ボーイズ・ドント・クライの作品情報・感想・評価

「ボーイズ・ドント・クライ」に投稿された感想・評価

だいぶ前の鬱映画オールナイトで鑑賞

ヒラリースワンクがかっこいいわな
それ故にLGBTの彼女が精神的、肉体的に痛めつけられていくのが辛い
前半はキュンとするけど後半は地獄であった
杜和

杜和の感想・評価

3.7
同性愛の過去を知った気がした。同性愛者の迫害がこんなになっていたとは思わなかった。これまた人間味のある作品を観ることができた。
Mee

Meeの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

かつてここまで報われないLGBTを描いた作品はあっただろうか。

ゲイの場合はボコボコにされて終わりな事が多いけど、レズの場合はそれに加えてレイプがあるんだな…
自分の性をより一層自覚させられると同時に肉体的にも精神的にも大いに痛めつけられる悪魔の所業だ。
あんなに寄り添い、かばってくれたラナが冷静になってしまったシーンなんて物凄く胸を締め付けられてもう勘弁してくれ!!って感じだったのに命まで奪われるとは徹底的に報われない。
しかも実話て…もうやめてくれ…

『Boys don't cry』、『男なら泣くな』。
性自認が男である女は、泣いていいだろうか。
MizuKi

MizuKiの感想・評価

2.5
体は女性でありながら、男として生きる主人公を演じた、ヒラリー・スワンクが見事
魅入ってしまう
あと音楽が良い

しかし、ストーリーは個人的には良さがわからなかった…
差別と戦って恋をする、という感じを期待していたからかも
ふう

ふうの感想・評価

3.4
マイノリティを受け入れるなんて考えすらしない時代で もがく姿やむごい仕打ちが苦しくて痛くて、途中で何度もとめた
観終わった後しばらく胸が暗いものでいっぱいだった
うた

うたの感想・評価

4.0
自分もマイノリティだから観ているのが辛すぎた
今だって偏見はまだ根強いけど、同性愛も性同一性障害も何もおかしいことではないという認識が広まってきているだけましなのか
こんなひどい時代があったこと、そんな環境の中で戦った人がいること
そのおかげで今がある
Hanako

Hanakoの感想・評価

-
わざとでもわざとじゃなくても誰かが生きることの邪魔をしたくはないと思った。悲しくて悔しいような気持ちになった。覚える地名がたくさん。
7mi

7miの感想・評価

4.0
彼が女性であるということを認めざるを得ない出来事があって、その事が彼の存在を全否定することだからとても苦しい。
自分のことをいかれてるみたいに言うけど彼はおかしくない。
彼のアイデンティティをぶっ壊される様がとても辛かった。

少なくとも生きるという事は人を巻き込む。そこで誰かが傷を負うならそれは黙っていられないのはわかる。しかしやり方がどちらも強引で結果どちらか(どちらも)が壊れる。

自分を通す、という行為は、特にマイノリティの側は、生きる上でとても困難が付きまとう。それを曲げて心の奥に秘めたまま生きることが出来ない不器用な人に心を奪われる。もう少しうまくやれよ、でも、その気持ちわかるよ、みたいな。

ヒラリー・スワンク素晴らしかった。笑顔がとても印象的。
キュアーが流れた時、うわ〜〜〜やられた〜って思った。

映画で楽しかったりハッピーになりたい人にはオススメできない。

実話を基にしているから展開にフックがない。

でも、すごいいい映画だと思う。「私だって不完全だ」ってほんとそうだ。
>|