ジョン・ウィックの作品情報・感想・評価

ジョン・ウィック2014年製作の映画)

John Wick

上映日:2015年10月16日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「ジョン・ウィック」に投稿された感想・評価

moyo

moyoの感想・評価

3.8
パラベラムの予習(1が面白かった観る)
かなり面白かった。
非常にテンポが良く、退屈せずに一気に観れた。
冒頭の、平和な日常から一気に殺し屋の世界に変わる対比が面白い。
アクションもガンのスピーディさと生身の殴り合いとの緩急がいい味を出している。
ストーリーはあまり大きな捻りはないが、まぁアクション主体だしね。
最後はちょっと尻すぼみだったかな。
最後までガンアクションでスカッと終わって欲しかった。
nutaki

nutakiの感想・評価

3.5
続編が公開間近ということでやたら放送されるから観てみたわ。
2014年作品。主役はキアヌ・リーヴス。
『スピード』『マトリックス』とアクションもので有名だけし今作はまた更にアクション満載だった。この作品当時で50歳。見えないし、その年で頑張ってるね。
一見アクションスターには見えない線の細さ優しい顔立ちがまた良いのかも?
出生地はレバノン、国籍はカナダ。
父はハワイ出身アメリカ人で学者。
母は中国系ハワイアンで元ダンサー・デザイナー。
生まれながらに国際的。キアヌってどこの血が入ってるのかな?とずっと思って来たけど、なるほど。
しかも父に捨てられ、母は再婚回数が凄いし。
なかなか複雑。さらにキアヌ自身も子供が死産で、元妻が事故死。
うーん、何と言っていいやら。
そういう幾多の経験もあって、何か滲み出てる感じもする、悲しみとか辛さが。
そして、そんなキアヌの私生活にも重なる、ジョン・ウィック。
妻を亡くし、犬や車や家や、災難に遭う…。
その復讐は、妻の復讐かと思いきや…
なーんと!愛犬と愛車の復讐とは、ね😅
そのために何十人がお亡くなりに。恐ろしや。
そんなことをあらまあと考えながら観てるもので、ジョンよ、やり過ぎではないかい?という気持ちもあって、どこか楽しめなかった。
その殺しようが凄いもんでね。気の毒ちゃん。
アクション作品としてはスピードあり、銃撃戦だけでなく素手の闘いありで、十分楽しめるのかも?
あまりにも上手く出来過ぎは、仕方ないね。
しかし、キアヌは186㎝もあるんだ。
デカイ男相手でも小さく見えないのは当たり前。
ロシアンマフィアのボスをミカエル・ニクヴィスト。
最近偶然出演作を観たばかりだが、2017年死去。
『ミレニアム』のミカエルは悪役もぴったり。
その息子にアルフィー・アレン。
『GOT』のシオン!
ちょっと頼りないおどおどした役は共通するものがある。
女性の殺し屋はエイドリアン・パリッキ。
『エージェント・オブ・シールド』のボビー。
スタイル良くてアクションも迫力あり。
コンチネンタルホテルの支配人はイアン・マクシェーン。
現在76歳。頑張ってますなあ。”エマニエル夫人”と結婚していたそうな。
車屋のオーナーにジョン・レグイザモ。
味のあるこの俳優は引っ張りだこ。
そして、ウィレム・デフォーが殺し屋仲間で。
殺し屋ぴったり。怖い。そしてかっこいい男気のある役で華を飾る。
101分でちょどいい長さ。
アクションに流石に観飽きたと思う頃にEND。
いろいろ考えなければ楽しめる。
さて、2も観よう。
最新作に向けて再視聴。ガン・フーそのものより、キアヌ・リーブスがやるガン・フーが大好き。敵を圧倒してくれる時もありながら、時々のたうち回るのが愛おしい。最後の方の敵のヤケクソ感は腹抱えて笑ったわ。犬を殺す奴はそりゃそうなるわ。だけど確かに音楽の使い方はダサい。あと、『ゲーム・オブ・スローンズ』のシオンことアルフィー・アレンがイキリ状態のシオンそのままで出てきたんだけど、よく考えたらゲースロはこの映画より全然前からブームだったんだよね。
初見。字幕。
かつて裏社会で暗躍した殺し屋、”ジョン・ウィック”の復讐劇

