沈黙ーサイレンスー(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

    西洋思想と東洋思想の対比を信仰の対象に対する思考の相違をモチーフとして、的確に描写している点が素晴らしい。

    何より日本人の思想構造を海外作品がこれ程までに丁寧に描いていることが驚嘆に値する。

    ラストのシーンは作品のテーマを象徴出来ている点で肯定的に理解した。
    まず最初に思ったのは、人は何のために信仰するのか?信仰する事が、本当に幸せな事なのか?

    前提の違いがあり、信仰の先に幸せがあるという考え方と幸せの為に信仰するという事に大きな違いを感じる。
    信仰の自由があるこの時代だから感じた事のような気がする。

    戦争と隣り合わせにいるこの時代が閉鎖的にならざるを得ない環境であったのでは…。
    アンドリュー・ガーフィールドとかいう2016年キリスト教について悩む役ばっか演じた俳優は、確かに苦悩のやはりがハマっている

    それにしても遠藤周作の原作をスコセッシがどうぶっ飛んだ作品に仕上げるかずっと楽しみにしていたのだけど、思いの外地味な出来になっていてつまらなくは決してなかったのだけど拍子抜けだったし、ぶっ飛び具合でいえば篠田版のが上だった

    でも思い返せばスコセッシは最後の誘惑みたくキリストが関われば真摯な作品を手がけ、クンドゥンみたく東洋が舞台なら地味目に仕上げるような男で、この二つの性質が合わさったらと思うと合点がいき、これは予測できなかった自分のミスだなと反省

    しかしやっぱりできればウルフオブウォールストリートみたいなイかれた作品が見たかったよな……
    火葬ってあり?
    どれだけ苦しもうが、
    どれだけ叫ぼうが、
    どれだけ祈ろうが、

    司祭は自身の信仰のために殉教しようとしますが、日本の信者は、来世での幸福(仏教的来世利益)を祈って死をも恐れずに殉教します。

    日本人と司祭とで、そもそもの信仰(キリスト教)への意識が異なり、司祭が導かずとも人々に安穏は訪れ、さらに導かない方が人々はより良く暮らせるという自己矛盾。

    さらにセバスチャンが拷問の前に無力さに打ちひしがれる様や恐怖の中で信仰が歪んでいく様に戦慄します。

    途中の禅問答は、世界各地の宗教対立で繰り返し語られてきたことに近いのだろうなと思います。

    信仰したいのに心では恐怖に向き合うことができないキチジロウ。
    彼を私たちは蔑むことができましょうか?

    あれが人間の本質なのではないでしょうか?
    信仰とは何か。
    信じるには何が必要か。声なのか。
    聞こえなくても信じれるのか。

    自分のためにどれだけ人を犠牲に出来るか。自分のためでは耐えられないけど、神のためにだったら高潔な死に、立派な勇敢な死になるのか。

    信仰心が全くわからないから、理解は出来ない。途方も無い絶望にしか見えない。
    命より大切なものがあるとは思えない。

    でも死んだ方が楽になれると思ったら、現実がそれほど辛かったら、同じように死ぬなら、自分が信じた神のために死ぬことは怖くないのかもしれない。

    結局想像できないんだけど。


    これを日本人の遠藤周作が書いたということが面白い。それを外人が映画化するのが面白い。
    苦しすぎて評価ができない。。
    鑑賞中に「隠れキリシタンゴ」が頭の中で流れて本当に困った

    時代や生きる場所関係なく心は自由でありたいですな
    >|