沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

Kyosuke

Kyosukeの感想・評価

4.0
本来、真理を得るための宗教で苦しみを味わい、その真理が都合良くも悪くも、宗教から自分の存在意義を見出そうとする。不条理にも見えるし、利己的でもあり、献身的である不思議な観念。スコセッシ監督のスケール感と、日本舞台とした不気味さはこの映画ならでは。日米のキャストは文句なしの布陣だが、なぜアダムドライバーはいつも世知辛い....
holly

hollyの感想・評価

3.9
メインキャスト全員に賞をあげたいくらいの出来映え。
胸がひりひりする様な辛い物語なのに、時間も気にせず見入ってしまう。是枝監督の〝誰も知らない〟を初めて観た時の感覚を思い出した。
やつい

やついの感想・評価

4.8
長さを感じないくらい入り込んでしまった。
日本人だからこの映画を受け入れられたが、キリスト教徒はどう観たのかな。

仏教より、キリスト教の方が『今』の罪を赦してくれるから、すがりやすい。そこにつけ込んだカルト集団に見えた。

踏み絵ごときで神が怒るのなら、それは神じゃないよ。って授業で習った時から思い続けてきた。この映画を観て再びジレンマ…!踏んでいいよ!後から赦しをこえば!って、まさにキチジローと同じ考えw
キチジローが真理ですよ、ほんと。

イエスキリストは亡くなった3日目に蘇った。でも日本の神である太陽は毎日沈んでも次の日には蘇る。
ってとこのくだりがとても好き。
日本にキリスト教が根付かない理由が的を射ていて聞いていて爽快。

スコセッシ監督!素晴らしい!
イノウエサマ!日本を守ってくれてありがとう!
YokoOishi

YokoOishiの感想・評価

5.0
以前から思っていたけど宗教を信じる人の強さってすごい。
虐げられて、命を奪われても信じ続けるものがあるって
すごく幸せなことかもしれない。
一方で、信者たちが過酷な状況に立たされても沈黙を続ける
神とはなんなのか。
何度も裏切り、でもまた許しをこうキチジローは
神をどう捉えていたのか、すごく気になる。
ただただ、観入った濃密な159分でした( ゚д゚)

稀に、観終えた後、エンドロール後、どういった感情になればいいのか、わからない作品があるけど、今作もそうでした。

喜怒哀楽のどれ??
どんな顔すればええの?

わからないけど、ありふれた言い方をすれば、それは名作という事やと思います💫


作品のテーマがテーマだけに、半端な気持ちで観れないと思っていて、上映時間の長さからも、万全のコンディションで観ようと思って臨みました。


BGMもほとんどなく、静かに、確かに重いけど、時間を感じさせない圧倒的な描写の数々に引き込まれ、大袈裟な言い方をすれば、息をするのを忘れるくらいの没入感でした。


マーティン・スコセッシ監督が長年、映画化を構想しついに実現した今作品。

作中で描かれる、長崎の村の描写、街の建物、人々の衣装の汚れ、日本人キャストの演技、ほんまに外国人監督の作品??と思えるくらい、日本をよく表していて、大河ドラマを観てるかのようなリアリティがありました。

作品の持つ、説得力が凄かったです!


隠れキリシタン、踏み絵など江戸時代にキリスト教徒が迫害、弾圧を受けていた事は教科書で知っていた程度で、恥ずかしながら、テストに出るからワードや年号を暗記していたくらいの興味しかなかったけど、
今作品を観て完全に考えが変わりました。

無知な事って罪ですね。


形だけでもいいのに、踏まない。
踏まないと、酷い目にあって殺されるのに踏まない。

踏まないんじゃなくて、踏めないですね。


火あぶり、斬首、溺死、逆さ吊りなどおよそ人間とは、そこまで残酷な事が出来るのかというほどの処刑の数々。

しかも、斬首以外は即死させずに、時間をかけて苦しませて死に至らしめる。
他の者に、見せしめにしながら。


それくらい、奉行所の役人達は異教とされるキリスト教が怖かったのだろうか。


それらのシーンも、誤魔化す事なく、
真っ向から描いたスコセッシ監督はやはり凄いです。アメリカでR指定なのが、納得です。



※以下ネタバレ※



どれだけ布教という種をまいて、根付いたと思っても、沼のような土壌の当時の日本にはキリスト教は根付かない。

棄教した、フェレイラ神父と対峙したロドリゴ神父の絶望感には胸が熱くなりました(>_<)


