それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価・動画配信

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

首吊られて放置させられるとこや、鞭打ちのシーンが衝撃的やった、、

結局、制度や慣習ってその土地が持ってるものやから根深いんやろなあ〜

奴隷制度ってゆうことが当たり前の世界で、それを間違ってるって主張しても理解してもらうことは難しいと思った

黒人の方が圧倒的に数的優位やからボコボコにしたらええやんって場面でも、自分は奴隷って思っとるからそんなこと思い浮かばんのやろな

全員の演技が良すぎ🥺
どうして罪もない同じ人間に
こんなひどいことができるんだろう…
未だに人種差別が無くならないのは何故なんだろう…

結局拉致した奴らは罰せられないなんておかしい。

肌の色が違うからなんなんだ!

この映画を観て心が痛まない人はいるのだろうか…

ソロモンは自由になったけど、結局他の人は奴隷のままだもんね…
7

7の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

つい100年前まではこのようなことが当たり前に起きていたという事実にショックを受けました…

主人公は結局助けられることになるものの一緒に奴隷として働いていた人たちは残されたわけなので「それでも夜は明ける」という邦題には疑問を持ちました。
人間の奥底に眠るコントロールすることの気持ちよさが、人としての振る舞いを大きく乱している。

昔だから奴隷があったのではなく、
いつでも小さなところでも奴隷に似たようなことが起こっている。

会社内でも、家庭でも。

他人は完全にコントロールできないし、
してはいけない。
誰も幸せにならない
あ

あの感想・評価

4.0
衝撃作でした...
ルピタさんホントに鞭打ち受けてるんじゃないのこれ?って思うくらい生々しくて痛々しかった..彼女の演技には瞬きする暇もないくらい魅了される。
奴隷なんて目も背けたくなる事実だったけど
きっとコレはどの人種でも観るべきである。

でも原題の方がしっくり来て好きでした。


あと、ブラピがまじでいつまで経ってもカッコイイ。いい人過ぎる。
6

6の感想・評価

3.7
鑑賞日 : 2020.01.31
鑑賞方法 : 動画配信サービス | Amazon Prime Video
じみー

じみーの感想・評価

3.9
良い作品だと思えた。音楽も心地よく、何度か時間が戻ったりもしたけど、基本的には真っ直ぐ進んでいくので見やすかった。かなり見ていて辛いシーンばかりだけど、白人側にいい人が登場すると、見ている側も希望が見えて泣きそうなった。それほど、苦しい展開ばかりだった。ブラッド・ピットは出てきた時にホイットマンに見えた。
Satomi

Satomiの感想・評価

4.4
目を背けたくなるような事実。今も言葉で傷付けている人と傷付けられてる人がいるという変わらない現実。誰のものでも無い筈の自身の命が誰かの所有物のように与えられ、使い回され、ボロボロにされる。ただ肌の色が違うという理由だけで。
何もできないかもしれないけど、そんな中で私たちにできることは歴史を知り、二度と同じ過ちを繰り返さないこと。伝えること。


こんな毎日が終わって欲しいと願っていても、
夜は明ける。
これから差別する世界が無くなってほしいという意味での夜は明ける。色んな観点でタイトルからも捉えられる。
サンタ

サンタの感想・評価

4.4
「それでも夜は明ける」
原題「12 Years a Slave」

“彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは”

19世紀半ばのアメリカで奴隷として売られてしまった自由黒人ソロモン・ノーサップ著の体験記『Twelve Years a Slave』を基にした作品。
“奴隷制度”を題材にしていて、実話なので、超シリアスな映画でした。
パンツィーにソロモン(プラット)が嫌々鞭を打つシーンや首吊りのまま放置されるシーンは当時の残酷さがひしひしと伝わってきました。
驚いたのは奴隷主も自分のことで精一杯ということ。
ルピタ・ニョンゴは今作がデビュー作ですが、早速アカデミー助演女優賞取ってます!すごいですね!!!
前作も前々作もマイケル・ファスベンダーが出てるし、監督のお気に入りなのかな?w
当時の歴史背景を知ることができるのでおすすめ!

〜あらすじ〜
1841年、奴隷制度が廃止される前のニューヨーク州サラトガ。自由証明書で認められた自由黒人で、白人の友人も多くいた黒人バイオリニストのソロモンは、愛する家族とともに幸せな生活を送っていたが、ある白人の裏切りによって拉致され、奴隷としてニューオーリンズの地へ売られてしまう。狂信的な選民主義者のエップスら白人たちの容赦ない差別と暴力に苦しめられながらも、ソロモンは決して尊厳を失うことはなかった。やがて12年の歳月が流れたある日、ソロモンは奴隷制度撤廃を唱えるカナダ人労働者バスと出会い...

2020-154
わわわ

わわわの感想・評価

4.2
実話をもとに作られた、
黒人奴隷制度の話。
観ててすごく辛く悲しい。
でも、1人でも多くの人に観て欲しい作品。

演技ハンパねー!!
>|