ラビング 愛という名前のふたりの作品情報・感想・評価

ラビング 愛という名前のふたり2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新…

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・評価

月

月の感想・評価

3.5
見終わったあと何か物足りない感はある。
終始台詞が少なくて淡々としてる。
最後の最後で眠くなってしまった......
見る価値はあるし、実話を題材としているためメッセージ性は強い。
yuri

yuriの感想・評価

3.9
セリフが少ないけど、2人の表情、行動から愛を感じた。
今ではあたりまえのことが、異人種間での結婚が認められなかった時代。ラビング夫婦と夫婦のことを世に訴えようとした弁護士が異を唱えたから今があるんだなと。
wakaba78

wakaba78の感想・評価

3.3
異人種間の結婚が禁じられており、夜中に踏み込まれ逮捕され檻に入れられる時代があったんですね。
神に背いた行為だと、大罪を犯したように言われたり。
メディアが正しく働くとすごく大きな力になる。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.5
こんな時代があったことを映画を通してやけど知れて良かったな〜〜。
実際のラビング夫婦の写真を見たら胸がギュッとした。
映画としては、うん。
mizuki

mizukiの感想・評価

3.0
判決が出るところを見たいのだよ
E

Eの感想・評価

3.3
セリフが少なくて驚いた。
ストーリーが複雑でなく、
伝わりやすい映画だと思う。
異人種間の結婚で逮捕されてしまうなんて昔は大変だったんですね。

ザ·ギフト、ウォーリアーと最近ジョエル·エドガートンよく見ます。
O

Oの感想・評価

3.5
異人種間の結婚が禁じられていた時代。
愛し合っている夫婦を引き裂こうとする
運命は突然に訪れます。

異人種間の結婚は犯罪を犯しているかの
ように扱われ、監獄に入れられる。
婚姻関係であることを隠し、
公の場でパートナーを紹介する
ことすら叶わない。
そんな事が当たり前のようにあった
ことなど現代では考えられません。
しかし、現実にそんな時代が存在したのです。

"神に背くな、自然の理だ"
異人種交配が否定されてしまえば、
人類の歴史はなかったものになる
というのに...彼らは何を
守りたかったのでしょう。

夫は慣れない土地で必死に適応
しようとするも、妻は窮屈な暮らしに
耐えられずにいる...人種間の問題が、
いつしか夫婦の思想の違いにすら
なり兼ねないという事実に
複雑な気持ちになりました。
しかし、夫はあくまで妻の意向を
大切にする...その姿勢に不器用な
彼の愛と故郷から離れさせなければ
ならなかった妻への罪悪感を感じました。

人権派団体に弁護士を紹介されても、
所詮彼らは"差別される側"ではない。
その溝を超えての理解を得るのは
容易なことではありません。
それでも、"差別される側"を理解
しようとする人々がいるのも事実です。
あまり気乗りしない夫につれない態度を
取られても、彼らは弁護士の仕事を、
信念を貫くのです。


最後、未来を誓い合った際に買った
土地に、ようやく家族のための家を
建てる事が出来たシーンは
感慨深いものがありました。
法律は人間を守るために存在し、
時に、人間を縛り付けるものでもある。
人間が作ったものだからこそ、間違いもある。
だからこそ、私たちはその整合性を
考え続けるべきなのだと思いました。
法廷ものというよりもラビング夫妻の日常にフォーカスしていたのだが、夫妻の関係性の好感度が高かったため、とても感動した。キャラクターとしての寡黙男性は基本的に苦手なんですが(例:ブロークバックマウンテンのイニス)、ラビング夫に対しては上限ぎりぎりまで好感度が上がってしまった。奥さんをきちんと愛して尊重していることを態度や行為で示してるし大事な場面では言葉でも示してる……信頼できる……。ラビング妻も一見大人しそうだけど行動力もあるし賢明なひとで、地縁もあるし人徳もあるし素敵だった。

アメリカ自由人権協会(最近だと、現米大統領が入国禁止令を出したときに裁判で無効にした団体)が出てきてびっくりした。このころからあったのか! ケネディ大統領(当時はまだ司令官)が関わっていたのも驚きだった。

