ラビング 愛という名前のふたりの作品情報・感想・評価

ラビング 愛という名前のふたり2016年製作の映画)

Loving

上映日:2017年03月03日

製作国:

上映時間:123分

3.7

あらすじ

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新…

ずっと、そばにいた。ずっとそばにいたい。 大工のリチャード・ラビングは、恋人のミルドレッドから妊娠したと告げられ、大喜びで結婚を申し込む。 時は1958年、ここバージニア州では、異人種間の結婚は法律で禁止されていた。だが、子供の頃に出会って育んだ友情が、愛情へと変わっていったリチャードとミルドレッドにとって、別れるなどあり得ないことだった。二人は法律で許されるワシントンDCで結婚し、地元に新居を構えて暮らし始めるが、夜中に突然現れた保安官に逮捕されてしまう。二人は、離婚か生まれ故郷を捨てるか、二つに一つの選択を迫られる──。

「ラビング 愛という名前のふたり」に投稿された感想・評価

えりみ

えりみの感想・評価

4.0
WOWOW録画。
実話かなぁとは思ってたけどまさか名字がLovingとは😲正に愛の話ね😊
しかも大工続きか、大工惚れてまうやろー😏
10年近くかけて勝訴を勝ち得た夫婦は、公民権運動や差別撤廃の活動家では無くただただ愛し合ってる一介の夫婦であり父母でしたってお話。
静か過ぎです。。。それが監督の狙いなんやろけど。
本人はさすがにルースネッガほど美人じゃないし、ジョエルエドガートンほどゴツくもなかったけど、
それでも劇中マイケルシャノンが意味深に撮っていた写真が実際のものだと分かって涙😢
寡黙で働き者のリチャードがとにかくイイ、ああなりたい😌
最高裁判事に「○○○○○と伝えてくれ」と言った後ずっと喋らないの最高❕
エンディング(歌詞が出る)曲がぴったり♪で「どこの有名なブルースシンガー?」と思ったら監督のお兄さんかよ😲
Ben Nichols - Loving
https://youtu.be/HOZt1i5_5DM


「ニュートンナイト」でもちょい触れられた異人種間結婚禁止、異人種間混合禁止問題。
ラヴィング対ヴァージニア州裁判の判決は異人種間のみならず同性間結婚を認める判例にまでなっている!とwikiで知った😅
日本未公開ながら2011年にはドキュメンタリー映画も製作されているらしい。
https://m.imdb.com/title/tt1759682/
毎年6/12はラヴィング・デイとしてお祝いされているとか。
夫婦揃って何も言わへんもんやから、そういうのついつい調べたくなった📕
Toku

Tokuの感想・評価

4.0
気になった音楽たち
Is Everything All Right/Earl King
You Don’t Miss Your Water/William Bell
My Love Will Never Die/Magic Sam
Don’t Be A Fool/Clarence Reid
Loving/Ben Nichols
ちろる

ちろるの感想・評価

3.8
幼い頃から共に遊び、大人になってからはごく自然に互いを男女として意識して、そして女のお腹には新しい命が授かる。
男は言った、「ここに2人の家を建てよう」
しかし、幸せの絶頂だった瞬間に全てが崩れ落ちる。
2人の結婚は犯罪。
理由は妻が有色人種だからだ。
ばからしい。とてもばからしいのだけどこれが本当にあったことは紛れもない事実なのだ。
怒りを押さえ込みながらも淡々と追放を受け止めるリチャードと、固い絆で結ばれた家族と生まれ育った緑豊かな故郷を捨てられないミルドレッドのが半ば諦めた気持ちながらも、生まれ育ったヴァージニア州に、そして国に挑もうとする。
アメリカの歴史を変えた「ラビング法」のきっかけになったお話なのに当人たちはとても控えめで、他人に邪魔されずにただ家族との生活を静かに守ってほしいという当たり前の思いが伝わってくるから、この馬鹿げた州法の意味が誰のための何なのか今一度問いてみたくなる。
ジュエル エドガートンの無口で無骨な雰囲気が生まれながらの職人の雰囲気を醸し出してその地味なオーラを消し去った演技がとても良い。
こんな風な演技が出来るのかとまた新しい一面を見せてくれて顔は好きではないけどやっぱいい俳優さんなんだなとしみじみ思う。

