ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:123分
    監督
    ジェフ・ニコルズ
    脚本
    ジェフ・ニコルズ
    キャスト
    マイケル・シャノン
    ジョエル・エドガートン
    ルース・ネッガ
    マートン・ソーカス
    ニック・クロール
    ビル・キャンプ
    デヴィッド・ジェンセン
    あらすじ
    ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

    「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・レビュー

    NZRK1
    NZRK1の感想・レビュー
    1日
    3.8
    20170425 シネモンド
    SeanbySean
    SeanbySeanの感想・レビュー
    2日
    3.3
    過りが正され人権が認められた素晴らしい出来事なのに、
    旦那さんのテンションのせいか
    打ち勝った感が薄い
    デコ
    デコの感想・レビュー
    4日
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    どんな素敵なラブシーンよりも彼の愛の深さが伝わる映画。

    描こうとすればどれだけでもこの歴史的な裁判をドラマティックにすることが出来るのにそうせずにただただ、守るべき穏やかで愛のある生活を描くのみに徹しているところがいい!
    彼ら夫婦も人権問題とか詳しいことはわからないが、自分達が故郷で家族と暮らせたらそれでいいと思っている。これってリアルかも。
    普通はそう描かないよね。だから見ていてある意味意外だった。

    それでもそこにスポットを当てないだけで黒人の人権デモや、ヴァージニア州の人種差別が数シーン描かれるだけで当時のアメリカの差別や世情が伝わる作りになっているのは上手い。

    ルースネッガがアカデミー賞にノミネートされてたけど、それよりもジョエルエドガートンのベストアクトだと思う!
    彼が演じる寡黙で素朴な男。笑顔も言葉も少なく感情を表に出さない。そんな彼のたった一言「妻を愛してる」には胸を突かれた。
    思わず涙が出そうに…。

    いやあ、愛の言葉は無駄打ちするよりも響くってホントだね。
    地味といえば地味だけど素敵な映画でした。
    miku
    mikuの感想・レビュー
    4日
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    今となってはなかなかの事件だと思うんだけど、淡々と静かに進む物語だった。

    登場人物のほとんどが感情を抑え込むタイプで、あまりセリフは多くないんだけど、それを実力派俳優たちが見事な演技でクリアしていて素晴らしい。

    ジェフ・ニコルズのストーリーテリングも美しくて見入ってしまった。

    愛に支えられたこの夫婦の名前が"Loving"というのがもう既にグッときますよね。そしてリチャードが早くに亡くなって、そのあとミルドレッドは誰とも再婚せずに生涯を終えたという純愛が本当に素敵で、まるでフィクションのような結末に余計グッときちゃって大変。

    ほわって現れて去っていったマイケル・シャノンの味もよかったが、リチャードのお母さんの存在がなんともいえない。異人種間の結婚に思うことはあれど、息子と恋人のことを思って何も言わずに支える無口な母……、あんな母親になりたいものです。
    ずっさん
    ずっさんの感想・レビュー
    4日
    3.9
    これが、僅か60年前の話だとは…
    まだ異人種間の結婚が許されてない!
    神に背く行為?人種差別感あり!
    実話ベースでラビング夫妻が裁判でこの法律を覆す。
    でも、戦い(裁判)に重きを置かず、只一緒にいたい・守りたい方に焦点を当てて穏便に愛を育んでいく心の強さが良かったかな(๑^^๑)
    gnz
    gnzの感想・レビュー
    5日
    3.7
    小さな存在でも、大きな事を成し遂げられるんだなと。
    淡々と話が進むけど、なるほどなと。
    タラコフスキー
    タラコフスキーの感想・レビュー
    5日
    3.7
    ストーリーは淡々として抑揚がほとんどなく、そこらへんで他のジェフ・ニコルズ作品に劣るかなと思ったところもあるけど、国ぐるみの差別に負けず逞しく生きていく主役の異人種家族に力強さを覚え、それだけでもこの映画は評価に値するし、他の受賞作よりよっぽどカンヌで賞が与えられるべき映画だったのではと思う。(男優賞、女優賞、監督賞のどれかは与えるべきだった)
    Wicket
    Wicketの感想・レビュー
    6日
    3.8
    2017.4.20
    tokiorhythm
    tokiorhythmの感想・レビュー
    2017/04/19
    4.1
    Rec.
    ❶17.04.19,アミューあつぎ映画.comシネマ
    ルイージ
    ルイージの感想・レビュー
    2017/04/19
    3.4
    黙々と煉瓦を積むが如く。
    >|