それでも夜は明けるの作品情報・感想・評価

それでも夜は明ける2013年製作の映画)

12 Years a Slave

上映日:2014年03月07日

製作国:

上映時間:134分

3.8

あらすじ

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26…

これは“奴隷制度”という大義名分を得た瞬間、人間は同じ人間に対してどれほど非人間的な行動を取れるのかを暴いた物語であり、同時に、12年もの間、「いつか夜は明ける」と信じ続けた男の希望が、絶望の暗闇に打ち勝った奇跡を私たちに体験させてくれる、感動の物語である。 家族と幸せに暮らしていた男が、突然、財産も名前も奪われ、奴隷にされる。妻と子供たちに再び会うために、彼が生き抜いた11年8カ月と26日間とは──? 実話だからこそ、<生きる>想いに魂を揺さぶられる、衝撃の感動作。

「それでも夜は明ける」に投稿された感想・評価

green

greenの感想・評価

3.5
痛々しい
見てられなくなる
見たけど

にしても
ブラピ、おいしいとこ取りだな(笑)
santasan

santasanの感想・評価

4.2
過去の話とはいえ、人種差別の最たるものであり、人間の尊厳を踏みにじる奴隷制度の理不尽さには悲しくなる。なにもアメリカだけの話ではない。ここまで極端でなくても差別はいろいろなところに今でも存在する訳で、改めて自由の大切さとそれを守り続ける責任を痛感する。歴史に学ぶためにもこういった映画が継続して作られるべきだし、この時代に作られたことも大きな意味があると思う。昨年のアカデミー賞の作品賞受賞も納得。
Key

Keyの感想・評価

4.0
実話物が好きで、チェックしていたのですが、こちらは人に「おもしろいよ!」とオススメできる映画ではないです。

差別や奴隷、現代では考えられないことが生々しく描かれていて、とても辛いものでした。

歴史を知り、考えるきっかけになり感慨を感じました。
hashiyan

hashiyanの感想・評価

3.5
自国の歴史すら分かって無いのに他国の歴史なんか分かりゃしやんのやけど、絶望とはこのことがというような話で。
絶望の中生き抜く事ってどんだけ辛いんやろう。考えても考えても本当に辛い。
最後の最後に救われて盆正一気にきた感じあったけれど、これくらいあっても足らんやろな。
ブラピ様様。本当ええとこもってったわ〜
もう一回見るかと言われても見たくないな、この映画は。
kensteady

kensteadyの感想・評価

4.5
素晴らしい!

ただ原題『12 years a slave』を『それでも夜は明ける』と無駄に感傷的な邦題にしたのは頂けない。
こーの

こーのの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

奴隷制度の残酷さに恐怖
ハッピーエンドだけど、果たして本当にハッピーと言えるのか
やす

やすの感想・評価

4.5
まず、この話が実話であることの衝撃。
音楽家の自由黒人ソロモンが誘拐され奴隷として生活した12年間を描いた作品。
これから先、奴隷と言う言葉を簡単には使うことが出来ないような、衝撃的な作品だった。なぜ人は肌の色や、人種の違いで人の価値に差をつけるのか。そんな根本的なことを改めて考えさせられる。
ちょい役のブラットピットがもっともなことを言っていた。
「奴隷だって、人間だよ。」
間違いない。この先、同じような過ちが起きないことを心から祈る。
アカデミー賞3部門、ゴールデングローブ賞など、他にも多くの賞を受賞した魂を揺さぶる衝撃の実話。

このレビューはネタバレを含みます

 1840年代のアメリカで騙されて奴隷になった男の苦難の歴史の話。

 ひたすら主人公や同じ奴隷たちが苦しい日々、絶望の中での生活を描いていって、ただただ理不尽な人間の世界がアメリカの美しい自然を切り取った中で映されていきます。
 過酷な労働環境で鞭で打たれ、首をつられ、レイプされ、簡単に殺されていく130分。
 酷い目に遭う黒人の役者さんも迫害する白人の役者さんたちの熱演に圧倒されて目を覆いたくなる世界でした。

 奴隷制度が当たり前の社会で、当たり前に黒人を迫害する人もいれば、救いたいけど自分の身が危ないので行動できない人物が出てきたり、自らの保身のために仲間を売る人もいたり。
 簡単に勧善懲悪ものとして描いていないのもよかったです。

 ただ、延々と地獄の日々を過ごしていってそこまで生きようとする意志がどこにあったのかが個人的にはわかりにくかったです。
 それに映画のオチも、ブラピさんがいなかったら何も起こらなかったのではなかろうか? と思えるコロガリかたでした。その運を主人公が引き寄せたのかな?
 
 アメリカの奴隷制度を描いた作品ではありますが、その根底はいまなお続いている人身売買や奴隷の問題も存在しているので描く必要のある意味ある映画だと思いました。
Anakin

Anakinの感想・評価

4.5
200作目に観た作品。
単に数ある賞をたくさん受賞していたらからと200作目に選んだ。
この映画は自分が観て来た中で初めて暴力、悲哀のシーンで目を背けてしまった作品。これが過去の現実であり、目を背けてはいけない現実だと思うと、辛くてたまらない気持ちになった。

この手の実話を元にした作品系はたくさんあるが、あまり進んで観る気にはなれないタイプのものだった。でも200作目に観ようと決心してよかった。これからどんな映画と向き合って、付き合っていくか。そういった全ての価値観、考え方を改めさせられる作品。
ずっと前から気になっていた映画でした。

個人的にはあまり感動した感にはならなかったのですが、奴隷制度とか自由黒人とか勉強になりました。

奴隷制度を実話に基づいた作品。

監督がスティーヴ.マックィーンとは知らなかった。
それで後半まさかのブラピの登場!おいしい所を持っていくなぁ感が残りました。
>|