エンドロールで流れる実際のラビング夫妻の写真が映画の中のシーンのリンクして目頭が熱くなる。
なんて崇高な膝枕!
静かに当たり前に愛を育んだことで、アメリカのたくさんの恋人達の運命を変えた夫婦がたしかにいたのだと確信できた。
戦うよりはじっと耐え抜くような大人しい2人はとてめ地味でしたが、愛がこぼれ落ちてじんわりと響きました。
おね

おねの感想・評価

-
煉瓦を積み上げるシーンが繰り返し映し出される。
地道に普通に生きてる姿。
生き方を否定される差別の理不尽さ。
えび

えびの感想・評価

-
愛は勝つ、なんて曲があるけど、本当に愛を勝ち取ったお話。

またへんな邦題、と思っていたけど、ラビング夫妻のお話だった。優しい映画でした。

白人のリチャードと黒人のミルドレッドは愛し合ってて、妊娠をキッカケに結婚することに。
異人種間の結婚はかつて違憲。
2人は逮捕されて有罪となってしまう。

キリスト教的に、白人、黒人、黄色人、、、と神が創り各地に住まわせたのに交配することは神の意志とは反するので罪、という考えだそう。

見えない敵と戦うのって本当に神経を削る。

悪役じゃないマイケル・シャノンとジョエル・エドガートンにひたすら違和感を感じていたりした。
人種問題を結婚制度の視点から描いた映画。人種問題の映画にしては激しさが無く、夫婦の純愛の下に静かな緊張感と時間が流れる。とても心地よい空気感だ。セリフは少なめ。愛を感じろってことか。
異人種間の結婚が違法な時代があるだなんて知らなかった。違法にする意味がわからないから。アメリカらしさが詰まってますね。制度こそ厳しいけれど人々の交流にいがみ合いがないから温かみがある。いい関係性だなぁ〜って。

夫役の寡黙な演技に痺れた。気難しいけど優しい人。妻役の女優も綺麗だった。むちゃ綺麗。良き妻であり良き母であるのが伝わる。
べらし

べらしの感想・評価

3.7
能弁で八方美人な人間の言うことばかりが幅を効かせる昨今だからこそ、こういう寡黙で不器用な人間が「自分の領分を守るために」社会と闘う映画というものが必要なんだ
Yちゃん

Yちゃんの感想・評価

3.5
愛する人と結婚しただけで法律違反
そういう時代が本当にありました。

2人の愛は確かに存在するのに、それを他人が判断するのはおかしいです。

何があっても一緒にいることを選んだ2人の決断はすごいです。
わたしもそう思える人と出会いたいと思いました。
良かったです。

二人の愛に感銘をうけながらもやはり同時に憤りも感じました。
異人種間の婚姻禁止なんて、こんな法律がまかり通っていたなんて。
アメリカの抱える人種の問題はやはり根深いものがあるなと感じます。
ちはな

ちはなの感想・評価

3.9
『俺は 妻を愛している』
そういう映画です

まだ 権利とか平等とかが確立されていなかった時代
愛し合うということが 認められず罪になる人達がいた

白人の夫 黒人の妻

立ち向かおうとする妻に
警戒心の強い夫

一見 妻の方が強く立派に見えるけど
喜怒哀楽が少なく寡黙な夫の真の愛がジワジワしみてくる
弱さではなく守りたいという思い
どんなにしんどい時もわちゃわちゃしないのよ
最初は物足りなく感じるけど
ラストの笑顔なんか見たら惚れてまう

この実話をコリン・ファースが熱望して映画化って所も興味深い
>|