沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    shunie
    shunieの感想・レビュー
    2分
    3.8
    長いと感じてしまったけど、アンドリューガーフィールド、アダムドライバー、窪塚の画角で何とか耐えました。

    内容は重厚。ハリウッドでは限定的な上映だったらしいが、基督教の背信部分が色濃く描かれていたからだろうか。

    日本人俳優の英語が中々うますぎて、基督教の人間だけではなく、奉仕側の役員が何人も英語話せる部分は違和感。

    神を信じるとは何か?何のために信じるのか?そう深く考えさせられる映画であった。
    ココス
    ココスの感想・レビュー
    8分
    4.6

    このレビューはネタバレを含みます

    3時間近い時間煩悶する神父の独白を聞き続ける映画なのに全く退屈することはなかった。日本特有の慣習を不気味に描けるのは外国人監督だからかもしれない。ただ、同伴者イエス・キリストって考え方はクリスチャンには受け入れがたいものなのでは。そして何よりも衝撃的なEXILE AKIRAのクレジット…
    MisaYoshioka
    MisaYoshiokaの感想・レビュー
    9分
    4.1
    全て終わって、ただ真っ暗になったスクリーンにものすごい余韻が残りました。
    いろんな意味で、いろんなシーンを忘れられない映画になりそう。


    私には、最初の黒い服のアダムドライバーがどうしてもカイロレンに見えてしまいました笑
    アガサ
    アガサの感想・レビュー
    17分
    -
    踏み絵を踏んだものと拒否したもの。
    改宗したものとしなかったもの。
    遠い島国に行かなかったものと行ったもの。
    形あるものと形なきもの。 

    この物語に出てくるのは、ただ自分の「ため」に懸命に生きたものだけで。
    勝者も敗者もなくて。
    どの生き方にも圧倒された。
    おーくら
    おーくらの感想・レビュー
    23分
    4.4
    エンディングまでとてもよかった!エンディング曲がないあたりも。

    見終わった後の劇場の雰囲気が、映画の余韻になってた気がした。

    見た時間帯が平日昼間なせいもあったけど自分以外若い方がいらっしゃらなかった。自分と同じ大学生も見て欲しい映画だったなあ。

    3時間近くとながめだったけどそんなこと感じさせない映画だったしもう一度みたい。
    窪塚洋介、イッセー尾形◎
    SuzukoKuramoto
    SuzukoKuramotoの感想・レビュー
    24分
    2.3
    キリシタン弾圧ばかりが強調されて、沈黙の先にある司祭の気付きが表現されてなかったような気がした

    原作ではラストが一番いいのにね。

    自身もクリスチャンである遠藤周作が伝えたかったことは、信仰に対する答えは自分で出すべきであり、沈黙を守る神に対していつまでも待ち続けていても何も解決しないということ。
    なので踏み絵や、神への背教文も形骸的な物でしかあらずロドリゴは棄教した後も死ぬまで躊躇なく行えた。

    布教しにきた司祭たちはその本質を、布教した土地の殉教者たちの犠牲によって知ることが出来た

    この意味を映画を見た普通の日本人が、理解することが出来るだろうか


    マーティンスコセッシ監督は誰のために魅せた映画だったのだろう..
    kumagoro
    kumagoroの感想・レビュー
    26分
    4.0
    スコセッシが高倉健をキャスティングしたいとオファーして断られたという話を聞いたけれど、どの役だったんだろう……じいさまじゃろか(違。
    塚本晋也とイッセー尾形が日本人の両極端なイメージをまんま表現しててとても良かった。なんで、なんで、とかなり心が辛いので何度も観たくないけど、有名な俳優がたくさん出ているので確認したいかも。あとリーアム・ニーソンはスター・ウォーズだったなあ
    やんぎ
    やんぎの感想・レビュー
    28分
    4.5
    日本文学の素晴らしさを改めて世に広めてくれたスコセッシに敬意を表す。
    abx155
    abx155の感想・レビュー
    33分
    4.0
    棄教を勧めるフェレイラ、筑後守イノウエ、通辞と対峙し苦悩するロドリゴ。
    彼が戦っていたのは自らの信仰心だけでなく、キリスト教が根付かない日本という沼地であった。
    ロドリゴが決断に至るまでの苦悩と葛藤の表現が凄まじく、心に響く。
    苦しむ者を許す神の声を聞いたロドリゴは、それまでとは違う形で信仰心を持ち続ける。
    信仰とは何か、宗教とは何か、日本人の民俗性とは・・・突き付けられる物が多く、奥深い作品。

    キャスト陣の演技は日米いずれも素晴らしい。
    原作へのリスペクトに溢れたスコセッシ監督の渾身の一作だった。
    mike
    mikeの感想・レビュー
    41分
    4.0
    TOHOシネマズ川崎で字幕版を鑑賞。江戸時代初期のキリシタン弾圧時に来日したある司祭の物語。途中で背教司祭という言葉が出てきて、どこかで聞いたことがあるなと思っていたらA.J.クィネル「ヴァチカンからの暗殺者」だった。中世ではなく、ほんの30年前、ソ連崩壊以前の東欧でも信仰を破壊する行為が行われていたことを忘れてはいけないね。
    >|