沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価・動画配信

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

ジャンル:

3.9

あらすじ

『沈黙ーサイレンスー』に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

17世紀、江戸初期、幕府による激しいキリスト教弾圧下の長崎。日本で捕えられた宣教師フェレイラが神を非難し棄教し日本人として暮らしているという。そんなはずはない、師は強い意思を持っていてあり得ないと弟…

>>続きを読む
はなこ

はなこの感想・評価

3.8

宗教に限らず、ここまで何かに打ち込むことや、のめり込むことがない自分にとってはなんでそんな命の危険を晒してまで教えを守ろうとするのだろうと共感するのは難しかった。。
さらに3時間弱と重いし、苦しい内…

>>続きを読む

キリシタン弾圧がこれほどまでとは、なんともひどい話。 ほぼ、実話ですよね。 拷問も実際にこの映画のように行われていたようだが。何故にこれほどまでの殺生を行うのだ。

無宗教の人、キリスト教の人、…

>>続きを読む
遠藤周作の古典的名作を原作にした、神と人間を巡る深甚なる物語。
非常に完成度の高い映画であることは分かるのですが、もう少しドラマ性が欲しかったです。
adabana

adabanaの感想・評価

3.5
司祭志望だったM.スコセッシ監督の長年の執念は深い
猜疑心に苛まれる
貫くか転ぶか、信仰とは何か沈黙は語る
印象深いのはユダのようなキチジロー
葛藤はあるも楽な方に行ってしまう弱さに共感してしまう
himy

himyの感想・評価

3.6

隠れキリシタンの話は知っていたけど、キリシタンではないと証明するのにここまでされていたとは。そして認めたら本人でなく家族が犠牲になる事も。もちろん本人も酷い目にあう。
信仰心の薄い国だと思ってたけど…

>>続きを読む
ずっと見たかった作品

私は信仰心がないと思った。
宗教や信仰はきっと心の支えになるんだろうけど…

みんな英語喋れることが違和感。

信仰の自由がテーマでとても重厚な映画。信仰は人々に救いを与え、ものすごい力となる。だから為政者にとって恐怖であり歴史的に迫害された。切支丹を弾圧していた当時の日本におけるキリスト教は日本に何をもたら…

>>続きを読む
うん、長いな、ちょっと。内容が暗くて重いから、ちょっとキツかった。イッセー尾形の安定感は抜群。日本人ってこんなに英語上手に話せるか?
Boss2054

Boss2054の感想・評価

4.7

2015年。アメリカ映画。ドラマ。

監督、マーティン・スコセッシ。
キャスト、アンドリュー・ガーフィルド、アダム・ドライバー、リーアム・ニーソン、浅野忠信、イッセー尾形、笈田ヨシ、窪塚洋介他。

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事