エンド・オブ・オール・ウォーズの作品情報・感想・評価

「エンド・オブ・オール・ウォーズ」に投稿された感想・評価

mh

mhの感想・評価

-
泰緬鉄道建設捕虜虐待事件がモチーフ。
結局のところこの手の映画は「いいやつがいるからいい、悪いやつがいるから悪い」というところに帰結してしまうのはある程度しかたないことかもしれない。
日本軍側に残酷補正と、イギリス軍側にジャスティス補正がうっすら乗ってるような気がするも、終始バランスのいい作り。
泰緬鉄道建設捕虜虐待事件以外に、カンチャナブリ捕虜収容所で尋問という名の虐待が行われていたのは事実みたいで、序盤はその描写もたっぷりある。
収容所内の生活が軌道に乗ったあたりの中盤が面白い。邦画「南の島に雪が降る」みたいなことをイギリス兵たちもやっていた。授業を開いたり、音楽会を開いたりすることに生きる希望をみいだしている。
日本兵とイギリス兵の間に芽生えた奇妙な連帯感も描いている。
ラストエピソードが特にすごかった。
「死は鴻毛よりも輕しと覺悟せよ」という軍人勅諭の一文に、太平洋戦争の本質を詰め込んだ見事なシークエンス。
戦争の激化も、虐待事件のメカニズムも、日本人が命を安く見た結果だったのだ。見事看破されてぐうの音もでなかった。
泰緬鉄道建設捕虜虐待事件はイギリス、オーストラリアではかなり大きな出来事としてとらえられているとのこと。
アジア人差別という大前提があることに加えて、大航海時代から続いた植民地支配を正当化するという文脈にこの出来事が消費されてるように思う。
のちに贖罪の日々をおくることになる通訳の永瀬さんが、こちらの映画ではいい役になっていた。「レイルウェイ 運命の旅路(2013)」は、故人になってる永瀬さんを貶めるようなシーンが多く理解に苦しんでいたのだけど、こちらはいいね!

余談。
序盤に「捨て鉢になってるわけじゃない」というような意味で、「神風じゃない」というセリフがある。作中では1942年の設定。神風特攻隊が産声をあげたのは1944年10月。聞こえてくる日本語にへんなところがひとつもないし、シャベルのことを帝国陸軍のみで通じる呼称「エンピ」といっていたり、考証しっかりしてる映画なのに、なんでここだけ甘くなってんのか不思議。
無

