沈黙ーサイレンスーのネタバレレビュー・内容・結末

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

信仰とは何だろう。
それは個人に許されるものではないのか??
本作が突き付けるテーマはあまりに残酷だ。
信仰は個人の内に留められるものでなく、時に他者の運命を決定付ける。
そんな信仰の問題に神は沈黙する。
ロドリゴが沈黙の最中、耳にした神の言葉は果たして真実だったのか。それとも彼の願望に過ぎなかったのか。

キリスト教的な価値観へと一辺倒に陥ることなく、多様な価値観に誠実に向き合おうとする作り手の真摯さを感じた。だからこそ、信仰の問題を真に普遍的な事象として取り扱うことができたのだと思う。

一体誰がキチジローを責めることができるだろうか。信仰はいわゆる「宗教」ではない。現代を生きる私たちが無批判に受け入れている価値観そのものを揺るがし、様々な問題を投げ掛けるのだ。信仰に命を賭して行く人々、そして残された人々の葛藤は涙なくして観られない。

…スコセッシ信者(笑)なので、評価が甘いかもしれないが、それにしても予算とか色んな問題はあったんだろうけど、日本でのロケが中途半端になったのは本当に悔やまれる。
特に前半。山の風景は日本の色じゃないもんなあ。どうしてもそこが気になる。
だけど、自分のなかで大切な一本になった。リアルタイムで観た時はそんなに評価高くなかったけれども、Blu-rayで見直して、本作の魅力に改めて圧倒された。向こうの評価は分からないが、スコセッシのフィルモグラフィーでも語り継がれる名作になったのではないかと思う。
結局最後に形だけでも合わせるのならば、最初からそうすればよかったのに・・・どれだけの人の命が助かっただろうか・・・

形だけってのはすごく嫌いだけれど、人の命がかかってるならばそんなこといってるばあいじゃないよね。
それに神が本物であるのならば、事情も承知してくれるだろうし
あんな状況を理解してくれない神であるのならば、そんなものはなくてもよいだろう。

ラストシーンから見受けられるように、どう縛られようが結局人の心は自由なんだから、表向きだけでも要領よくやっておけばいいのにさ

うちの教えが、一番なんです、唯一正しいものなんですってやってるうちは 宗教が世界でひとつにまとまることなんて絶対にないだろうな・・・

傲慢すぎる・・・
映画って最初のシーンに詰まってると
いうのを聞いたことがあるけど、
その通りだと思った。内容は目を伏せたく
なるくらいむごいのに、描き方が
ほんと美しい。2時間越えだったけど
めっちゃ濃かった。

日本に住んでると信教のことを
ちゃんと考えることがあまりなくて
無知なりにすごい考えさせられた。
ほんと深い部分で根付いてる。
キリスト教徒がお寺にいる
あの違和感がすげー。

神の沈黙と司祭の闘い、
めちゃめちゃハラハラした

日本でもあれだけの信徒がいたり、
棄教して日本人として生きてたり、
race調べるとおもしろそう!!

昔のことやけど現代にも他者を受け入れる
って部分では考えさせられたなあ。
イッセー尾形さん最高。最後本当に声が聞こえる演出に驚いた
前半は重すぎてなかなか直視できなかったのですが、観てよかったです。
観ながらいろいろ疑問が沸き起こる映画でした。(ちなみに私はキリスト教でもないし歴史に詳しいわけでもなく、ただフワッと疑問に思っただけです。)

俳優陣がとても素敵で演出も演技も素晴らしかったです!

疑問①秀吉がキリスト教迫害を行ったのは奴隷貿易を始めたキリシタン大名から日本を守るため(結果的に日本が植民地になるのを防いだ?)だけどそこに触れてなかった。
触れてたら、何が正義なんだろうみたいな議論が起こってそれはそれで面白いかもと思った。
まぁ原作小説自体が半分フィクションだからまぁまぁまぁまぁ

疑問②踏み絵ってなぜ意味があったのか?旧約聖書では偶像崇拝が禁止されていたような?気がするけどそういう意味では踏み絵を踏んでも棄教したことにはならないんじゃ…とハテナ。
宗派とか時代によって違うのかな。形のあるものにすがることは良くないって主人公言ってた気がするし。結局形のあるものにすがってしまうキチジローの描き方は素晴らしかったと思います

疑問③エンドロールのメッセージが何を言いたいのかよくわからなかった
キチジローに共感しました。私もずるいから、あの情けなさはよくわかります。深く考えさせる重めの映画でした。
元から気になっていた作品にプラスして、アンドリュー・ガーフィールドが主演なんて観るしかないなぁ、と思い視聴。

159分って割と長い映画だと思うんだけど、一瞬も気が抜けないというか画面に釘付けになる


弱さと強さは紙一重なのか、難しすぎる。

神は答えはしない、沈黙したままだ。
沈黙、というタイトルの意味が観て凄まじくよくわかった…

ガルぺのシーンは流石に心に来たよ、、


ハクソーリッジでも思ったけど、アンドリュー・ガーフィールドの涙がとっても綺麗
DVDで観終わって、いや観ている最中から「これは劇場で観るには耐えられないな」と思いました。

テーマがテーマなので、それなりに重たい内容であることは期待して観始めましたが、画面から伝わる感情が本当に苦しくて、自分の無知が悲しくて、とてもスクリーンの迫力には心が追い付かなかったでしょう。背景音楽がないのもいっそう雰囲気を引き立てていました。観終わった後も、圧倒された記憶しかなく感情がまとまりません。


恐らく私のなかではこの映画を越えるものはしばらくないと思います。
キチジローの生きるために裏切りを繰り返す姿に、あの時代の現実をみた

「踏み絵を踏むだけだ、そんなことで真の信仰を捨てられるとも思っておらん」という役人?のセリフにちょっとびっくりした。
そうだよな、やっぱり役人もそれくらい分かってるよな。

人の心なんて簡単に捨てられない。
絵を踏もうが、つばを吐こうが、棄教しようが。
そんな物は全て目に見えるように人間が作ったものに過ぎないし
内から溢れ出る心や気持ちは、誰にも支配できるものじゃない。

知識不足で弾圧された理由とか経緯までは言及できないけど、
そこまでするほど日本にとって「脅威的」だったってことは分かる。

時折うつる、主の顔がめっちゃこわかった。
「沈黙」というタイトルの意味が、神の沈黙と知った時、心にずしんとくるものがあった。

沈黙していたわけではない、一緒に苦しんだのだ
という主の声にまたずしんときた、、

神はヒーローみたいに助け出したり、
無から有を与えてくれる存在と思われがちだけど、
世界を創造したとしてもそれは人間の思い上がりのような気もする。

自分の神のイメージは、
祈りとか教えを授けてくれるもので、それ以上でも以下でもない。
だから、沈黙してたわけではなく一緒に苦しんでたって最後のセリフが個人的にはすごくしっくりきた。

ふいに「自分自身でなんとかする力やひらめき」を与えてくれるもの、と考えた方がまだ信じられる。
それも日本人特有の価値観なのかな~。人間一番てきな。

事実、禁じられなくてもキリスト教がそこまで広まっていない現代がまた感慨深い。。
「この国には我々の信仰は理解されない」、か…
>|