フィルムエイジ:ザ・ストーリー・オブ・ディセンデンツ/オールの作品情報・感想・評価

フィルムエイジ:ザ・ストーリー・オブ・ディセンデンツ/オール2013年製作の映画)

Filmage: The Story of Descendents/All

上映日:2014年12月13日

製作国:

上映時間:90分

4.3

「フィルムエイジ:ザ・ストーリー・オブ・ディセンデンツ/オール」に投稿された感想・評価

ymxx

ymxxの感想・評価

4.3
自分はパンクをあまり聴かずに過ごしてきたけど、その時の温度感とか伝わってきた。
何度メンバー入れ替わってそれぞれの思いがあり、ビルと父親の関係性にも心打たれたり、見て良かった。
また見たいと思う!
naoko

naokoの感想・評価

5.0
これは本当に傑作
今まで見たドキュメンタリーのどれよりいちばん感動した
THE LASTの演奏シーンも
ビルとパパの関係も
後期メンバーの思いも
熱すぎる
うねの副音声付きで5時間くらいかけて観た。うねのめんどくさいとこがちょっと好きになる。ディセンデンツやべー!最高のドキュメンタリー
レジェンドパンクバンドの自伝映画という側面ももちろんありつつ、descendentsとALLというバンドのお互いの苦悩みたいなのが見れておもろかった〜 なんでこのおじさんこんなに人気あんねやろな〜と思ってたマイロの魅力も分かってきて、自分の想像とか一部の記憶で作られてたdescendentsの曲の解釈とか立ち位置が思いっきり違う物になっていくのもすごく気持ちよかった 日本来たら絶対ライブ行くから元気しといて〜
バンドドキュメンタリーものの中でも屈指の出来 最終的に笑って楽しんでバンドをやってるところが一番カッコイイ
ALLとDESCENDENTSという2バンドは人間の持つ両面性を良く表していると思う。
2バンドを取り巻く環境の違いは皮肉なものだが、そもそも「マイロでは無いとDESCENDENTSではない」という考えがビルの中に明確に思える程、彼は確かなパンクスで在るということ。タップリの砂糖をブチ込んだコーヒーを継ぎ足しながらじっくり楽しめるパンクムービー。
恥ずかしながら初めて知ったけど格好良い。映画としても編集のテンポは良いし緩急もあってポップで人もバンドも魅力的に映し出されてて、とても観やすいし好き。
村

村の感想・評価

4.2
来日公演から2ヶ月、やっと見れた…。
ディセンデンツの面々をこんな高画質で見る機会があるとは…。
マイロやビルを筆頭に詳細なインタビューが収録されていて、バンドの遍歴がよく分かります。
正直オールはshe's my exが入ってるアルバムしか聞いたこと無くて思い入れがあまりないけど、ボーカリスト色々変わりつつも色々試行錯誤してたんだなと発見がありました。
多くの大物ミュージシャン達にもリスペクトされている姿を見て、やっぱりいいバンドなんだなとつくづく感じます。パンク界のダイアーストレイツ的な立場はこの人達では無いでしょうか。
35年のPUNK人生ドラマ。
影響力、勇気付けてくれる人達ってこうゆう事か。
サラッと聴いてた自分が恥ずかしくなった😅
青春時代に最高なバンドに出会えててほんまに良かった。
劇場公開時も観に行ったし、DVDでも何度も観たけど、観る度に毎回、泣きそうになってDESCENDENTSが大好きになる、こういったバンドドキュメンタリーの最高峰。

もちろん、DESCENDENTSを全く知らない、パンクが好きじゃない人が観たら響かないんだろうけど、少しでも聴いたことがある人なら絶対に観た方がいい作品。
>|

似ている作品