クルックリンの作品情報・感想・評価

「クルックリン」に投稿された感想・評価

EDA

EDAの感想・評価

4.0
ファンクが鳴り響くソウルフルなホームドラマ。トロイの成長に泣いちゃった
日常ムービーって感じ
ラストは大きなこと起こったけどそれまではケンカとか万引きとかそんな感じ
シンナーで世界逆さになるのよかったな
音楽精通した上でまたいつかみたいかも

いとこの家画面縦長になるの心情見え見えだな
TAKA

TAKAの感想・評価

3.5
子どもたちが逞しい。ケンカしても足りないくらい元気。そしてお母さんが強い!
音楽がカッコいいし、楽しかったわ。

Pepe

Pepeの感想・評価

3.8
長いPVを見てるような感じだった
とにかく音楽が最高、全曲Shazamしながら見てしまった笑
ブルックリンで生きる無骨な黒人にやっぱり憧れるな〜
あと、今までみた映画で1番かっこいいエンドロールでした
BON

BONの感想・評価

4.1
トロイ、子どもたちすくすく育ってほしい
スパイクリーの生い立ちが分かる
涙出た
音楽が始終ファンクで良かった
ジャクソン5も子どもたちとマッチしてた
ソウルトレイン観て踊る子どもたち可愛いしソウルトレインのエンドロール良い、、
GATS

GATSの感想・評価

4.2
実に日常!日常なんだよなあ!

『ドゥ・ザ・ライト・シング』がブルックリンのとある地域における人種差別を描いているのに比べ、こちらはブルックリン、しかももう少し小さな枠(コミュニティ、家族)に焦点を当てられたお噺。

とはいっても、ラストまで何かとんでもないことが始まるわけでもないし、なんだったらむしろ、近所が臭いだの、家の電気が止まるだの、家族喧嘩だの、身近な舞台でしかドラマは描かれていない。

それなのに、なんかドラッグを紙袋で吸った少年がぶら下がってる画だったり、近所の友人とけなし合う、もしくは殴り合ったり、更には父親の持って帰ってきたケーキを食べるために見の前のピーズを嫌嫌食べる(しかも吐き出す)、というのがこんなにも面白い!

中盤、娘のみが南部に行くことになって、しかもそこの義理の親がめちゃめちゃ意味不明なキャラクターで、話し方は変だわ、飼っている犬は死ぬわで、もう大騒ぎだよね。

ラストは、いいんだけど、急にオーディなるになっちゃう感じがありましたが、何はともあれスパイク・リーの撮り方ほんと面白いなあーヒップホップだわあ
Ichiro

Ichiroの感想・評価

3.6
ソウルががんがんかかってるのに父親がソウル嫌いの設定で笑った。
field

fieldの感想・評価

3.6
「People Make The World Go Round」の冒頭から優しい。監督の育った七十年代ブルックリンの時代感たっぷりに家族を通して見える地元への想いが伝わるようでとても心地よい。

ヒスパニックやアフリカ系アメリカ人の多く住むコミュニティで貧しくも暮らす大所帯のウッディ一家、長女トロイを中心に描かれる家族たち其々個性がありヒステリックに叫ぶマムやマイペースで頑固な売れないミュージシャンのダディ、喧嘩の絶えない兄弟たち。観てると本当の家族を見ているような気持ちになる。
兄弟間以外もお店からくすねたり友達と揉めたりどこにでもあり得るエピソード。特別感の無さがよりこの雰囲気を引き立ててるのだろう。

終始流れるグッドミュージック。ラリったシーンで逆さまになる描写も最高だし、ロウソクだけの食事のシーンはとても綺麗だった。優しい。
70年代 ブルックリンに暮らすカーマイケル家の日常。

売れない音楽家の父、働き者の母、男の人4人と女の子1人の兄弟。

70年代のブルックリンで暮らしゆくたくましさ・壮絶さが垣間見えますが、皆あたたかく、楽しく、幸せそうにしていることが印象的。

スパイクリーが故郷を好み、伝えたい気持ちや 見てきたもの、感じたことを作品にしているように感じた。
Crooklyn

黒人大家族の中で揉まれて子供たちが成長する話
いがみ合っていた長男と末娘が母の死をきっかけに手を取り合うシーンに涙
>|