パッションの作品情報・感想・評価

「パッション」に投稿された感想・評価

nor

norの感想・評価

-
よくも悪くもメル・ギブソンが撮るとこうなります😱
痛かった。正座して見る感じはアポカリプトと同じ。黙ってみました🧎‍♀️
黒猫

黒猫の感想・評価

4.2
好きな映画の1つ
毎回初めて観た時と変わらない衝撃をうけてしまう作品
ろっち

ろっちの感想・評価

4.0
キリストの話。
イエス・キリストが処刑されるまでの12時間を描く。
弟子や民衆から尊敬を集めるイエスを疎ましく思った当時のユダヤ教の権力者、主にパリサイ派はイエスがメシアを名乗る事など神を冒涜しているという罪を捏造し捕縛させたのだった……ってあらすじ。
面白かった。目を逸らしたくなるほどリアルに描かれる。歴史や宗教的話が好きな人なら説明要らずのストーリー。メルギブソンさんのこだわりで字幕箇所も指定されている。セリフもアラム語とラテン語のみで、各国の吹き替えも無し。世界観と当時の残虐性が入って来た。イエスキリストのメルギブソンさん流の解釈映画です。
まぁ多くは語るまい(笑)
奥亘平

奥亘平の感想・評価

4.7
「強さを持たない強さ」という点において、ジョーカーと共通しているのではないか。(もちろん存在という点ではなく描かれ方としての)
キリスト教を信じているわけではないが、彼らにとってイエスという存在がどれほど大きいものかが描いている。
映像としての破壊力が凄まじいので冒頭から引き込まれた。
それだけになぜ、ハクソーリッジはあれほど臭いのかが疑問
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.0
メルギブソンの問題作を初鑑賞。
じわりじわり痛ぶる磔の痛々しいシーンにキリスト教団体が猛抗議したのも頷ける。
叩かれるの覚悟で多額の私財も投じて撮ったメルギブソンの頑固な信念がこもった力作だ。
akinaga

akinagaの感想・評価

3.2
終始、痛い。
とにかく痛い。
観た人はきっと同じことを言うのでは?
イエス・キリストがゴルゴダの丘で処刑されるまでの12時間を描いた作品。

おそらく日本人だと「ジーザス・クライスト・スーパースター」やキリストに関する本で話自体は知っている人が多いと思うが、この映画はかなり暴力的。かなり痛々しい描写が多い。

さらに、こだわる男M・ギブソンによって作られた本作は全編アラム語とラテン語が使用されるなど、のちの監督作品「アポカリプト」にも影響を与えたであろう力作。

すごくいい映画ってわけではないけど、あっという間の2時間だったし、キリストについて興味があるならおすすめ。ただ、イスカリオテのユダについての描写が少ないのが非常に残念。
クリスチャンにとってこの映画は踏み絵みたいなものなんじゃないの?結構きつい。
ママン

ママンの感想・評価

5.0
DVDを購入し、今日届いたので💿鑑賞👀
『フェイシング・ザ・ジャイアント』に続いて、"クリスチャンとして"マジでレビュー書きますね✌️

キリスト作品は多くあれど、ジーザスの"磔刑のみ"にフォーカスした作品は他にはない。

なんといっても、噂通り「観た人が失神するクラスの拷問描写」が売りなのだから、私は当時、クリスチャンでも何でも無かったので「メルギブも突然神に目覚めたんか❓どないしたんや😲」と思ってたくらいである(笑)

2020.4月からコロナによって「世の中なんかおかしくねーか❓ちょっと異常だぞ🙃」と不可解に思い、Twitterからあれこれ調べだし、都市伝説、オカルト、関暁夫、Qanonから調べ上げ、たどり着いたのは《イエス・キリスト》だった😅

私は過去のレビューを見れば分かるが、スピリチュアルに傾倒していた時があり、その頃はそれが正しいと思っていた。だから一般的にそういう「占いやスピリチュアルを信じていたなら、たどり着いた先がイエス・キリストという『宗教』にハマっただけのバカ女なんぢゃないか⁉️🤣」と憐れんで貰って大変結構です💞(素直に)

だって私でさえ「何でまた、こんな年になってイエス・キリストを信じちゃったんだ❓🤨」と何度も何度も冷静になって自問自答し、確かめてますからね(笑)

その上で《イエス・キリストは真実》であり
《今も尚、天におられ、私達が神を見つけるのを待ってる》ことを知って、真顔でイエス・キリストを知らない・気づかない・否定する人たちに「いるよ⤴️悔い改めようね〰️✝️」と福音を宣べ伝えているのです😇

前置きが長くなりましたが、、、
まだまだ長く熱く語りますよ(笑)

メルギブは《生粋のクリスチャン》で、カトリック信者だそうだ。この点注意したいのは、カトリック信者は「悪くない」が、ローマ・カトリックこそ「サタンの欺瞞」であるのは確実で、調べればぼろぼろボロが出てきます。(例えば十戒をローマ・カトリックは勝手に書き換えてるなど)

黙示録で示されてる『反キリストの正体・獣の正体・大淫婦の正体、偽預言者、自らを神だと崇めよと言う者の正体はローマ・カトリック、教皇のことです』(妄想でも何でもなく調べれば誰でも簡単に調べられ、スグに出てきます)

幼児虐待、子供に対する性的虐待がダントツに多いのもローマ・カトリックです。(映画で何本も題材になってるでしょ?)

