それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:
  • アメリカ
  • イギリス
  • / 上映時間:134分
    監督
    スティーヴ・マックィーン
    脚本
    ジョン・リドリー
    キャスト
    キウェテル・イジョフォー
    マイケル・ファスベンダー
    ベネディクト・カンバーバッチ
    ポール・ダノ
    ポール・ジアマッティ
    ルピタ・ニョンゴ
    サラ・ポールソン
    ブラッド・ピット
    アルフレ・ウッダード
    ギャレット・ディラハント
    スクート・マクネイリー
    アデペロ・オデュイエ
    マイケル・ケネス・ウィリアムズ
    タラン・キラム
    ビル・キャンプ
    クリス・チョーク
    あらすじ
    これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは──? 実話だからこそ、<生きる>想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作。

    「それでも夜は明ける」に投稿された感想・レビュー

    Daisuke
    Daisukeの感想・レビュー
    4時間
    4.5
    記録
    かりん
    かりんの感想・レビュー
    5時間
    4.0
    良かった。木から吊るされた長回しが離れん。
    シミタカ
    シミタカの感想・レビュー
    13時間
    4.6
    金曜ロードショーは、ジブリよりもこの映画を“全人類必見”として放送するべきだと思いましたww

    劇中にブラッド・ピットが言っていた「法は変わるが、普遍の真理は変わらない」という言葉に心揺さぶられました。

    この映画は、北部で拉致されて南部で奴隷として売られた黒人が主人公なのですが、北部と南部の違いを知ってるからこその絶望感が凄かったです。

    今の私達からすれば、南部は異常ですよ。でも、それを当時は法で認め、当たり前としてやっていたことを忘れてはいけないと思いました。

    主人公が白人に刃向かった罰として、足が地面に少し着く高さで首吊りにされ、死にかけてるシーンがあるんですけど、白人はおろか仲間の黒人までもが、見て見ぬ振り、知らんぷりして普通に遊んでたりするんですよ。
    こういうシーンで、異様さというか、違和感を表現するのが上手かったです。

    また、ラストシーンでパッツィーが泣き崩れるのですが、これは正直この映画で一番辛いシーンでした。
    「法とは?正義とは?法の前で人間はここまで無力か。」
    といったことを痛感されられます。

    とりあえず、ブラピの言葉 と Roll Jardon Rollの合唱 のパワーが凄かった。


    〈豆知識〉
    この映画の監督は“スティーブ・マックイーン”とあの大スターと同じ名前なので、エンドロールで一瞬ビビるww
    佐藤空翔
    佐藤空翔の感想・レビュー
    22時間
    3.6
    深く考えさせられる映画だった。日本は奴隷制度もなく自由だが、それがあった時代はとてもひどいことをしていて、黒人差別が許せないと思った。主人公は自由の国で生まれたのに白人に騙され奴隷として長い間耐え、その間も希望を捨てなかったのは自分が大好きな映画でもある「ショーシャンクの空に」と少しかぶるものがあった!
    でもこの映画は最後まで黒人差別はなくならず仲間たちはそのまま奴隷として扱われたので後味が悪かった。
    でもこれはすごい衝撃を受けた映画の1つだ。
    KarinKopa
    KarinKopaの感想・レビュー
    23時間
    4.0
    感動の実話
    kawase
    kawaseの感想・レビュー
    2日
    4.0
    実話はやはり面白いし怖い。ある意味ホラーです。差別どうのこうのより人間ってここまで落ちれるんだなっと思った。実際はこれよりも酷なことが行われてただろうなとも思えるし、人間って本当弱いなぁと。望んだ通りの人間の汚さも観れて満足です。
    映画としてはカメラの中心に人物を映さず、少し左右にずらして人物を撮るという描写が多くてぐっと引き込まれました。
    ただ、この映画に唯一文句があるならブラピがカッコ良すぎることです。ブラピ演じるキャラが実在していたにしても、ブラピが演じてしまうとカッコ良すぎて何か自分の中で崩れました。彼の言うことはごもっともな意見なのだが、人間の弱さも見せてしまうという格好良さ。それをさらにブラピが演じてしまうと「映画としてのカッコいい演技」をやってるのか、雰囲気が変わっちゃうんですよね。唯一文句あるのはそこだけです。
    私的にはかなり満足してる映画です。
    トムソン
    トムソンの感想・レビュー
    3日
    3.9
    ワシントンのミュージシャンとして、家族3人と何不自由なく暮らしていた主人公ソロモン。ある日の事件がきっかけで、その後12年間奴隷として生きることに。希望を捨てずに耐え抜いた先には果たして…。

    奴隷虐待の描写が直視し難いくらいきつい。ハッピーエンドとはいえないラストも然り、当時のアメリカでの奴隷制の深刻さを浮き彫りにした映画。良くも悪くもアカデミー賞作品賞を取るべくして取ったと言える。
    >|