それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26…

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは──? 実話だからこそ、<生きる>想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作。

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.1
こういうのはスコアつけにくい。

実話。黒人奴隷制度の話。
昔黒人を奴隷としてって事は知ってたけど自由黒人と言うものを知らなかったので
全てが衝撃的だった。
ココ

ココの感想・評価

-
早朝、学校に行く前に観てはダメなやつだった。
夜は明けるよ。
中山

中山の感想・評価

3.9
あまりにも人種差別のつらい状況に、目を背けたくなりながらも、ほとんど当時の状況を再現してるかのようなリアリティある映し方に考えさせられた。
気持ちが萎えないように見ないと凹む
sTA

sTAの感想・評価

3.5
ブラピがいいこと言った

こういう系統のはどれもそうだけど、こういう人生を歩んだ人がかつて実際に居たんだという事実は物凄く、心にくる
自由黒人と奴隷という区別がなされ、周りよりも自分を優先してどうにか助かろう(家族に会おう)とする姿勢は、決してヒロイックではなく、もやもやとする が、それがとても生々しく事実であることの裏付けとして際立っている
それゆえ、家族との再会のシーンは静かに、じわじわと感動が伝わる味わい深いものになっている

終盤のむち打ちは本当に無理
だけど、その直前の奥さん周りのカメラワークとセリフ入れが実に上手く演出されていて好き。
奥さん遠くでこっち見てる姿
ピント合わせずに歩いてくる様子だけちらちら見せる

(画から外れるが、絶対こっちまで来てる…)

それでも頑なに、ぎりぎりで映さないカメラワーク

むち打ち迷っていると、急に奥さんのセリフが冷たく「やれ」

やっぱいるじゃんめっちゃ近くいるじゃん!!
かに

かにの感想・評価

3.5
内容の割には観やすく、妙な長まわしも少ない。そこが良かったかも。ルピタ・ニョンゴのアカデミー助演女優賞は頷ける。奴隷、酷い、恐ろしい時代だった。
AMY

AMYの感想・評価

4.0
記録
chuna

chunaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

奴隷として生きる黒人の過酷さを目の当たりにした。ムチ打ちによる背中のえぐれが晒されている場面、幼い女の子が雇い主に体を捧げる場面は、私を相当辛い気持ちにさせた。その女の子「私を殺して」という懇願を主人公は断ったが、その後雇い主に殺されかけている時に主人公を見た彼女の目が忘れられない。
>|