沈黙ーサイレンスーのネタバレレビュー・内容・結末

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

あの場面で「棄教しろ!」と言ったロドリゴを、どうしても許せない自分がいる。
記録。
異端なモノを徹底的に排除しようとする、日本の島国根性的な遠藤周作作品。宣教師の葛藤、キチジローの弱さからの裏切り、美談でまとめるのではなく、よく描かれていると思いました。
祈りとは何か。本当に守るべきもの、やるべきことはなんなのか。自分が信じていたものはなんだったのか。難しい題だけどちゃんと終わりもまとまっていてよかった。
終盤のフェレイラ神父が誰も辛くしてこなかった愛をお前がやるんだっていう言葉が胸に刺さった。
沈黙って結局神の沈黙なんですか。僕は信仰者の沈黙って思いました。 難しい。
鎖国に向かう日本と、キリシタンの闘いの話。

17世紀、長崎。鎖国を進める日本は、日本を訪れた宣教師を激しく弾圧した。そんな中、同じく宣教師であるフェレイラが日本で行方不明になり、部下であるロドリゴ、ガルペがフェレイラを捜しにポルトガルから向かう。
日本に向かう途中、キチジローという日本人と出逢う。五島で神を踏み、家族の中で自分だけが生き残ったという過去を持つ男だった。日本に着いた2人は、キリシタンが集まるトモギ村の人々と出会う。キリシタンを隠し、人々から逃げ続ける日々。トモギ村だけではなかった、キリシタンは多く日本に存在した。そんな彼らに、宣教師は洗礼をし、教えを説いた。
あるとき、藩主が見回りに来て、4人人質を取り踏み絵をさせ、十字架に唾を吐かせようとした。キチジロー以外はそれが出来ず、海に晒され、神に祈りを捧げながら死んだ。
そして遂に、キチジローの裏切りによってロドリゴが藩主に捕えられる。
捕まったキリシタンが殺されていく。キリシタンというだけで、いとも簡単に殺されていく。ガルペもキリシタンを救おうとし、死んだ。
あるときフェレイラとの再会を果たす。しかしフェレイラは、過去に戒められ、神を踏み、今を生きていた。一度軽蔑したが、実際にはフェレイラも、死刑にかけられている人々を横に見ながら、神に祈りながら、棄教したのだった。そしてロドリゴも。
ロドリゴも、フェレイラと同じように残りの人生を日本で過ごす。次第に時と共に、ロドリゴの信仰心も失せていった。岡田三右衛門という名を与えられ、踏み絵も難なくこなし、背教徒として生きた。死後も、仏教での火葬となった。

岡田三右衛門のその手には、十字架が握られていた。

静寂と悲しみの声が心に響く映画。こういうことは、過去実際にあったのだろうし、見てよかったなと思った。

〝これほどまでに苦しむ彼らに神の沈黙をどう説明する?〟
原作に忠実に再現されてる。むしろ映像作品にしたことでより濃くて重たい印象になった。

なんで、日本でこんなにもキリスト教を信じる人がでてきたのか今でも不思議。キリスト教は日本には根付かない、というようなセリフがいくつか出て来たけど私もそれはすごく感じて、日本古来の多神教や悟りの仏教とは全く違った宗教であるキリスト教が入って来た時、一部の人々は今での信仰があっただろうにもかかわらずなぜ受け入れ命をかけてまで守ろうとしたのだろうか。当時の農村の貧しい暮らしの様子も映画の中で出て来てて、どうしようもない貧しさゆえなのかなと思った。
その辺の歴史ももっと詳しく知りたいと思います。

そして、なぜ彼らがここまで苦しんでいるのに神は沈黙しているのかという問い。神を信じることで希望を持つことができるけれども、実際に迫害のような状況下において信者たちが苦しんでいるのに、沈黙を貫く神に、彼らは神の存在に疑問を抱かざるを得なくなる。小説読んで、映画を見てから大分考えてるけど全然答えが出てこないです。すごく重い…。

しかし、このような迫害を受けてまで、今でも日本でキリスト教は残っているのにはつよい執念のようなものを感じた。
キリスト教を日本に広めようとしてるけど踏み絵全盛期で迫害されるという話。
なんかちらほらと色んな役者さんが出てくる。
個人的にプロレスラーの高山さんに驚いた。
海外の人が日本に来て困る言語の壁がありましたが、すらすら英語喋りまくるキリシタンや奉行だらけです。
踏み絵を踏めなくて残忍な殺され方したり、棄教してもなお主を崇めていたり、人の信仰心というのは恐ろしい強さです。
ですが、それを無理矢理迫害したり変えさせたり押しつけるのは良くない、何事も。
そう考えるとこんな時代を経て今の日本にキリスト教が存在しているというのはとてもすごいことだと思います。
仏教もキリスト教もどんな宗教でも言えるとは思いますが、人々の心を救いより良い世界へと導くものであって、人に押し付けたりしてはいけないですよ。
確か仏教って殺生だめよってとこもあるのにね、それに背くとは何事かと思いますよ釈迦的に。

