それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ…

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは──? 実話だからこそ、<生きる>想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作。

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

Know

Knowの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自由黒人であったソロモンが、白人に騙され奴隷としての人生を十余年送る過程を通して奴隷制度の現実とソロモンが再び人生を取り戻すまでの姿を描く。

作中にて歌われる各歌が、虐げられながらも生きるために抗う力強さを感じさせる。

法制度は変わるが、普遍の真理は変わらない。ヨルダン川がとうとうと流れ続ける限り。
K

Kの感想・評価

2.4
実話だと思うと目を伏せたくなるぐらいむごかった、、
見た後、食欲がなかなか出なかった。
忘れちゃいけない。


ほんとにこんな事があったなんて思うと
歴史が繰り返さない事を願います
みかん

みかんの感想・評価

4.0
かつて綿花栽培(プランテーション)が盛んだったアメリカ南部では、黒人奴隷を酷使し、非道な扱いを行なっていた。

というのは、文字で読んで知識として知っていても、映画で観てここまで酷かったのか、と非常に衝撃を受けました。

完全に「ヒト」では無く「モノ」として売買され、人間としての尊厳や個人の人生も認められず、少しでも白人の機嫌を損なうような真似をすれば殺される。

それが当たり前だった時代が、そう遠くない過去(この作品では1840年代頃の出来事)にあったという事実を重く受け止めました。。

主人公は音楽家で、黒人だけど奴隷ではなく市民としての権利を持っていたので、普通に家族と一般市民として暮らしていた。

しかし、拉致されて奴隷として売り飛ばされてしまい、反抗しても壮絶な暴行を受けたり、自分は奴隷ではないと訴えようにも手段がなかったりで、常に死の危険と隣り合わせ。

果たして、無事この過酷な状況から脱出して家族と再会出来るのか?

ということで、ただ奴隷制の残酷さを描いて批判しようという単純な構造でなく、無実の人が犯罪に巻き込まれてしまうが、無事助かるのか?というストーリー仕立てで、そのピンチが奴隷に対する残虐行為ということなので、その凄惨さに胸が痛みながらも、最後まで観ずにはいられないし、より多くの人が主人公に感情移入しながら緊張感持って観れて、見事だと思いました。

どんな絶望的な状況でも、何を信じていいかもわからないどん底でも、自分を見失わずに希望を諦めない。

終盤に突然のブラピは嬉しいサプライズでした!
見ておかなければならない映画。黒人奴隷のあった過去も風化してはいけない。人権についてすごく考えた。
過去の過ちは繰り返してはいけない。
Masaki

Masakiの感想・評価

3.8

自由の身から12年間奴隷として生き、そこから身分を取り戻した男の自伝の映画。

奴隷制度によって人はこんなにも残酷になれるのかと心底恐ろしくなった。

黒人を家畜並みに扱う描写が続いていく中で、胸がチクチク痛んでいく。

ロープで吊るされているシーンであったり、脱出前のシーンであったり、無音で長回しのシーンが多くて、すごく印象的であった。

色々考えさせられる映画であったが、結局黒人の人間としての尊厳も、白人への罰も与えられていないところがモヤモヤする。
眠み

眠みの感想・評価

4.0
Are you a slave?
これが実話だというのが衝撃
幸せな家庭を持ってたはずが
突如売人にさらわれてしまう。
観てるのが辛くなる時が
あるけれども目を背けては
いけない問題なんだろうな。
奴隷の中では仕事が
出来すぎるのも仇となり、
生きるのが困難になる。
その内涙で溺れてしまうぞ。
悲しすぎる世界の話。
1840年代、南部では奴隷制の残るアメリカ。北部で自由黒人として文化的生活を送るソロモンは、誘拐拉致され南部で奴隷として売られ、12年間に渡り理不尽な強制労働に従事しながら、粘り強く帰還のチャンスを待つが…
チュイテル・イジョフォーやルピタ・ニョンゴらの熱演。
実話に基づくストーリーで、非常に気迫のこもった演出に、目が離せず引き込まれた。
遠い異国の170年前の話だと思って見ていたけど、今でも世界中で人身売買がまだまだ行われている現状を思うと、過去の異国の出来事として終わらせることはできず、なんとも遣り切れない。

それに、知的な主人公のことを、なんとなく気に入らない農園主なんて、ブラック企業のつまらん上司として現代に生きてますね。自分より立場が下の人間の知性を愛せるかどうかで、人間の器って分かるよね〜
そしてブラッド・ピットは美味しいとこ持っていったな…(製作陣の一人だから仕方ないのか…)
奴隷について教科書には載ってないような深いところまで知ることができて面白い。これを見て更に奴隷制度について知りたくなった。
きょう

きょうの感想・評価

3.8
決して目を背けてはいけない話やし
現代に生きる人達が語り継いでいかないとあかへんよな

ちょっと他の奴隷に関する映画とは違ったなー。
なにより、わいはあのソロモンは自由黒人って立場やろけどその後も苦しみ続けた人達がたくさんいることも忘れたあかんなと。

中には良い所有者もいたんやな。
それでも夜は明けるっていう言葉の響きがかっこいい
ちょこっと出てくるブラピが信じられないくらいかっこいい
奴隷制度ってクソだわ
>|