ローマ法王になる日までの作品情報・感想・評価

ローマ法王になる日まで2015年製作の映画)

Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:113分

3.7

あらすじ

約600年ぶりに生前退位した先代ベネディクト16世の後を継ぎ、2013年3月13日に初の南半球出身、初のイエズス会出身のローマ法王に就任したフランシスコ。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のイタリア移民2世で、サッカーとタンゴをこよなく愛する庶民派。“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させる、現ローマ法王の知られざる激動の半生とは―

「ローマ法王になる日まで」に投稿された感想・評価

現ローマ法王の人生を法王になるまで描いた作品、とても人間味あふれる主人公には、親近感さえ覚える。アルゼンチンの悲劇についてもこの映画で触れることが出来た。貧しい人々に寄り添う彼こそが選ばれたのは一つの大きな希望となるだろう。
samiam

samiamの感想・評価

4.0
現役のローマ法王のストーリーを映画にしちゃうとは、びっくり。
本当に魅力的な人だと分かつた。
DVDでまた観たい。
割と最近なんですよね。アルゼンチンの軍事政権。本当に過酷な状況で教会活動をされてこられたんですね。だからこその弱いものに寄り添うことを実践されているのですね。
apo

apoの感想・評価

5.0

勇敢な方だなぁと。


心に染み入りました。


号泣です。@恵比寿ガーデンシネマ
えり

えりの感想・評価

4.0
想像していた以上にハードな内容でした。
軍事政権下のアルゼンチンで最も弱きもの、小さきものに手を差し伸べる存在であるはずの教会がその本来の姿から遠ざかっていくことへの疑問と不信、本来の教会の役割を果たしたいグレゴリオの気持ちが痛いほどわかって苦しかった。
愛し、助けるべき隣びとを失い、失意の中で『結び目を解く聖母』を見たグレゴリオの表情に信仰というものの一端を見たような気がしました。
神は私たちを必ずしも救ってくれるわけではないけれど、ふとしたときにそっと手を差し伸べて心を救ってくれるのかもしれない。
KMD

KMDの感想・評価

2.9
布教映画だと思って斜に構えて観たけど、ペロン?エステル?勉強不足。政治と暴力の曇天から、信仰で光が射し込んだ瞬間を観る映画。母親の件以外、前半は退屈。

「彼が日本を訪れる日も近いだろう」
ローマ法王の人間味あふれる姿が良かった。
花心

花心の感想・評価

2.0
専門用語や時代背景を理解してから観た方がよかったかな。 
知識の足りない自分には少し難しい(わかりにくい)映画でした。 
凛瑠

凛瑠の感想・評価

2.5
歴史的背景が分からないから難しかった。これを機に勉強してみる
nagisa

nagisaの感想・評価

3.8
sc-2
祈りは、人の行動を変えるのですね。
>|