ラジオ・デイズの作品情報・感想・評価・動画配信

『ラジオ・デイズ』に投稿された感想・評価

Yui

Yuiの感想・評価

3.8
自分の子供時代のことをこんなに素敵な映像にできるなんて、映画監督ってすごい!
古き良き時代の大らかさと、クスッと笑える小ネタで心地よく鑑賞出来る。ただそれ以上の発展と縦軸が無いので、少し退屈な印象。ウディ・アレン作品中、最も地味なのでは無いだろうか。
BoltsFreak

BoltsFreakの感想・評価

3.3
ラジオが情報ソースだった古き良きアメリカな作品

大文字小文字を単にサイズを変えて書くシーンには笑った
初めて見た時は衝撃だったな
ムサシ

ムサシの感想・評価

3.3
1944年のアメリカ
この時代のアメリカで一度デートしてみたい

ウディアレンも88歳かー

第二次大戦直後のニューヨークを舞台に、華やかだったラジオの日々とある一家の生活を描く。

少年のラジオに纏わるエピソードと、全く関係無い女性のソレを並行して見せる展開。

史実をユーモアたっぷりに絡…

>>続きを読む

死ぬまでに観たい映画1001本より705本目

ウディ・アレンの自伝的映画だそうです。
作風的にも「フェイブルマンズ」に似てる。
自伝映画ってけっきょく酸いも甘いもリアルに描写するので、重たくなりが…

>>続きを読む
上K

上Kの感想・評価

-
いいな、作るの楽しかったろうな。でも作りながらちょっと泣いたりもしたのかな
MakJohn

MakJohnの感想・評価

2.5
時間的にとても余裕がある時に
ゆったりと観る映画なのでしょう。
タイミングが悪かったのか
心の準備ができておらず、途中で挫折。
またの機会に。

時代は違えど、自分にもテレビよりラジオが中心の頃があった。
映像ではないので想像力を掻き立てられるところは確かにあって、それがラジオの最大の魅力。
「火星人襲来!」のエピソードなどはまさにその典型だ…

>>続きを読む
Kinari

Kinariの感想・評価

3.2
若かりしダイアンキートンが本当にビューティフルの極みでこれ目当てでウディアレンについつい手を出してしまうよ
>|

あなたにおすすめの記事