沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

SORA

SORAの感想・評価

3.3
マジでエンタメ性ゼロ過ぎて清々しかったね笑
とりあえず外国人監督が描く日本の描写としては凄いよく出来てたと思う。
キャストも豪華すぎて見応え凄かった!

人間の意思の強さと醜さと両極端を描いててちょっと頭クラクラする。
詳しくは知らないけどほんとに幕府の一方的な迫害だったんだろうか?
キリスト教の方ももう少し歩み寄って平和的に解決できなかったのか?個人的には彼等が少し蹂躙者に見えた。いくら神を信じてても自分だけを正しいと思い込むのは危険だよね。
サエ

サエの感想・評価

-
" 考えさせられた "とか軽々しく言いたくないな
気がついたら勝手に涙が溢れ出てきていた
philia

philiaの感想・評価

3.7
見なくてはと思っていたものの、救いが無さそうな予感がしていて時間と心にゆとりがある時を見つけてようやく鑑賞。
原作未読。

3時間渡る心の拷問。

想像通りの暗さ。重さ。

信仰に頼らなくても生きていける私には、信徒の気持ちを想像する事すら出来ない。
出来事として受け止めるしか出来ない。

ただ日本の役者は地味に豪華。
あれ?この人も出てたんだ、って俳優が結構いた。
shima

shimaの感想・評価

4.8
日本の歴史、隠れキリシタン弾圧を題材にした作品。信仰や表現の自由を許される現代人にこそ見て欲しい作品。

長崎が舞台となっており登場人物も日本人ばかり、キリスト教神父として何人か外国人が登場します。

日本の小説を原作として日本が舞台、日本の歴史を題材にし海外の人が作製した映画。キリスト弾圧がテーマなだけにかなり重いお話で惨たらしいシーンも多くありしんどさはあります。でも目を逸らすことはできません。

サイレント。沈黙。キリストを信じた者は殺され、死して完全なる沈黙を迎える。

作中では日本の信仰(仏教)のあり方について逆にキリスト教神父へ教えを説くシーンもあります。そこでのキリスト教神父のブッタに対する否定的な意見を聞くと、あまりにも違う物を信仰しているという事が理解できます。

「人の魂を歪めることは拷問より残酷である」この映画を見て私が得た教訓の1つです。

人々が自由に好きな物を好きなように信仰し、愛する。それを理解する為にも日本の歴史を通し、考えて欲しいテーマの映画であると思います。
ち

ちの感想・評価

4.6
2時間40分、長い。
たしかに長いが、このテーマを描くには短すぎる。

現代の私たちにも通ずるテーマが画面から痛いほど伝わり、目を伏せたくなる。

あれから私たちは少しでも変わったのか。

グローバル化、多様化、、、なんて言われている現代だからこそ感じとれることがあるはず。
鰹

鰹の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

信仰は命より重いのか。

彼らは自然の中にしか神を見出せない。
宗教は得体の知れないものに形を変えた。

日本は沼らしい。ここらへんの台詞が気になったので、原作がすごく読みたい。
ジウン

ジウンの感想・評価

4.5
日本人の勿体無いところは宗教をあまりにも知らないところだ、
キリスト教を知っているのといないのとでこの映画の見方は大きく変わることだろう。
やま

やまの感想・評価

3.8
1600年代、徳川2代目以降特に厳しくなったと言われている、貿易、キリスト教の布教。自分の生まれが下田に近くかなり学生の頃から江戸時代の鎖国について学んでいたこともあり、観てよかったと思う内容であった。
深い、、、
cojirrow

cojirrowの感想・評価

4.2
宗教にはまったく縁がなく、他人事だとしか思っていなかった私でも、宗教とは何か、少し理解が深まったような気がする。
キチジローのおかげで。
koba

kobaの感想・評価

3.5
長いっ(笑)

「沈黙」である事を描くためにはこのくらいの時間をかけ、丁寧に描く必要があるのだろう。

ただ、全体を通して単調に感じた。

なぜ沈黙しているのか?
という問いかけの元となる、悲惨な現状がいくつも描かれているんですが、私の感情にはどうしても響かなかった。
(日本の描かれ方にどうしても不自然さを感じてしまったからなのかなぁ)

その感情に響かなかったので、どうしても退屈に感じてしまった。

いい映画なのは分かるんですがね。
>|