ローマ法王になる日までの作品情報・感想・評価

ローマ法王になる日まで2015年製作の映画)

Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:113分

3.6

あらすじ

約600年ぶりに生前退位した先代ベネディクト16世の後を継ぎ、2013年3月13日に初の南半球出身、初のイエズス会出身のローマ法王に就任したフランシスコ。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のイタリア移民2世で、サッカーとタンゴをこよなく愛する庶民派。“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させる、現ローマ法王の知られざる激動の半生とは―

「ローマ法王になる日まで」に投稿された感想・評価

現ローマ法王がイエズス会に入り南米での活動を経て法王になるまでを描いたお話

「聖母が結び目を解くの、私たちの結び目を」
レビューの言葉がみつからない。予備知識がないと理解不能。何とか見終えた
物語始まってすぐの冒頭に、軍事政権下のアルゼンチンがここまで弾圧の激しい時代だったことに驚く。タイトルからは思いもよらない、骨太の社会派ミステリーのような陰惨な事件。ローマ法王の回想という形で始まらない方が、驚きが大きくてより楽しめた筈とすら思った
nobu0326

nobu0326の感想・評価

3.9
ローマ法王と言えばコンクラーベくらいの知識しかなく法王になられる神父様の静かで良識的な人生を描いた映画なのだろうなと思いながらの浅はかな状態で映画鑑賞。神父様がかくも神に仕える者として力強く地域の問題、国家の問題に対して文字通り体を張って関わり本当にそれを解決する力になっていることに驚き、さらに現在のローマ法王がヨーロッパ以外ののアルゼンチン人であることにキリスト教の公明正大なる評価の上に立った懐の深さに感じ入りました。さて、政教分離後の我らが日本国の仏教の道を唱えるお坊様達はいかがなのでしょうか。
現教皇フランシスコの知られざる激動の半生を、事実に基づいて描いたイタリアの伝記映画。

ゆったりしたシーンから衝撃的な描写まで。
退屈な時間も多いけど、目を離せない大事な場面もしっかりあったと思う。

面白味は薄かったけど、意味はある作品。
khr

khrの感想・評価

5.0
最近めっきり教会に行かなくなったが(朝早く起きられない)、寝ぼけた頭で聴くお説教の何万倍も胸に沁みたので久々にミサに出ようと思う ミサに出て祈りたい 教会に行きたい 讃美歌を歌いたい 聖体を受け取りたい
映画的な何かというよりその内容に項垂れるほど衝撃を受けた
結び目を解くマリア
なお

なおの感想・評価

2.3
思ってたより重いシーンが続くが…
(もっとキリスト教の中での考え方の違いからの葛藤とかかなと勝手に思ってた)
半生を追うので淡々と進む感じは否めないが、その状況状況に対面していくのはよく分かった。
人柄の表現も。
(個人的には、途中出てくるマリアの絵画がいいなと思った)
現聖下のアルゼンチン時代、むしろアルゼンチンの”汚い戦争”時代を中心に聖職者として人々を支え、支えられてきた日々を描いた一作。
むしろ、軍事政権化の病みに病みまくったアルゼンチンという国の描写が秀逸過ぎて、うっかりすると誰の伝記作品だか忘れてしまいそうになること請け合い……ながら、聖職者とは闘う者なのだというメッセージは十分に伝わってきた。
とにもかくにも、軍政権による行方不明者リストの増やし方がある意味ナチスを超えてて衝撃。
くみん

くみんの感想・評価

4.5
おましろかった!軍事独裁政権の恐ろしさ、立ち向かう神父の姿、悲しみの歴史。エンドロールの映像、ラテンのリズムと相まってかっこよかったな!

真実の口で買ってきた法王のカレンダーが台所にかけてある、この人の話。
orimarks

orimarksの感想・評価

3.2
現ローマ法王の半生を描いた映画。
神々しくも可愛らしいおじいちゃま..という程度の印象でしたが、信仰の道を進む過程やお人柄が垣間見られてよかったです。
法王としてはもちろん、一人の人間として魅力的な方なんだなあと少々ファン心が芽生えました。

彼が涙する「結び目を解(ほど)くマリア」のお話がとても印象的。
>|