーの関係をしっかりやりキュンキュンさせつつデーンとの相棒としての絆も熱くて、よく103分にまとめたなと....しかも実話に基づいてるってすごい。
ラストシーンが、無音で、暖かくて切なくて美しくてとっても良かったです....
IIZO

IIZOの感想・評価

4.4
パートナーと犬と家を守る為に、闘った人達の実話。勇気が少しずつ周囲の人たちに伝播し、広がっていく姿に心打たれる。

日本で起きたら、どうなるのか考えさせられた。
アル

アルの感想・評価

3.4
ほんの少し前に実際に起きた事と思うと、とてもやり切れない話でした。

LGBTの問題はまだ色々あるとは思いますが、この様に実話という形で作品を観ると考えさせられる作品だと思います。

観ていて、とにかく2人とも幸せになってほしい、上手くいってほしいと応援したくなりました。
>|