ポンチョに夜明けの風はらませての作品情報・感想・評価

ポンチョに夜明けの風はらませて2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい” そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。旅の途中でグラビ…

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい” そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。旅の途中でグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)ら刺激的な“大人たち”と出会いながら、普段では味わえないハチャメチャな体験をする3人。一方、置いてけぼりをくらい、又八と約束した卒業ライブに向けてギターの練習に明け暮れる中田(染谷将太)。彼らの「青春」が、今ようやく動き出す―。

「ポンチョに夜明けの風はらませて」に投稿された感想・評価

ほ

ほの感想・評価

-
大学一年の時、こういう人たちに誘われて海浜公園でBBQしたけど全く馴染めなかったことを思い出した。
vanilla

vanillaの感想・評価

4.0
学ランの染谷さんにキュンキュンしました
太賀好き。
矢本悠馬はほんと安定した俳優さんになりつつある!好き!!
よくある?青春ロードムービーだけど会話も面白いし登場人物のキャラがしっかりしててとても楽しめました
私は好きです!!!
jyasumin

jyasuminの感想・評価

3.1

このレビューはネタバレを含みます

・全員で歌うシーンが迷惑なDQN見てるようで不快
・前半はまま良かったが後半はきつい。
・大賀と佐津川愛美の大声で済ましてる感
・青春映画の大声とオチのカタルシスをロックミュージックで調達する問題
日曜夜中にDVD鑑賞。
なぜなら明日は夜勤だから。

太賀に矢本悠馬に中村蒼に染谷将太に
トドメの佐藤二朗(笑)
よくある青春映画だけど
役者さんの個性がなかなかインパクトあり。
太賀も矢本悠馬も好きだけど
最後の染谷将太に完全にやられた。
目力と表情に。

もちろん後先が心配だけど
今を楽しんだっていいよね、
そして今に飽きたら新たな「今」を
作り出せばいい。
そんなメッセージを受け取りました。

※以下レビューとは無関係
今まで怒られることに怯えて
なんでも出来るいわば「優等生」に
なりきってたけど、
きっとそれは本当にやりたいこととか
なりたいことじゃなかったんだろうなと
すごく思う。
失敗や怒られることから逃げてただけ。
だからこそ今を楽しむことを忘れないように
後悔しないようにしたい。
今を楽しむことで
失敗したり怒られたりするかもしれないけど
後悔しないことが大事。
ああしとけばよかったって思うのが
一番もったいない。
今を楽しもう。
楽しかったー
DVDで観賞。どのシーンもキレイで印象的。キャストがいいのて安心して観てられる

中田くんはカッコ良かった!
染谷くん歌うまいね。メイキングも見て得した気分です。
ずん

ずんの感想・評価

3.2
内容はそれなりの青春映画だけど、役者がそれぞれ演技オタクなのが良き!!
このメンバーの映画というだけで観る価値はある!!
emily

emilyの感想・評価

3.0
 何かやってやりたい!高校卒業間近、卒業式では又八、ジン、ジャンボと中田で卒業式のっとりライブを決行する予定。その前にジャンボの父親の車で高校最後の旅に出る事に・・そこでグラビアアイドルやヘルス嬢と出会いそれぞれの生き方を発見していく・・

 カーラジオとペルーの音楽。面白い小物のチョイスに贅沢なキャスティング。明日ではなく今を生きる少年たち。冒頭から合格発表のニュースがジャンボのお店から流れ、カーラジオから本作と同じタイトルの曲が流れての疾走感のあるオープニング。ペルーの音楽が独特の空気感を繋ぎ、懐かしさ漂う雰囲気とズレ感が笑いを生む。全力の「ピクニック」の輪唱が最高。ついつい合いの手入れてしまう感。誰かが始めるとどんな気分でもついつい歌ってしまう歌。一回目と2回目では明らかに感情が違うのが面白い。またカメラワークも引きで見せたり、ゴールのないロードムービーの空気感をしっかり作り上げている。オープニングの疾走感からエンディング曲へ。シンプルだが、しっかり歌詞が寄り添い、忘れていた熱い物を思い出させてくれる。
肉まんくんと佐津川さん出てるなら観ないわけにはいかないな!つって、ロクに内容も知らずに観たらワクワクのヤツやった!

