沈黙ーサイレンスーのネタバレレビュー・内容・結末

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿されたネタバレ・内容・結末

心に重く残る作品。真っ暗な画面に題名のみ、音声は蝉の声のみが流れるオープニング画面が、全ての象徴だったと思う。祈れども、神はただ見つめるのみ。その時、人間は何を思い、どう生きるのか。
自分は何の宗教も信仰してないし、興味もない。信仰に生きる気持ちも、信仰に死ぬ気持ちも、私には分からない。
それでも、この作品を見て「自分がこの時代に生き、キリスト教を信仰していたら、どうしただろうか。」ということを考えてしまった。

生きるために何度も棄教した、多くの人にとって"要領のいいろくでなし"のキチジローも、信仰を捨てずに死んでいった信徒も、目の前で苦しむ異国の信徒のために、生涯をかけてきた信仰を形だけでも捨て、背教司祭と呼ばれることを選んだロドリゴやフェレイラも、私には想像のつかない苦悩を抱えていたんだろうと思う。

誰が正しいとか、何が正しいとか、そんなことは誰もわからない中で、自分の信じたいものと目の前の苦しみを比較する。それだけでもすごいことだと思った。

歴史に興味のあるなし、宗教に興味のあるなしに関わらず、楽しめる作品だと思う。
自分は特に信仰を持っていないのですが、
モキチやじいさまのように強い信仰をもった人の姿は
なぜかとても美しいと感じ、惹き付けられます。
(だからこそ殉教はしてほしくありませんでしたが…)
一言であらわすと健気です。

モキチは単に天国に行きたいだけでも、愚かなわけでもなく
真摯に神を愛していたのだろうということが
ロドリゴと額を合わせるシーンから伝わりました。

彼らの信じるものがどんなに論破されたとしても、
ロドリゴとモキチ達を結びつけた信仰と
それを持ち続けた尊い人々の存在は汚されないんだ
ということをラストシーンのロザリオから感じました。
神は沈黙どころか、いなかったかもしれないけど、
彼らの信仰と存在は確かにあったということを
ロドリゴは忘れたくなかったのではないかと…。
自分の勝手な願望ですけど…。

対照的に、神や周りの人間を裏切りまくり
踏み絵をふみまくるキチジローですが、
これもまた魅力的なキャラクターです。
正直、ふんどし一丁で何の躊躇もなく踏み絵を踏んで
退散する姿には笑ってしまいました…。
あのシーン、テンポ良すぎでしょ!

個人的には、キチジローみたいな気持ちの弱い人間まで
キリストや神は愛してくれると思うんですけどね。
踏み絵も踏んでいいって言うだろうし。
弱い者は救われないで、殉教者が一番すばらしい
なんていうのは神じゃなくて聖職者の都合ですよねぇ。
海上で張り付けにひまり海に沈めたり一刀両断したり穴吊りにしたり、様々な形で人々が殺されるところを見せられ、宣教師が棄教を余儀無くされるよう追い詰められる様が描かれている。

教科書では知っていた、キリシタン弾圧の実情をより深く理解させてもらえる作品。

162分と長いが、その分どっぷり映画の世界に浸ったという感触を得られる。

日米の著名な俳優陣の共演も豪華。
静かに悲しい日本の歴史が語られる。戦争映画とかはよくあるけど、やる事が酷くて痛々しい。宗教の問題はどこの国でもどの宗派でも必ずぶつかり合っていて、やっぱり難しい。とにかく日本人俳優の怪演。じいさまとか調べてみたら90代近かった。波打ち?の刑とか本当に死んじゃうかと思った。主人公は殆ど洗脳で無念の死みたいだった。ラストは神仏云々以前に体より「心」なんだと再認識があり幕を閉じる。どの俳優さんも日本映画ではなかなか見れない演技で圧巻
小説にほとんど忠実。面白かった。

ユダに裏切られるキリスト。
十字架にかけられるキリスト。
神はなぜ助けてくれないのか問うキリスト。

ロドリゴ=キリストで、ユダ=キチジローと思っていたけど…。
何だか、ロドリゴも結局ユダなんじゃないかと思ってしまった。

キチジロー、最初はクッソだなーと思ってたけど……見てるうちに、弱いだけで、一番信仰心は強いんじゃないかなと思ってきた。

そして、ラスト…ロドリゴが死ぬシーン。
転んでから、キリストへの信仰心をかけらも見せなかったロドリゴ。
白いユリや、手にこっそりと握られた十字架から、心の中ではキリストを信仰していたことが分かり…。

