ラビング 愛という名前のふたりの作品情報・感想・評価

ラビング 愛という名前のふたり2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新…

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・評価

Tekon

Tekonの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

1958年。人種差別の強い時代。
物静かな白人男性のリチャードとおしとやかで可愛らしい黒人女性のミドルレッドは、ただ恋をして、子供を授かった。だからリチャードはミドルレッドに求婚した。

ただただ普通に夫婦として暮らしたかった。自分たちの故郷で。それが許されない時代。しかし彼らは諦めず、戦うことにする。ラビング夫妻はワシントンDCで結婚式をあげ、故郷であるバージニア州に戻り生活をした。しかしそれは違法であり、刑務所に入れられることに…。

とても感動しました。物語は静かにすすんでいき、時がすすむにつれ、子供たちの成長を感じながら、10年という月日がたってもなお彼らは捕まるかもしれないという不安の中で生活をする。リチャードは、職場で嫌がらせを受ける。

なんという時代なんだろうか。しかもたった50年ほど前のことである。今では肌の色の違いで結婚してはいけないというのはないけれども、昔はそんな法律があったのだ。
最後は裁判に勝ち、ラビング夫妻は故郷であるバージニア州に買っていた土地に家を建て住むことになる。

しかし最後の、リチャードは裁判に勝った7年後に事故死してしまう。ミドルレッドは再婚せず、ずっとその家に住んだとあった。なんという安心して暮らせた時間が7年。人はどんなタイミングで死に直面するかわからない。だからこそ、挑戦する心を忘れてはいけないなぁと感じました。
そして、ラビング夫妻の愛を感じました。

観れてよかったです。

No.189
守株

守株の感想・評価

4.5
今あるアメリカを作ったのは過去の誰かの闘いだった、という系統の映画と見せかけて、そういった「物語」に対して静かに、でも明確にNOを突きつける映画。
戦いはあくまで暮らしを守るため。その戦いそのものが「暮らし」を壊すなら、戦い自体拒否する。そういうラジカルないしに貫かれてる。
DVD鑑賞。問題を投げかけて来る素晴らしく美しい作品だと思うけれど、地味なので集中力が持たずDVDには不向き。
まさかの日本語吹替があったのはありがたかった。

このレビューはネタバレを含みます

みるまで奥さんの印象が強かったけれど、旦那さんめちゃめちゃいい人。
yuko

yukoの感想・評価

3.8
2017.11.14 DVD

不条理なことに耐えてコツコツとレンガを積む旦那さんと、優しく気高く美しい奥さん。
裁判の日、裁判所に行かずいつもの通り暮らす一家の姿が素敵だった。

この映画が実話に基づいていることをラストで知った私。
2人のソファのシーンの実際の写真を見て涙。
mimo7391

mimo7391の感想・評価

3.9
はじまりは、なんとなくただの恋愛感情だけなのではと感じたけれど、観ていくにつれてふたりのとても深い愛情を感じることができました。
ノブ

ノブの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

実話。
静かにストーリーが流れるが、なにか起こる前触れの表現がぞくっとする。
kentaro

kentaroの感想・評価

-
不吉な予感を抱かせるのがとにかくうまい!

それだけで映画が推進していき、最後には予感だけが残る。
Loving day。
6月12日がこんなにも意味のあるものだなんて、知らなかった。
(しかも、名前がラビングなんだもの。なにかの運命を感じずにはいられない。)

今や当たり前のことが、当たり前じゃない時代があった。しかもほんの少し前まで。

こんなストーリーが本当にあって、この二人、家族、周りの人たちの行動があったからこそいまがあるんですね。

映画を通して、特に気に留めたこともなかったことをこうしてじっくり考えられる。

自分が死ぬまでに知らない、こんなことがたくさんあるんだろうな。そういうことを映画を通して知ることができるのは素敵だなと思います。
結城

結城の感想・評価

4.1
肌の色が違うだけでどうして結婚できないのか、今では考えられないことですが、昔の人はそれに従っていた。そんな時代に生きたラビング夫妻の勇気と、2人のゆるがない愛に、胸が熱くなりました。
リチャード役のジョエル・エドガートンは悪役のイメージしか無かったのですが、こういう愛の深い役も良いなぁと思いました。
黒人妻の女優さんがとっても綺麗。
>|