ラビング 愛という名前のふたりの作品情報・感想・評価

ラビング 愛という名前のふたり2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新…

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・評価

えみ

えみの感想・評価

3.5
異人種間での結婚が認められない州で、愛し合う夫婦の物語。
激しく法と戦う姿ではなく、ただ互いを愛し家族を守りたいと願ったふたりを描写している印象。
セリフよりも目が語る演技がよかった。

監督の作品が好きだなぁと改めて感じた。
ずっと観たかった映画。

異人種間結婚禁止法。
そんな法律が60年前のアメリカ、バージニア州には存在した事実。

自然の理(ことわり)に反する。
混血児を増やしている。

耳を疑いたくなる言葉が並ぶ。

1958年アメリカのバージニア州で大工のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は恋人のミルドレッド(ルース・ネッガ)から妊娠を告げられ、結婚を申し出る。2人は異人種間の結婚が法的に認められているワシントンD.C.で結婚。しかしある晩、自宅に乗り込んで来た警官に逮捕されてしまう。結婚を解消するか、執行猶予として25年間州外退去するか。愛を貫く2人の決断とはー。

これは声高に権利を主張する映画ではない。

リチャードその人が無骨で不器用な性格。そんな彼だから、この映画は驚く程静かだし、物語は淡々と進む。しかしジョエル・エドガートンの役作りが見事。来る日も来る日もこつこつと煉瓦を積み上げていく様子は、ただ静かに愛を積み重ねていく様だ。

妻ミルドレッドは時に思い切った行動力を見せるが、常に夫に従う良妻。演じるルース・ネッガが魅力的。

この主演2人が、愛する夫婦を確かな演技力で魅せてくれる。

大きな展開はないものの、バージニア州に戻ってからはいつ逮捕されるかわからない緊張が張り詰める。3人の子ども達に恵まれた彼らは一見幸せそうだが、結婚自体が違法であるとされている為、心休まる時がない。

権利を奪われる事は、息が出来ない様な苦しさなんだと知る。

自由って素晴らしい!!

アメリカの歴史を大きく変えたのが、この素朴な一組の夫婦だったなんて。静かでも確かな感動が味わえる良作でした。

あ!チョイ役で出ているマイケル・シャノンがまたいい味出してるって事も付け加えておきます。
がい

がいの感想・評価

3.8
プロデュースはコリンファース
クレジットではand扱いのシャノンさん
登場時間約3分
シャノン映画『テイクシェルター』『MUD』『ミッドナイトスペシャル』のジェフニコルズ監督作品
監督からマイケルシャノンへの愛情がムンムンムンムン感じられる3分間
最後は「あなたは黙ってていい。じっくりキミの演技を見せてくれ」感がハンパない
シャノンさんは雑誌記者役 この大事な役柄がそれを物語っている
マイケルシャノンは特別扱い ありがとう監督!!
黒縁メガネのシャノンさん スーパーマン役もイケるんじゃない?ん。無い。
人権って何?考えさせられる映画。
でも、その時代時代で声をあげた人がいるからこそ少しずつでも世の中が変わってきたのだと映画を通して歴史を知る事ができた。
静かに愛を貫き通した夫婦の視点も素晴らしいけど若手弁護士からの視点だとどう物語が広がっただろうとかと思います。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.9
静かだけど強い意志が感じられる映画。愛ってこういうことなんだなあ。
異人種間結婚が許されない時代にこの夫婦が闘ってくれたから今がある。だけど、それを英雄気取りしない、ただ愛を捧ぐ夫婦が美しい。RainDog制作。
Makoto

Makotoの感想・評価

3.0
実話なんだから仕方ないのかも知れないけど
フィクションとしては良いけど
映画としては残念
Shin

Shinの感想・評価

3.9
こんな純粋だとは思わんかった。
愛の普遍と偉大さとパワー、当たり前であることの凄さを感じられる。
エドガートンの抑えた演技効いてる。
Luna

Lunaの感想・評価

4.3
マイケルシャノン(カメラマン)の出番が少ないのは残念なんだけど、
最後にでた本物の写真は凄く素敵だった。
世界を変えた“loving”っていう名前、きっと忘れない。演出も良くて好感がもてる。
ゆき

ゆきの感想・評価

2.8
異人種間の婚姻禁止って、浅い考えだよねー。
いつまでこんな法律があったんだろう!
愛し合うふたりには、裁判や逮捕、さらには最高裁だって関係なく、限りなく長い時間、ふたりだけの普通の夫婦生活がゆっくり流れていく。
たとえ法律が変わらなくても、このふたりはずっと愛し合っていったんだろうなーって思う。
kwsmhkt

kwsmhktの感想・評価

-
あくまで静かに物語を進めたのは良いと思いました。つか旦那さん役のジョエル・エガートンが良い、凄く良い。
こういう話がまだ映画のネタになるぐらい、彼の国ではまだまだある、ということなのかねえ…
善人マイケル・シャノン。
>|