そのメルギブがハリウッドの裏=闇←ハリウッドの悪魔崇拝などを暴露し、干された時、ここからは私の勝手な推測ですが「悔い改めて、真にイエス・キリストと向き合った」のだと思います。

彼が細々と活動復帰し始めた頃にこの作品を撮ってるし、『ハクソーリッジ』では、カトリックが勝手に十戒を書き換え、消してしまった《安息日》を作品内に取れいれてるのが、彼がカトリックから→気持ちを切り替えた事を示していると感じます🤔

(ローマ・カトリックは多くの改竄をして、信者を騙しています)

そのメルギブが何故、この一番「痛いとこ」に目をつけて、ここを中心に撮ったのか❓は・・・

神御自身が『受肉(肉体を持って)』し、
私達罪人の世界に下って来られ、
"人間として"この世でお過ごしになられ、
人間が受けるあらゆる罪や誘惑を体験知り、
それらの全てを退け、
100%無実の人間として(そのような人間は世の中に存在しないから)冤罪となり、
多くの罪人たちによって侮辱と拷問を受け、
苦しみ、痛みや絶望、孤独と悲しみ、屈辱を一身に感じつつも「彼らをお赦し下さい」と祈る事によって、新しく神が用意された《人間との契約》
の成就の為に、命を十字架の上で捧げたこと」

を、私達一人一人に知って欲しいから‼️😭
私達はこの世で誰かを愛した所で、あのイエスのような苦しみを得てまで『他人を愛せるのか?』
また、あなたを「愛してる」と言う人が、あなたの為に酷い目に遭うことも厭わないなど有り得るだろうか?よく考えて欲しい。

だから「世があなたに報いることはない」と言われてるのです。「心は燃えても、身体=肉は弱い」のです。

そして《わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、誰も父の元に行く事が出来ない》ヨハネ14:6と仰られたのです😇

何故世の中は「良くならない」のか❓
偉いと称される人達が「何一つ私たちに利益となる事をしないのか❓」
せこい視点でよく「なぜ金持ちばかりが優遇されるのか❓」くらい考えたりするでしょう。

また、「神も何でこんなに沢山いるのか❓」「神様はいるなら、何で世の中良くならないのか❓」神を信じずとも、「頂きます」と手を合わせたり、パワーストーンやお守り、願掛けはして「苦しい時の神頼み」をしたりするのは❓

無神論なんて、むしろ「信じてるから否定したい」だけです。神を否定する者が、世の中に有るものの何かを"言葉ひとつ"で作ることが出来るなら、神をいくらでも否定する権利はあるでしょうけどね😄

西暦を表すB.CはBefore Christの略だとご存知でしょうか⁉️そしてA.Dはどんな意味か調べて下さい。Historyは「彼のストーリー」から来てる事も知って下さい。



イエス・キリスト以外の神の正体は全て《悪魔》です。調べたら分かります😅

https://youtu.be/2SkVJGqychE

神は「全能=何でも出来る」のです。
だからこそ、私達に自由意志を与えてる。

全能の神の力でホントなら"どうにでも出来る"
「全て思いのままに」することをせず、
むしろサタンを自由にさせ→人間に選択させ「自らの選択の中で→神の存在を知る知識を与え」て、神の存在を信じて『神に立ち返る』のを待っておられるのです😆

「見よ、わたしは戸口に立って、たたいている。だれかわたしの声を聞いて戸を開ける者があれば、わたしは中に入ってその者と共に食事をし、彼もまた、わたしと共に食事をするであろう。
https://www.bible.com/bible/1819/rev.3.20.新共同訳 ヨハネの黙示録

作品にもサタンが姿を表しておりますが、サタンの手口は巧妙です。99%ホントのことを言い、1%の嘘で人を陥落させます😈

世の中は現在「黙示録」突入中です。
かと言って、一般の人が黙示録を読んでも意味が分からないでしょう。
クリスチャンにも多くの罪人がおり、サタンに支配された者も多く存在しますので、ご注意ください✝️

