パッションの作品情報・感想・評価

「パッション」に投稿された感想・評価

BELARUS

BELARUSの感想・評価

3.8
メル・ギブソンの暴力と言語に向けられる異常なまでの拘泥には、イエスへの陰惨な仕打ちと、彼のもたらした福音とを照応させる狙いがあったのではないか。預言者のことばが信仰にまで高められるためには、彼のからだを暴力で塗らす必要があったからである。

だが一方で、言語への拘りの大半は、アラム語などの再現に費やされ、肝心のイエスのことばが聖書の引用レベルに留まっていたことに、不満が残る。
th1982

th1982の感想・評価

3.0
メル・ギブソン監督ってことで、ストーリーがまったくないことも覚悟の上で観た
もう、ここまで徹底されたらかなわんわ
痛々しい映像を延々と見せつけられて、もうやめてーと思ってもさらに見せつけられて、衝撃受けるのも当たり前です
処刑シーンを撮らせたらメルギブに敵うものはいない

まあ、映画としてどうかといえば、どうなんだろう、わからん
でもその後聖書の該当箇所を読んでみちゃう程度に影響されたのは事実
うーん、難しい
Hiro

Hiroの感想・評価

3.5
キリストの受難、、監督により感性が他所異なりますね、、アメリカであっても、、国により、、。
メル・ギブソンだとこうなるんですか、
それにつけても、モニカは綺麗❗️
YAEPIN

YAEPINの感想・評価

3.0
キリスト教の知識がある人には当たり前だし、知識がない人は置いてけぼりだし、どの層を狙った映画なのか微妙なところ。

それでも大ヒットを記録し、キリスト教の普及やそれへの関心度の高さを感じる。

数ある宗教画を実写化したような作品に感じた。それだけで価値があるのかもしれないが、キリストの受難とその周辺の人々を描いたものでいえば確実に『ベン・ハー』の方が心に残った。
Kente

Kenteの感想・評価

3.5
監督がカトリックの立場からキリストの受難の残酷さを描きたかったのか、サディスティックな変態性癖の立場からこの題材を利用したのか。その後の彼の作品を考えると...
【こちトラ初見じゃ案件】
観客に、イエスの「痛み」を想像させて、奥歯がたがたさせることで、彼が存在したことを実感させたい意図を感じる。
思惑がエグい(+..+;)。
唾を吐きかけたり、刃のついたムチで肉をえぐり取ったり。
宗教画にリアリズムを持ち込んだジヨットみたいな思惑?
   
それから、容赦なくひどいことをする人たちを続々と登場させて、
「これを観ているあなたは、どれですか?」と自問させたいかのよう。
我が身可愛さの偽証、助かりたい故の安易な反省、無知、享楽、打算。
客観視させて猛反省を促す仕掛け。
   
複数言語が飛び交ってるそうだけど、とりま監督が指定した字幕部分だけわかれば良いか。
読んでほしいから/理解しないことを要求したいから、字幕を設定したんだろうし。
   
映画というか、そういう「教材」に感じたので、採点不能。
   
・・・あのさ、きついってば(+..+;)
創作に必要とあってすすめられたから観たけどさ。
いま私はたのしい映画が欲しいのです(ToT)...ううッ、マゾい。
Yuuki

Yuukiの感想・評価

4.5
観ていて自分の身体に何かとてつもない痛みをおぼえてしまう。

原題は、『THE PASSION OF THE CHRIST』。『パッション』とは、イエス・キリストの受難(苦しみやわざわいを受けること)を意味する。

本作は、イエスの弟子の一人・ユダの密告によって捕らわれ、裁きの末にむち打ちの刑に処せられ、さらには十字架を自ら背負わされてゴルゴダの丘に向かい、ついに磔によって死ぬという、キリスト自身の受難の様を生々しく描いている。

メガホンを取ったのは、『マッドマックス』をはじめとして『アポカリプト』や『ハクソー・リッジ』で有名なメル・ギブソン。カトリック教徒である彼の解釈によって、本当にこれでもかというほど描き出した本作は傑作中の傑作と言えるだろう。公開時、この映画を観てショックのあまり死亡した人がいるなど、全世界に物議を醸したのにも納得がいく。

とくにむち打ちの刑のシーンや十字架を背負って歩くシーン、さらには十字架に架けられるシーンにショックを受けるはず。

鑑賞後、本作を観た1人1人がキーワードでもある"受難"とはいかに何なのかと考えることになるのではないだろうか。
何度も映画館を立とうとした。一応、DVDまで買ったけど二度と観ることはできなかった。心が痛すぎる
パッション

30年🇵🇸パレスチナの東エルサレム ゴルゴダの丘?


メルギブソン監督の聖書解釈によってイエスキリストが何故処刑されてどの様に死刑されるか12時間前から紐解く。
★彡ポイントぽいんと間にあったとされる細かいサブストーリーに関心しました。



◉50A点。(初鑑賞)
ヤバかった。とにかく見た後は暗い気持ちになった拷問映画でした。
見てしまった自分に懺悔しました(笑)💧

映画館で見たので妻と変態な映画を見てしまった感じで、映画の感想を言わずに帰った気がします。

さすがギブソン先生!変態ですね!

私は中々のトラウマ映画でした。

◆記憶に強烈ななシーン
鞭打ちで肉が削げとれる痛々しいシーンはヤバかった。




◉72A点。(190113再鑑賞)
◎耳👂を切る、ユダがキリストにキス、金貨30枚、カパヤによる裁判(死刑が決定?)否定するペトロ、バラバ釈放、十字架を担ぐ手伝いをするシモン他にも沢山の逸話が調べるほどあったとされる話に初見以上に神々しい映画だと思いました。

★彡素人目線から、キリストとはなんぞやと知りたい方はまずこの映画がわかりやすいかと思いました。
No.962
キリスト教系の高校だったので神父との話のネタにでもと見てみたがそもそも神父が見てなかった。
>|