キチジローもそうだけど、キリストを信じて、彼の為に命を捨てるよりも、心の中でだけ信じていればいい。

言葉で説明できない何とも言えない感情が湧いてきた。

私は一応仏教徒だけど、そんなに信仰心強くないと思うので…理解できないところもあるけど、やっぱり沈黙は名作だなぁと思った。

人間は本当に残酷。

あと、キチジローってもっと汚いブサイクな感じ想像してたけどキレイだった(笑)
格好とかは汚いから、窪塚さんの素のキレイさが出ちゃったのかな。
でも、演技力は素晴らしかった。
教科書でしか知らなかった江戸時代の切支丹弾圧の生々しさがリアルに描かれていました。思想弾圧の恐ろしさを痛感されられました。また、あれだけの弾圧を行っていた江戸幕府はキリスト教、つまりは日本になかった思想をかなり恐れていたということがよくわかりました。その中でも、キリスト教を信じ、苦しみながらも信仰していた人々の純粋な信仰心には狂気のようなものも感じました。あの中で、最も人間らしかったのは、自分を弱い人間だと言っていたキチジロウだったのかも知れません。
観終わっての一言は、虚しい。

色んな感情が溢れ出して、それすらも全部が弾けて、観終わる頃には虚しいという感情でしか無かった。
気づいたらまた最初から観ていた。
しばらくしてやっと飲み込めた。
虚しい、この言葉以外で当てはまる言葉はないかもしれない。


何が悪いとか誰が悪いとか正しいとか間違いとかじゃなく、ただ宗教上の関係でお互いに理解知り得ないことでこうなった。
キチジローは惨めでずるいように描かれているが、作品を観ている"私"だと思った。
あの行動もすべてが人間そのものの強さ。
最期まで信仰心を捨てずに"沈黙する神"を信じ続けた人たちも強い。弱いとも言える。弱くて強かった。それが人間の本来の姿だと思う。

この作品には海底の暗闇より暗い何かがあって、
その先に輝くものがあるような感じ。
うまく表わせられないけどそう感じる。
あのラストが文字通り最後の救いと思えた。
あの続きはきっとあるだろうけどそれは魂と共にあるただ一人の人間だけが見られるもの、
そういうふうに思えるし思いたい。
江戸時代初期におけるキリスト教の成り立ちに関わる歴史映画
ストーリーに関してはキリスト迫害の歴史を殆ど反映していることから、凄まじく残酷なものとなっている
『何をしても報われない時代でどう生きていくか・・・何を信じて生きていけばいいのか?』といったことが問われており、ある意味、生き方について学べるようなつくりとなっている
キャストの演技に関しては、演出によって生々しいものが多い
特にキリスト教信者の処刑のシーンや告解のシーン等は時代の悲惨さと劣悪な環境を物語っており、全員がその時代の人間であることを上手く演じていたことから、歴代映画史の中でトップクラスの演技力を持つ者達で構成されていると思えた
この映画で一番驚いたことは音響についてである
実は殆どBGMがないことにより、映画というよりも実際に起きた事実を描いたようなドキュメント映画の雰囲気を味わえる
エンディングも鈴虫の音色により、ラストの静寂をずっと感じることができる
長年構想を練って作られたものとは聞いていたが、本当に良い作品だった
まさに歴史映画の中では傑作中の傑作であろう
この映画で一番哀れと思えたことは、主人公のパードレが時を経る事に自分が何者であるかを見失うというものである
これに関してはどの人間でも言える事であり、元来、人間とは心が脆いものであり、自分の状況が変わると狂人にもなり、または成人にもなりえる・・・本作では、このように状況変化によって人間の立ち位置が変わるものだということを深く考えさせてくれる作品だと言える
恐らく、道徳の教科書としてこの歴史映画を観せるのもアリかもしれない
この映画にはそれ程の高い価値があると言える
なんでやろ。ちゅうぐらい
欧米人は宗教にうるさいですね。

まぁ、彼らを納得させるには
ラストはああするしかないですよね。

内容はまあまあ良かったですよ!

たまたま行った時が舞台挨拶あって
ラッキーでした。
>|