ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:123分
    監督
    ジェフ・ニコルズ
    脚本
    ジェフ・ニコルズ
    キャスト
    マイケル・シャノン
    ジョエル・エドガートン
    ルース・ネッガ
    マートン・ソーカス
    ニック・クロール
    ビル・キャンプ
    デヴィッド・ジェンセン
    あらすじ
    ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

    「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・レビュー

    さまよえる電気ひよこ
    さまよえる電気ひよこの感想・レビュー
    1時間
    3.9
    静かでしっかりとしたよい映画。

    家族と分断されてワシントンで暮らすようになった夫婦が描かれているのも丁寧に描かれていてよかった。法廷シーンの描写は極力抑えられていて、あくまで2人の様子を描くことに注力しているというか。

    いま当たり前のように思われていることのために尽くされたことに触れられてよかった。終わり方も良い。
    イワシ
    イワシの感想・レビュー
    18時間
    3.4
    ジョエル・エドガートンが家の外で大工仕事をしているショットにつづき、ルース・ネッガのミシン仕事につなげるリズムが良い。後者のシーンでも前者の音が聞こえる。砂埃を巻き上げながら疾走してくる車をとらえたロングショットに、マイケル・チミノを思い出す。
    うらぺるを
    うらぺるをの感想・レビュー
    2日
    3.7
    去年「ギフト」観てから気になるアイツ、エドガートン主演。
    そのジャガイモフェイスの魅力を生かし、朴訥な男を演じてる。
    ただ映画全体も割と朴訥な感じ。ドラマチックにしようと思えばいくらでもできそうな題材を意図的に抑えて演出してるような。
    実話ベースの話なのでこういう演出のほうがリアルな気もするけど、当方濃い味付けが好きなものでちょっと物足りなかった。

    あと奥さんが子ども育てるにはこの家は狭すぎると言った家が日本人から見たら充分広くてカルチャーショック。

    エンドロールの実際の夫婦の写真がとても素敵。
    peter
    peterの感想・レビュー
    2日
    3.0
    英語がわからない
    Shiren
    Shirenの感想・レビュー
    4日
    4.2
    ・実話ベースの映画ではよく見る場所と時間のスーパー表示を入れていないので、米国人以外は予備知識が無いとこの物語がいつ頃起こった出来事なのかわからないが、この演出のおかげでそんなに昔の話じゃないと強調されている気がする。(実際に最高裁の判決が出たのは今から50年前)
    ・ある日突然、保安官が寝室に突入して二人を逮捕する日までなんとなく違和感は感じるものの直接的に人種差別が行われているような描写がない。この演出のおかげで異人種間結婚禁止法が如何に酷い法律であるかがよくわかる仕組みになっている。
    ・この映画は相当史実に忠実に作られているため、ハリウッド映画にありがちな派手な出来事は一切おこらない。そのおかげでこの二人は法律を変えたいとか、差別撤廃を訴えたいとかそんな大それたことをするつもりはなくて、ただただ二人故郷で仲良く暮らしたかっただけなのがよくわかる。
    ・オスカーにノミネートされた妻役のルース・ネッガも素晴らしいが、夫役のジョエル・エドガートンの愚直で口数が少ないがとにかく妻を一図を愛し続ける演技に泣かされる。エピローグは本当にヤバいので涙腺が弱い人はハンカチ必須。
    Junsei
    Junseiの感想・レビュー
    5日
    5.0
    実話やから ケチつけるところないよね。黒人と白人の結婚が罪になる時代があった、という事実にただただびっくり。
    最初のミルドレッドから「妊娠したの」って告白したされた時のリチャードからは嬉しさとともに 戸惑いも感じられた。
    終始胸いっぱいだった。
    人種もそうやけど結婚を望む人同士が結婚できる世の中になっていくといいよな〜
    男の中の男!なリチャードの涙、いろんな思いが詰まってました。
    fj
    fjの感想・レビュー
    5日
    3.0
    異人種間結婚が認められていなかった時代を描いた一作。

    作品の雰囲気は悪くないと思うし、最後のエンドクレジット直前の写真や本人についてのその後の情報も作品の意味に重みを付けてくれてる。

    ただ、言うほど主人公夫婦が法律是正に苦労したように描けていたか微妙。どっちかっていうと、弁護士の力が大きかったように見えてしまった。もちろん実際は夫婦の尽力が大きかったんだろうけど。
    みち
    みちの感想・レビュー
    6日
    4.3

    大阪ではタイミングが合わず観れなかった。ちょうど今帰省中に高松で上映していると知り久々にホール・ソレイユに行ってきた。

    反異人種間結婚法を違憲とする裁判を起こしたラヴィング夫妻のお話。白熱した裁判ではなく、ラヴィング夫妻と家族に焦点があてられていた。リチャードとミルドレッドの間にあるのはお互いと家族に対する愛のみ。一家の姿はすごく自然で、2人の結婚が犯罪とみなされているのは全くおかしな話だとすぐわかる。一家を見てこちらも幸せな気分になってきた。

    印象的やったシーン

    2人がバージニア州を離れるときに車が走っていた道は、道の向こう側が黄色(麦?)でこっち側が緑色(何か不明)ではっきりと別れていた。
    子ども3人と共にバージニア州に戻ってきたときは、道の向こう側もこちら側も黄色と緑色が混ざった色をしていた。
    一体何のことや?と思われた方はぜひ映画を観てみてください(^ω^)
    yuki映画海外ドラマ
    yuki映画海外ドラマの感想・レビュー
    2017/05/19
    3.3
    白人と黒人の結婚が禁じられていた時代にラビング夫婦が国を動かしたお話し。
    人権活動家でも何でもない労働者階級のごく平凡な夫婦が主役。裁判シーンや迫害描写も少な目で夫婦の日常を淡々と映し出す。

    夫役のジョエル・エドガートンが良かったな。
    故郷で子供達を育てたいと望む妻を尊重し法律違反も厭わない。権利を熱く語るわけでもなく、日々煉瓦職人の仕事に精を出す無骨な佇まいが良い味出してた。
    >|