角砂糖の作品情報・感想・評価

「角砂糖」に投稿された感想・評価

国領町

国領町の感想・評価

3.0
★★★liked it
『角砂糖』 イ・ファンギョン監督
각설탕/LUMP SUGAR

女性騎手を目指すシウン&🐴”チョンドゥナ”
チョンドゥナは角砂糖が大好き

人間ドラマより人&馬の方がピュアですね
愛してあげれば、わかるんだろうな
人間が動物に癒されるように
動物も人間の愛情で癒されるのかな

悲しいシーンに、しみる音楽が流れて
澄んだチョンドゥナの瞳を見ると泣けてくる

”チョンドゥナ 愛してる”
シウンにはチョンドゥナの心の声が聞こえてたよ
”シウン 愛してる”

シウンの心のなかでチョンドゥナは
ずっと、いつまでも、どこまでも走り続けてる

泣いちゃいました
涙ぼろぼろ、鼻水ズルズル、口がへの字😂😂😂
ピナコ

ピナコの感想・評価

3.5
フォローワーさんに教えて貰った作品。

角砂糖って甘い話じゃないんですよ❗️


ダメじゃん😭
こういうのダメじゃん😭

鼻水ズルズル
ほらまたダメじゃん😭

誰か~タオル❗️
ティッシュじゃ足りない😭

馬が可愛すぎる
ほんとに健気
演技させてる人間もなんだかイヤになってきた。


人間のずるさが浮き彫りで、腹が立つわ❗️
何様なんだろう?
競馬は多くのお金がかかっている
やっぱり八百長なんだ…
情けない

前に馬券買ったことあります
年末のレースの
ごめんなさいもう買いません❗️絶対

辛すぎる
人間の勝手すぎる

ダメじゃんこういうの…😭😭😭😭

このスコアはお馬さんに。
雷へ…。
女性騎手と馬の友情物語。

ベタな内容だけど音楽とか凄く良くて泣けました😢

途中3回泣ける場面×ティッシュ5枚
ラストが一番泣けるのでティッシュ35枚
合計ティッシュ50枚必須ですね。

主人公と馬の演技が良くて、レースシーンは様々なカメラアングルで迫力ある映像を見せてくれます。

久しぶりに泣けた良い映画でした。

このレビューはネタバレを含みます

馬の演技うまー!

感動の再会の場面のはずが、背景にでかでかと「Family Mart」の文字があって、そこだけ浮いていた。再撮して欲しい。

でも一番の感動をそこに持ってくるかと思ったら、他にいくつもぐっときたシーンがあって、途中何度も泣きそうになった。

クライマックスがなんだかなあ。
簡単に馬と心を通わせた気になって、あざとくムチを使わなくなったら速く走れるようになるっていうのが都合良いし、ラストもこうなるのは予想していたけど、単純すぎて色々と惜しい。

雷が手術から逃げたことで、雷も最後まで走りたいんだよね、と思わせるシーンがあるのにも関わらず、結局"馬の幸せを人間が決めつけた"ように見えてしまったのは何でだろう。
雷は手術する予定を知る由も無いから、その馬の気持ちを表す展開をどうしても人為的なものに感じてしまうからかな。
えりこ

えりこの感想・評価

3.7
動物ものは涙腺が緩むので困ります。
たまたま期間限定配信されているのを見つけて鑑賞。
ある少女(のちの女性騎手)と愛馬の愛情に満ちた物語です。
随所に物語の山と涙しそうになるシーンがあり、ストーリー的にもしっかりしていて見応えがありました。
イム・スジョン目当てで観たのですが、思いがけない小さな良作を見つけることができて良かったです。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.6
「馬と少女」ってのはほんとに昔から映画には映える。そこに韓流が加わればもう怖いものなし。ベタだとか死で泣かせるとか卑怯とか置いといて要するに最強
依緒

依緒の感想・評価

4.8
感動と悲しさでとにかく泣けた…

ストーリー中何度も泣いてしまう。

競馬ジョッキーだった母親を早くに亡くしたウジンは、母親が大切にしていた馬の『将軍』を母親代わりにして育つ。将軍は高齢でお産し、そのまま亡くなってしまう。
産まれた子馬に『雷』と名付け、弟のように可愛がり育てるも離ればなれに。
ウジンは競馬のジョッキーになるべく男に混じり奮闘するも、男社会や八百長競馬に憤りを感じずにはいられない。そして、偶然にも『雷』と再会。
ふたり(?)で、競馬界のトップを目指すが…

馬って、とっても人間の気持ちが分かる動物。それがとても優しくよく表されている。
ペットを飼っている人なら分かると思うが、動物は人間を裏切らない。
裏切るのは人間のほう。
身勝手な人間の行動にもじっと耐える馬の姿にまた涙。

とにかく思いっきり泣きたいときに見るべし。
ricestar

ricestarの感想・評価

4.5
韓国の映画の凄さにビックリ!
アメノナカノ青空のイム・スジョンが、いい〜✨
お馬さんの演技も、素晴らしすぎます。
全体的に、すこし暗めではありますが、
とてもとてもいい映画です。
しずく

しずくの感想・評価

3.0
馬と女性騎手の感動物語。タイトルはその馬が好物な「角砂糖」から。馬ってあんなに可愛かったかしらと思うほど、馬の眼差しが優しい。大げさな演出や、雑な展開もあるものの、動物ものはやっぱり泣いちゃうわ。(2015年鑑賞@GyaO!) 55