あなたとのキスまでの距離の作品情報・感想・評価

あなたとのキスまでの距離2013年製作の映画)

Breathe In

製作国:

上映時間:98分

3.2

あらすじ

「あなたとのキスまでの距離」に投稿された感想・評価

Ramy

Ramyの感想・評価

3.9
なんとも言えないね。なんとも言えないよ。こんな時ってあるだろ
くま

くまの感想・評価

4.5
内容は微妙。
だけど、映像が美しく静かに時間が流れていく感じが凄く好き。
またフェリシティが美しい。
あき

あきの感想・評価

2.3
純愛物かなと観たけど、結局自己中なだけでどこに愛があるのか分かりませんでした。
でも役者さんの演技、映像の美しさ、ストーリーの分かりやすさは良かったです。
vee

veeの感想・評価

4.0
丁寧に心理や心情を描いていった結果大きな物語としての構造が出来たんだなって分かるこの良さ、、

台詞で語るよりも雰囲気や仕草など、目に見えないもので伝えてくる良い作品。
犬

犬の感想・評価

3.5
写真

ニューヨーク郊外の緑豊かな街
音楽教師のキースは、妻メーガンや高校生の娘ローレンと平穏な毎日を送っていたが、その一方でプロのチェロ奏者になる夢をいまだに諦めきれずにいた
そんなある日、一家は交換留学生としてやって来た18歳の少女ソフィーを預かることに
ソフィーにはピアノの才能があったが、ある理由からピアノを弾かなくなっており、キースはどこか陰のある彼女に次第にひかれていく

ドレイク・ドレマス監督が、夢を諦めきれない既婚男性と孤独な少女の許されざる恋を描いた恋愛ドラマ

彼女が来てからというもの

不倫もの
ソフィーが魔性の女感あり

雰囲気が素晴らしい
ピアノの音色も良かった

展開は結構好き

マッケンジー・デイビスが困惑してます

あんな所で暮らしたい〜
Marin

Marinの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

マリンテイストの水色の家があまりにも素敵。全体的に色素が薄くてぼんやりした雰囲気なのが、夜9時以降に合う映画。

ストーリー自体は思ったよりあっさりしてたかなー。ソフィーには悪気はないのかもしれないけど共感できない。最後みたいに取り繕ったまま、あの家族は過ごしていくんだろうか…。

あと予告!だいぶウソでは??あんなにサスペンスサスペンスしてないよ!
あー

あーの感想・評価

3.5
こんな明るい邦題から何も考えずに見れる軽いラブストーリーかと思ったら重い暗い辛い。意外でした。
YM

YMの感想・評価

3.0
主人公、ヒロインに対して
何の共感も持てない。
短絡的な思考回路に
イライラします。
ただこれが実は御伽噺では無い
現実なのかも。
純愛ラブストーリー観たさに
レンタルしたが、トホホです😭
いがみ合いの中だから
ちょっぴりキレイに見えた恋だったけど
実際問題ただの浮気。。。
娘からすると父の一番見たくない
シーンと言っても過言ではない
気がする。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.9
たまに無性に恋愛映画が観たくなる。
オヤジの失った過去へのノスタルジーなのかな😅

ときめくあの感情を恋愛映画は僕たちに思い出させてくれる。→オヤジきもい?すまん☺️

特に本作のようなきちんと作ってある作品は。

いや〜めちゃくちゃドキドキしたよ、
こりゃあ、反則だよ〜
だって、フェリシシティ・ジョーンズがホームスティだよ!
音楽家の元に、ピアノの天才だょ😄

この映画は恋愛の初期の微妙な感情をとても細やかに丁寧に描いている。

視線が合う、微笑む、
ちょっとタメ語が混じる、
視線がまた合い、不自然にずらす、
一緒にいる時間が増える、
ゆっくり会話する、沈黙でも饒舌な瞳、
指先を見つめる、触れる、
その手が髪に、、、

と書くだけで、ドキドキしちゃう〜

こーゆー細かい描写ができずにすぐやっちゃう映画が多い中、
恋愛行為がとてもよく描けていると思う。

さらにこの映画が優れているのは、もう一つのギリギリの感情。
「一つを取ることで残りの全てを失う」という究極の選択を迫られるということ。
そのなんとも言えない無常感。

奥さんに不満がないわけではない、
でも、愛しているし、一人娘は可愛いに決まってる。

でも、それを捨てざる負えない選択に迫られるのだ。
だって、フェリシティ・ジョーンズだよ!

恋愛は切ないね。
どっちを選んでも切ないね。

そーゆー「絶対的な切なさ」が描けているんだな。

結末も、あのやり方が余計に無常感が膨らむ。ここではあえて省略を生かし、描かないことで、悲しみや切なさを十二分に伝えることができている。

スコアはなぜか低いけど、とても優れた恋愛映画だと思いました。
>|