ローマ法王になる日までの作品情報・感想・評価

ローマ法王になる日まで2015年製作の映画)

Chiamatemi Francesco – Il Papa della gente

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:113分

3.6

あらすじ

約600年ぶりに生前退位した先代ベネディクト16世の後を継ぎ、2013年3月13日に初の南半球出身、初のイエズス会出身のローマ法王に就任したフランシスコ。アルゼンチン・ブエノスアイレス出身のイタリア移民2世で、サッカーとタンゴをこよなく愛する庶民派。“ロックスター”法王と呼ばれ、人々を熱狂させる、現ローマ法王の知られざる激動の半生とは―

「ローマ法王になる日まで」に投稿された感想・評価

non

nonの感想・評価

-
やっぱり、
いろんなことを経験したひとにしか
受け取れないものってあるなあ、と。

アルゼンチンの、動乱の時代を
生き抜いてきた彼が
今までにない法王
と言われる所以やその背景など
色々とわかって興味深かった
Rick

Rickの感想・評価

4.0
軍事政権による弾圧、民主化後の開発問題、時代の大波に翻弄されながらも人々を救うことを希求し続ける。
弾圧を受けるも、表立って抵抗できずにいたアルゼンチンのカトリック教会。ベルゴリオ神父はその中でも信仰と救いのために奔走する。ただの聖人列伝というわけではない。1人の存在だけで奇跡のように全てが解決するわけではない、それでも受難の渦中にいても強く生きる姿にはキリスト教徒かどうかは関係ないのかもしれない。
その頃の背景を知らないとなかなか入っていけない。でもとにかく壮絶だったことはわかった。勉強して出直します。遠い存在の法王に興味が湧きました。
Fumika

Fumikaの感想・評価

3.8
初のアメリカ大陸出身教皇・フランシスコの半生を描いた作品。本名はホルヘ。

ただの宗教映画ではない。もっともっと深い。私は無宗教だし、キリストの存在を肯定も否定もしない。そう考えると、神学校とかなかなか理解しづらい部分もあったかな。ただ、ホルヘの人柄、教えを説くということに対しての想い、困っている者に手を差し伸べる精神には感動した。結び目を解くマリアのシーンは胸がぐっとなった。ああ人徳とはこういうことか。

ちなみに昨年カトリック教の結婚式に参加したんだけど、なかなか衝撃的でした。なんだかんだ私は自分自身を信じてるけどな。
whitelily

whitelilyの感想・評価

3.0
史上初のイエズス会出身の神父ベルゴリオが法王フランシスコになるまでの半生を描いた作品。
宗教には必ずと言っていいほどに政治が絡んでくる。
司祭時代、南アメリカでこんなにも激しいイエズス会弾圧が行われていたことに驚いた。堕落した枢機卿、祈りを唱えながらも救えない人々のために涙を流すベルゴリオの姿はとても人間らしい。

「結び目を解くマリア」に出会い救われたように涙を流す姿に胸が熱くなった。
『深い苦しみの前に知識は無力です』
苦しみの時代を生き抜いたベルゴリオの言葉だからこそ一層胸に響く。

やはり宗教が絡むと内容は多少難解になるけれど、南アメリカにおけるイエズス会の歴史を垣間見れてまたひとつ勉強になりました。
am

amの感想・評価

1.4
難しかった。笑 なんとなくしかわからなくて、細かく説明してくれる人が必要でした。歴史弱い
受難に次ぐ受難アンド受難、そして受難。
汚い戦争、初めて知った。恐ろしすぎる。
結び目をほどく聖母マリアのところはなんか泣けてしまった。

2018-8
みっつ

みっつの感想・評価

3.8
結び目のマリアと出会うシーンはキリスト教ではないけども涙自然と出ました。
それまで背負ってきたもの責任・後悔や恐怖、悲しみと自分へのもどかしさ。
それを確かに解いてくれました。

神と良心に従い踠き続けた彼のある種孤独な戦いは距離が遠のいてしまっていたけど、全てを委ね真に祈ったときに、沈黙の中に平穏を得てより近くに感じることができたのかな。

沈黙の先になにがあるのか、私にはまだわからないけど。
このような苦しみ多い時代と国を選んで生まれてきたかのような、のちにローマ法王になる主人公。
友人達、仲間達が次々行方不明になる中で懸命に解放に向けて働きかけた。自分自身も命の危機と隣り合わせであった中、その苦悩は想像し難い。
ただ、平和を祈り寄り添う。その事がこんなにも難しい事なのかと、考えさせられた。
未だ知らなかった歴史を知る意味でも非常に鑑賞する価値のある映画だと思う。
love1109

love1109の感想・評価

3.6
ツイッターでつぶやき、若者たちと自撮りもする。カトリックでありながら「神は新しいことを恐れていない」と同性愛者に一定の理解を示す。史上最も民衆から愛されている法王フランシスコが歩んできた半生は「痛み」を知ることの連続だった。劇中の台詞「奉仕職は霊的性格ゆえ、言葉と行いのみで果たされるべきではなく、祈りと苦しみが必要なのです」は、彼だからこそ言える、とても重みのある言葉だ。
>|