沈黙ーサイレンスーの作品情報・感想・評価

沈黙ーサイレンスー2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:

上映時間:159分

3.9

あらすじ

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロド…

17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

「沈黙ーサイレンスー」に投稿された感想・評価

なほむ

なほむの感想・評価

3.0
めっちゃ長いけど良かった、片桐はいりさんがいた
You talkin' to me?
kaoru

kaoruの感想・評価

4.0
宗教って深すぎる!
だいち

だいちの感想・評価

4.5
宗教とは何か、
結局答えなんて出ないんだから言葉にしにくい。
素晴らしかった。
Kurt

Kurtの感想・評価

3.6
監督は日本の自然の美しさも撮りたかったのだろう。
原作共々重要なテーマを持つ映画だ。

神は直接助けてはくれないが常に寄り添って共に苦しんでいる、それが司祭の見付けた答えなのだ。
moon

moonの感想・評価

3.9
終始、力みながらの鑑賞で終わった後の脱力感と言ったら…出演している全員の演技力に脱帽。パードレから村人たちまで、一番良い演技をしている瞬間を上手く撮れるマーティンスコセッシ…さすがです。
文字通りサイレンスだった。
静かだけど見応えがある映画。
最初の日本人の描き方がすごく薄気味悪い感じに演出されていた。
それがポルトガルから未開の地日本に来た宣教師の心情を恐怖感的な視点で表現されていたのがよかった。

浅野忠信とイッセー尾形の冷酷だけど論理的な役人の演技がすごかった。

人々の苦しみを救うのが宗教なのにそれ自体が苦しみになってしまうなんてすごい時代。

キリスト教の考え方で神様は乗り越えられる試練しか与えないって聞いたんだけど…

試練えげつない。
神様はずっと沈黙。
奇跡なんて起こらない。
ただ、こんな時代にそれを貫く人の心が奇跡。

最後に「こういうことか」ってなんかわかった系映画。
激しめの展開がバンバンある感じかと思ったけど全体的に落ち着いたトーンで終わった印象。
>|