ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつの作品情報・感想・評価・動画配信

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』に投稿された感想・評価

アーロン・テイラー=ジョンソン目当てで。かなり年上だったこの作品の監督と結婚。
ジョンレノンの生い立ちを知らなかったので、勉強になった。不安定になって当然。辛かっただろう。
もっといっぱい音楽を聴けると思っていたので、ちょっと残念。
トーマス・サングスターも出演していて、驚く。まさかのポールマッカートニー役。
ジョンが真実を知るシーンが苦しすぎる。叔父さん叔母さんに愛情いっぱいに育てられたんだなあ。人と人の繋がりの描き方がリアルで切なかった。抱擁するシーンがたくさんあってどれも琴線に触れる。
YD

YDの感想・評価

4.5
母親を失った哀しみを共有できたからこそ、ジョンポールには絆が生まれたのかなと…
ビートルズ結成以前の話なので予備知識無くても楽しめます。
nana

nanaの感想・評価

3.7
授業で鑑賞。
ジョン・レノンのことが色々わかる作品だった。知らないことばかりだったので、知識を深められてよかった。
あ

あの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

治安悪めで曇りがちなリバプールの街とみんなの不良具合、そしてジョン・ミミおばさん・ジュリアの間の葛藤が良く描かれてて、ジョンとビートルズのルーツが想像できた。最後ビートルズの名前をあえて出さなかったのも好き。

これは映画!と思いつつも、アーロンのジョンめっちゃ良いと感じたぶん、トーマスサングスターがトーマスサングスターにしか見えなくて気が散ってしまった…ごめんなさい
ビートルズ熱がまたやって来て、久々に見たジョンレノン10代の実話ベース作。
多分前泣いた所で同じように泣いたよ。
次はバックビート見よっと。
suguru

suguruの感想・評価

3.5
10年ぶりに再観。

ビートルズファン垂涎のエピソードが満載。音楽も極上ですが、養母と実母との狭間で葛藤する青年時代のジョンの生き様とテーマ(曲)の『MOTHER』が見事に調和しています。
いい映画です。
ちなみに、昔見逃した『バックビート』と間違えて観てしまったのが実話。
居場所がないと感じるジョン
だけれど
本当は、二人の母に
こんなにも愛されていた。

奔放な実母のジュリアも
厳格な育ての親ミミも
形こそは違っても
深く深く息子を愛していたのだ。

そして私は
彼女たちに言いたい。

私達にジョンをありがとう!

イギリス・リヴァプールの
少しくすんだような街と自然と
キチンとネクタイを絞めた
イギリスの男性たちが
この映画の格を上げているような
そんなふうに思える
とてもいい作品でした。
カヤ

カヤの感想・評価

3.3
ビートルズ結成前のジョンレノンの話。自分の音楽の原点はビートルズ。青春時代を思い出す。
TAKA

TAKAの感想・評価

3.6
ジョンの若い時の話
なんか自己中にも思えるけど、そこには親から捨てられたという思いが彼を孤独にしたんだな。
>|

あなたにおすすめの記事