無の感想・評価

3.3
タイとミャンマーを結ぶ泰緬鉄道の建設に従事させられていたイギリス人捕虜達の姿を見つめ続けた陸軍の通訳だった永瀬が登場する映画で以前観た「レイルウェイ 運命の旅路」と同じ舞台、人物も被るがドラマチックに仕立てていたあちらに対し、こちらはほぼ戦争で疲弊しきったむさ苦しい男達しか出てこず硬骨な印象。
白人が作る作品にしては日本人の役をちゃんと日本人キャストが演じていて、反日・抗日映画ではないためスコットランド兵を絶対的な正義とせず日本軍が彼らに示した人間として、信仰する宗教や思想に対しての寛容さの部分も省かずに描いてるし、空爆シーンもCGじゃなく実写で再現してるのには監督のこだわりや丁寧で真面目な作品作りが窺えて好感が持てる。
命の恩人である中佐を射殺された事本軍に憎しみを募らせるキャンベル少佐役のロバート・カーライルが本当に単細胞で考えなしで無鉄砲な直情型の上官であまりにも無茶をやるタイプなので観ててヒヤヒヤするしイライラもするし後年永瀬と再会する事になる主役の青年アーネストの方がよっぽど冷静だし身体が弱った捕虜の面倒をみる敬虔なクリスチャンのダスティを演じるマーク・ストロングの方が寡黙で知的で正義感にあふれたキャラクターなのでなんでこの人が上官じゃないのかが謎…
全く笑えない映画だけど彼が少佐を小突き、頭を下げさせながら「コイツハニブインデスヨ」と突然日本語を喋りだしたのにはびっくりw
終盤彼がロバート・カーライルをかばって悲惨な最後を遂げるシーンや爆撃を受けた捕虜の両足が吹き飛び絶命していくような凄惨な場面もあるし、監督がやけに日本人と武士道を結びつけすぎてる気がするがリアリティがあり鑑賞者が少ないのがもったいない良作。
マーク・ストロングとイトウ軍曹役の木村栄がにらみ合いシーンの演技はどちらも甲乙つけ難い緊張感があり息を飲む。
スコットランド人やイギリス人、アメリカ人やそして日本人にもそれぞれに守りたい物や正義がある事が伝わる渋い話だった。
アメリカ人に媚びる日本人は知的で善良な人間みたいな描き方にかなり違和感があった「硫黄島からの手紙」なんかよりもよほど誠実な映画だと思う。
ただ、一つ気になるのは唯一のアメリカ人(通称ヤンカー)役のキーファー・サザーランドの存在が少し良く分からない。
何度も拷問に遭い真っ先に死にそうでいて決して死なないのは大事なゲストだから?笑
ラストに少佐が良くも悪くも人間らしさを発揮しイトウ軍曹が武士道を重んじた壮絶で日本人の美学とプライドと責任の取り方を知らしめる最期を遂げ二人の男が敵と味方を超え戦争の虚しさを見せつけるショッキングな終わり方が心に響いた。
今はコミカルでライトに描いた話しか受けないご時世なのかもしれないけど個人的にはこういうシビアな映画でないと反戦映画として成立しないと思うし、映画の終りに流れる本人(アーネストとナガセ)が再会する映像で数十年前は敵同士だった老人二人が共に手を取りあい戦没者の慰霊をする姿を見たとしても感じる物の重みが格段に違うのでマイナーでもきちんと作られた作品を支持したい!

Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=3N9RhmEP2Hk
永瀬隆のwikiページ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B0%B8%E7%80%AC%E9%9A%86
Y

Yの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

帝国陸軍(旧日本軍)の捕虜となり、タイでの過酷な泰緬鉄道敷設工事を強いられた元スコットランド軍(アーガイル93大隊)大尉Ernest Gordon氏の著書『To end all wars クワイ河収容所』を基にした同名の映画。

強制労働、収容所での日本兵からの容赦ない拷問、襲い来る餓えと乾き、熱病の蔓延…人間としての尊厳を失いかけていた仲間たちのために、教師を目指していた主人公のアーニー(Ciarán McMenamin)はジャングル大学を開講する。初めは6人だけの小さな大学だったが、だんだんと生徒も教師も増えていき、聖書やギリシャ哲学やシェイクスピア作品、絵画や音楽などを通して人間らしさを取り戻していく。仲間のダスティ(Mark Strong)はジャングルの中に壁なき教会を築いて聖書の内容を説き、ヤンカー(Kiefer Sutherland)は仲間を守るために自らを犠牲にする。しかしその一方で“正義”を信じて脱走を企てるキャンベル少佐(Robert Carlyle)は賛同者を集い、収容所を乗っ取る計画を進めていた…。

映画としては1957年の『戦場にかける橋 The Bridge on The River Kwai』が有名であるが、本作や『The Railway Man レイルウェイ 運命の旅路』の方がより事実に基づいた作品と言える。派手な戦争映画ではなく、収容所における人間の心の在り方にスポットライトを当て、西欧と日本の価値観が真っ向からぶつかる様を描いた真摯な作品。登場する日本兵の描写には異文化への冷静な眼差しがあり、武士道を貫くイトウ軍曹(木村栄)や英国を知る通訳のナガセ(佐生有語)には人間としての葛藤や情も垣間見える。エンディングではErnest Gordon氏と旧帝国陸軍の通訳であった永瀬隆氏が共に慰霊碑や墓地に花を手向ける姿が映し出される。二度とこのような悲劇が繰り返されないことを切に願うばかり。
犬

