私の少女の作品情報・感想・評価

私の少女2014年製作の映画)

도희야/A Girl at My Door/Dohee-ya

上映日:2015年05月01日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

海辺の村に赴任してきた警官のヨンナム(ぺ・ドゥナ)は、少女ドヒ(キム・セロン)と出会う。ドヒは血のつながりのない継父ヨンハ(ソン・セビョク)と暮らし、日常的に暴力を受けている。村全体が暴力を容認しているなか、ひとり立ち向かっていくヨンナムは、ドヒを守ってくれる唯一の大人だった。ヨンナムも少女の笑顔に癒されてゆくが、やがて激しく自分に執着するようになったドヒの存在に少し戸惑いを憶える。ある日、偶然…

海辺の村に赴任してきた警官のヨンナム(ぺ・ドゥナ)は、少女ドヒ(キム・セロン)と出会う。ドヒは血のつながりのない継父ヨンハ(ソン・セビョク)と暮らし、日常的に暴力を受けている。村全体が暴力を容認しているなか、ひとり立ち向かっていくヨンナムは、ドヒを守ってくれる唯一の大人だった。ヨンナムも少女の笑顔に癒されてゆくが、やがて激しく自分に執着するようになったドヒの存在に少し戸惑いを憶える。ある日、偶然にもヨンハはヨンナムの秘密を知り、社会的に破滅へと追い込んでゆく。ヨンナムを守るためドヒはひとつの決断をするが・・・

「私の少女」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

2014年。ソウルのエリート警視だったイ・ヨンナムが港町の派出所に所長として派遣される。そこで義父と義理の祖母に虐待されている少女ドヒと出会う。少女をかばい共同生活を送るうちに、暴力的な義父との対立を深めていくヨンナム。ある日、ソウルから女性が訪ねてきて、ヨンナムの過去が明らかになる。/ 左遷されたのは彼女の性的志向のためではなく酒絡みの問題だろう。LGBTであることで懲罰を受ける謂れはないし、その点はヨンナムが男性刑事の取り調べではっきりとさせている。ドヒを決して甘やかさないヨンナムの佇まいが凛々しい。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.5
見方によってはエロティックな題名だけど期待しないように。
かと言って虐待の残酷さもそこまでと言ったところ。
不気味な少女も大人が作り出してしまった犯行ということで、結局は女署長が救いの手を…
でもこの少女、あの署長の手に追えるのでしょうか?
この先を想像すると怖いですが、ラストは冷たい雨の中を走る車の安堵感で終わった。

意外性のない結末だけに、韓国映画としては意外だったかも知れない、

なーんか、ずっとイライラしながら観てました。不快というか。
こんなにも時間が長く感じた作品は初めてですわい。

素晴らしいシーンもあったんですが、観終わって何が残るかと言われると.....。

なんで韓国映画の登場人物ってみんな食べ方汚いんですかね。
uforia

uforiaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


冬の小鳥、アジョシに続き、キムセロンが可哀想な子供を演じる。 キムセロン可愛い。韓国のど田舎の漁村の濃い人間関係の閉塞感が伝わってくる感じは良い。継父の母親のガサツそうなおばあさんがナイスなキャラクターだった。
ペドゥナ演じる警察署長は同性愛者でアル中、飲みっぷりが凄い。その背景が描かれなかったのはちょっと消化不良。
あずみ

あずみの感想・評価

4.5
傑作。
ぺ・ドゥナ×キム・セロン

ラスト、海辺での会話シーン。
二人の顔のアップ。
いやクソ素晴らしい

ドシンと心に響いたのだけど、ド傑作なのだけど、とってもしんどいから人には薦めない
この悲しみは行き場を失って、いつもより作る酒を濃くさせた

ラストが『子猫をお願い』と重なって、でっかく「Good Bye」の文字を入れたくなってしまった
ペドゥナ目当てで観たものの、とても見応えのある良作でした。
所長の秘密が明らかになった時点で、些か展開が読めてしまいましたが、女の子とペドゥナの演技力が光っていて、どんどん引き込まれていってしまった。
ペドゥナの作品をほぼ観てきましたが、俳優としての魅力が一段と飛躍した作品だと思う。かっこいい彼女に痺れた。ラストシーンも、このまま終わって欲しいなと思った通りの消え方で、素晴らしかった。
アオイ

アオイの感想・評価

3.4
キムセロンもペドゥナもカリコリやな細すぎ。キムセロン大きくなったねぇ、、
Ringo

Ringoの感想・評価

-
私は、このラストを想像できませんでした。
こわい
こわい
こわい
小さな村に左遷されてきた女性警官とその村の少女の話。
児童虐待が主体的なテーマだけど、外国人労働者や同性愛、その他様々な問題を孕んだドラマ。

これが韓国の現状かもしれないけど、日本も大差ないよね、というか世界全体の問題かも。

ペ・ドゥナは安定の良さ
FKG

FKGの感想・評価

3.6
所長の家でアイドルの真似したところであざてぇと思ったが、あれも彼女なりの生存戦略だったのかと思うと切なくなる。

ペ・ドゥナは田辺誠一に似てる瞬間がある。
>|