最後の誘惑の作品情報・感想・評価・動画配信

『最後の誘惑』に投稿された感想・評価

neu

neuの感想・評価

4.0

イエス・キリストという人間がどういう人だったのか、という可能性について。
聖人君主として、語られる人物にも恐ろしく煩悶が存在するという可能性について。

イエス・キリストに関する物語は基本的にイエス…

>>続きを読む
かも

かもの感想・評価

3.6

スコセッシ監督によるイエスの新解釈

劇中に仰々しい詩の引用などは殆どなく、人間としてのイエスの側面を描くことに力を入れている本作は意外にも親しみやすく、且つ他のキリストを扱う作品とは一線を画してい…

>>続きを読む
新解釈すぎる。
そりゃ、欧米諸国で物議を醸すわって感じw

救い主としての使命を全うしようとするが、人間の部分が出てきて、その葛藤に苦しむナザレのイエス。

この作品では〈イエス・キリスト〉は常人として現れる。
 けれども、〈イエス〉は本当に常人であるのであろうか。
 〈イエス〉は常人としての苦悩を背負い彷徨する。
 〈イエス〉は常人として生きる中で悟る…

>>続きを読む
映像はホント綺麗で古代のイスラエルこんなとこだったんだなと思ってしまった。しかいとんでんがえしが凄い!
お伝

お伝の感想・評価

4.5

「散々苦しんで俗欲に打ち勝って悟りを開きかけてもやっぱ子孫繁栄しかないのか、矛盾を抱えて生きるしかない、人間って愚かだけどそーゆーもんだよな、ザルドスと同じようなラストだな、、、」と思ってたら、いえ…

>>続きを読む
na2

na2の感想・評価

4.1

ウィレムファンからしたら堪んないキリストのリアリティフィクション
この世の創造などに真実はなく何を正しくしあるべきか多くの人を救い、愛を崇められる様な存在は大切だ。じぶんがおもう正しいものを信じる愛…

>>続きを読む

欧米でもっとも物議を醸し出した作品。
イエスを冒涜してると。
監督なまーティンスコセッシさんは、全く違うと反論している。逆にリスペクトし、イエスの立場の難しさを表現してると。

僕もそう感じた。
神…

>>続きを読む
momo22

momo22の感想・評価

3.0
無宗教だけど、客観的に面白かった。
神と人間の間で悩むイエス。
斬新。
ウィレム・デフォーの若かりし時、カッコいいなぁ〜
音楽も良かったです!


神の予言者としての役割と、1人の人間としての欲求との狭間で悩むキリストの姿を描く。

紀元前1世紀のパレスチナ。神への到達を目指すナザレのイエスは神からの啓示を待ちわびていたがユダの裏切りによりゴ…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事