それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価・動画配信

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

yuko

yukoの感想・評価

3.8
すべての人が観るべき映画。黒人の人々にとっての歌うことの意味がすこし垣間見れました。あとNワードは絶対に使ってはいけない言葉ということも。
きむら

きむらの感想・評価

4.0
美しい景色と残酷な現実とのギャップ
主人公は最初から最後まで立派な人間だった

教養があってバイオリンが弾けて強くて自由な黒人だったのに…そんな人間がただ肌が白くて金持ってるだけの人間に物として扱われる
理不尽にもほどがある

黒人差別を扱った歴史映画は現実だとは思いたくないほどひどい
だけど現実は更にひどかったのかもしれない
辛いけど一度は観るべき映画
大学に在学していた頃に書いた卒業論文で調べていて、これまで観た映画の中で最も強く考えさせられるものがあった。
ヒューマン映画をよく観るが、やっぱり人種差別をするやつの気が知れないなと感じた。
アフリカンの人々が受けてきた差別に比べ、自分が置かれてる環境がとても幸せなことなんだなと改めて思った。
このような人々を観て何を思うか、感じるかが大切だなと思った。
なつん

なつんの感想・評価

3.6
疲れたし見応えもあったけど、それでもこの手の映画の中では見易かった。描写はかなりしっかり酷かったんだけど、なぜか。

19世紀の、南北戦争よりも前の話だというのも驚きだし、これが事実だというのもまたにわかには信じがたい。その時代に自由黒人が確かな地位を築いていたというのも意外だったし、誘拐されて奴隷として売られたのちに自由に戻れることがあるなんて、と驚いた。本当に数ケースしかなかったのだろうけど。
ソロモン・ノーサップの晩年が、死が、どこにも残されていないのが気になる。誘拐されて秘密裏に殺されたのでなければいいと願うけれど、その可能性もないと言い切れないのがアメリカの持つ闇だなとも思う。

ソロモン・ノーサップが細かに正確に記述を残してくれたことが、今の私が歴史を知っていくきっかけになっている。まだまだ知らないことも多くて勉強不足だけど、少しずつ知っていきたい。
k

kの感想・評価

-
奴隷制度
ソロモン酒ではめられた?
子どもたち奥さんとばらばら
家を転々とさせられる
ムチ打ち
綿花摘みの子がかわいそう
バスさん、カナダ生まれのあんただけが救いだよ

拉致か
ネネ

ネネの感想・評価

3.6
昨今の黒人差別問題を踏まえての鑑賞。
とにかく邦題の意味と、説明にある「衝撃の感動作」っていうのがイマイチしっくりこなかったな…2020年、未だに夜が明けている気がしないのですが…。
原題は「奴隷、12年」で、ソロモンは実際に12年間奴隷としてこき使わされた後に奴隷解放活動家として活躍した、ここまでがワンセットだと思うし。

ただのこの映画で酷なのは、ソロモンは自由黒人で元々奴隷ではなく、「自分は自由黒人だ!奴隷じゃない!証明書がある!」と言いながら闘うんですよね、そこが物語の軸になっていて最後には証明できて帰れて良かったね、となるんですけど…でもじゃあ自由黒人じゃない、本当に奴隷として扱われていた黒人たちはどうなるの?と。黒人の中でも優劣があることをソロモンを主人公にして表現されていることがとても酷で、奴隷制度の話というよりは自由黒人ソロモンの生還物語のようになってしまっている部分が無きにしも非ずだったと思います…。 映像のクオリティは素晴らしかったです。
ageha

agehaの感想・評価

3.7
考えさせられる話。
重たい重たい話。

だけど、色々教えられました。
学んだことを生かしていこうと思います
alen

alenの感想・評価

5.0
この歴史を知るきっかけになった、
理不尽さとか色々感じて涙止まらなかった、
yukoyuko

yukoyukoの感想・評価

4.4
始終胸が痛くて泣きっぱなしだった。悲しいのか、人の醜さか残酷さか、主人公の優しさか強さか。そのなんだかわからないものが押し寄せてきて涙が出る。
lei

leiの感想・評価

4.4
この物語はハッピーエンドで終わるけれど、これは本当に珍しいケースだったはず。
生まれたときから奴隷として使役され、教育だって当然受けてこなかった人たちは主人公の様には助かることはできない。
そして助かる可能性があったとしても、主人公ひとりの力では状況を脱することはできず、やはり自分よりも優位な立場にある白人に頼るしかなかった。そして彼らを助けることができる白人たちも、自分たちが自分たちと同じ人間に対して差別を行い暴力を与え酷使している事実に罪悪感を感じ、同情はするけれども実際に行動に移すことはできない。
人は誰でも自分自身をかわいく思い、その先に待つ苦難から逃れようとする。それは誰にでもある感情だし、そう思うのは当然だと思う。
けれども苦痛、苦難から逃れることができることは一部の人間にのみ認められた権利ではなく、すべての人に平等にあるべきだ。
昨今の状況でもやはり皆に与えられるべき権利、与えられるべきでない困難が未だに平等ではない。
その不平等に対して自分が声をあげ、行動しているかと問われれば答えは否だと思う。まずは自分ができる所から変えていきたいと思った。
>|