ジヌよさらば かむろば村への作品情報・感想・評価

「ジヌよさらば かむろば村へ」に投稿された感想・評価

お金アレルギーになってしまった元銀行員の青年が、東北の寒村に移住して、お金を一切使わない生活を目指す。
ジヌよさらば。
松尾スズキ監督、脚本、出演のエンターテイメントコメディ。
東北の過疎のド田舎の村で、お金恐怖症の男がお金を使わないで生活していくアレコレ。
出演の松田龍平のいつものユルユルな感じもいいんだけど、脇を固める俳優陣達のキャラクターがとってもいきていて素敵。
息子は"なかぬっさん"役の西田敏行が良かったと、言ってました。
私は、夢売るふたりを彷彿とさせる阿部サダヲ&松たか子が良かったわぁ~。
片桐はいりさんと、三谷幸喜の使い方もgood♪
あとは、パンチラの二階堂ふみよりも、下着姿で縛られていたムチムチボディの松たか子の方がセクシーで素敵でした
ほんのりとB級感はありましたが、子供と観る分には申し分ない良作です!
松尾スズキは映画じゃないのかなっていつも思うけど、最後まで見れた。
これは『カルテット』の布石なのでは…松たか子と松田龍平がかわいすぎて悶絶必至の良質な日本語コメディー映画でした。
お金恐怖症の青年タケがお金を使わない暮らしを求めて東北の集落にやって来て、個性的な村の住人たちと触れ合うドタバタ劇。
誘惑され脅され事故を起こし、金を持っていかれたり、入院費やバスの購入費など、なんだかんだと、金を使う。
金の切れ目が縁の切れ目って言葉があるくらい、人と付き合う限りカネはついて回る。カネとオサラバしたいのなら、人との繋がりを絶ちきって、山奥でひっそりと一人で暮らすしかないだろう。
お金恐怖症の男が、金に強欲な女と一緒になることが腑に落ちない。
のほほんとしたほがらかな村の景観に、バイオレンス描写がなんかミスマッチだった。そんで、阿部ちゃんはクドカン作品のイメージが強くて、この映画の暴力的なキャラ設定が阿部ちゃんに似合わない感じ。
中盤から残念な展開で、村長選挙のくだりで気持ちがダレちゃった。
タケが村長になれば私腹を肥やさず、人のため村のために頑張るだろうな、と思うが、その選挙がどうでもいいや、て気持ちになってた。
あの大量のザリガニを見て、
そうか、神様が死んだからザリガニが降ってきたのか、なるほど…
て、ならないよ!奇想天外、摩訶不思議だよ!なんて村だ!
劇団大人計画、特に松尾と阿部のやりとりは最高。片桐ハイリの顔芸は反則やろ。コミカルなだけの映画かと思ったら、そんなことなかった。
松田龍平さんは、他の作品を見ても 
あまり表情の変化が少ないけど、
その分まわりの人達が個性的で
1癖ある分、対比して、そして
少しずつタケの心の中の変化も
感じられて、ほんのりと面白かった
スズキさんたちのヤクザ組の迫力は
半端ない。
badhabid

badhabidの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

いがらしみきお原作で松田龍平主演といえば、羊の木がいまいちスッとハマらなかったので、こちらも全然期待せずに松田龍平目当てで観た。
ハードルが極限まで下がっていたせいか、「え、何だ、面白いじゃん!」という感じで、最後まで飽きずに楽しめた。
登場人物全員キャラが濃いけど、特に口は悪いが世話焼きな阿部サダヲがツボ。
コメディーとしても楽しめたし、後半から徐々にシリアスな展開になっていくところも良かった。
何処まで原作に忠実なのかはわからないけど、いがらしみきおらしいブラックさもあって、それが嫌な気分にさせずに良い作品のスパイスになっていた。
tkyk

tkykの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

いやぁ、エグい。

ただのコメディ映画と思って油断してたらそこは松尾スズキ。エグい。人の汚さとか触れられたく無いところを素手で握り潰すような事をしてくる。
酔ったタケが村長に突っかかるシーン、セリフやら阿部サダヲの表情やら、エグいわぁ…。

でもまぁ基本はコメディ。
松田龍平と片桐はいりが銀行で乱舞するシーンめっちゃ笑ったわ。クワイエットルームにようこそでもあったよね?若干違うけど謎に舞ってるシーン。ここも松尾スズキ感。

てゆうか出演者豪華だな!皆さん素敵ですけれどもやっぱ松たか子よ。なんだこの人は。凄いね。松たか子って。「村唯一の普通の人」って役なんだけど普通こんな人居ないよ。これが世に言う存在感ですか。。

余談だけど、引きで人物を収めた写真ってなんか良いね。
あき

あきの感想・評価

3.8
冒頭から、お金が怖いという奇抜な設定ではあるものの、楽しめる映画です。
>|