ジュピターの作品情報・感想・評価・動画配信

ジュピター2014年製作の映画)

Jupiter Ascending

上映日:2015年03月28日

製作国:

上映時間:127分

2.8

あらすじ

『ジュピター』に投稿された感想・評価

どう考えても好きでしか無い諸々なんだけど
なんかいまいちなんだよなー
なんでだろ??
hiro

hiroの感想・評価

2.0
アクションはすごいところもあったけど、ストーリーに興味持てず
たろさ

たろさの感想・評価

2.0
清掃員として働いているジュピター(ミラ・クニス)はある日宇宙人に殺されそうになるがケイン(チャニング・テイタム)に救われる。ジュピターは、実は宇宙最大の王朝女王の生まれ変わりでした。


主人公は実は王女様の生まれ変わりでした。彼女をめぐって色々な勢力がゴチャゴチャ争う。あとイケメンのケインと仲良くなる。
いいところがとくにない。見せ場の空中を飛ぶシーンも合成感が強い。
ユウカ

ユウカの感想・評価

4.0
悪くはない。
声がか弱過ぎるレッドメインの悪役をもう少し魅力的に見せて欲しい。
物語も全体としてとっ散らかった感があるからもう少しギュッとすれば、
名もなき人間の覚醒譚として傑作になってた。
クソだるい行政の手続きや肥大化した資本主義のエゴを描くのも相変わらずウォシャウスキー姉妹でそこも全然あり👍🏻
wowowの録画で。こりゃアカンやろ!CGを駆使してもなお、既視感のオンパレード。マトリックス以外の作品は全くダメなウシャオスキー姉妹演出…。ガッカリ。
く

くの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

どこかで見たことある設定や要素が喧嘩しまくっていてまとまりがない
マジで画面作りしかがんばらなかったしそれも半端という印象
神経質で癇癪持ちで偉そうだけど貧弱で掠れた声がセクシーなエディ・レッドメインだけが私に刺さりました
Fisherman

Fishermanの感想・評価

2.9
127分では収まりきらない物語をまとめた結果だな。とにかく説明不足、作った側の人達の自己満映画。
確かに、映像や造形は素晴らしいと思うが、役者を活かしてないし、脚本が雑。
どーせそうだろ、と思ったことがその通りになる上に都合の良さも見え隠れ。
最初、宇宙船に掴まって宇宙に行ったから、息できる設定かと思ったら、二度目は酸素がありません的なことになるし、あれだけの科学力があるなら、木星の雲を避ける技術くらいあるだろうし、姉ちゃん何のために尺取ったん?
交配種とか言うけど、全部地球の生き物やん。何千もの星があるんじゃないの?
😥やれやれ
監督・脚本の名前を見て どんな映画だろうと楽しみにして見始めました。

でも見ていくうちに 段々と面白くないなぁという気持ちが もたげて来ました。

ケイン・ワイズ(チャニング・テイタム)が、履いている“飛べる靴”が どうも良くないのです。なんかダサい。

そして 彼が ハンマー投げの室伏さんに見えてしようがなかったです。すいません

映像は素晴らしかった。

ストーリーやラブロマンスについては、今一つ感動するものは無かったです。

お菓子を食べながら、気楽に見る分には良いかも って言う内容でした。
REM

REMの感想・評価

1.3
2022-09-24 wowow
いやあ厨二病。この上なく厨二病。
映像自体なかなか素晴らしいのだけど、目新しさがあるかと言うと、うーん。
ん?これはウォシャウスキー姉弟の時の映画かな?どうでもいいんだけど。
あお

あおの感想・評価

3.5
言うほど悪くないじゃん!
良い点はまず映像美。膨大な予算を投じられたのだろうなあ、と序盤からわかる。キャストも豪華。設定自体も悪くはない。

しかし、なんといっても説明不足すぎるのが問題。SFの王道がどうたら、とか感情移入ができないからうんちゃら、みたいな話ではない。そこはまったく問題ではない!伝統やら王道やらは書き換えられていくものだし、キャラクターに感情移入するかどうかは人それぞれ。魅力的やキャラクターはたくさんいるし。最大にして最悪の問題点は、先述のように説明不足!より正確に言えば脚色ミス!これに尽きるのではないか。
地球を農場とし、宇宙でビジネスを行っている一族が利権争いでヒロインを狙いに来た!という話に終始してしまっているのは、背景の描写の不足のせい。バトルが長すぎて細かいところを描けず、設定が活かされぬままただの親族間の勝手な抗争になってしまっている。これが残念すぎる。結果として批評家たちを満足させる内容にならず、低評価の嵐に見舞われている印象。たぶん期待値がデカすぎたというのも大きい。これが無名監督・脚本の作品だったらもう少し評価は高かったと思うので。まあそもそも無名ならばこのクオリティを出す予算は得られないだろうけど。

あとゴールデンラズベリー賞についても言及しないわけにはいかない。バレムは過去に喉を掻き切られた設定がある、というのを知っていればこのような評価にはならなかったのではないだろうか。実際この情報を知っていたため、わたしは鑑賞中に大胆な役作りへの違和感を覚えることはなかった。作中では「喉に噛み付かれた王族がいる」という匂わせのみなせいで、それが=バレムと結びつきにくく、ただ単にカスカス声で喋る高圧的な男というイメージになってしまったのだろう。頂点に君臨しながらも周りを信用せず、つねに冷たく振る舞いながらも、揺らぎがあるバレムは、正直最高だったのに。とくに目の動きが繊細でよかった。芝居の面でも、キャラクターそのものの面でも。精神弱めの敵キャラを好きになりがちなので…

結論として世間で言われているほど悪くはない映画、と言うことができる。好き嫌いは分かれそうだが、個人的には退屈という感情とは無縁の映像であったし、宇宙の過去とかその後とか教えてよ〜!とこの世界観から離れることを惜しむ気持ちも芽生えた。むしろもう何回か見たいかも。
>|

あなたにおすすめの記事