沈黙 サイレンス(2015年製作の映画)

Silence

上映日:2017年01月21日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:159分
    監督
    マーティン・スコセッシ
    脚本
    ジェイ・コックス
    原作
    遠藤周作
    キャスト
    アンドリュー・ガーフィールド
    リーアム・ニーソン
    アダム・ドライバー
    窪塚洋介
    浅野忠信
    塚本晋也
    イッセー尾形
    笈田ヨシ
    小松菜奈
    加瀬亮
    遠藤かおる
    井川哲也
    PANTA
    松永拓野
    播田美保
    片桐はいり
    山田将之
    美知枝
    伊佐山ひろ子
    三島ゆたか
    竹嶋康成
    石坂友里
    佐藤玲
    累央
    洞口依子
    藤原季節
    江藤漢斉
    菅田 俊
    寺井文孝
    大島葉子
    西岡秀記
    青木崇高
    SABU
    渡辺哲
    AKIRA (EXILE)
    田島俊弥
    北岡龍貴
    中村嘉葎雄
    高山善廣
    斎藤歩
    黒沢あすか
    あらすじ
    17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。 日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。次々と犠牲になる人々。守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―。

    「沈黙 サイレンス」に投稿された感想・レビュー

    YasuwoMitadera
    YasuwoMitaderaの感想・レビュー
    3時間
    3.8
    遠藤周作の「沈黙」何度目かの映画化。巨匠スコセッシが何年も映画化を目論んでたというだけあり意気込みを感じるわ。
    当時の長崎の描写がテキトーでなく、ハリウッド映画特有のナンチャッテ日本じゃない。当たり前の事だけどコレだけでも嬉しい。

    アメリカ映画として欧米人による解釈だけど、当時の日本にも理解がちゃんとある。
    唯一神信仰であるキリスト教は、布教の為に他国の信仰を否定するものだ。が、今の欧米人も“他国の文化を尊重しない布教”は文化侵略だってことがわかってるんだよ。
    もちろん信仰の自由を認めない虐殺行為も許されないことなのもアタリマエ。
    当時の日本とポルトガルの文化事情をよく把握した上で、俯瞰的に物語を捉えてるのが好感もてる。

    アンドリューガーフィールドとアダムドライバーが宣教師として日本に来る。キリシタン弾圧下の長崎で懸命に布教するが、優柔不断なキチジローにタレ込まれて捕まる。奉行の井上サマに布教を中止を命じられ、果ては棄教を迫られる。

    キチジローが窪塚洋介。クズっぷりが適任だわ(笑)でも信仰の本質を問う意味でとても重要なキャラなんだよね。
    あと井上サマ役のイッセー尾形ね。素晴らしい。常に半笑い。変に居丈高でないのが却って不気味で怖い。でもたまにイラっとして『ちょっ!おま…』とか『っこいつ…』とか、つい日本語で感情的になる瞬間がある。これがスゲー良い。

    篠田版と比べると希望のある終わり方をしてる。宗教弾圧を一方的に悪だと描写しなかったスコセッシは賢明だし、やはりキリスト教徒としての愛が絶対的に強いのだなと良く分かる。
    MITSUKI
    MITSUKIの感想・レビュー
    13時間
    5.0
    2017年13作目。
    しゅん
    しゅんの感想・レビュー
    14時間
    4.0
    タイトルの入りからかっこいい
    劇中、音楽らしい音楽も流れず静かな映画(台詞は多い)
    エンドクレジットもいい

    宗教とかじゃなくても、ある物に対しての排他的な考えって普遍的なテーマだと思うし何より洋画でここまで丁寧に日本を描いてるって珍しいよね
    28年かけても映画化できて良かったねと言いたい

    実話ではないけど“こういうことがあったんだ”と知っておく意味でもいいかも
    ひょう
    ひょうの感想・レビュー
    18時間
    4.0
    神はいるのかいないのか。

    ハワイから仕事帰りの機内で寝る前に一本くらい見ようと思ったら残り5時間眠れなくなりました。笑

    信仰とはなんぞやという難しいテーマですが、役者さんの怪演と息のを飲むほどの美しいカット、そして前半サバイバルのような展開から後半の深く考えさせられる内容へ。とにかく引き込まれます。

    なによりこれを外人の監督さんが撮ったことがいちばんすごい。さすがスコセッシ巨匠。

    ただ個人的にはそれ以上に作中のセリフにあったように、むごいむごすぎる。が率直な感想でした。

    たぶん主観的に見ればだれが正しいとかじゃないんだろうけど、やっぱり大前提として暴力はダメぜったい。
    mits
    mitsの感想・レビュー
    19時間
    4.1
    凄いものを観た。
    かきつぶ
    かきつぶの感想・レビュー
    23時間
    4.0
    良い!日本人が英語達者すぎるけど、窪塚いい感じ、塚本監督も野火、シンゴジラと立て続けにいい役。
    ばる
    ばるの感想・レビュー
    1日
    4.9
    点数は主題と描写の好み。「なすべきことをなせ。」良心conscienceをもつ生命は誰しもがユダなのかもしれない。文化差は論理の選択の問題にすぎない?本質はゴッドファーザーと同じ。的外れな説明は不要。
    鳥ちゃんになりたい
    鳥ちゃんになりたいの感想・レビュー
    1日
    5.0
    信仰とは何かを考えさせられる。
    KEISUKE
    KEISUKEの感想・レビュー
    3日
    3.8
    とても良かった!

    原作は読んでないので、予告を見た段階ではよくある感動モノなのかな?と思ってたけどそうではなくて、もっと深い部分でのお話、要するに宗教とは?信じるとは?そもそも人間の信念とは?というテーマを多角的な視点で問いかけてくる、重く深い作品でした。
    浅野忠信演じる通辞と、リーアム・ニーソン演じる宣教師の台詞が、この映画のテーマを要約していたんじゃないかな。

    ただ海外の賞レースに引っかからなかったのは、何だか分かるような気がします。キリスト教徒の数が圧倒的な欧米の人たちにはこの映画のテーマは理解できないというか、認めたくない部分というのも多くある気がするので。
    >|