イエス・キリストを無罪にも関わらず《己の体裁》を気にして《己の怒りやプライド》を優先させ、磔にした者達の姿のなんと醜いことか。

バラバほどの悪人を「無罪放免」にしてまで、無実の人間を「殺せ‼️」という者達の闇を見ることが出来たと思いますが、いかがでしょうか⁉️

この作品についての総まとめであり
ピラトのシークエンスについての詳しい説明は、こちらの動画を参考にしてください⬇️

https://youtu.be/-wJ4OzaERV8

このような惨い、人の残酷で傲慢で、自分のエゴ優先の決断はこれから「また起きようとしてる」事もアタマに入れて置いて下さい😱

黙示録には多くの人が
→無罪でも死刑にさせられます😭

イエス・キリストが言われてた「新しくなる」の意味は、古い律法(旧約聖書における神との契約)
を新しく書き換える事であり、それは

《他人を自分のように愛せ》
ということです。これは簡単なようで、到底難しいことが、イエスの磔刑のシークエンスで分かると思います。

あれだけの屈辱や暴力を施した者達のために、主は「父よ、お赦し下さい。この者たちは分かってないのです💦」と祈ってましたね。
あれを私達が出来なければならないのです‼️

自分を裏切り、
自分を貶す者を貴方は出来ますか⁉️
それがこれから家族や恋人たちの間にさえも"起きる"と聖書には書かれております。

➕見ず知らずの人や、権力からも迫害されるのは《クリスチャン》が、なのですが、、、

これを知ってもクリスチャンになる決意が必要ですが、それよりも何よりも「イエス・キリストを信じること」が重要です⚠️

この作品は真実で《実際の殺人シーンである》と言えるくらいなのです😭

人類の全ての罪をあのように代理し、死なれたイエス・キリストを信じて下さい。
更に、ラストにあったように→また復活されてから天に昇られた事まで「心を開いて受け入れ」たなら、自然と悔い改める事が出来るでしょう✝️😢

これに関しては続編が撮影中です👍✨

ゴルゴタの丘でイエス・キリストを真ん中にし、両方に罪人がおりましたが、

1人は「悔い改めない罪人」
1人は「悔い改めた罪人」でした。

あれは私達の事を示してます😇
「あなたはイエス・キリストを信じますか?」

信じなければどのようになるのか?分かると思います。。。

信仰は強制できません。本人が自ら「信じて『受け入れたい』」と願わねば叶えられません✝️

賢い選択とは「信仰を選択する」事だとは言っておきたいですけどね😅

この作品を撮るにあたって、また撮影中に度重なる奇跡もあったそうですね✨
ジム・カヴィーゼルは、ジーザスの死なれた年齢に被り、役に抜擢された時は33歳だったそうで、ジムも敬虔なクリスチャンだそうです。

撮影中、雷に打たれても無事だったとか⚡️

神が自らを犠牲にし、愛ゆえに悪人すら救いたいと願っておられるのです。
あのような思いをされてまで、罪ある私達を救いたい神様に、私達は栄光を返すべきではないでしょうか⁉️

恩返しする気持ちは→信じること=信仰ですね。

場面にあったように、イエス・キリストが亡くなった瞬間、サタンの敗北は決定しました。

私達は既に勝利者となられてる、イエス・キリストの、神の子供たちです😇

どうぞ、この世の支配者であり、敗北者であるサタンに付き合うのか?よーくお考え下さい🙇‍♀️

「正しい人のために死ぬ者はほとんどいません。善い人のために命を惜しまない者ならいるかもしれません。
しかし、わたしたちがまだ罪人であったとき、キリストがわたしたちのために死んでくださったことにより、神はわたしたちに対する愛を示されました。」
https://www.bible.com/bible/1819/rom.5.7-8.
‭‭ローマの信徒への手紙‬ ‭5:7-8‬ ‭新共同訳‬‬

この世はもうすぐグランドフィナーレを迎えますが、その前に目に見えておかしな事が始まります😲

もうすぐはじまるハロウィンの正体とは👇🏻

https://youtu.be/QI1tIMDm7f0

その後のクリスマスとは何か👇🏻

https://youtu.be/FsFsPvtF4AY

世界の支配者は何を企んでいるのか?👇🏻

https://youtu.be/H0Ob3aq7eT8

イエス・キリストの見やすい作品👇🏻
(日本語吹き替え版)

https://youtu.be/vmyNVl4unqU

主よ、このレビューを読んだ人、一人一人の心に触れて下さい。
反抗心に駆られ罪に従う者をお赦し下さい。
あなたに出会う事を許可し、聖霊をお授け下さい。
一人一人がイエス・キリストと出会えますようにお導き下さい。
全ての人に神と聖霊の御加護、祝福がありますように🕊
主イエス・キリストの御名を通してお祈り致します✝️アーメン👏
AKITO

AKITOの感想・評価

2.8
拷問のような映画。大工の父親と母親のマリアの間に生まれたイエス・キリストは、弟子のユダに銀貨三〇枚で売られてしまう。イエスの罪は、悪魔のような力で民衆を惑わし、自らを王と名乗ったこと。ひたすらにイエスが殴られ、唾を吐きかけられ、石を投げられ、鞭打たれ、十字架を担がされ、磔られ、復活するまでが描かれている。
>|