ミスターGO!の作品情報・感想・評価

ミスターGO!2013年製作の映画)

미스터 고/Mr. Go

上映日:2014年05月24日

製作国:

上映時間:133分

2.9

あらすじ

中国の潰れそうな雑技団のスター、ゴリラのリンリン。持ち技は野球。若くして団長となった少女フェイフェイに従順で優しい。 ある日、「打てるゴリラ」の話題を聞いた韓国のエージェントが、韓国のプロ野球選手としてリンリンをスカウトに。 契約金10億で雑技団の借金返済するため、フェイフェイと、リンリンは韓国へ飛ぶ。 エージェントの超高級マンションで2人と1匹の奇妙な共同生活をしつつ、韓国最下位球団と契…

中国の潰れそうな雑技団のスター、ゴリラのリンリン。持ち技は野球。若くして団長となった少女フェイフェイに従順で優しい。 ある日、「打てるゴリラ」の話題を聞いた韓国のエージェントが、韓国のプロ野球選手としてリンリンをスカウトに。 契約金10億で雑技団の借金返済するため、フェイフェイと、リンリンは韓国へ飛ぶ。 エージェントの超高級マンションで2人と1匹の奇妙な共同生活をしつつ、韓国最下位球団と契約。 怪力でホームランを連打するリンリンのおかげで球団はどんどん順位を上げていく。 そこに相手チームが投手として連れてきたのは、もう1匹のゴリラ。 世紀のゴリラ対決、そしてー。

「ミスターGO!」に投稿された感想・評価

フラン

フランの感想・評価

3.6
評価が低いのでビックリしました。
低い理由とされてるのは
・水島先生の「野球狂の詩」パクり
・嫌韓ブームだった(2013)
・日本人の出現

事でしょう。

これが低評価の要因でしょう。
パクりは問答無用で低評価の理由になってるとは思います。
パクりを止めるな!じゃなくてカメラを止める!もパクりなんですけど相変わらずステマ発揮で高評価ですね。



今作は理由はともあれ
面白い作品です。
ゴリラが野球をするまでの経緯
ゴリラが活躍するまでの経緯
を子供向けに上手く作れてると思います。
CGもかなり丁寧に使われておりリアリティーも重視しています。
人間ドラマのやり取りが多いとこがマイナスですが掘り下げずに展開されるので気にはなる人は少ないのでしょうか。
ゴリラがホームラン率90%みたいな映画なので単調なのかなと思ったら
選手のプレーシーンは観客側が想像するシーンも見せてくれるので
本当韓国映画は邦画と違って観客のツボを押さえているように思えます。
感動や興奮するポイントも何箇所もあり
ゴリラvsゴリラは名シーンじゃないでしょうか。
是非野球好きには余裕あれば見て欲しい映画です。
meg

megの感想・評価

2.0
2回目。

【鑑賞日:2015-1-6/評価:☆☆/鑑賞手段:DVD】野球好きとして劇場で観なければと思いつつ、観そびれてしまったのでレンタルで鑑賞。率直に言って、長くて面白くない。この内容に133分は冗長に感じてしまう。またゴリラのプロ野球選手という荒唐無稽な設定な割に、展開される物語の地味なこと……。このストーリーならゴリラである必要はない。そして予告編でネタバレし過ぎ!ゼロに関しては伏せておいた方が良かったと思う。作り込まれたCGゴリラが投げる。打つ。それだけ。期待し過ぎた。
始まりました甲子園第100回🎊
ということで野球作品⚾
もう新潟は負けちゃったけど、、ほんと見てて楽しい📣✨

この映画は、全体評価✩2.8の通り、たしかにおもしろくはなかったです。
でも、野球チームにゴリラを入れ、レヴェナントの熊さながらのCGを使い、感動すらさせようとする韓国映画の勇気・挑戦・賭け・財力はすごすぎる、、!
日本、負けてるよ😂
sakimovie

sakimovieの感想・評価

3.5
ゴリラ映画かと思ってたけどそんなことなかった。
面白かったし、女の子とゴリラの友情に感動した。
女の子とソンドンイルの演技がいい。
間黒男

間黒男の感想・評価

3.8
そこらへんの映画より楽しめてのに、フィルマークスの評価が2.8というのを知って、あぁ、俺ズレてんだなーと再認識。

普通に面白いけどね、マドンソク出てるし
megu

meguの感想・評価

2.4
おバカな設定だけどそれ、わかってて借りてるからそれなりに楽しめましたよ!
ゴリラが🦍とにかくすごい。笑
ゴリラを調教した女の子のムチがビシッバシッって怖すぎだけどね〜〜!
ゴリラと一緒にお酒飲んじゃったり
あれ、面白かった。
あと、まさかのオダギリジョーでてた😲
オダギリジョーって、かっこいいのにさ。
え!なんで?ってゆう髪型だったね。
あれ、なんであんな変な風にしちゃったんだろ?笑
amemamema

amemamemaの感想・評価

2.9
韓国のおバカなノリが存分に楽しめる内容でした。
ドラゴンズやらオダギリジョーやら、日本で親しみのあるものが織り込まれているのも面白かったです。
万年最下位のダメダメ球団が起死回生の策としてサーカスで調教されたゴリラを入団させる。一応ルール上はOKらしいです…ほんまかいな。

そんなアホな!ってのを楽しめるかどーかですね。
片手でバットをぶん回してホームラン打ちまくりのゴリラさん。相手もあの手この手で対抗するけど効き目なし。最終的には相手球団はゴリラの投手を入団させ、ゴリラvsゴリラの展開に…。
こんなとんでも物語にCGに何年もかけてしっかり作品として仕上げちゃう韓国映画界の力強さに脱帽でございます。

オダギリジョーのビジュアルはなんであんなんになったん?
サーカス団を率いていた祖父を突然の大地震で亡くし、遺された借金を背負った女の子ウェイウェイ。借金取りに追われ隣町に逃げたが取り立ては止まらない。そんな中、彼女が芸を教えていたローランドゴリラが野球の才能があることが知れ渡り、万年最下位のプロ球団ベアーズがスカウトに訪れる。ウェイウェイは借金返済のためゴリラ「ミスターGO」を入団させるが…

「ゴリラが主演の映画」で『キングコング』の次くらいに挙げられるカルト的映画。
ゴリラのCGのナチュラルさはなかなかのもので違和感は全くなし。

韓国映画らしくおバカなようでセンチメンタルな味付けは好みだったけど、ミスターGOの古傷が悪化したとき、ウェイウェイの態度が今までと真逆になってるのが違和感。え、そこでそうなる?って引っかかっちゃうな。

ゴリラがプロ野球に入団するとか普通はありえないけど、人類愛を理由にしたのは『アンドリューNDR114』っぽい。その他は意外に野球のルールから逸脱してないからミスターGOの出番も同点の9回2アウト満塁からだったりするのも細かいけどリアリティがある。ただ最後の最後でそれをふっとばすけどw

マ・ドンソクニキがミスターGOの言葉を理解してたのが一番ウケた。やはり同族はお互いを理解し合うのかなあw
韓国らしいゴリラ映画、ドラゴンズとジャイアンツの奪いあい、、
>|