それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

Kyoshiro

Kyoshiroの感想・評価

3.3
奴隷の理不尽さとそれに対してどうすることもできない状態を感じた
ゆいこ

ゆいこの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

なんでそんなこと出来るの?って思うけど、当時はそれが普通だったんだろうな。

ブラピはちょい役でもやっぱり素敵。
舞台は1800年代後期、奴隷制度の真っ只中にあるアメリカが舞台。

アーティストであり、自由黒人だったソロモンは、ある日騙されて誘拐され、人身売買にかけられます。

自由黒人であることを主張してもまったく聞き入れられません。

人間ではないような扱いをされ、理不尽にムチを打たれ、気に入らないと首を吊るされ、毎日命の危険が伴います。

搾取する白人たちが、いまいましくて仕方が無かったです。

12年間という長い期間、誘拐され奴隷としてすごした、ソロモンさんの実話を元にした本当にむごい物語です。

人間とはこういう過ちを犯す、無慈悲でどうしようもない素質をもった生き物なのだと見せつけられました。
SUPPAMAN

SUPPAMANの感想・評価

3.7
黒人奴隷制度。

こんなことが、本気で、起こっていた事が、本気でおそろしすぎる。

でも、いま現在も、知らない所で、人身売買など、どっかで似たような事が起こっているのか、とおもうと、人間ほんま頭良いくせに何してんねん!
と本気でおもう。

何故、
「もしやられるのが自分だったら、自分の家族や大事な人だったら」
など、やられる側の立場に立った思考が巡らないのだろうか。

まーこれは、いじめなどでも言える事で。

相手の立場に立って考えてみる事が出来ない人は、まじでその立場に1回なってみたらいー!

お前が木に縛り付けられてムチで背中引き裂かれてみろよ!

と暴言吐かずには観れませんでした。
見てて心苦しいね、、、
世界史で奴隷制度とか習うけど
単語だけ見てもよく分からないけど
実際はこんなんだったのか、って
よくわかった。

ベネディクトカンバーバッチ
もっと見たかったなり
LEON

LEONの感想・評価

4.0
実話に基づいた黒人奴隷制度の頃のお話。

実話に基づいてるので主人公は凄く運が良かったが、それ以外の黒人達は報われなかったのが痛感して心が悔やまれる。

二度とこういったことがないよう願いたい。
ひさぶ

ひさぶの感想・評価

3.6
とにかく重い。
黒人問題の作品だがアカデミーが行き着くところまで行った1番掘り下げた作品では無いかと思う。
とにかく目を覆いたくなるようなシーンがあり辛くて堪らないがこれに目を背けているようでは映画ファンとして失格だ。
ただ二度とは見たくない。
NICE

NICEの感想・評価

4.1
黒人奴隷の話。辛い映画。

同じ白人でも、良い人もいれば悪い人もいる。だけど黒人が奴隷だということは当たり前の価値観。
善悪の基準は、奴隷を使うか使わないかでは無く、
奴隷に良い待遇をするか、酷に使うか。
当時の価値観がとても上手く描かれている。

邦題はあまり良くない。
「それでも夜は明ける」だと感動するヒューマンドラマを想像してしまう。
原題の「12years a slave」といった様な直球なタイトルの方が、この映画のドキュメンタリーチックな雰囲気に合っている。
shouta

shoutaの感想・評価

3.8
胸が痛い
拷問するの当たり前みたいな白人は同じ人間として見たくないな
この時代の白人達サイコパス多すぎ
AkariEndo

AkariEndoの感想・評価

4.1
ああ、つらい。ほんとにつらい。
理不尽ってこういうことだなって思った。
途中に出てくるRun Nigger Runはほんとに忘れられない。
実話っていうところも信じられない。
ブラッド・ピットかっこよ。
>|