沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    ShiroKawana
    ShiroKawanaの感想・レビュー
    1日
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    原作は何度も何度も読んでいます。
    丁寧に、原作に忠実に作られており、満足出来ました。エンドロールに自然の音だけが流れる演出も憎いです。

    日本人俳優陣、特に浅野忠信の演技も素晴らしかったと思います。

    ただ、映画ではキチジローの弱さや醜さがわかりづらかったとは思います。もっともっと、醜くて弱いのがキチジローじゃないのかなあ。
    wr
    wrの感想・レビュー
    3日
    4.8

    このレビューはネタバレを含みます

    形だけでいいから
    Flatriver
    Flatriverの感想・レビュー
    3日
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    祈るという行為、十字架やその他の信仰心のある物を持つことが信仰をしているということになるならば、神は「沈黙」し、裏切られることになるだろう。
    しかし、自分の心の中と向き合い、自分の心の中、奥深くの「沈黙」の部分に神が存在し、神は側にいると気づくことができたならば、祈らなくても、また、神を踏みつづけたとしても、神の存在を感じていられるだろう。

    話は逸れるが、この映画は是非エンドロールが終わるまで見て欲しい。
    エンドロール中、もしよければ、目をつぶり、長崎キリシタン弾圧下での昼夜、潜伏中のロドリコやガルペが感じていたであろう「沈黙」を感じてみてください。
    じゅん
    じゅんの感想・レビュー
    2017/03/21
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    無宗教の自分には理解できないことが多かった。
    昔の日本人がこれに近いことをしていた事が悲しい。
    自分の信念に強く生きる人を描いている映画。
    あるの
    あるのの感想・レビュー
    2017/03/15
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    信仰することがどんどんわからなくなっていきました。時代背景やキリスト教自体の知識があればもう少しわかることができたのだろうか。
    ガルペのシーンが本当に辛い。私を身代わりに、と叫ぶ声が頭から離れません。
    映像も音も独特でとても濃厚でした。
    まる
    まるの感想・レビュー
    2017/03/10
    3.2

    このレビューはネタバレを含みます

    見ていて辛くなりました。
    キチジローはクソだと思ったのですが、同時になんというか普通の人間なのだろうなと思います。ずるく弱い存在である人間を表していて、キチジローを見ていると人間が嫌いになりそうでした笑

    なぜここまで弾圧するのか、現在の私では理解しかねました。
    今のようにモノが飽和し、エンタメもたくさんあるというわけではない貧困の時代で、唯一の救いは信仰だったのだろうなとは思うのですが、ここまで宗教に入れ込むのはまだわからないと思いました。
    憲法で信教の自由が保障されていてよかったとも思いました。

    またなぜロドリゴは途中で日本を離れようとしなかったのか。信者を見捨てることができなかったのでしょうかね。

    沈黙の意味が最後に示されます。
    真の信仰を自分の心の中だけに留めていたから沈黙なのではないかと考えました。
    それとも信仰は救いにはならなかったことを示しているのでしょうか。
    はたまた両方なのでしょうか。

    絶対的な信念が彼らにはあり、羨ましくも思いますが、幕府側の傲慢さには腹が立ちますね。
    みかぽん
    みかぽんの感想・レビュー
    2017/03/10
    4.2

    このレビューはネタバレを含みます

    個人的には「幸福の王子」の物語に重ねながら観ていました😢でも「沈黙」は手持ちをあげればあげるだけ周りが不幸になって行く話しで。もうホントに救いがなく、まー現世での全知全能の神って実はイッセー尾形さん?みたいな…。
    本山から派遣のハイスペック王子がボロボロにされ(自分が導き、救うべきはずの周りを拷問死させる本人生殺しの刑)遂には踏み絵を踏むに至るのだけど、その時に初めて彼は神の声を聴くんだよぅ😭
    最後、傍目には何もかも無くした(棄教して)1人の老人が座棺に収められ、その生涯を終えたとき、人知れず彼の妻が彼を天国へ送る神父の役割を果たすのよね(きっと本人にはそんな意識はない)。で、そこで私は再び号泣…。
    みしゃ
    みしゃの感想・レビュー
    2017/03/09
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    マーティン・スコセッシは片桐はいりの良さを生かしきってた。

    原作のファンで、それとはまた違うもの、違う解釈の下にあるもの、と考えて観るようにした。

    俳優陣が素晴らしかった。

    自分はキリスト教徒ではないのだが、自分が信じているものが本当は存在しないのではないか、という疑念が浮かんだ時の不安や恐ろしさのような感覚は何となく想像できるし、なぜ自分はこのような時代に生まれてしまったのか?と問うキチジローの哀しみも理解できる。この作品は単に宗教、キリスト教について語っているだけではないと思っている。

    日本という沼。これがずっと自分の中にひっかかっている。
    guardman
    guardmanの感想・レビュー
    2017/03/09
    4.3

    このレビューはネタバレを含みます

    スコセッシオリジナルのラストは原作よりも救いようのあるものになっているが、それを除けば全体として原作とそれほど変わった印象は受けず。
    キチジローの役回りが、原作においてはもっと小賢しいヤローで、もっと大袈裟に喚いたりしてシンパシーをほとんど感じさせない人物として描かれているが、この映画だとそこはわりとマイルドに、より人間味を込めて描いていたというくらいか。
    rIIIIIIIna
    rIIIIIIInaの感想・レビュー
    2017/03/08
    -

    このレビューはネタバレを含みます

    長さ、重さ、救いのなさゆえに映画館でないと観れないな、と思った。
    信仰ってなんだろう…
    これはHUGOを撮る監督の真の姿なのか、
    観る者に訴えかけるあの描写性
    白い闇
    日本人皆英語達者すぎて...実際そうだったらやばすぎ
    今もどこかでこういうこと、形・人種・言葉は違えどあるんだろう。否定しあうことに意味は、あるのだろうか。
    >|