ポンチョに夜明けの風はらませての作品情報・感想・評価

ポンチョに夜明けの風はらませて2017年製作の映画)

上映日:2017年10月28日

製作国:

上映時間:90分

3.4

あらすじ

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい” そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。旅の途中でグラビ…

将来に希望を見出せないまま、ただ何となく日々を過ごしていた高校生の又八(太賀)、ジン(中村蒼)、ジャンボ(矢本悠馬)。卒業を間近に控え、ジンは一流大学への進学を目指し、ジャンボは実家のとんかつ屋を継ぐことを決めていたが、又八だけは何も進路を決められずにいた。“このありふれた日常から少しだけでも抜け出したい” そんな思いを胸に、彼らはジャンボの父親の愛車セルシオに乗って海に向かう。旅の途中でグラビアアイドルの愛(佐津川愛美)、風俗嬢のマリア(阿部純子)ら刺激的な“大人たち”と出会いながら、普段では味わえないハチャメチャな体験をする3人。一方、置いてけぼりをくらい、又八と約束した卒業ライブに向けてギターの練習に明け暮れる中田(染谷将太)。彼らの「青春」が、今ようやく動き出す―。

「ポンチョに夜明けの風はらませて」に投稿された感想・評価

R10

R10の感想・評価

4.0
太賀氏の演技にハマって。

なんだけど
染谷さん良かった。

作品全体としては
太賀含むバカ3人を中心に
最後まで進んでくんだけど

それをずっと待ってる、
っていうのがね
グッとこないわけなくてね
最後もほんと良くて。

震えたよ。
映画館で観て、DVDでもう一度。
こういうテンポ感とか苦手なひといるかもだけど自分的にはものすごくだいすき。

男の子3人で仲良しなひとたちってほんとにこういうバランスだよな〜って羨ましくなったり学生の頃を思い出させてくれる映画です。

個人的に阿部純子ちゃん光ってました
SP

SPの感想・評価

-
太賀さんはとても引っ張っていたと思うけど、いかんせん脚本や演出にノれなかった。感情移入できなくても構わないから、人物の実在感はもっと欲しかった。闘ってるヤツが染谷くんしかいない。あと歌のカットが長すぎる、もっと短くてもいいから切った方が見やすい。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.9
楽しい青春ロードムービー
卒業式を間近に控えた男子高校生三人組の珍道中

『ポンチョに夜明けの風はらませて』ってタイトルが『母をたずねて三千里』のOP曲の歌詞なのでお母さんに会いに行くんかな思ったらお父さんに会いに行く話だった。

最近の青春ロードムービーって陰気なの多いなぁ思ってたんですが今作は爽やかで楽しい作品、冒頭部分からドタバタで楽しい。その上 童貞出てくるから楽しさUP。
童貞が悩んでんのは楽しいなぁ


阿部純子さんがカワイイなぁーなんて思ってよく内容を知らないまま手に取ったら、太賀が主演で佐津川さんがヒロイン⁈ヤッター!ラッキーってなりました。
太賀にはあと10年は高校生の役をやってもらいたいなぁー

阿部さんいつ出てくるのーって待ってたらまさかの風俗嬢役で、しかも巨チンの童貞の悩みを聞いたら「試してみる?」言って本番させてくれるなんて天使ちゃんじゃないか、くぅー
後に童貞と阿部さんがくっつくんだけど、なんか惹かれるポイントあったかなって考えたら巨チンしか思い浮かばんかった、世の中は巨チン有利にうごいてんのか?

目標や夢を持たずに高校を卒業して世の中には出ていかなければいけない彼らの不安や置いてかれた感も伝わった気がするし、それを吹っ飛ばすアホさ加減が楽しい作品でした。

「ポンチョに夜明けの風はらませて」観ました。


ウチのツタヤさんは最新作4本借りるとレンタル期間が1週間になるというサービスを始めてくれてて、今日からは贅沢に最新作の4本立てです(๑´ㅂ`๑)

の、1本目。


90分くらいの短尺。サクッと何にも考えず、頭を空っぽにして観るにはまさにもってこいの作品でした。
レンタルする前は日本版のスタンドバイミーかな?みたいなのを思い浮かべてたけど、そんなん言ったら本場のスタンドバイミーに怒られる笑

予告でも見られるいくつかのグッとくるキメゼリフも、なぜか!なぜだか!わからないけど!ぷーくすくすーとなっちゃう(๑´ㅂ`๑)笑

とにかくぶわはははと声を大にして笑ったバカすぎるシーンがたくさんありました。主演の3人のバランスがすごく良かった。途中で出てくる女の子達が邪魔なくらい愛くるしいおバカたちで、ぼくはずっと彼らだけを眺めていたかったです。

特に太賀くんよかったなあ。

イケメン感では中村蒼くんだし、キャラ感は矢本悠馬くんだし、残るポジションはどっち付かず感しか残っていないのだけれど、そうじゃなくどっちとも付いてて、それでいて更にしっかりと強い光を放ってたように感じました。

常にスイッチが入ってる初期衝動。



お話の全体像としては、中盤辺りから徐々にゆるやかに明らかに体力ゲージが減っていくかのように失速していきました。持久力ない笑笑

そんな突き抜け切れない感じもまた青春かなっと(๑´ㅂ`๑)
Ryou

Ryouの感想・評価

3.5
若さ溢れる青春ロードムービー
助けてブスだったらどーすんの?
ってめっちゃ笑った 笑
染谷将太が一人で卒業式をぶち壊すシーン良かったけど
そこからのラストがちょっと弱いかな

太賀 矢本悠馬 染谷将太
佐津川愛美 阿部純子 佐藤二朗
これキャスト豪華すぎでしょ
そして佐津川愛美と阿部純子 可愛すぎでしょ
染谷将太めっちゃ良かった さすが
minami

minamiの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

明日とかどうでもいい 死ぬほどどうでもいい いつか終わんだから今日が楽しくなくちゃ
odkhr

odkhrの感想・評価

4.0
私はこんなバカでどうしようもない青春は送ってないけど、こんな姿にちょっと憧れたりもしたなー。
ローカル感満載の風景、ざらさらな映像も好き。
出てる役者さん本当に本当にみんな好き!最高すぎる!
若さゆえの無鉄砲さを描いた、まさに青春映画だなと。

染谷将太ファンにはおすすめ。
出演時間は短いけれどすごくいい。
あぶ

あぶの感想・評価

3.5
坊主の染谷が口半開きで笑うシーンが菊地凛子にしか見えなかった、ラストの忘れらんねえよの曲歌ってるシーンは白井健三だった。でもやっぱりTOKYO TRIBEでCDデビューしているラッパーだけあってなかなか格好良かった。
>|