神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃の作品情報・感想・評価

神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃2014年製作の映画)

The Day of the Siege: September Eleven 1683

上映日:2014年04月19日

製作国:

上映時間:120分

3.0

「神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃」に投稿された感想・評価

いち麦

いち麦の感想・評価

3.0
壮大な戦闘場面は高揚感あってまずまず楽しめた。ただ、歴史戦記モノらしくムスタファ、マルコ、ソビェスキの三人の誰に深く肩入れする事もなく表面的な人間ドラマでさらっと抜けている辺り不満。
marev

marevの感想・評価

2.2
レンタル。
第二次ウィーン包囲を描いている。
カラ・ムスタファをかっこよく写しているが、無能だったっていう映画。つまらない(笑)。

このレビューはネタバレを含みます

映画「神聖ローマ、運命の日 オスマン帝国の進撃」レンタルで鑑賞。キリスト教対イスラム教の戦いのような歴史映画。信仰がみんなを一つにしたローマ側と内部分裂があったオスマン側とは対照的でした。負けて生き延びても死刑って悲しいですね…。
Kazka

Kazkaの感想・評価

3.5
ウィーン包囲、何故か好きだった。第2次ウィーン包囲も。もう忘れたけど。
イスラームの歴史は割とややこしい分、やたらやらされたなぁ。中央アジアとか

馬が綺麗だから馬を見る映画。あとヒゲ。ちょっと前知識が必要

戦う前は勝てると信じて会話しといて実際負けた時の複雑さを思い出した
gomaben

gomabenの感想・評価

3.0
とってつけたような余計な邦題(進撃って…)はやめていただきたかった。残念CGが目立つが、カラ・ムスタファの美中年ぶりで何か許す。
JT

JTの感想・評価

3.5
タイトルほどには戦闘シーンなし。
どっちかというとお互いの陣営内での人情ものとしての側面が大。なるほどこれはこれで。

あとマーレイエイブラハムってどっかで聞いた名前だなと思ったら「アマデウス」のサリエリの人だったのね・・・
随分いい年の取り方をしたのか、サリエリ以上に老練ないやらしさが出てたように思います。
motcha

motchaの感想・評価

-
貧相なCGにツボをはずしまくったシナリオ。

これでは大熱演の馬たちが可哀そう。
(150220レンタルDVD)
こんな時なのに、オスマン帝国と神聖ローマ帝国のウィーンをめぐる攻防戦を観てしまった。似てる。最初は俳優のせいかと思ったけど、日本人から見るとイスラム教徒とキリスト教徒ってメンタルがそっくり!自分の神しか認めない者同士じゃあ、そりゃあ相容れないはずですね。
那須

那須の感想・評価

3.0
ポーランド軍のブラックマリア旗と有翼重騎兵が格好良かったですけどどこまで本気なんですかね、あれ。あとカフの息子がえらい雰囲気ある終わり方でしたけど彼は有名な人だったのだろうか。あの辺の時代はさっぱり疎いので何をどれだけ盛ってたのやら。分からないけどでも多分オモシロ歴史ファンタジーですね。

あなたにおすすめの記事