フィラデルフィアの作品情報・感想・評価

「フィラデルフィア」に投稿された感想・評価

うめ

うめの感想・評価

3.5
早くエイズや同性愛について何の偏見も無くなる世の中になって欲しいよね。そうすれば、誰でも自由に恋ができるもんね。そうすれば、きっと今より世の中には、愛で溢れるんだろうな。
【トム・ハンクスとデンゼル・ワシントンの安定感】
◉1994年度アカデミー賞主演男優賞(トム・ハンクス)、歌曲賞受賞。
トム・ハンクスの映画の中で3本の指に入る名作。私の中では『フォレスト・ガンプ』と甲乙付け難いほどトム・ハンクスの演技が光っている。
映画の内容としては、ゲイとエイズに対する偏見と差別を巡る法廷ドラマ。法律事務所を解雇されたアンドリュー(トム・ハンクス)は、その解雇の原因が自身がゲイであるということとエイズ感染者だからではないかと疑い、事務所を訴える。エイズに蝕まれていく彼の弁護をするのがデンゼル・ワシントン。まだ「接触によっても感染する」「ゲイたちの病気」といった間違った情報が蔓延していた時代。自分の人生には無関係だと思っていたエイズや同性愛と関わることになったデンゼルの意識的変化も見もの。
色白で痩せ細ってしまうトム・ハンクスが、最後の最後まできちんと人間として、法を愛する弁護士として生きる姿に涙が止まらない。彼をどこまでも応援する家族も最高に素敵。
matsu

matsuの感想・評価

3.5
弁護士の仕事って依頼人の利益を守ることってのは理解はできるんだけど、、
今でこそそんなヒドいことよく言えるわーって偏見とかあるけど、時代の流れにはなかなか逆らえんのかなーってのも思ったり。
それにしてもトムハンクスの主演男優賞納得の迫真の演技は見応えあり。
totoruru

totoruruの感想・評価

3.9
1993年の作品。

今よりもAIDSに対する知識が不十分で、同性愛に対する偏見が酷かった時代。

そういった時代にここまでAIDS患者への偏見・差別、そして人権に突っ込んだ映画を製作したことに感嘆である。

 
そしてベケットを演じたトム・ハンクスの演技が実に見事である。

弁護士時代の活き活きとした表情とAIDSが発症してからの憔悴した表情の落差が凄まじかった。

1994年の第66回アカデミー賞で、「父の祈りを」のダニエル・デイ=ルイス、「TINA ティナ」のローレンス・フィッシュバーン、「日の名残り」のアンソニー・ホプキンス、「シンドラーのリスト」のリーアム・ニーソンら錚々たる面々を抑えて主演男優賞を受賞したのも頷ける演技であった。

因みにトム・ハンクスは翌年も「フォレスト・ガンプ」で2年連続の主演男優賞を受賞していますね。


デンゼル・ワシントンの安定感もさすがで、二人の間の友情とも戦友とも思える空気感が良かった。


かつて在籍した弁護士事務所と闘うことを決意したベケットが、マスコミや世間に好奇の目で見られることを危惧して家族に相談するシーン。

家族の返答がとても暖かで優しく、こちらまでジーンとしてしまう。


極めつけはエイズで死から逃れることのできないベケットが、涙を流しながら自分が聴いているマリア・カラスが歌うオペラの歌詞の意味を説明するシーン。

トム・ハンクスの絶望感と孤独感を表しながらも、それでも希望を抱き闘い続けるという強い気持ちが感じられる圧巻のシーンでした。


残念だったのは、私が公開当時にこの作品を観なかったことである。

当時の自分がどう感じたか、いまこの時代がどれほど変わっているのか…

25年を経てのインプレッションの違いを味わえなかったことが、私事だが非常に悔やまれる。


テーマは思いですが、マイノリティの人権と法の正義を守るために闘う二人の男。

見応えのある法廷劇かつヒューマンドラマです。
トム・ハンクスの名演技が光りますね。
ベケットがミゲルに「僕は逝くね」はグッと来ましたね。
白畑伸

白畑伸の感想・評価

4.2
これは同性愛が議題の映画ではなく
法と正義の物語である、と感じた。
ラストは卑怯だな〜…
120%フルパワーで泣かせに来やがったぜ。笑
エイズとゲイに対する偏見と真っ向から立ち向かう法廷ドラマである。

トムハンクス演じるベケット弁護士はある日突然法律事務所から解雇される。そのころ既に彼はエイズの症状が顔に出始めていた。上層部はミスのために解雇したと言うが、ベケットは、そのためではなく自分がエイズだから解雇されたんだと推測し、ジョーミラー弁護士に依頼する。彼はゲイ嫌いだが、その話が本当ならば法が破られてると感じ弁護することになる。

肝心の法廷の内容だが、私自身あまり法廷ものを見たことがなかったので面食らった。結構個人的な話をするからだ。法律事務所側の弁護士はベケットに対して、明らかに同性愛者をいじめるような個人的すぎる質問をした。
エイズによって社会の不条理と真っ向から対立することになったベケットは本当に悲惨である。そして、肉体的にも精神的にもすり減っていく姿をみてとても心を動かされずにはいられない。

もっとも印象的なシーンはアリアのシーン。ベケットが生きる勇気をもらっているあるオペラのアリアについて語るのだ。その時のベケットの語り口、表情、光、それを見つめるジョーミラーの顔がなかなか忘れられない。
Meg

Megの感想・評価

4.0
2012年現在HIVと同性愛に対する差別がこの作品に描かれている程ひどいとは思えないが、もし身近にそういう人が居たら私はどうするだろうと考えさせられた。これのように社会問題を扱っている作品が時代錯誤になること祈っている。トム・ハンクスの徹底的な役作りが印象的。彼が出演しているものは安心して観られる♪またマリア・カラスがよく効いていた。
エイズ差別による不当解雇を掘り下げていったら、実は同姓愛者差別が根底にあって…という、根深い問題。
次第に病魔に侵されていくトム・ハンクスの役作りが素晴らしいし、正義の人であるデンゼル・ワシントンのあまり表に出さないけれど静かに心が葛藤している様もとてもよかった。
今はLGBTという言葉も定着して理解も進んでいるけど、この時代にこれだけの問題提起がなされたことはすごいことだ。今の理解も、彼ら先駆者がいたからこそだな。
とと

ととの感想・評価

3.8
重いし辛いけど見て良かった
こういうことが普通にあった時代というのは今見ても怖い
後半の病院はぐっと刺さるものがある…
>|