犬の感想・評価

3.5
尊厳

第二次世界大戦
日本軍の捕虜となったスコットランド軍人たちの鉄道敷設の労働と脱走計画を描く

アーネスト・ゴードンのベストセラー小説を映画化

天皇陛下のため
武士道を強要

日本軍の悪行がたくさん
許せません

日本は負けたんです
終戦後もなんとも言えない

語りも良かったです

日本兵がカタコトじゃなかったのは好印象
マーク・ストロングも日本語上手いし
この映画が日本ではもう出回っていないって聞いて本当に恐ろしいと思った。人間の尊厳を守っていくのってきっとほんまに大変なんやけど、でも絶対に守っていかないとあかんのやと思う。
Kathleen

Kathleenの感想・評価

3.8
良い意味でずっと泰緬鉄道という名前が忘れられなくなる
衝撃的な映画
miumiu

miumiuの感想・評価

4.6
第二次大戦中、日本軍の捕虜となった連合軍兵士たちが、タイのカンチャナブリ収容所で泰緬鉄道の建設に従事する様子、終戦を迎え解放されるまでを描く物語。スコットランド人兵士アーネスト・ゴードンの著書を実写化した実話ベースの戦争映画です。

これは非常にいい作品だった…! 日本人が加害者側だし残酷な場面もあって観るのはツラいけど。
コリン・ファースの『レイルウェイ 運命の旅路』と舞台は同じ、ただしこちらは群像劇風。

捕虜の中にもいろいろな人間がいて、描かれ方と役者の演技は見応えありました。
キーファー・サザーランド演じる軽そうなアメリカ人兵士の変化する様子とか。
逃亡を企てて、自分たちの作戦遂行のために仲間を売ろうとする兵士(演じているのはロバート・カーライル)とか。
教師志望だったアーネストを中心に学び合うことで、尊厳と生きる気力を保とうとする捕虜たちの姿とか。
日本人兵士も、後半に向かうにつれて良くも悪くも精神性や文化の違いゆえの事情が見えてきて、単なる悪者で終わっていなかった。

こちらもマーク・ストロング出演作ということで鑑賞。収容所のはずれに「壁なき教会」を作り、自分を犠牲にしてでも友、仲間を救う信仰心厚い兵士役。明らかにイエス・キリストのメタファーで、存在から慈愛に満ちた微笑みから行動からすべてが尊すぎでした…! これは惚れるわ…
それにしてもコリン・ファースとマーク・ストロングは出演作の設定や時代背景がやたらと重なりますね…
e

eの感想・評価

3.5
戦時中に捕虜となり泰緬鉄道建設に従事させられたアーネスト・ゴードンの「クワイ河収容所」を原作とした映画。やはり映画なので原作の出来事を掻い摘みつつも映画的な話に仕上げているので、日本兵の残虐さ加減や武士道チックな表現がやや過剰な趣きがある。あと予算不足のせいか泰緬鉄道の建設がただ工事してるだけでそれほど辛そうに見えなかった笑。この辺は似たようなプロットの「レイルウェイ 運命の旅路」に軍配が上がりますね。自分たち捕虜が前線で傷ついた日本兵を介抱する原作の場面がシチュエーションは違えど一応再現されているが、原作の「自国の兵士さえ人間扱いしない軍隊が捕虜を人間扱いするわけがない」という意味があまり込められていないのでもう少し丁寧に描いてほしかった気がする。映画には日本軍の通訳、永瀬隆氏が登場し、戦後のアーネストと永瀬の和解の映像も最後に流れるが、実際には収容所でアーネストと永瀬があったことはなかった。それにしても日本ではマイナーな作品だなあ。
haccabee

haccabeeの感想・評価

5.0
まず感心したのはチョイ役の日本兵までまともな日本語を話していたこと(チョイ役まで日本人俳優を起用していたのか?)。ここに製作側の誠実さを見たと言ったら大袈裟だろうか。
主にキリスト教的な視点で描かれるのは、原作者が聖職者なので仕方がないだろう。しかしテーマは日本軍の断罪と言うより戦時下の異常性と「人の命が羽よりも軽い時」人はいかに生きるかということではないかと思う。
役者は皆、いい仕事をしていた。精神のギリギリに立つキャンベル少佐を演じるロバート・カーライルは天才。