漫才ギャングの作品情報・感想・評価・動画配信

『漫才ギャング』に投稿された感想・評価

個人的にはやや辛辣な下ネタ表現が辛かったが、それ以外はテンポも良く面白かった。

特に、全編会話がどれもボケとツッコミになっているところが秀逸で感心してしまった。

佐藤-綾部、佐藤-上地、綾部-宮川、佐藤-綾部-上地、ベテラン刑事-新人刑事などなど、しゃべり出すとお互いしっかりとボケとツッコミを構成し始めるのだ。
なかなか斬新。

さすが品川監督!
芸人の鏡!
tomato

tomatoの感想・評価

3.0
監督も題材も芸人ですからね。そりゃあもう。笑いたいときにオススメです。
漫才部分はさすがお笑い芸人品川庄司で面白かった

ドロップもだったけど
スクールカースト上位人間的な価値観がチラホラ見られるのと恋愛のノリがなんかキツかった

「もういいよ!」で締めるのに品川の粋さとドヤ顔さがあって良かった
映画館で見た時は、千鳥を知らなかったのでめちゃくちゃ雰囲気のある俳優さんだと思った、大吾のことを。
中学生の時にドハマりしました。
若手の頃の自分自身をモデルにしたと言われるこの物語は、芸人の"リアル"を忠実に描いていたと思います。

品川ヒロシさんが原作&監督ということもあり、演者さんとの会話劇は最高に笑えました。

原作も文章だけで笑けてしまうので、是非読んでいただきたいです。
すいか

すいかの感想・評価

4.5
上地雄輔好きだから見て見たけど、めっちゃ面白くてお笑い大好きになった☺️
ストーリーのテンポもしゃべりも良く、芸人さん達がたくさん出演されていますが演技も上手くてビックリ!

ロバート秋山さんのキャラ好き♪
あと、千鳥の大悟さんがかっこよかった!
メタ壱

メタ壱の感想・評価

3.3
相方に突然解散を告げられた漫才コンビ“ブラックストーン”の飛夫はひょんな事からトラブルに巻き込まれ留置場へ。
同じくそこにケンカで勾留されていた龍平と出会った飛夫は彼にツッコミの才能を見出し、二人で新たなコンビ“ドラゴンフライ”を結成する事に!…というお話し。

監督・脚本が品川庄司の品川さんという事で、登場人物同士の掛け合いが漫才チックで面白い(笑)

そして、何かに一生懸命になる人のカッコよさや強さが伝わってくる作品でもありました。

「人は変われる」

ありがちな言葉ではありますが、人生においてとても大切な言葉だと思います。

自分の人生っていうのは大抵の場合、自分一人でとうにかなるものじゃなく周囲の影響を多大に受けます。

住んでいる場所、家庭環境、周りの友人、学校や職場の状況などなど。

だから、今の自分の人生が上手くいかないのは本人だけの責任だというのは酷だと思います。

だけど、最終的に自分の人生を生き、選択しているのは自分。

だから今の人生を変える事が出来るのも自分だけ。

やりたい事、成したい事、守りたいもの。
そんな自分にとって一生懸命になれる何かを見つけた時、人は自分の人生を変えられるだけの大きな意思を生み出せるのだと思います。
たがし

たがしの感想・評価

4.5
脚本も芸人さん、出演も芸人さんがいっぱいで楽しかった。
お笑いのコンビって友達とも恋人とも家族とも違う唯一無二の関係で、はお笑い好きとして胸が熱くなった。
心の声のツッコミのとことか見せ方も好きだった。
そして石原さとみが可愛すぎる。
一番最後のシーンめっちゃじーんときました。
サンパチマイクかっこいい。
笑わせにきてる感すき
何よりも佐藤隆太の良さが生きとる!!!!!

この作品作ってくれて品川さまに感謝したい。

タイトルコールのときのシーンほんっとに爽快感◎◎◎
>|

あなたにおすすめの記事