この映画に出てくる差別描写、住む場所が制限されたり人の目が気になったりという間接的なものがほとんどなんだけど、それがとても理不尽かつ辛いものであることがわかってよかった。やっぱり「嫌なら出て行け」は理不尽な言葉だな……。
マーチ

マーチの感想・評価

3.9
【下半期鑑賞映画寸評:2017】
《結婚は生得権である》

愛を引き裂く法があった時代の実話。

そもそも異人種間の結婚が禁止というバカげた法律があったこと自体が腹立たしいし、“自然の理”だとかふざけたことを言って最低な法の下に警官👮が職権を横暴に用い、夫婦の愛を引き裂こうとしていることが気にくわない。

幼い頃から一緒に生まれ育った故郷を捨て、止むを得ず異人種間の結婚が禁止されていない州へと移ることになるラビング夫婦。仕事に就き、土地も買って既に家を建てることまで決めていたのに、無残にも故郷から出ることを余儀無くされてしまう…両家とも愛する家族が故郷に居て、ただ一緒に居たいだけなのに、家族や家を残し、出ていかなければならないのがどれだけツラく、悲しく、不安だったか。

子供たちを安全に育てるため、故郷の近くに危険を承知で戻った後も常に逮捕や中傷による嫌がらせに怯える日々。
そんな中でも、異人種間の結婚が禁止というふざけた法律を失くすため、10年以上も裁判を続けて安心して家族で暮らせるようになる日を願うラビング夫婦に胸が熱くなる。また、その裁判を支える二人の弁護士がほんとにいい人たちで、夫婦が断ることを無理に強要してまで目的を達成しようとはしないし、常に夫婦の側に立ち、寄り添って伴走している様子が弁護士とクライアントのあるべき姿を表していて素晴らしい関係性だった。特にコーエン弁護士は顔芸で分かりやすく心情を伝えてくれるので笑えるし、引くとこは引いて着実に目的を果たすため歩みを進める人だったので、こんな優しく才能ある弁護士に出会えたラビング夫婦は本当に幸せな夫婦だったんだなと感じました。

夫役のジョエル・エドガートンは一見強面で、常に仏頂面のくせに重要なポイントでは必ずいい表情するのでほんとズルいなと思いました。笑 わざとやってるのか、演技だから緩急つけてるのか判断つけ難い感じに上手いこと仕上げたエドガートンはさすがです。後半に酒場で、ラビングの表情をじっくりと映すシーンがあるのですが、そこは滅茶苦茶良いので見逃さないように!

映画の肝となる重要なセリフなので敢えて伏せますが、ラビングがコーエン弁護士に告げた最高裁判事たち👨‍⚖️👩‍⚖️に伝えて欲しい言葉が感動的で、エドガートンの間の取り方の上手さも相俟って涙が溢れました。ラビングは妻の言うことには一切反対しないし、ツラい顔も見せず常に家族のことを考えているような真面目な人で、だからこそ最後に明かされる現実のラビングのその後が衝撃的過ぎて思わず唖然としました。そんなことあっていいのかと。

あと好きなシーンを選ぶなら、呼び鈴が鳴った時に赤ちゃん👶がスッと振り向くシーンが前半にあるのですが、その時の赤ちゃん🚼の顔に是非とも注目していただきたい! 滅茶苦茶キュート😻💕で癒されるので!!笑

淡々と日常を描きつつも、その中で常に付き纏う不条理が悲しく、時に胸を締め付けられるのですが、ただ家族で一緒に居たい、安心して暮らしたいと願ったラビング夫妻が世の中を変えたことが必然のように感じられて、深く感動しました。一瞬しか出てこないマイケル・シャノンがやたら記憶に残るほどいい雰囲気を醸し出して去っていくので、シャノンファンは優しいシャノンを拝むために是非とも観て下さい♪ 笑


【p.s.】
下半期に突入しましたが、上半期鑑賞映画のレビューをまだ消化しきれていないため、下半期鑑賞映画も一部は寸評で投稿していきます。

いつもとは違い、極々短いレビューで投稿しています。暇があれば付け加える予定です。

従って、いつもの【映画情報】等もカットさせていただきます。

*詳しくは2017年7月3日に投稿している《『ローン・サバイバー』評》内の【p.s.】をご参照下さい。
>|