ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:123分
    監督
    ジェフ・ニコルズ
    脚本
    ジェフ・ニコルズ
    キャスト
    マイケル・シャノン
    ジョエル・エドガートン
    ルース・ネッガ
    マートン・ソーカス
    ニック・クロール
    ビル・キャンプ
    デヴィッド・ジェンセン
    あらすじ
    ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

    「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・レビュー

    ゆう
    ゆうの感想・レビュー
    8時間
    4.0
    控えめ。もちろん今までのジェフ・ニコルズっぽさも控えめ。でも根底にある人間らしい部分はしっかりと捉えてる感じが彼の作品らしかった。普通と変わらない生活を送ってる人たちだからこそ、ドラマチックな演出はいらないのかもしれない。
    今回もマイケル・シャノン、出るのはちょっとだけどいい仕事!
    Me
    Meの感想・レビュー
    13時間
    3.6
    2017/03/22
    chika
    chikaの感想・レビュー
    16時間
    3.5
    主人公2人を表している様な寡黙な作品。
    題材を聞くとドラマチックな愛と葛藤の物語なのかと思ってたので期待とは違ったけど、この静かさが素晴らしい。幾らでも派手に出来たであろうストーリーだけどそうはしなかったこの監督好きになりました。
    「ラビング」と言うタイトルに納得。これはラビング夫妻の作品。


    故郷を愛し自然を愛する奥さんが美しかった。
    稲泉元己
    稲泉元己の感想・レビュー
    17時間
    2.9
    LOVE LOVE LOVE YOU I LOVE YOU
    c
    cの感想・レビュー
    21時間
    2.5
    03/22/17
    けまろう
    けまろうの感想・レビュー
    1日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    『ラビング 愛という名前のふたり』鑑賞。ヴァージニア州の白人リチャードと黒人ミルドレッドが夫婦となり、異人種間結婚禁止法の違憲判決が出るまでの物語。「アメリカ史上もっとも純粋なラブストーリー」という触れ込みの通り、ふたりの純真さが胸を打つ作品だ。あくまでもふたりの関係性を描くことを重視しており、裁判の件はかなり端折られて描写される。事実、ラビング夫妻は深く肩入れすることはせず、最高裁での判決も聞かずに家で普段通り家族と過ごすのだった。リアルだったのが、電話で弁護士から勝訴の連絡を受けても、特に強い喜びを示さない姿だ。彼らにとっては、どんな形であれ「愛し合うものが結婚する」ことは当然のことであるからだ。それが違法である事実が異常だったわけで、夫妻には(とりわけリチャードには)裁判に対する執着がまるでない。それは繰り返される「俺が守る」という言葉からも読み取れるだろう。リチャードにとっては、法律が違憲であろうとなかろうと、何よりも自身で愛する妻と子供たちを守ることが最優先事項だったからだ。そうした夫の姿を見て、妻のミルドレッドは夫に従うわけであるし、リチャードの死後「夫に守られた」と感慨深く語るのだ。
    あくまでも「ふたりの物語」であることが強調されたプロットで、裁判云々の話は物語の一部にしか過ぎない。そのせいか、濃密な雰囲気を持ちながらも、ドラマ性や盛り上がりに欠ける印象だった。裁判に焦点を当てても非常に面白そうではある。
    Amuro
    Amuroの感想・レビュー
    1日
    3.0
    実話映画あるあるの後日談と実際の写真。ズルイよ、それは泣くよ。それまで全然ノレてなかった私でも泣くよ。いい映画なんだけど単調すぎるというか、「コクソン」と2本立てで観た私が悪い。
    ウォーリー
    ウォーリーの感想・レビュー
    1日
    3.9
    どこかのレビューで読んだのだけれど、本作でジェフ・ニコルズ監督は意図的に観客が共感するカタルシスを排除しているので、ストーリーだけをなぞると特に驚くようなことは何も起こらない。
    裁判での劇的な判決も、隣人からの執拗な嫌がらせも殆ど描写されない。

    観賞後は「随分あっさりとしているなぁ」と感じたが、考えてみると実世界の自分の暮らしも大半は何も起こらず、毎日がただ過ぎ去っていくだけである。だからと言って、それが退屈だとは思わない。

    過剰なドラマがなくても、生きることの、人を愛することの素晴らしさを静かに教えてくれる佳作。
    yuriss
    yurissの感想・レビュー
    1日
    3.8
    記録用
    kumiko
    kumikoの感想・レビュー
    1日
    4.1
    黒人であろうが白人であろうが、そんなことは関係ない…
    ただひたすらに妻を愛し続ける!
    そんな変わらない二人の当たり前が世界を動かすきっかけになる実話。

    最高裁判所で何か発言したいことがあるかという問いに、リチャードが言ったセリフが胸を刺した❕❕
    >|