• Filmarksトップ
  • ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気の感想・レビュー

ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気(2015年製作の映画)

Freeheld

上映日:2016年11月26日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:103分
    監督
    ピーター・ソレット
    脚本
    ロン・ナイスワーナー
    キャスト
    エレン・ペイジ
    ジュリアン・ムーア
    スティーヴ・カレル
    マイケル・シャノン
    ジョシュ・チャールズ
    ルーク・グライムス
    メアリー・バードソング
    デニス・ボウトシカリス
    スキップ・サダス
    トム・マッゴーワン
    アンソニー・デサンド
    スティンク・フィッシャー
    ケヴィン・オルーク
    あらすじ
    20年以上刑事として働いているローレル(ジュリアン・ムーア)。ある日、ステイシー(エレン・ペイジ)という若い女性と出会い、 恋に落ちる。年齢も、取り巻く環境も異なる二人だったが、徐々に関係を築いていき、郊外に中古の一軒家を買って一緒に暮らし始めることに。しかし、ローレルが病に冒されていることが発覚し、余命半年という宣告を受けてしまう。自分がいなくなった後も、ステイシーが、二人の大切な家で暮らしていけるよう、遺族年金を遺そうとするローレル。だがそれは、同性のパートナー同士では法的に認められなかった。病と闘いながら、権利を求め、制度の改正を求め闘う決心をしたローレルの訴えは、やがて社会的なムーブメントへと拡大していき―。

    「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」に投稿された感想・レビュー

    家畜人六号
    家畜人六号の感想・レビュー
    2017/04/01
    3.7
    同性愛の女性カップルのうち年上で刑事がガンに侵されて余命いくばくもなくなり、家族だったら公務員としての年金を受給できるのだけれど、同性パートナーは家族とは認められないので受給を認めてもらうべく闘うという話だが、ストレートにも受け入れられるよういろいろと腐心している。脚本は「フィアデルフィア」のロン・ナイスワーナー(ゲイであることをカミングアウトしている)。

    二人の愛を認めろという主張であるより、刑事として正義を守ってきた人間であることを主張した上で正義を求めるという具合に理屈で攻めてくるところ、刑事としての相棒(マイケル・シャノン)がストレートで白人だが人間としての信頼感の上に協力するという具合にストレートの人間の視座からアクセスしていること、ユダヤ人でゲイで口八丁手八丁の活動家(スティーブ・カレル)が政治的に利用しようとすることに反発しながら半身で協力するスタンスの取り方、など同性愛でない人間にも受け入れられるよう工夫している。

    そして問題解決を同情や金そのものであるより(シャノンが金を渡すだけだったら簡単だ、私が結婚して遺族年金を受け取ってから改めて本来のパートナーに渡せばいい、と言うシーンあり)、法制度と委員会の採決というよりパブリックな場に持ち出すのもアメリカらしい。

    もっともその割にアメリカでの受け入れられ方は好評とはいえないようで、トランプ大統領が誕生する前に作られたとはいえゲイフォビアが再燃しているらしいところにぶつかったのは不運だったのかもしれない。

    原題はfreeheld。freeholdだと
    「【法律, 法学】
    1不可算名詞 (不動産または官職の)自由保有権 《世襲としてまたは終身権として保有できる権利; cf. copyhold 1》.
    2可算名詞 自由保有不動産.」
    という意味になる。

    二人が共同で購入し手を入れていわば育ててきた家がこれにあたると思われ、この家をパートナーに残したいという意思が核の主張になっている。

    アメリカ人の家に対する思い入れというのはちょっと独特のものがあるのではないか。住宅の着工件数が大きな経済指標になる国というのはあまりない気がする。

    大詰めで採決を下す郡政委員会の委員の名前のパネルをいちいち大写しするところで名前の下に「FREE HOLDER」と書いてあるのが見え、アメリカの大原則であるところのfree、自由意志の尊重を伺わせる。

