ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の作品情報・感想・評価

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気2015年製作の映画)

Freeheld

上映日:2016年11月26日

製作国:

上映時間:103分

3.8

あらすじ

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らして…

20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に投稿された感想・評価

実際にあったストーリーと聞いてから見たので、より内容にグッと来るものがありました。
主演女優二人のドキドキする演技に魅せられました。
同姓愛者の二人の行方は?
主演のジュディアンムーアさんは実際に同姓愛者らしいです。
つくづく政治が嫌いになる。
信条や思想の達成・維持を利益とするばかりに、もっと根本的な、大事なものを疎かにする。
これは権利側の委員会だけではなくて、同性婚賛成の団体にしてもそう。二人を政治的に利用してるんじゃないか。
もちろん彼らの協力が大きな力となった事実もあるんだろうけど。
やっぱりイライラさせられる。

「俺らの税金がレズの恋人に?」
文句あんのか。
弱い人困ってる人に税金使って何が悪いんだ。ストレートで今の所健康で問題なく生きてる僕でも地味にこのセリフは傷つく。
そんな不寛容な世界は嫌だ。

さて、ジュリアン・ムーアの演技も最高だし演出も素晴らしい。
間違いなく観るべき1本。
前情報なしで観たから最初の数分で苦手なレズ物だと気づいて嫌悪感を感じつつも、エレンペイジとジュリアンムーアの圧倒的な演技力でいつの間にか映像に釘付けになっていました。観れてよかった。
yuuuu024

yuuuu024の感想・評価

3.5
はじめは同性愛?って思ってた
でもすごく深い話で感動しました
難しいよね、、
自分の中ではあんまり理解できてなかった部分。だけどこの映画をみて人はみんな平等であるべきだって改めて思えたかな
あらすじに惹かれて。

愛する人がいるって強いなぁ。
パピコ

パピコの感想・評価

3.8
なんとなく観たけど、とても良かった。
irn

irnの感想・評価

-

誰を、好きで、誰と、生きようか
“平等”なことは変わりないはず

こんな当たり前が当たり前じゃない時代、
パートナーと生きるために戦う、2人の姿は本当に、胸がくるしい。平等ってなんだ、社会ってなんだ。

エレンペイジがめちゃめちゃ大人になっててびっくりした。junoやローラーガールズダイアリーが好きなわたしとしては、驚き。主演二人は最高に素晴らしいです。
きよ

きよの感想・評価

4.2
愛する人のために闘い、力強さや勇気に感動した。二人の演技力は素晴らしかった!
Kuromi22

Kuromi22の感想・評価

3.2
最後実話の写真が出て来た時涙が溢れました
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
アメリカで同性婚が広がる前の実話。田舎の州ではゲイというだけで相当な偏見があり、ゲイのパートナー制度はあれど、男女の夫婦が得られるような権利はなかった。
そのためにわずかな余命を捧げた主人公と、その恋人の話。

正義のため、自分たち以外の同性愛の人々のために、力を出し尽くす2人に涙した。
残り少ない時間を2人きりでゆっくり過ごせたらどんなにか良いだろうに、最後の最後まで闘い続ける姿に、ものすごく胸を打たれた。

ジュリアンムーアはじめ、俳優陣の演技がまた良かった。
映画のテンポも良かった。

良作!
>|