ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつの作品情報・感想・評価・動画配信

「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」に投稿された感想・評価

eriiko

eriikoの感想・評価

3.5
好きな俳優が出てるわけでもなく、ビートルズファンでもないのになぜか観に行った作品。アーロンくんのその後の活躍(特に悪役最高!)が嬉しい。
yuta

yutaの感想・評価

5.0
これは、ジョン・レノンさんの青春時代を描いた作品です。

家庭の事情で、小さい頃から厳格な伯母に育てられたジョンは、伯父のお葬式で実の母の存在を知る。近所に住んでいることもわかり恐る恐る会いに行くと、母の自由奔放な行き方を目の当たりにし強い刺激を受け、音楽の世界にも足を踏み入れることに・・・。

二人の母(実の母、育ての母)の間で揺れ動くジョンの様子がよく描かれてました。そのジョンを奪い合う二人の母の演技も最高でした。
それと、後のビートルズのメンバーであるポールやジョージも登場するので目が離せません。

この作品の監督さんは、アート映画出身の女性監督、サム・テイラー=ウッド監督。何と、この作品でジョンを演じた23歳年下のアーロン・ジョンソンさんと結婚しちゃって、しかも子供も産んじゃったって言うからビックリですね。
明日10月9日はジョン・レノンの誕生日。生きていれば80歳。『ノーウェアボーイ』は未見だったので『イエスタデイ』も良かったことだしこの機会に鑑賞。

5歳の時に母親に捨てられて、厳格なミミ叔母さんに育てられたジョン。15歳になったジョンは母親探しに出かけるけど、母親は叔母さんの家から徒歩圏内に住んでいてあっさり発見。

再会した母親はジョンをプレスリーの映画に連れて行ったりバンジョーの練習をさせたり、その後のジョン・レノンという人間を形成するきっかけを与えたのでした。

ロックをきっかけに悪ぶって学校でエロ本が見つかり停学になるジョン。昔の大人達が言う「ロックは悪影響だ!」ってこういう経緯だったんですね。


ジョンの母親がスクリーミンジェイホーキンスのレコード『I put a spell on you』をかけるシーンがあったけど、この曲ってジムジャームッシュ初期の映画(確かダウンバイローだったかな)のエンディングで流れてたのを思い出した。20年以上前に1度聴いた曲だけどインパクトが強く何だか耳に焼き付いて離れない曲でした。


ビートルズ結成時の映画なのでポールマッカートニーやジョージハリスンとの出会い、会話の中に少しだけど幻のメンバー/スチュワートも出てきた。ハンブルグツアーに向かうので同時期を舞台にした映画『バックビート』と合わせて見るとより面白いです。
blu-ray

ビートルズファン必見
ポールとの出会いのシーンもあり、知っていた内容だったので、映像で見て感動!!
ジョン・レノンの伝記映画だが「ビートルズ」は出てこない。本作はレノンの少年時代の話、主に母子関係についてである。『イエスタデイ』では老人となったジョンが出てきて愛について語るけれども、本作を観れば「なるほどね」となるでしょう。

クオリーメン時代の曲「イン・スパイト・オブ・オール・ザ・デンジャー」が流れるシーンは本作の白眉。2017年のポール・マッカートニー東京ドーム公演でこの曲を生で聴いたときは異様な感動があった。それは本作の記憶が残っていたからで、当時、青春時代に作った曲をいまだに歌い続けているポールを観て甚く感激したのだ。というか一発目の「ハード・デイズ・ナイト」から感激していた。そのときはちょうど『サージェント・ペパーズ』の50周年で、かなりサイケな演出があったりしてめちゃくちゃ興奮した。でもやっぱり「オール・ザ・デンジャー」が一番興奮したのはまちがいない。

まあ自分語りはどうでもいいとして本作は、ビートルズファンは喜ぶだろうけどそれ以外の人は「物足りない」と感じるかも知れない。あまり誇張したり派手にしたりはしていないからだ。たいして知らない人の伝記など観ても面白くないもんね。でもジョンについて知りたいならコレを観るのがいちばん手っ取り早いですよ。
JTK

JTKの感想・評価

4.0
全体的に満足な出来。後にジョンが「ジョンの魂」を作らざるを得なかった理由や、ヨーコと出会い彼女の事を「Mother」と呼ばざるを得なかった理由が、判りやすく呈示されている。
pomodoro

pomodoroの感想・評価

3.7
主演のアーロンがだんだん
本当にジョンに見えてきて
俳優さんって凄いですね

ジョンの人生がそんなに壮絶だなんて
知らなかった
曲の聞こえ方が変わるだろうな

男子学生のおいコラなシーンは可愛いし
色々と巻き込まれマイケルも
誰か労わってあげて
ジョン・レノンやザ・ビートルズの曲の聴き方が変わりそう。
ポールとの出会いは普通な感じやけど、歴史的過ぎてハッとなる。
.
.
.
感動的なストーリーであるはず
なのに……
あまり感じない
わたしって……
いったい……
.
.
.
チバ

チバの感想・評価

-
エンドロールのmotherで救われた気が
するのは何故だろう。
>|