それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価・動画配信

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

Sinamon

Sinamonの感想・評価

4.0
これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語です。
家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされてしまいました。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは──? 実話だからこそ、<生きる>想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作です。

奴隷制度がまだあった時代の黒人奴隷たちの過酷な人生を描いた映画です。

日常的に平然と奴隷に対して行われる体罰などが描かれており、拷問するシーンでは首を紐で縛り木に吊らされて首が締まるシーンや皮膚が裂けて血が吹き出るほどムチで打たれるシーン等は目を覆いたくなり、とても衝撃的で、とても苦しかったです💧

とにかく重くキツイ映画ですが、知るべき事実がたくさん詰まっている映画なので、この映画は目を背けてはいけない映画だと感じました。

亡くなってしまった奴隷仲間を歌でお悔やみをするのですが、その歌声も心に染みました😢

ソロモンは運良く解放されましたが、残された奴隷達の事を思うと胸が苦しくなりました。
1365

1365の感想・評価

4.1
・家族と幸せに暮らしていた男性が奴隷商の二人組に騙され、奴隷として売られてしまう。その後家族の元へ帰るまでの12年間を描くノンフィクション映画

・自由黒人と奴隷黒人かどうかが生まれにより決まってしまう
自由であっても差別がある
制度や偏見によって人生の質に大きく影響する

・奴隷の女性がムチを打たれているシーンの背景に映る田園風景や
首を釣られている主人公の後ろで子供たちが遊んでいるシーンなど
悲惨な人と、その後ろに映る長閑で綺麗な風景の対比が丁寧に描かれていて、心を抉られる

・負の歴史を学ぶことができ、テンポもよく、何より演技にすごく引き込まれる

・悲惨な状況でも希望を捨てず生き抜いて、家族の元へ帰るシーンは感動する
明日も頑張ろうって思える
久々に2度見るのがツラい映画だと思った。

昔の人間がおかしくて、今の人間が本来の人間になりつつあるのか。
それとも、今の人間が平和ボケしていて、昔の人間が本来の人間なのか。

人間の本性ってどれなんだ?

1つ言えるのは、今も昔も、同じ頭と体を持った人間であること。

そう考えると、いつまた同じことになってもおかしくないことになる。とすると、人間は怖い生き物なんだって思ってしまう。
そういうことからは、目を背けたいから、見るのが本当にキツい映画でした。

スコアで語る映画ではないと思ったから、スコアなし。
imoy

imoyの感想・評価

4.0
良作で間違いないでしょう。
しかしとてもじゃないが2回目を見る勇気がない…
自分が平和な時代に生まれた証拠だろうと思ったが、きっと当時を生きた人々が容易に何度も見れる訳ではないだろう。
それは奴隷制度がいかに非人道的なことかという証拠だと思った。

あと、パーカーさんはどこに出てきてたか分からない。
それでも夜は明けるて日本語タイトル。。
なんだかハッピーエンドのようにとらえそうで、原題のままでいいのにとおもう、、
いまだにあるんだよね?
黒人差別…..過去のことと思うが昨今もさまざまなニュースを耳にするよ。

過激なシーンをみると
え、なんで!?
なんでそんなことするの!?
ほんとになんなの!?

日本人だって差別の対象になったり、差別をしたりしている、他人事ではないよな。
yutaro

yutaroの感想・評価

4.0
実話を元にしたストーリー。
実話を元にしているのに、(こう言ってはなんだが)映画としても面白い。あっという間の2時間14分だった。
383371

383371の感想・評価

3.4
途中で観たことがあるな…と気が付いた。
こんなに衝撃的な内容なのに、覚えていない自分に驚く。
主人公の言葉が少ないけれど、目で語るような表情が印象的だった。

12年もこのような生活が続いていたということが、最後の子どもとの再会で表現されていたが、見た目があまり変わらないこともあってややわかりづらい作りだった。

12年で抜け出しても稀有な存在だというのだから、奴隷として一生を送った人々の数はどれくらいいたのだろう…
アカデミー賞受賞作です。
観なければ、黒人奴隷解放作品~人種差別問題を取り扱った作品なんだろう的な認識で終わったと思う。
観終わって、この作品がそこで留まる作品ではないんだって気付かされた。
アメリカの黒歴史を内包した上で、一人の人間の尊厳を取り戻す闘争物語なんだよね。
その辺計算して作ったからのアカデミー賞だったかと。
別の見方をすれば、今尚と云うか、やっぱりアメリカに根強く残ってる問題なんでしょう。
決して目を背けてはならない的な。
いやースゲー社会派ドラマだわ。
犬

犬の感想・評価

3.5
恥ずかしながら、自由黒人という呼び方をこの映画で知った。黒人差別の歴史に興味をもった。
ナナコ

ナナコの感想・評価

4.0
「奴隷制度には一片の正当性も正義もない」その通りだと思う。
2時間の付き合いしかないけど彼らは他人には思えない。
>|