もうすぐ高校卒業やし、暴走族に追われたり、大人のお姉さん達と知り合ったり、生き別れたお父さんに会いにいったり、青春すんよ!ってロードムービー

大好きな佐津川さんがな!今までに見た佐津川さんの中でも「惑星ミズサ」のワケあり風俗嬢佐津川さんの次くらいに好きな佐津川さんでな、やっほい!
口悪いわ、暴走族に喧嘩売るわ、自作のロックンロール歌い狂うわ、ハチャメチャな清純派グラビアアイドル役なんですがね!
好み過ぎて困る、好み過ぎるのに…煙草を吸う女子とチュウしたらゲロ吐く自信あるから困る、何とかこの佐津川さんと巡り会う前に彼女が煙草をやめるか、僕が煙草味のチュウでもゲロ吐かずに済む方法を考えねばならない!煙草味のチュウ…無理、ゲロゲロゲロゲロ!

ただな本作で可愛い可愛いなるのはロッケンロー!な清純派グラドル佐津川さんだけちゃいますねん!わっしょい!
バナナクリニックの見習い看護師マリアちゃんもメチャ可愛らしいんですわ!キュンキュン
肉まんくんの本作の役柄は実は肉まんくんじゃなくてですね、役名をジャンボ言いますねん、何故ならチンコが並外れてデカいから!チンコジャンボ!でも本人はチンコがデカ過ぎるからフラれたり、チンコでかい事にトラウマがありますねん…スンスン、チンコデカ過ぎる故に一生童貞かもしれん…いうてな、贅沢な悩み
そこでな「よし!プロの人に1度チンコ見てもらおう!」いうてな、仲間たちに促されるままにジャンボがやってきた「バナナクリニック」、そこでプロの人こと見習い看護師マリアちゃんに出会うのであります!
このマリアちゃんが本当に良い子でね、トラウマ故に女の子の前でチンコ出すことすらビビり倒すジャンボに、「ちょっとだけ試してみましょうか?」なんて自らジャンボに跨るのであります!その言い方とかもメチャ可愛いんや、やれやれ!もっとやれ!
まぁ本番なんか許される訳もなく我らが吉岡睦雄演じるバナナクリニック店長は激怒!でもジャンボとマリアちゃんは手を取り合って逃げ出すのでありますよ!わっしょい!
このシーンなあの「卒業」のラストシーン(教会から逃げるとこな!)を彷彿とさせる名シーンでな!キュンが止まらんヤツ…あれ?「卒業」観たことあったっけ?
とりあえずマリアちゃん役の阿部純子ちゃんはちょっと注目してみるわ!

でもな可愛らしいんは女の子達だけちゃいますねん、太賀がお父さんに会いに行く!言うてミュージシャンのペルー人と感動の再会したりな!
中村蒼も大学に落ちたりな…
肉まんくんの可愛らしさは言わずもがな!「卒業」のダスティン・ホフマンとか目じゃない!

と、まぁキュンポイントがいっぱいな作品なんですわ
あ、3人に置いてきぼりされて1人奮闘する染谷くんの卒業式のシーンも良かったわ、出番は少ないけど染谷ファンも是非みれ!イケメン役ではないけどカッケーから

ちなみに苦手な佐藤二朗はチョイ役、しかもメイキング観てると監督にあんまり余計な事はするなと釘刺されてるからか、かなり落ち着きのある演技で、蕎麦アレルギー、犬の毛猫の毛アレルギー、ハウスダストアレルギー、佐藤二朗の奇声アレルギーのマシンボーイとしては非常に助かりました!
hikari

hikariの感想・評価

-
徹夜明けで観に行ってしまったので爆睡でほぼ内容わかりません…DVD借りようと思います。
mi

miの感想・評価

-
全速力で走り抜けるGOOD BYE号に感情まで置いてきぼりにされて全く何も感じぬまま、あのピンサロ嬢が着てたナース服と同じの着たことあるなーぐらいの感想しか浮かばなくて、死ぬほどどうでもいい〜
>|