フィラデルフィアの作品情報・感想・評価

「フィラデルフィア」に投稿された感想・評価

A23

A23の感想・評価

3.5
大学時代のゼミの関係で鑑賞。
トム・ハンクスがうまい。デンゼル・ワシントンの事務所にHIVを発症したトムが訪ねてくるシーンがあるんだけど、その時の反応がリアルだなと思った。
アントニオ・バンデラスがトムの相手役で出ているけれどゾロ以外で彼が出た映画見たのこれくらいかも。
粉雪

粉雪の感想・評価

3.0
昔、見ましたね。実話を元にした映画は、どうも私にはハマりにくいみたいで、これも重いストーリーでテーマは素晴らしいと思いながらも、今ひとつ感動しきれなかった。トムハンクスの演技は素晴らしいのだけど。好みだと思います。
ヒルコ

ヒルコの感想・評価

2.8
今流行ってるゲイ系の映画とは違う感じが逆に新鮮かも。あくまでも法廷・法のあり方に焦点を当てる男らしい(?)骨のある作りです。
トム・ハンクス作品制覇目指し中!笑

『普通の人間が平等ではなく、人間は皆平等だ』

エイズで法律事務所をクビになり、不当解雇を受けたと訴訟を起こすストーリー。

『どんな問題にも解決策はある』
とトムは言うが、身体はどんどん蝕まれていき弱っていく。。。

自分まで病気になったような、どよーんと暗い気分なるけど、鑑賞後はなんだか活力が出てくるような作品だった!
ちよこ

ちよこの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

トム・ハンクスが出ていたらタオルを用意しようね、最後の病院で家族たちから声をかけられるどこら辺から大号泣だよ、トム・ハンクスはすげえ

同性愛、エイズを原因に不当解雇された弁護士アンドリューが戦う。もう内容はおわかりですね……
愛を恥じることはないんですよ、ニール・ヤングもエンディングで歌ってたでしょ、Philadelphiaいい曲すぎんか……

自分じゃどうしようもないことで責められたり貶されたりする系本当に涙腺くる。たまたま好きになる対象が同性ってだけなのに。まるで人間でないかのような。悪いことじゃないのに、自分を責めたりもしたんだろう。LGBTはほんとにデリケートな問題。日本じゃ今でこそテレビでそういうタレントが出たりして認知されてきたけど、公開当時の1993年なんてまだまだ偏見が強かったんだろうなあ。トム・ハンクス(アンディ)がどんどん痩せて儚くなっていくの辛かった。

弁護士ミラーが最初はゲイは嫌いで(最後まで嫌いではあったと思うけど)、エイズのアンディに触れなかったんですけどね、ゲイを馬鹿にするやつに怒ったり、最後のシーンではアンディの頬に触ってみつめる。その後アンディの恋人ミゲールとも抱き合って対等な関係を結んでいるのがわかる。ミラーだってこういう問題がたまたま身近にあらわれたから偏見をなくせただけで、関わるきっかけがなきゃ認識を改めるのは難しいよね。そういう問題があることを知っていても、知り合いじゃなきゃ他人事だし。

アンディはエイズで人より短命だったかもしれないけど、素敵な人たちに囲まれて、みんなに愛されながら逝くことができたんだよ、すごく幸せじゃない?エンディングのお葬式?お見送り?シーンも誰も不幸そうじゃない。みんなアンディの話を楽しそうにしてるんだなって。あ~アンディは精一杯生きたんだなって思った。

あとオペラのシーン。ミラーとアンディの間にはやっぱりゲイとノーマル、HIV患者と健康な人っていう溝があったと思うんだけど、マリア・カラスのアリア(曲名あんまりわかってない)をアンディが泣きながら歌うように解説する。これでミラーはアンディのことを「自分とかわらない人間なんだな」と受け入れたように見えるんですけど、どうですかね

唯一クソだなーと思ったのはこれが実話を元にしていて、遺族から著作権的なことで訴えられたと知ったことですね(台無し)
hisako28

hisako28の感想・評価

5.0
社会にはびこる差別や偏見がなくなることを祈るばかりです。
トム・ハンクスが若く、素晴らしい演技をしています。
全く飽きない2時間

決して派手な演出が無い法廷もの
且つ ある病気を取り扱った
重いストーリーだが、
役者の演技力や
独特のカメラアングルで、
全く飽きさせない内容になっている。

トムハンクスの
オスカー初獲得が有名だけど、
個人的にはデンゼルワシントンの
目の芝居が 好きだなぁ〜
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.7
トムハンクスに圧倒されました。当時のエイズに対する情報が錯綜している様子が描かれ興味深く観させていただきました。
みつ

みつの感想・評価

3.9
民事裁判の勉強のつもりで見たけど、それ以上に深い映画。トム・ハンクスの演技が凄い。
差別と権利の法廷ドラマ。愛より名誉。デンゼルには珍しい世馴れた男で、それが異種間タッグで勝利を掴むあのアイコンタクトが素晴らしい。またセリフを碌にもらえないバンデラスが愛溢れる色っぽい恋人を演じて場をさらう。メアリー・年を取らない・スティンバージェンのお嬢弁護士もいい。トム・ハンクスがオスカー受賞のスピーチで恩師がゲイであることをバラし『IN&OUT』が作られたのでそちらも合わせて。
>|