日々ロックの作品情報・感想・評価

日々ロック2014年製作の映画)

上映日:2014年11月22日

製作国:

上映時間:110分

3.1

あらすじ

金なし風呂なし彼女なし。童貞ヘタレロッカー・日々沼拓郎。そんな拓郎が友人の草壁、依田とともに結成した名前からして猛烈ダサいバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”は、知る人ぞ知るライブハウス「モンスターGOGO」に住み込みで働いていた。鬼より怖いオーナー・松本に罵られつつ、ステージに立たせてもらうどん底な日々。拓郎は全裸でギターを抱え、魂を奮いたたせて歌うが、客は毎回数えるほどだった。ある晩、ライ…

金なし風呂なし彼女なし。童貞ヘタレロッカー・日々沼拓郎。そんな拓郎が友人の草壁、依田とともに結成した名前からして猛烈ダサいバンド“ザ・ロックンロールブラザーズ”は、知る人ぞ知るライブハウス「モンスターGOGO」に住み込みで働いていた。鬼より怖いオーナー・松本に罵られつつ、ステージに立たせてもらうどん底な日々。拓郎は全裸でギターを抱え、魂を奮いたたせて歌うが、客は毎回数えるほどだった。ある晩、ライブをしていた三人の前に酔っぱらった女が乱入してきた。「お前、童貞だろ?生の女抱いてからロックしな!」。拓郎の頭をビール瓶でぶん殴り、強引にギターを奪った女は名曲の「雨あがりの夜空に」を熱唱し、観客の心を鷲づかみにしてしまう。松本の姪っ子だという彼女の名前は、宇田川咲(二階堂ふみ)。斬新なスタイルでカリスマ的な人気を誇るデジタル系トップアイドルだ。フロアは大混乱、咲と三人は血とゲロにまみれた大乱闘。だが迎えのリムジンに飛び乗る直前、彼女はこう言い残して去っていく。「お前らダセーけど、けっこー良かったぞ!」少しずつ距離を縮めていく咲と拓郎たちだったが・・・。“史上最強のロックバカ”と“凶暴なアイドル”の運命は!?

「日々ロック」に投稿された感想・評価

まぁまぁ、そこそこ、面白い
でも1回観れば充分
ライブハウスに足を運ぶ身としてはあの空気感を再現出来ていたことには拍手。
emo

emoの感想・評価

-
かっこよくないのだけれど、バカでダサくてカッコいい
純粋に、まっすぐ伝わってきた
自分が信じたやりたいことを自由にぶつける
ロックな映画、ロックな生き方、、かっこよき
野村周平、これ見てすごい好きになりつつある。

最後超感動した。
かーみ

かーみの感想・評価

3.1
ふみちゃん見たさとただただ面白そうとおもって期待してたけど自分的にはストーリーはそこまでだった。二階堂ふみちゃんが私服で出てるシーンとかあってそういう前情報があったらより面白いかも。ふみちゃん好きなら。
むーん

むーんの感想・評価

3.7
まじでロックすぎ。

二階堂ふみのロックすぎるお芝居とアイドルの可愛い感じのお芝居を一気に1つの作品で見られるのは感激だった。

野村周平のダサすぎる役柄もすごいわかったと思う。















































































人生がロックなのか。
ロックが人生なのか。

そんなことを考えてる日々、ロック。
ふみちゃんが演じるPerfume風のアイドル、これだけでも見る価値大有りです!!!!
主人公のひとの動き気持ちわるすぎ
すごい演技力だと思う

最後のシーンはよかっね
さとゆ

さとゆの感想・評価

3.0
評価低い映画が意外と自分好みなんじゃないかということを期待して見たけど、評価通りだった〜(笑)どこまで原作に忠実なのかわからないから、もともと好みじゃなかったかもしれないけど。本気で音楽やりたい二階堂ふみが嫌々やらされてる音楽がテクノっていうのも、狙いすぎてたな、、、でも最後のシーンと劇中の音楽はとってもよかったので ◎
>|