足を洗い平穏な生活をしていたジョン・ウィックは愛する亡き妻が残してくれた愛犬をマフィアに殺された。復讐のため彼は再び裏社会へ舞い戻る。

殺し屋VSマフィア 
復讐心に燃える男の意地、壮絶なるしのぎあい
そして切れ味鋭いガンアクション、格闘シーンがてんこ盛り。ストーリーはいたってシンプルで観やすい。
日本で言うヤクザ映画と似た匂いを感じます。

ジョン・ウィックを演じたキアヌ・リーブス
口数は少ないが内なる闘志と冷酷さを秘める孤独な殺し屋。この年齢になってもこういうクールな役柄が似合うんだから、改めてやっぱりスターだなと感じます。
ひで

ひでの感想・評価

4.0
みんなをバンバン撃ち殺してくジョンのシーンは、神の域に達したオタクのやるシューティングゲームかのよう。スッキリする。
たつみ

たつみの感想・評価

3.9
マトリックスの時のようなキレは無いのだけど、それでもリーアムニーソンみたいな熟練のアクションって感じがよかった!

飼い犬殺されちゃったらそりゃ誰でもぶちギレるわ…。。
EBIFLY

EBIFLYの感想・評価

3.8
休日にスカッとアクションが観たい人にオススメ!

愛する人と過ごしていたジョンは、妻を病気で亡くし、妻が旅立った数日後、一匹の犬が亡き妻から届く。しかし、マフィアの息子に犬を殺され、元伝説の殺し屋が復活を遂げる話。

怒涛のアクションラッシュ!体術と銃撃戦が見事にマッチして、今までにないアクション映画になっている。

三連休はソファでゴロゴロしながら、ポップコーンとビール片手にジョン・ウィックを観よう!笑
個人的にめちゃくちゃ好き

セリフとか少ないけどまたそこがいい
アクションシーンでは目が離せない

最近の映画で息をするように人が死んでるものを見てなかったから最高にすこ

スタイリッシュな殺し方最高

好きなポイントとして
銃の装弾のスピードかっこよさが天才的な魅せ方
来月、新作のチャプター3が公開されるということで高校生の頃に見た作品ですがレビューします!

愛する人と幸せに暮らす男ジョンウィック。しかし妻が病死してしまい、孤独になったジョンに妻から最後のプレゼントとして子犬が届く。そんなジョンの元に、マフィアボスの息子がリーダーの強盗団がやってきて、犬を殺して車を奪って逃走。じつはこのジョンウィック、闇社会で活躍した"伝説の元殺し屋"だったというお話

あまり大きな作品・話題作に出演していなかったキアヌリーブスが本格復帰し、銃とカンフーを混ぜた次世代アクション"ガンフー"を誕生させた「従来のアクション映画を変えた作品」です

見る前はパッケージやストーリーから「ちょっとB級っぽい」「イマイチそう」と思っていたのですが、ストーリーはA級でアクションはS級です…笑
スタントをほぼ使わずにキアヌ自身がガンフーを習得して臨んだ肉弾戦はキャッチコピーにある通り、見惚れてしまうほどです

僕は映画のほかに、趣味がゲームや銃好きという"ミリタリー好き"の面があるのですが、本作はアクション映画だけではなくてサバゲー業界などにも影響を与えた作品です
熱心なサバゲーマーだと見たことない人はいないかと思います笑

またゲームともコラボしたりしてまして、PS4などで出来る『Fortnite』ではジョンウィックがキャラクターとして使えたりしていました笑

キアヌのアクションを文字で説明するのはとても困難ですが、撃ちまくる男臭い感じではなくて…
CQBに特化した構え方やリアルで素早いリロード、標的の頭に確実にヒットさせる動きが本当にタクティカルトレーニングの賜物というか…✨
あっ、ミリタリーオタク面出ちゃいましたね…すみません💦

※何年か前に見た映画なのでザックリした感想で申し訳ないです
erina

erinaの感想・評価

-
キアヌ・リーブスの無双をみたくて観賞。
至近距離でも容赦なくバンバンいってて最強!
たまにやられても一生懸命戦ってて応援したくなる映画だった。
>|