多種多様の人間を受け入れることができる人間になりたいですね。
答えを出すのがものすごく難しいしそもそも正解がない…キリスト教によって人々は幸せになれる!と思ってやってくる宣教師はむしろ自分がいない方が人々は幸せな暮らしをしているし、自分の背後にあるキリスト教を信じたがばかりに殺されていく。が、神様は助けてくれない。という葛藤。

自分がやっていることは何なのか、何がしたかったのか、日本人と宣教師たちとの間にもキリスト教の中身に乖離があるし(パライソの概念とか)日本人は司祭のことをなんか別のものと勘違いしているようにも見えたし、でも「お前が棄教しないばかりに信徒たちは死ぬんだ」という迫り方はかなり抉るな…

踏み絵とか、いやそんなん形だけのもんやし自分の心がどうあろうと(信仰心は持ちつつ)踏むだけ踏んどいたらいいやんくらいにしか思わなかったし浅野忠信もそう言ってたけど、それでどれだけ信徒の心がかき乱されるかまでは考えたことなかったな。でもそれにこだわるのは宗教のあり方として正しいのか?というか、そもそも棄教というのはそんなに一世一代この世の終わりみたいなことなんか?と、あまり信仰を意識しない人間からしたらちょっと圧倒されてしまったね…宗教はやっぱり興味深い(とくに一神教)歴史の勉強にも、よいのではないかと思います。

しかし音が少ない映画(サイレンスなので)で踏み絵のシーンとか誰もなにもしゃべらんので途中ちょっと寝たけどべつに差し支えはないです。あとキリスト教ディスりの映画では断じてないです。そんで最前列隅っこで観たので首が死にました。
信仰は形じゃない。
棄教はしたし、棄教すると言ったときに嘘偽りはなく、心からそう思っていたと思う、私はそう感じた、けれど、キチジローが、私にとっては最後の司祭なのです、だから赦しを、というところで、彼の心にはイエスがいるんだと感じた。

キリスト教は日本には根付かない、彼らが信仰しているのは自然だ、キリスト教の考えは理解できない、というようなセリフがあったが、本当にその通りだったのだろうか。
その頃、キリシタンとして生きていた人々は、何を信仰していたのか。本当の意味でキリシタンではなかったのか。
そもそもキリスト教ってなんだ。
ふたりのパードレでも、踏み絵に関しての意見は違った。
曖昧模糊としたもの?
人によって解釈は違うもの?

キチジローの中にも信仰心はあったのか。
赦しというのはあんなに簡単なものなのか。
私は、彼はキリスト教を信仰していたと思う。

彼らは天国に行けるために死を選んだのか。
でも極楽浄土っていう概念は仏教にもあったよね。

小松菜奈の友人がスパッといったシーンはさすがにびっくりした。
あのシーンが意図するものとは。
青木崇高とその友人の関係の変化というか、親しさに驚いたけれど、彼らは罪を犯したわけではないし、親しくしてはいけない対象でもないし、的な?
青木崇高は知ってたのかな、会話の後におこる出来事を。
冷静だったよね。
もう何度も見てきた光景だったのかな。

そもそも日本その頃は秀吉?がキリスト教徒を迫害した理由は、勢力拡大を恐れたから、という理由だけ?
おとなしくパードレを帰国させるってことはできなかったのかな。そういう選択肢はなかったのかな。

今の日本でのキリスト教の立ち位置ってどんなんなんだろ。

私の宗教は?と聞かれたら。
お寺には行くし仏像の前では手を合わせるし世界観は理解できるけど、仏教徒なのか。

八百万の神、自然に神が宿る的な考えって、教えられたっけ?
太陽とか。
感覚?
血に流れている的な?

キリスト教徒の人の感想を聞いてみたい。

スコセッシ監督はキリシタン?

キリシタンを弾圧した歴史をちゃんと学びたい。
くそへびー。。
みんな英語達者すぎん??まじ??

信仰とはなにか。信仰の深さや正しさは何をもってして測るのか。
宗教って難しい。自分が何かを信仰してたらもっと深く共鳴できるとこがあったのかなあ、とか。
うーん。。いろいろ感じる考えるところはあったのだけど、なんか表面なぞってるにすぎない気が。。
まあでも遠藤周作はすきなので原作読んでみたい。
>|