それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価・動画配信

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

KAREN

KARENの感想・評価

3.7
自由黒人(フリーニグロ)であるにも関わらず、拉致され奴隷にされたソロモン。彼は実在する人物で、自身の体験を綴った『12年間の奴隷生活』を出版したそう。
作中の各シーンは、実際に彼が体験したものだとは俄かに信じ難いほど悲惨なものだった。黒人奴隷制がテーマの作品をいくつか観たが、この作品はどの作品よりも目を背けたくなるシーンや憤りを感じさせられるシーンが多いように感じた。
強い意志で自由を手に入れたソロモンの執念には感動した。

ソロモンが希望を託したブラピ演じる白人男性良い役だったなあ。
なぜこのような現実がまかり通っていたのか。人間の恐ろしさを突きつけられて言葉を失う。演じる俳優のメンタルが心配になるほどの痛々しいシーンがツラい。
アメリカの黒人奴隷を描く社会性のある作品で、感動よりも社会問題について深く考えさせられる内容だった。

アメリカ南部の傲慢な白人達と理不尽な仕打ちに終始不愉快にさせられた。ブラッド・ピット演じるカナダ人のサミュエルのおかげで、少しバランスが取れたのでよかった。ブラピはすごくいいポジションを持っていくな〜

綿の花咲く畑、南部のトラディショナルな木造建築、木綿のシャツや麻のジャケット。どれもとても素敵な情景なのに、背景に黒人奴隷の犠牲があるのかと考えるとなんとももどかしく感じる。

絶望的な生活の中、ゴスペルで気を紛らわせるしかなかったのかと思うと辛い

このレビューはネタバレを含みます

またまたすごい世界線だった。
奴隷の世界。痛々しくて切ない😭

ただ命があったって、ちゃんと生きたい。
めちゃくちゃわかる。

人に値段をつけるとか、家畜呼ばわりするとか、ムチでうつとか、信じられなかった。

愛する家族と過ごせることの大切さ。
普通の毎日がどれだけ幸せかがわかる。

目をつぶりたくなるくらいのすごい拘束。こんな世界があるなんて、映画を観なきゃ、普段の生活で考えることなんてないから、すごくいろいろ考えさせられる。
MAAAAA

MAAAAAの感想・評価

3.8
黒人差別の話を初めて見ました。
昔 黒人は奴隷として働かされていたのは
知ってましたが
自由黒人、、知らなかった。
まだまだ勉強不足の中での鑑賞

他にも色々と見てみたく
なりました。

南部の農園に売られたソロモン・ノーサップの伝記を映画化。

ニューヨークに暮らす音楽家のソロモン・ノーサップは生まれながらの自由黒人。妻子とともに、白人を含む多くの友人に囲まれ、幸せな日々を送っていた。だがある日…。

自由黒人。
hosi3

hosi3の感想・評価

4.0
見ててつらかった、
ブルーハーツの青空を全世界の人が聴いてやさしくなれたらね 肌の色なんて関係ないよね
トミー

トミーの感想・評価

3.9
当時のアメリカの黒人奴隷制度に焦点を当てた実話ベースの作品。

理不尽が罷り通る恐ろしい政治。
こんな酷い仕打ちが、日常で行われてた時代なんて。

最後、しれーっと1人だけ脱出したのは、
んーって思ってしまいましたけど、それがまた現実感あるので良いですよね。
その後、全土をわたっての活動のおかげで今があるわけで。
良い作品でした。
aim

aimの感想・評価

-
過去視聴感想
こんなひょんな事から人生変わっちゃうの?って思いました。ブラピの役いいヤツ。
もじゃ

もじゃの感想・評価

4.0
物語の最後に全てを救ってくれる光が差し込むわけではなく、現代においてもBLMや構造的不平等の問題が依然アメリカを病ませ続けているように、決して夜は明けていない。その意味で邦題はミスなのか、それとも希望を込めたのか。

ブラピが映画製作において大きな役割を果たしたとはいえ、わざわざ出演しなくても良かったのではと少し思ってしまったが、言っていることは作中で最も重みがあると感じた。それもそのはずで、合衆国独立宣言の最初を言い直しているに過ぎない。all men are created equalとジェファーソンが述べたのは1776年であり、映画の出来事から半世紀以上前のこと。ジェファーソンはこのことは自明の(self-evident)事実であり、全ての人間は創造主によって生命、自由、及び幸福追求を含む不可侵の権利を与えられているとした。不可侵とはunalienableだが、それは全ての人間が生まれながらにしてこれらの権利を持つのであり、取り上げることはできないということ。このことはブラピ演じる大工によればuniversal truth、すなわち普遍の真実で、やはり白人と黒人の区別なく適用されることが主張されている。

それを原則とした正義は、どの程度実践されているだろうか。それが建国の精神でありながら、この国の制度そのものに根付く(institutionalized)不平等が保たれ続けているということは、所詮白人の建前でしか無いのだろうか。富裕層のリベラル系の白人はダイバーシティの推進に躍起だが、ならなぜ自分が住んでいる地域や学区から黒人を排除し続け、教育予算の平等な配分に取り組もうとしないのか。

今起きている事実に目を向けなければ夜はいつまで経っても明けない。スクリーンに映される痛ましい黒人奴隷の扱いだけでなく、白人の偽善さにも考えを向けさせられる映画だった。
>|

あなたにおすすめの記事