沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    イトジュンゲンズブール
    イトジュンゲンズブールの感想・レビュー
    3時間
    5.0
    さまざまな信仰のカタチ。
    神を信じ抜いて殉教するか、死ぬのを恐れて棄教するか、生き延びるためにキリストを踏んでも信じていたいと願うか。

    いちばん歪んでいたのはキチジローでしょうか。彼の「時代が違えば良いキリシタンとして死ぬことができた」というメッセージは、信じているのに信じられない葛藤を表す叫びとして響きます。信じれば殺され、信じていなければ自分の意思に背く。

    宗教とは何のためにあるのでしょうか。一般に日本人は信仰心が薄いと言われますが、お寺や神社、あるいは教会に1回も行ったことがないという人はわずかでしょう。そういう場所に行くと、多くの人はお願い事をする。おみくじを引く。それだって、ひとつの信仰のカタチではないかと私には思われます。幸福な人生を送るための行為にあたるからです。

    逆に、死んでしまったら何も起こらない。いや、どうなんでしょう、何か起こるかもしれないけれども、それは生きてる間には分かり得ない。

    死後のために祈るのか、今ある生のために祈るのか。何のために信じて、何のために祈るか。しかし、その祈りは果たして神に通じるのか。そもそも、神はいるのか"無"なのか。

    考えれば考えるほど考えさせられる映画でした。
    もりさきゆか
    もりさきゆかの感想・レビュー
    3時間
    4.2
    原作を読んで想像していたものと同じ絵面でよかったし、遠藤周作の信念をそのまま表せてたように感じた。いちばんの驚きはキチジローがイケメンだったこと。
    くりすたる
    くりすたるの感想・レビュー
    9時間
    2.9
    最後のは奥さんが持たせてくれたのかな〜?
    OK
    OKの感想・レビュー
    18時間
    3.9
    サイレンス

    これまで様々な宗教について勉強してきたけど、あまり自分自身は興味はわかなかった。その本質をこの映画が個人的に表してくれていたと思う。

    そもそもキリスト教の懺悔……長くなりそうだからやめておきます…笑

    届かないかもしれない声に対して自分の命を無くすまでの魅力、それがなんなのか…


    それにしてもこれだけみんな英語話してるならね…ちょっとくらいね…笑
    たも
    たもの感想・レビュー
    23時間
    4.3

    鑑賞から2ヶ月経ったけどやっと消化できた気がする。
    宗教観の無い日本人にはガツンと来る。
    隠れキリシタンゴ聞きたくなる。


    塚本晋也すごいな。

    アンドリューガーフィールドはこういう役の方が合うな。
    ま
    の感想・レビュー
    1日
    3.4

    エンディングの真っ暗な中波の音や風の音、雨の音のみの時間が印象深く、良かったです。

    キャストも素晴らしかったのではないでしょうか



    誰を恨む気持ちも湧かず
    ただ誰をも許したいという想いが観ていてありました。
    Ayaka
    Ayakaの感想・レビュー
    1日
    -
    想像した以上の重厚感
    ぬるま湯ください@ayako
    ぬるま湯ください@ayakoの感想・レビュー
    1日
    3.8
    日本人役に日本以外のテキトーなアジア人が宛がわれた時代も終わり、日本人役を日本人が演じるだけでも安心感増し増し。
    それでも未だに外国人監督が日本を撮るとなると一抹の不安があるものです。ラスト・サムライみたいに(見てないけど)

    後出しで言うわけじゃないけど、スコセッシ監督はそんなことはしないだろうという信用があった。そもそも原作を読んだのは中学生のころ、ストーリーなんて覚えてないし、ただただ陰鬱で暗いテーマだった記憶だけが残ってた。
    最後の「Silence」という文字で蘇る記憶。そうだ。神はかくも沈黙を貫き人を試すものか。神からはなんの言葉もない。
    どうして答えても助けてもくれない神を信じるのかとても不思議だった。
    彼らを救った言葉「それでよい」「ともに苦しんでいた」は、結局のところ彼ら自身の声かもしれない。結局人は、許されたいし逃げたいのだから、それが許される自己肯定を自ら生み出しているだけなんじゃないか。
    スコセッシ監督の答えはわからない。ただ遠藤周作の信念を映像化することに注力したように思える。私は長年この疑問を抱いてるんだけど、キリスト教信者の人から答えをもらったことはない。この映画にスコセッシ監督個人のキリスト教観が現れているかどうかはわからない。

    この映画が”正しい”宣教師たちが、ヒールの幕府に拷問され痛めつけられるという善悪で描かれなかったことは最高だと思う。日本にしてみれば、突然持ち込まれたキリスト教こそが、従来の信仰を否定し秩序を乱す”正しくない”ものだったのだし、グレーな善悪の関係がきちんとグレーとされていた点は良かった。あと、イッセー尾形の存在感。

    遠藤周作の「人間がこんなに哀しいのに 主よ 海があまりに碧いのです」という言葉をよく理解されていると感じた点。痛々しく惨い拷問をエモーショナルになりすぎず淡々と描写する冷淡な視点と、美しい自然の対比。撮影地は台湾だけど。
    iman
    imanの感想・レビュー
    1日
    3.0
    原作を読まず、キリスト教についてもクリスマス程度しか知らず、さらに大学受験程度のキリスト教伝来史の知識で鑑賞したことを後悔。後悔。告悔します!

    薄っぺらな感想しか湧いてこなかった。
    例えば、ご奉行どころか介錯人や門番まで英語ペラペラ過ぎやろ!とか、ハイでたぁ!一発スッキリ斬首ぅ、沖田総司()でもあんなスッパリ切れねーぞとか。カメラワークも音楽もハリウッディだなとかとか。あぁ憐れなり。
    スコアは主人公のイケメンさと、浅野忠信の恐ろしさが素敵だったからコレ。

    これからこの映画を観るのなら。
    映画鑑賞において、例えばカメラワークや裏方事情・監督俳優への知識など、「映画評論」的視座をもっておらず、実にこの映画のストーリーを感情に惑わされず鑑賞したいと願うならば、キリスト教伝来の知識や原作者遠藤周作に関する知識を有する事は非常に有意義だと思う。
    知識がなければ惑わされるだけ、なんて残酷な映画なの。
    >|