ブロンクス物語/愛につつまれた街の作品情報・感想・評価

「ブロンクス物語/愛につつまれた街」に投稿された感想・評価

Momoka

Momokaの感想・評価

3.8
大人の言葉の重みは違うなぁ
かっくいいです、経験値上げてきたいです
*生活格差・マフィア抗争・人種抗争が入り混じったお話*
”二つの学校で学んだ。だから倍利口になった”
実の父親とマフィアのボスとの間で揺れ動きながら成長する少年の物語。
社会は早く大人にさせる。格差のある社会では早く大人にならなければ命が危ないというのは世界共通。「あの頃は大変だった」的な自伝として描かれたのだが、見る方としては、やめよう差別、仲良くしよう、早く尊重できる社会へと思う。今ある差別が早く過去の歴史となるように、教養を身につけることの難しさを考える。
デニーロの思いが詰まった作品。
フライ

フライの感想・評価

4.2
かなり心に響く作品だった。
リロブランカトーの実の父親としてのロバートデニーロは、父親として息子を思う熱い言葉が、マフィアであるチャズパルミンテリは、父親のような友人として、社会の現実や生き抜くすべを教えてくれる言葉が印象に残っている。特にチャズがだんだんと主人公Cに向ける目が、息子を見る目に変わっていく様子は、胸が熱くなった。
リロブランカトーはロバートデニーロの若い頃を思わせる面立ちや雰囲気に驚いた。
出来れば10代後半〜20代位に観たいしその時の自分の反応を見てみたい。息子が居たら見せたい映画
metamegane

metameganeの感想・評価

4.1
脚本◎音楽○
「大人になればわかる」
同じ言葉を使う二人の父は尊敬され、時にいがみ合う。
主人公は良くも悪くも純粋だけど、ドア・テストのくだりは人種の壁を越える。実パパの偏見に対して、ギャングパパの助言が活きる。
ラストの「家に帰ろう、C」やっぱドラマ作品でのデニーロは輝く。
KeN

KeNの感想・評価

3.6
シネフィルWOWOWの録画にて。初見。

「二人はよく大人になれば分かると言った。僕はやっと この二人から学んだ。愛に交換条件はない。そのまま他人を受け入れる。そして何よりの言葉は“一番の悲しみは才能を無駄に失うこと”。そして自分でした選択が人生を決める。」by カロジェロのナレーション

ソニー役で出演していたチャズ・パルミンテリが脚本を書き、同じくカロジェロの父親役として出演していたロバート・デニーロが初めて監督を手掛けた1960年代のブロンクスを舞台にした“ワイズ・ガイ”もの。
人種的な対立も多少絡めてはいるものの、大筋はかなり『グ ッドフェローズ』に似た感じで、本当にアメリカ人は…て言うかデニーロ自身 “ワイズ・ガイ”ものが好きなんだなぁと つくづく感じてしまう。
バックに流れるBGMもJerry ButlerやThe Moonglows、 The Four Tops、The Impressions、James Brown、Jimi Hendrixなどなどの当時の“Goodies”がふんだんに盛り込まれ、このへんも『グ ッドフェローズ』と瓜二つ。
しかし、青年期のカロジェロ役を演じていたリロ・ブランカート・ジュニアという役者の顔立ちが、若い頃のデニーロにどことなく似ていた。もちろん親子の役なので、オーディションでその点も大きなポイントとされたのであろうが。まぁ、でも将来 デニーロのような素晴らしい役者になるにはちと厳しい演技力かな…(苦笑)
KazuPSG

KazuPSGの感想・評価

5.0
規模感が丁度いいマフィアものですね〜
街の長的なソニー、人々との交流もあって、非現実感が無くて、見やすかたったです。
そして、ラストシーンでのジョー・ペシはズルすぎます笑

ソニーの女性を試すテストは最高にオシャレでした。きっと今やっても、開けてくれる女性は1人もいないでしょうね〜
オシャレだけではなく、何か本質的なものを感じるテストです。
なお

なおの感想・評価

3.5
監督はロバート・デニーロ。
ソニー役は「ユージュアル・サスペクツ」で刑事役のチャズ・パルミンテリ。本作の脚本も手がけている。

バス運転手の父は息子カロジェロにマフィアのソニーと関わらないでほしい。親としたら当然のことだろう。
ソニーは自分の思うように生きろと。マフィアに引きずり込む気はない。カロジェロを想う2人の愛が素晴らしい。
よしみ

よしみの感想・評価

3.0
1960年代のブロンクス

移民系の抗争とか
人種差別とか

うまく取り入れて
かつ
重くない
仕上がりに好感が

デ・ニーロの
子供役の俳優が
彼の若い頃にそっくりで
かなりな驚き😱

ジョー・ペシが
少しだけの登場でも
強すぎる存在感😄
ペコ

ペコの感想・評価

3.6
ロバートデニーロ初監督作品らしいです。
60年代のブロンクスをアナログな感じで丁寧に描いていて好きでした。デニーロの息子役くん 少年期役はとにかく愛らしい子で青年期役はデニーロそっくりな役者さんでこれもまた楽しめました。
いいストーリーだった。
グッドフェローズと同じかなと思ったら違かった。
デニーロは真面目なパパ役。
少年がマフィアと親しくなるにつれ心配になったけど
ボスのソニーがちゃんと正しい道を教えてくれた、貸しだ借りだと恩を着せてマフィアへの道へ引きずられるのではなく。
>|