沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

BT

BTの感想・評価

4.2
はじまって5分で映画館にいかなかったことを後悔したよ。この映画は凄い。
ハクソーリッジもそうだけど信念の人ガーフィールド。
あとキリストの顔、怖いわー。
・人間は弱い。
道となる指標がないと生きていけない。
1人では生きていけない。
その指標として、宗教や神という概念が
あるのかもしれない。
だとすれば時や場所によって、
その解釈や性質、その道の先が
異なるのは当然である。
どうやって生き、何のために生きるのか
その本質を決めるのは、人間だから。
沈黙しているのは誰なのか。

・抑えたトーン、画の構成、容赦ない描写
すべてがテーマに向かって
統一されている。
すごい重たい気持ちになったが
やはりスコセッシは半端ではない。

・この映画のテーマの解釈も
観るものの背景や時代によって
変わるのであろう。
僕の解釈もスコセッシが意図している
ことと多分異なるかもしれない。
それが映画の良さであり、人間である。
いい映画なのですが…。
監督が外国人なので、観客に求める「常識/強要としてのキリスト教」のレベルが、日本人から見るとすごく高い。
私は、ミッション系の学校で育ったクリスチャンなので、理解はできたのですが、普通の日本人が見て、果たしてどこまで何が理解できるのかはナゾです。詳しくはこちら↓
https://wp.me/p82rq3-bH
今の日本では考えられないことを、昔行ってたんだなと改めて考えさせられる。

歴史を学ぶ上でも、見ておきたい作品。
Aヒロ

Aヒロの感想・評価

4.7
小説などの話とか聞いたけど、この映画は想像を超えてきたと思う^ ^
lilkilala

lilkilalaの感想・評価

4.0
小学校の授業で隠れキリシタンを学んだ時から
もし自分がクリスチャンだとしても身に危険が及ぶのを分かっているなら余裕で踏みますわ
と思っていたけど、考えが変わった。
(原作未読)信仰、仁愛、生き方と言うと陳腐になってしまうがとても真摯で苦しく美しい映画。静かで長い映画なのに1分も退屈しない、正直ワクワクする引き込み力とハッとするようなカットの力。監督と役者に隙無し。
しし

ししの感想・評価

3.9
ここまで祈れること、信じるものがあること、は素晴らしいと思った
りさ

りさの感想・評価

-
信じる、後悔する、謝る
気持ちがあればいい。

気持ちでええねん。
キチジローリスペクト。
夏野

夏野の感想・評価

4.0
重く、息苦しい。
「信じるものは救われる」という宗教の根底を揺るがす衝撃的な作品。「信じたから苦しんだ」人々の苦悩と葛藤のお話。
キリシタンに対する酷い処刑も目を背けたくなるものですし、それなのに神を信じて抗いボロボロになっていく人々も痛々しくて、みているのが辛かったです。
命よりも大切な教えってなんだ?宗教が守りたいものってなんだ?分からないことだらけで、なんだか複雑な気持ちになりました。
>|