私の少女の作品情報・感想・評価

私の少女2014年製作の映画)

도희야/A Girl at My Door/Dohee-ya

上映日:2015年05月01日

製作国:

上映時間:119分

3.7

あらすじ

海辺の村に赴任してきた警官のヨンナム(ぺ・ドゥナ)は、少女ドヒ(キム・セロン)と出会う。ドヒは血のつながりのない継父ヨンハ(ソン・セビョク)と暮らし、日常的に暴力を受けている。村全体が暴力を容認しているなか、ひとり立ち向かっていくヨンナムは、ドヒを守ってくれる唯一の大人だった。ヨンナムも少女の笑顔に癒されてゆくが、やがて激しく自分に執着するようになったドヒの存在に少し戸惑いを憶える。ある日、偶然…

海辺の村に赴任してきた警官のヨンナム(ぺ・ドゥナ)は、少女ドヒ(キム・セロン)と出会う。ドヒは血のつながりのない継父ヨンハ(ソン・セビョク)と暮らし、日常的に暴力を受けている。村全体が暴力を容認しているなか、ひとり立ち向かっていくヨンナムは、ドヒを守ってくれる唯一の大人だった。ヨンナムも少女の笑顔に癒されてゆくが、やがて激しく自分に執着するようになったドヒの存在に少し戸惑いを憶える。ある日、偶然にもヨンハはヨンナムの秘密を知り、社会的に破滅へと追い込んでゆく。ヨンナムを守るためドヒはひとつの決断をするが・・・

「私の少女」に投稿された感想・評価

ちょべ

ちょべの感想・評価

2.3
このクソみたいな不快感、さすが韓国映画!期待通りでした…
確かにモンスターなんだけど、ああしないと生き残れないし誰も助けてくれないもんね。
おねーさんがマイノリティだったからややこしいのか、マイノリティだから助けてくれたのか。
展開が予想通りすぎたので、もう一捻り欲しかったなー
sachiyooon

sachiyooonの感想・評価

3.3
韓国社会全体が閉鎖的であり暴力的すぎな上に、マイノリティと言われる人たちの抱える心情描写がうまく伝わった。

しかし重すぎ。。。
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.5
ネトフリで鑑賞。児童虐待ものかな?と思ったんだけど、もっと広範囲にわたるマイノリティや社会問題を描いた物語だった。ペドゥナの警官姿と百合っぽいジャケ写に惹かれて見たけど、想像以上の展開を見せてくれた。危うげなシーンもあり、キムセロンの魔少女感もさすが。
しかしヨンハ(暴力父)はひどいが、他の韓国映画を見ているとわりと描写が生温いなと思った。もっと酷い男でもおかしくはなかった…。
じっとり淡々とストーリーは進んでいくけど、なかなか引き込まれる作品だった。
うめ

うめの感想・評価

3.2
ドヒ役のキム・セロンが、終始不気味。
何考えてるのか…良く分からん。
ZIMA

ZIMAの感想・評価

-
少数派の在り方を考える、ペ・ドゥナの警察コスプレ映画(社会派)。チャミスルが飲みたくなる映画でも。

暗黙のルールがまかり通っている閉鎖的な村に第三者(観客も含めて)がやってくることで、何が間違っていて、何が正しいのかを教えてくれる。違和感だらけな雰囲気は他者を寄せつけず、自分たちの尺度でモノを見ているので、異物を寄せつけない。これって普段自分たちが生活している世界となんら変わりはないのでしょうな。こんな感じで、核心をえぐられて、モヤモヤとした不快感がじっとりと残るのは、韓国映画の特徴に思えます。

韓国社会の現状をみれた気がするし、日本だってまだまだこの問題に対しては幼稚な所はあるよねっても感じましたな。他者の考え方や価値観を認めて、判断できるようにしないといけませんな。

ペ・ドゥナはもともと好きでしたが、キム・セロンって子も良いですな。


韓国は満19歳からお酒が飲めるそうですね。歳の数え方もややこしい。
nozomi

nozomiの感想・評価

-
その子供の賢さが 何百倍も悲しい
守ってあげることも、救うことも、
自分を救っているような錯覚から、助けられている

依存だよ偽善だよ、でも、それのどこがいけないだろうと、誰が責められるだろうか
胸が辛くなる映画より、すこしでも明るく笑っていられるくらいの映画が、増える事を祈るばかりだといつも、悲しい気持ちになる映画を観るたびに感じて、つらい
小さな村社会の中の、いつでも簡単に 狂気

いつかは少女のほうの気持ちだったから いまは彼女の方の気持ちが分かる気がして おもくて、痛いけれど 脚にある 青あざみたいな 苦いみたいに痛い滲んでいくような、綺麗に真っ青な 青あざ

2017.11.0?
当時メモ
素直に陰鬱の空気がひろがって恐かった…というより、良い気分になんかはならなくてじっとりと嫌な気持ちと少しの憤怒が胸に広がる、そして少し悲しい。取り扱った問題やマイノリティのことなど、単純な映画作品でない事は分かっていて
出演した俳優さん達が、皆演技がうますぎるから、本当に凄く嫌な気持ちだ。(わたしはぺ・ドゥナが好きだから)
社会的なことを含めて映画が持ってくれている本質も全うしてくれてる作品のこれも一つではあると思う、
昔、散々とこうした暗いけど本質的な事を扱う映画もたくさん観てきたけれど、依存や偽善から抜けだしたものに気がつけたから昔観てきた事はきっと良かったとは思ってる 鬱々しさと、癖になっている青あざ みたいな気持ち
記録 6.6
キム・セロン出てるのが理由で観たんですが、良かった〜👍
.
児童虐待だけがテーマかと思ったらまさかの所長さんの抱える問題がLGBT関連とは予想外でした。
.
児童虐待系映画だから、親が捕まって、所長さんが最後一緒に暮らそうって言うんだろうっていうのは分かってたけども、そこにLGBT問題を入れてきたことで面白さアップって感じです👍
.
虐待している父親とお婆さんには呆れるし、いい気分には最後までなれないけれど、すごくいい映画なのでオススメです🎶
タイトルからLGBTモノなのか小児性愛ものなのか、って匂いがプンプンしてたけどちょっと想像以上に良かったぞ、、、

虐待されてる少女の狡猾さが最後の最後まで話をわからなくさせてる。
話の大筋は結局そっち系統やけど、不法滞在者の話なんかもあったりで全体的に陰鬱なトーンでもしっかり美しさで引っ張ってくれるペドゥナ(あっぱれ)
ペドゥナはやっぱり大好きな女優さんです。

社会から目も向けられない存在を救うのは、社会から白い目で見られてる存在。
いやぁ、さすが韓国映画。
mmm

mmmの感想・評価

3.5
じっとりと重々しい湿度の高い映画。様々な問題が常にまとわりついてきます。このしんどさこそまさに韓国映画。少し荒んだペ・ドゥナの美しさがまた色気があって素晴らしかったです。
アキホ

アキホの感想・評価

3.7
辛い.
韓国映画の暴力描写、リアリティというか質感というか少し苦手.
>|