最期、ロドリゴ神父が火葬される時にまで手にしていた十字架に、全ての思い、無念の気持ちが込められていたと感じました。


「沈黙」、このタイトルが全てです。


気軽に勧める事は出来ないけど、
観てよかった!
上手く言えないけど、観た方がいいように思える作品でした。
キチジローがいいキャラし過ぎてる。これがアメリカの映画なのか……。人間の内面を丁寧に丁寧に描かれている。
映画館で見るのを迷って迷って…見逃した今作。

暗そうな気がしてた…実際暗かったけど。
長くて辛いと危惧してた…でも長さは感じなかった。
見始めるとグイグイ引き込まれて最後までイッキ見。

基督教弾圧の日本に恩師フェレイラを探しにやって来る宣教師ロドリゴとガルペ。長崎の貧しい村々で迫害を逃れ、ひそかに基督教を信じる村人達。恩師を探しながら彼らの福音になろうと努力する2人に弾圧の手が迫る。

恩師フェレイラはニーアムリーソン!ロドリゴがアンドリューガーフィールド、ガルペはアダムドライバー!なんて豪華なんだ✨

日本の通訳は浅野忠信。さすが国際俳優の貫禄。
イッセー尾形の奉行井上は悪役だけど不思議な魅力がある。
最後までロドリゴを翻弄する村人キチジローに窪塚洋介。

ほとんどが貧しい村や牢獄の中のシーン。地味で静謐な雰囲気の中、宗教を通して人間の業や生き様を問いかける。

揺るぎない精神の根幹であるはずの信仰が弾圧により崩壊した時、人間は何を頼りに生きるのか。

人の為?自分自身の為?たかが踏絵…されど踏んでしまった自分への懺悔は誰が聞く?

日本人にとって信仰とは?
沼地のような日本人の精神に信仰は根付かないと奉行井上は言う。そうなのかもしれない。日本人が神を感じるのは私達を包み込む森羅万象、雄大な自然?

転び伴天連…どこかで聞いた言葉…そうだ!あの剣客眠狂四郎は、転び伴天連と日本人女性との子供…その言葉にはどこか哀しさが漂う。

転んでしまった彼らの気持ちの拠り所は何だったのだろう?執拗に転びの真偽を確かめ続ける奉行所。

本当の気持ちは微塵も現さず、それを静かに受け止めながら、最果ての地日本で粛然と命をまっとうする。

神は何故いつも沈黙を守っているのだろうと問いかける。自分で考えなさいと諭してるのだろうか?

自然の音色だけが流れる静かなエンドタイトル…涙がこぼれました💦
日本で命がけで布教する宣教師と隠れキリシタンの残酷な日々だけど、安心してみていられました。いったい何処の人?何だその服は?メイクが酷いと腹立つ作品が多いですが、ちゃんと日本、しかも味のある日本人俳優、宣教師の心の折ろうと巧みに攻める、残酷なのに妙に納得。私はアダム演じる宣教師と窪塚演じるキチジローに心がざわつきました。
pinowaki

pinowakiの感想・評価

3.7
・キリスト教ではないので神を信じるという感覚に共感はできなかった。
・今でさえ信仰の自由はあるけれど、宗教という問題は今も昔も非常に難しいと感じた。
・決して彼らが造った根は、現代まで途絶えていない
・歴史を学ぶキッカケになった。
・窪塚よかった。
gatty

gattyの感想・評価

4.2
学校で学んだ、キリスト教が禁じられていたこと、踏み絵のこと、生々しい描写がある中で、深く理解することがわかった。さまざまな歴史があることで、今があること、日本が当時、どんな思想をもっていたのかがよくわかった。
名だたる日本の俳優もたくさん出演していて驚いた。
>|