PUNK'S NOT DEADの作品情報・感想・評価

「PUNK'S NOT DEAD」に投稿された感想・評価

た

たの感想・評価

4.5
最近パンクよく聞くので観ました。配信がないレンタルもないな映画はいちいち買わなならんのでダルいですね。

パンク文化がどう変化してったかっていうのを色んなパンクバンドに聞いてて面白かったな〜。変化の中にポップ・パンクも含まれててその文化が台頭した影響も話してたのがかなり楽しめた。ただSUM41が目の前で「あれはパンクじゃない」とか言われてるくだりはマジで観てるのがキツかった。
個人的な考えとしてはパンクって言うのはただの精神論の一つであって音楽のジャンルと言うよりかはまた違うんじゃないかな〜と思うところがあるので考えさせられました。大体ポップ・パンク言いますけどラモーンズもダムドもピストルズもクラッシュもみんな音楽的にはメッチャ聞きやすいバンドなんですけどね。
Green Day
NOFX
OFFSPRING
SUM41
このへんはドンピシャ!

Bad Religion
Story of the year
Used
懐かしい!

登場してなかったけど
No Use For a Name
Snuff
とかも大好き!


なんやかんやでPunk好き。
Iku

Ikuの感想・評価

4.0
久しぶりにDVD引っ張り出して見ました。アラフォーの私の入り口はgreenday、作中でポップパンクはパンクか?と議論になってるど真ん中だけど、世界を変えたのは確か。否定もしないけど肯定もしない、多くの世代の多くの意見を満遍なく取り入れてる、何度見ても良作です。

今年はアラフォーポップパンク世代は泣かずにいられない。sum41にoffspringにgreendayにマイケミにuseless idなどなどが最初の1Qでどっとやって来る!
Yuya

Yuyaの感想・評価

4.0
Message of love.
Paranoia,
Hysterical,
Blood and Money.
This is Punk !

What’s so funny?
オフスプの誰かとバッドレリジョンの誰かが、理系のドクター(博士)の学位を持ってるか博士課程中と言うのを知った。

「ロックンロールは一人ぼっちの奴のためにある」であり、
そんな人間にとって、
「パンクロックはやさしいから好きなんだ」
である。


DVDと言う過去のメディアは殆ど売ってしまったが、これは取ってある。
20KA

20KAの感想・評価

3.8
2018年8本目。

とりあえず俺は今アディクツを聴いているよ。
Sho

Shoの感想・評価

4.0
私はPunkという言葉を知らなかった頃、Good Charlotte等の所謂Pop Punk という音楽に出合い、そこから90s Epitaph系列などを経てPunkという言葉に触れるようになった。
さらにそこから初期パンクとかをたどり、UKのハードコアパンクに行ったり、アメリカンハードコアに行ったりもしました。
もちろん日本のバンドも好き。
今はメロコア、メタルコア、ハードコアとかを聴くことが多いけど、その流れがあったからこそ今がある。
どの段階においても、Punkと言う言葉を目にするけど、持っている意味は時代や状況によって異なる。
だからこそひとつの定義としてまとめあげるのは難しいし、どれが正しいなんてないのかもしれない。
この映画の中じゃあんなんPunkじゃねぇって言われてるPop Punkバンド達だけど、自分のPunkの入り口となったのは間違いなくPop Punkだし、それがなければ先代たちが、これがPunkだ!と譲らないバンドにも出会うことはなかった。
逆にルーツの方へと遡ることがなければ、Punkの意味を考えることもなかった。
そう考えると自分のなかでどれもPunkを知るにおいて大事な役割を果たしてるし、他人があれこれいったからって、それが正しい訳でもない。
結局Punkとはこれだ!って一言で言える答えはでないけど、自分にとってPunkとは何かっていうのを見つめ直すことになった作品。

あなたにおすすめの記事