    製作費700万ドルの映画で出演陣はずいぶん豪華で演技者揃い。ジュリアン・ムーアの刑事らしさと同性愛者であること同居している役の表現、普段エキセントリックかおっかない役が多いマイケル・シャノンが一般人の寛容さを示す重要な役をやっていることや、同性愛者であることをカミングアウトしているエレン・ペイジがプロデューサーを兼ねていることは演技そのもの以上にひとつの主張になっている。

    刑事仲間が自分の有休を仲間に分けるという描写にちょっと驚いた。そういう制度があるのだね。

    同性愛絡みということで引いていた仲間たちが公聴会に集まってくる場面が感動的。感動的な場面をくどくど描かないで黙って集まってくるだけですべてわかるという作りはアメリカ映画らしい良さ。
    ip
    ipの感想・レビュー
    2017/03/27
    4.0
    主人公が同性愛者というだけで、特にLGBTに特化した話ではない。不当な扱いに立ち向かい一般の人と同じ権利を得ようとする話。

    多くの人の心を動かした様が表現されていたと思う。
    「俺はしばらく部屋に籠る。誰が出ていっても気づかない」男前過ぎるぜ。
    シロッコ
    シロッコの感想・レビュー
    2017/03/24
    2.8
    当然、悪い映画ではないし、嫌なところもありません。
    真面目に真摯に作られた映画だと思います。
    でも、それ以上ではなかったかなぁ。
    foxtrot
    foxtrotの感想・レビュー
    2017/03/09
    4.6
     仕事における相棒(バディ)と、人生における相棒(パートナー)。この公私における区別と隔たりと、その解消との描き方が秀逸なんだ。
    chappy
    chappyの感想・レビュー
    2017/02/21
    3.0
    エレンペイジがイケメンだった。車のタイヤ交換のところ。

    デーンも格好いい!ローレルをとても信頼して大事に思ってることがバシバシ伝わってくる。議会や警察署の仲間を説得してるところは感動した。有休あげる。

    自分の中でジュリアンムーアはこの頃、病人の役が目立つ。

    邦題は主題歌。
    nc
    ncの感想・レビュー
    2017/02/17
    -
    記録
    murph
    murphの感想・レビュー
    2017/02/15
    3.6
    思ってたより泣いてしまってハンカチ一枚消費した。
    互いを思い合う愛の強さを感じた、
    主演の二人だけじゃなくてね
    みずしーま
    みずしーまの感想・レビュー
    2017/02/09
    3.6
    年齢、性別全てを超えて二人で生きて行くことを決めた矢先に病に倒れるローレル。
    愛する人の為に病と闘いながら当然の権利を求め、制度改正を求め闘う。実話だそうで、ローレルみたいな人物がいたからこそ現代社会で同性愛などが認められるようになったんだな〜。
    れんや
    れんやの感想・レビュー
    2017/02/07
    3.7
    いいですねー。つい最近、レズビアンの知り合いがアメリカで同性婚が認められたことをツイートしていたのを見ました。自分は特に差別とかないので、逆にこんな最近にしか認められなかったんだって感じたのを覚えています。この映画ではその闘いが描かれているんですが、本当に険しい道だったんだってことがわかりました。自分は女でもないし、同性愛者でもないから、彼女達の気持ちはあんまりわからなかったです。理解はできないけど、平等に扱われないのはおかしいと思ったし、そういうところで悩んで苦しんでる人達は強いなって感じました。自分をしっかり持っていて、強い気持ちがあるから世界を変えられるんでしょうね。素晴らしいと思いました。人格者であることをみんな知っているからこそ彼女の為にと行動する周りの人達にも感動しました。
    実際の写真を見たときにジュリアン・ムーアはすごいと思いました。もちろん容姿がそれっぽい人をキャスティングしているとは思いますが、それでもここまで再現できるのはすごい!細かい表情なんかも上手いからもう演技に思えないですよ!
    自然に涙が溢れてきて、絶対に応援したくなる作品です!
    akanehira
    akanehiraの感想・レビュー
    2017/02/05
    3.0
    記録。


    ひとりで。
    泣いちゃったのを覚えてる。
    でも号泣ってほどではなくて少し苦しいくらい。
    >|